Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Project311

13,823 views

Published on

team Masters & Forever 22

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Project311

  1. 1. 津波被災における 避難実態の可視化 Team Masters&Forever 22 高安 伶奈 (東大新領域情報生命) 坂田 隼人 (東大新領域情報生命)田村 光太郎 (東工大総理工知能システム科学) 高安 秀樹 (明治大先端数理・ソニーCSL)高安 美佐子 (東工大総理工知能システム科学)
  2. 2. 津波被災地の避難はなぜ遅れたのか?
  3. 3. 解析したデータ• ZENRIN(250mx250m区画1時間刻みの人口変動)• 国土地理院(津波浸水地域及び土地利用方法)• Honda道路情報(被災後1週間で通行履歴のある道路)• 避難所のデータ(避難所ごとの人数推移、体験情報な ど) 注目した地区:岩手県大槌町(人口15239人,2011/3時点) ------->町の中心部は津波で壊滅 ------->津波の被害で約10%の人命を失った ------->山に囲まれており避難は可能な地形 ------->親戚が3家族おり(1名津波で行方不明) 被災体験の生の声も入手 事前・事後の現地の状況も直接知っている震災前後の人口密度の変化などをgoogleマップ上に可視化し、今のデータの持つ問題点と、今後の災害時にどのようなデータを取るべきか提言する。
  4. 4. 人口密度高 人口変動の可視化 津波到達ライン人口密度低
  5. 5. 人口密度高 人口変動の可視化 津波到達ライン 15:14 GPSブイが津波高さの急上昇を検知。 岩手・福島6m、宮城10m以上に上方修正。 15:21 第1波が堤防を超える。 15:30 岩手・宮城・福島10m以上に上方修正 2011/3/11 16:00~17:00人口密度低
  6. 6. 実際の個人の動きはとても複雑
  7. 7. 人口密度高 人口変動の可視化 津波到達ライン 1時間刻みは粗すぎる(正確なタイムスタンプも 必要) 携帯電話の電池切れによりデータが少なくなって 行く人口密度低
  8. 8. ZENRINデータで沿岸部を見る限 界 1時間刻みは粗すぎる(正確なタイムスタンプも必要) 定義不明瞭な規格化のため、数値は極めて誤差が大きい (ポアソン過程なら、生データで100でも誤差10%) 例えば92は92÷190×60≒30分で通信が途絶えた? 生データなら使えるが加工データは使いづらい。 半端な人数ばかり 190人地点が多数 →次の時刻では消滅3/12 2:00~3:00 3/12 3:00~4:00 津波後、12時間までは浸水領域にも複数の携帯電話信号あり 個別の電話が何時何分に切れたかまでが見えていると思われる
  9. 9. 提案:携帯電話に災害時緊急モードを!携帯電話:災害時緊急モード 3日間電池が持つ省エネモード 無駄な機能を全て停止(GPS・メール・声のみ) 間欠的に電波を送受信(輻輳回避)電話会社:全個別データを保存・有益データの抽 消防・自衛隊や親族に携帯電話情報を提供 被災者の携帯に避難・救援情報を送信 ex 津波情報の訂正をメール送信 移動可能な基地局を用意(ヘリコプタで運ぶ) 亡くなられた方の携帯情報も全て遺族に提供する政府:個人情報保護法など限定解除 携帯情報を被災者救助に活用させる
  10. 10. 道路の形状解析 道路をネットワーク、道路上の車の流れをネットワクー ク上のフローと考えて”渋滞が起きやすい道路の形状”” 被災によって孤立しやすい道路”を見つける。実際には津波によって通常時の予測以上の道路分断が起きる可能性もある。 釜石連結グラフにおいて、除くとネットワークが分断されるEdgeの例(赤で示す) 大船渡 孤立しやすい地域には、避難経路の増 設、ヘリポートや無線連絡装置、自家 気仙沼 発電のある避難場所設置などの必要が 赤線:Bridgeとなる道路 ある。 青線:津波の到達ライン

×