企画したUXをプロダクトに反映するディレクション

650 views

Published on

2016/12/06 LINE Directors' Talk

Published in: Business
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
650
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
28
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

企画したUXをプロダクトに反映するディレクション

  1. 1. 企画したUXをプロダクトに反映するディレクション 2016.12.6 LINE Directorsʼ Talk
  2. 2. NEC > 楽天 > LINE LINE企画室でLINEメッセンジャーを担当 プロフィールBGM 公式アカウント メニュー 公式アカウント ⾃動再⽣ビデオメッセージ LINE LIVE連携 LINE Universal化 鈴⽊俊輔
  3. 3. CJM、ペルソナ、etc 設計したUXをどうリリースまで持っていくか
  4. 4. LINEの企画者の業務範囲 プロジェクト ディレクション UI /UX 設計仕様策定 ニーズ・課題 発⾒ 企画
  5. 5. 企画者 iOS エンジニア Android エンジニア iOS QA Android QA デザイナー 事業担当者 サーバー エンジニア LINEのプロジェクトの基本体制
  6. 6. 設計したUXの反映するためには、全員と継続的なコミュニケーションが鍵 企画者 iOS エンジニア Android エンジニア iOS QA Android QA デザイナー 事業担当者 サーバー エンジニア
  7. 7. 企画・ディレクションの基本スタイル 1⼈で企画 みんなで進⾏ Review Update Review Update
  8. 8. プロジェクトメンバーの視点 エンジニア デザイナー QA 実現性 開発⼯数 メンテナンス性 Platform Guide 通信負荷 サーバー負荷 ビジュアル インタラクション トレンド あらゆるケース ヒストリー 最後の番⼈ 各々の観点で⾒るUX
  9. 9. UX設計の裏付け プロジェクトメンバーを納得させ、企画が独りよがりになるのを防ぐ。 ユーザーリサーチ アクセスログ・統計 App Review & CS ベンチマーク • Messenger • WeChat • WhatsApp • Telegram • Message • Kakao Talk • Viber • Snapchat • Allo • Amity • Instagram and more…
  10. 10. 実際に動くもので確認 開発が早い段階でプロトタイプ + QA期間中のテストバイナリ
  11. 11. まとめ 規模が⼤きくなっても チームとの密接なコミュニケーションで作ることが⼤原則 • UXを設計した⼈が、ディレクションもする。 • 1⼈で企画、みんなで進⾏。 • 開発・デザイン・QA各観点でUXへの影響をレビュー。 • レビューとUpdateを繰り返すことで、設計が洗練され、プロジェクト内の合意形成もされる。 • 様々な材料を⽤いてユーザーを理解して設計することがメンバーの説得につながる。 • 設計したUXが実際にどう動くのかを、実環境に近いプロトタイプで確認。

×