Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
出前実験教室部門賞 
絵の具や色鉛筆の”色”って 
何でできているの? 
~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~ 
2014年度 
エントリー 
番 号3 
DIC株式会社 
対象:小学生
教育CSR活動の基本情報 
タイトル絵の具や色鉛筆の”色”って何でできているの? 
教育目標理科離れ/社会と理科のつながり/キャリア教育 
実施概要 
ノミネート部門 
~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~ 
水溶液の性質など、学校の理...
想い/プログラム概要 
当社は、社会問題化している子どもの理科離れに対応すべく、公立小学校 
にて理科実験授業を実施しています。印刷インキの世界トップメーカーな 
らではの授業をご提供すべく、「顔料合成実験」「平版印刷実験」の実験を通 
して「...
身近な経験との繋がりと、鮮やかに変化する実験 
経験していること実験操作実験結果! 
実験① 
色の元「顔 
料」を作って 
みよう! 
6年生の「水溶液の性質」で体験 
する、鉄釘を塩酸で溶かす実験 
塩酸で鉄を溶かして、過酸化水 
素水を入...
実施実績 
2010年度から2013年度の4年間に、のべ18校の小学6年生1400 
名以上に授業を提供致しました。 
・6年生で学習する「水溶液の性質」の内容を踏 
まえ、授業とのつながりを十分意識した内容にし 
ました。 
・問いかけ、クイ...
当社の事業所近隣を中心に、理科実験授業を継続して提供するとともに、将来的 
には、放課後の理科系クラブ活動の支援や、夏休みの特別授業などを提供して参 
りたいと思っております。(中日新聞社に協力し、夏休みの子ども150名に授業 
を提供する企画...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

絵の具や色鉛筆の”色”って何でできているの? ~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~(DIC株式会社)教育CSR大賞2014

3,175 views

Published on

水溶液の性質など、学校の理科とリンクさせ、ほとんどの工業製品の色の元である「顔料」の合成実験と、水と油の反発を利用した「平版印刷実験」を実施。社会生活を支える化学の力について学ぶ。

投票の手引はこちら
http://www.kyouikuouen.com/award2014/voting/

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

絵の具や色鉛筆の”色”って何でできているの? ~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~(DIC株式会社)教育CSR大賞2014

  1. 1. 出前実験教室部門賞 絵の具や色鉛筆の”色”って 何でできているの? ~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~ 2014年度 エントリー 番 号3 DIC株式会社 対象:小学生
  2. 2. 教育CSR活動の基本情報 タイトル絵の具や色鉛筆の”色”って何でできているの? 教育目標理科離れ/社会と理科のつながり/キャリア教育 実施概要 ノミネート部門 ~金属と水溶液から「色のもと」を作り出そう~ 水溶液の性質など、学校の理科とリンクさせ、ほとんどの工業製品の色の元である 「顔料」の合成実験と、水と油の反発を利用した「平版印刷実験」を実施。社会生活 を支える化学の力について学ぶ。(小学生/ 45分) 受賞のポイント 出前実験教室部門 活動に活かす自社技 術・活動への思い 印刷インキ、有機顔料の世界トップシェアメーカーとして、生活を支える化学の力を 伝えたい。 継続するための工夫 企業から地域への一方的な貢献ではなく、「社員にとっても大きな学びの場であり、 社内ネットワーク構築の場であり、活動により会社自身もメリットを享受してい る。」と、会社が正式に定義づけている。また、活動も有志による社内ボランティア ではなく、組織としての正式な業務という位置づけで行っている。 テーマテーマが学校の授業単元とリンクしている 活動学校ではできない体験・実験ができる。 社員社員に直接会うことができる ブランド企業の技術につながる内容
  3. 3. 想い/プログラム概要 当社は、社会問題化している子どもの理科離れに対応すべく、公立小学校 にて理科実験授業を実施しています。印刷インキの世界トップメーカーな らではの授業をご提供すべく、「顔料合成実験」「平版印刷実験」の実験を通 して「化学とは何か」「理科の勉強は社会生活に密着している」の2つのテ ーマを学んでもらうカリキュラムを提供しております。
  4. 4. 身近な経験との繋がりと、鮮やかに変化する実験 経験していること実験操作実験結果! 実験① 色の元「顔 料」を作って みよう! 6年生の「水溶液の性質」で体験 する、鉄釘を塩酸で溶かす実験 塩酸で鉄を溶かして、過酸化水 素水を入れ、黄色くなった液に 「魔法の水」を入れると・・・ 一瞬で青い色に変化!液体の中にできた青いツブ ツブを乾かすと青色の顔料に! 実験② 水と油の性 質を利用し て、印刷し てみよう! ドレッシングなどを例に水と油が 反発する性質を紹介 模様が描かれた凸凹のない版 を、水を含んだスポンジで拭き、 上からローラーで塗り、最後に 白い紙を重ねると・・・・ 鮮やかな蝶の絵柄が印刷されている!本はもちろ ん、缶や壁などもこの印刷技術が使われている! 体験① 身の回りの 色の正体を 探れ! カラフルな、教科書の色10 倍のルーペで除いてみる と・・・ 平版印刷が使われ ている例を紹介する 展示の写真 カラフルな色は、3色の点の集まりだった! プログラム詳細
  5. 5. 実施実績 2010年度から2013年度の4年間に、のべ18校の小学6年生1400 名以上に授業を提供致しました。 ・6年生で学習する「水溶液の性質」の内容を踏 まえ、授業とのつながりを十分意識した内容にし ました。 ・問いかけ、クイズなど、児童とのコミュニケー ションを重視しています。 ・「なかよし学級」の児童5名を含む授業を安全に 行い、多くの児童に実験を楽しんでもらうことが できました。
  6. 6. 当社の事業所近隣を中心に、理科実験授業を継続して提供するとともに、将来的 には、放課後の理科系クラブ活動の支援や、夏休みの特別授業などを提供して参 りたいと思っております。(中日新聞社に協力し、夏休みの子ども150名に授業 を提供する企画を2013年、2014年と行っています) 「子どもの理科離れ」という社会の課題に対応すべく、今後も活動を継続して参り ます。 児童5,6人に対して1人の講師がつき、授業にまつわる 様々な話をしながら実験を安全に誘導します。 児童全員が実験に参加 今後の展望

×