Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Developer
Botで専属トレーナー・栄養⼠を雇う時代が来ています。
その先進の擬⼈化技術を今⽇、体験しよう。
Kazuki Nakajima - Developer Advocate, LINE Corp
@nkjm at Twitter
Developer
専属栄養⼠&トレーナーBot
Developer
ユーザー
⾃然⾔語解析
Bot CRM
EDAMAM
⽇本⾷品標準成分表
Salesforce
⾷品DB
Web
Dialogflow Natural Language
 アーキテクチャー
Smart Speaker
DeveloperNLU
Dialogflow
Botの内部構造
Smart Speaker
Messenger
bot-express
(Node.jsベースのフレームワーク)
Skill
Param
Action
Skill
Param
A...
// Skillを完遂するのに必要なパラメーター
param1 {
message_to_confirm: {},
parser: (),
reaction: ()
},
param2 {
},
param3 {
}
// パラメーターが全部揃...
Developer
ヒント
•通知する⼿段としてBotを考えてみる
•Webが得意な分野の劣化版アプリを作ってはいけない
•Webより電話・⽤紙・⼈が活躍しているエリアを狙う
•「Botのマニュアル」が必要なBotは意味がない
•意図(inte...
Developer
参考情報
•bot-express - Node.jsでBot本体を⾼速開発するためのフレームワーク
• https://github.com/nkjm/bot-express
•workout-trainer-sample...
Developer
Bot作りをライフワークに
する⼈たちのコミュニティ
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

【全員参加型】Botで専属トレーナー・栄養士を雇う世界が来ています。先進の擬人化技術を今日、体験しよう。

1,222 views

Published on

中嶋 一樹 (LINE株式会社 Developer Advocate LINE developers)
【全員参加型】Botで専属トレーナー・栄養士を雇う世界が来ています。先進の擬人化技術を今日、体験しよう。

Developer Summit 2018での発表資料です。
http://event.shoeisha.jp/devsumi/20180215/session/1667/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

【全員参加型】Botで専属トレーナー・栄養士を雇う世界が来ています。先進の擬人化技術を今日、体験しよう。

  1. 1. Developer Botで専属トレーナー・栄養⼠を雇う時代が来ています。 その先進の擬⼈化技術を今⽇、体験しよう。 Kazuki Nakajima - Developer Advocate, LINE Corp @nkjm at Twitter
  2. 2. Developer 専属栄養⼠&トレーナーBot
  3. 3. Developer ユーザー ⾃然⾔語解析 Bot CRM EDAMAM ⽇本⾷品標準成分表 Salesforce ⾷品DB Web Dialogflow Natural Language  アーキテクチャー Smart Speaker
  4. 4. DeveloperNLU Dialogflow Botの内部構造 Smart Speaker Messenger bot-express (Node.jsベースのフレームワーク) Skill Param Action Skill Param Action Skill Param Action Messenger NLU Flow翻訳 Webhook
  5. 5. // Skillを完遂するのに必要なパラメーター param1 { message_to_confirm: {}, parser: (), reaction: () }, param2 { }, param3 { } // パラメーターが全部揃ったら⾏う処理 finish { } Skillの構造
  6. 6. Developer ヒント •通知する⼿段としてBotを考えてみる •Webが得意な分野の劣化版アプリを作ってはいけない •Webより電話・⽤紙・⼈が活躍しているエリアを狙う •「Botのマニュアル」が必要なBotは意味がない •意図(intent)、要素(entity)、スキル(skill)、⽂脈(context)を操らねばならない •⼈のようだが、⼈より優れた部分(多⾔語対応等)と劣る部分(柔軟性)がある •Botの開発は難しい。優れたフレームワークが必要
  7. 7. Developer 参考情報 •bot-express - Node.jsでBot本体を⾼速開発するためのフレームワーク • https://github.com/nkjm/bot-express •workout-trainer-sample - bot-expressベースのLINE, Google Assistant対応Bot • https://github.com/nkjm/workout-trainer-sample •line-login - LINE LoginのSDK • https://github.com/nkjm/line-login •line-pay - LINE PayのSDK • https://github.com/nkjm/line-pay
  8. 8. Developer Bot作りをライフワークに する⼈たちのコミュニティ

×