Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

破擦音生成時の解放に伴う破裂が摩擦音・破擦音識別に与える影響〜若年者と高齢者の比較〜

1,392 views

Published on

2014年日本音響学会春季研究発表会@日本大学理工学部1号館
第2会場 スペシャルセッション 音支援/音声B [音声、言語などの障害とその支援]

Published in: Health & Medicine
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

破擦音生成時の解放に伴う破裂が摩擦音・破擦音識別に与える影響〜若年者と高齢者の比較〜

  1. 1. 2014年日本音響学会春季研究発表会@日本大学理工学部1号館   第2会場 スペシャルセッション 音支援/音声B [音声、言語などの障害とその支援] 1-­‐2-­‐13 破擦音生成時の解放に伴う破裂が 摩擦音・破擦音識別に与える影響 〜若年者と高齢者の比較〜   2014/3/10 ◯安啓一,  荒井隆行 (上智大・理工),     小林敬 (オークランド大),     進藤美津子 (上智大・言語聴覚)   1
  2. 2. 高齢者における聞き誤り •  •  •  •  聞き誤りはコミュニケーションの障壁   破擦音・摩擦音は聞き誤りが起きやすい   「イシ(石)」?「イチ(一)」?   「シ(市)」?「チ(知)」?     補聴器 –  音響特性が類似   –  様々な識別の手がかり(キュー)   •  摩擦部の長さ (T)    •  先行母音と子音間の無音区間(SI)   By  resound 非常放送 聞き誤りを抑える音声処理への応用 2014/3/10 2 By  John  Wardell  (Ne>nho)
  3. 3. 本実験のバースト ʃ •  破擦音から切出   •   3  条件 •  相対振幅維持(x1)   •  2  倍 (x2)   •  バーストなし(non)   2014/3/10 i 破裂音のスペクトル 形状   3
  4. 4. 摩擦音・破擦音 識別のキュー:   舌と歯茎の解放に伴うバースト •  Dorman  et  al.  (1980)     –  “dish”–“ditch”  の/i/  と摩擦部の無音区間を変化   ditch ①無音区間の増加により     破擦音の識別が増加   ②バーストを追加すると     破擦音の識別が増加     (境界10  ms移動)   dish 2014/3/10 無音区間の長さ 解放に伴うバーストが   識別のキューの一つと   4 なっている
  5. 5. 解放(バースト)による知覚の変化は 高齢者・聴覚障害者ではどうなるか? •  Dorman  et  al.  (1980)   –  英語音声   –  語中に子音が存在する刺激: “dish”–“ditch”     –  若年健聴者対象   •  本研究:   –  日本語音声   –  語頭(し・ち)および語中(いし・いち)に子音が存在   –  若年健聴者・高齢者(聴覚特性の劣化も測定)   –  各種キューの重み付けがどのように変化するか   重み付けの変化量に違いがあるのかを検討 2014/3/10 5
  6. 6. 高齢者の聴覚特性による分類 時間分解能 •  若年者Y: 7  名   •  高齢者E: 24名   7名 2名 6名 –  聴覚特性の測定   –  4グループ   9名 2014/3/10 最小可聴値 6
  7. 7. CV・VCV刺激 •  CV刺激:「し・ち」:/ʃi/を基に連続体を作成 R" 0  –  90  ms      (10  ms  step)" S" 0  –  180  ms  (10  ms  step)" F" 22  ms                    " R   •  VCV刺激:「いし・いち」:/iʃi/を加工 R+S"  20,  120,  180  ms" F" 22  ms                    " SI" 0  –  100  ms  (10ms  step)  " V1" 229  ms" 2014/3/10 7 7  
  8. 8. CV刺激(し・ち)の実験結果 し シグモイド関数によるフィッティング non x1 x2 ち 摩擦長 T  (ms) •  T  が増加:   –  摩擦音識別率が増加   •  バーストが増加:   摩擦長 –  破擦音識別率が増加   Dorman  et  al.  1980と同傾向   2014/3/10 バースト ※実験は「し」or「ち」の2者択一でタッチパネルで回答 8
  9. 9. CV刺激(し・ち)の音素境界線   バースト 対 T •  高齢者グループ:   し –  Yに比べ音素境界が   寝ている   摩擦長 •  聴覚特性の劣化:   ち Tの変化  >  バーストの増加              バーストの影響が減少    (Yasu  et  al.,  2013と同傾向)   •  よりTに重みが変化 バースト 2014/3/10 9
  10. 10. VCV刺激(いし・いち) の音素境界線   バースト 対 SI •  SIが増加:   いち –  破擦音識別率が増加   •  バーストが増加:   –  破擦音識別率が増加   –  Dorman  et  al.  での   音素境界の移行と同傾向   •  バーストが増加すると   音素境界も移動     •  高齢者で聴覚特性の劣化:   いし 2014/3/10 –  Tの変化  >  バーストの増加        T    >  SI        (Yasu  2013と同傾向)     10
  11. 11. CV  刺激と VCV  刺激の比較 •  バーストを付加   –  どちらの実験においても破擦音側への移行   •  聴覚特性の劣化   –  バースト付加の影響が弱まり T  へ と重みが変化   –  バーストの有無や SI  の キューが相対的に識別   されづらくなるため   •  適切なキューの強調により改善の可能性   –  キューの中でロバストなTの強調等   –  補聴器等への搭載を目的とした音声強調処理   2014/3/10 11
  12. 12. 本報告のまとめ •  バースト付加で破擦音へ(先行研究を支持)   •  CV刺激(し・ち):   –  聴覚特性が劣化→ バーストの影響が減少   •  より摩擦部の長さTへと重みが変化   •  VCV刺激(いし・いち):   –  聴覚特性が劣化→ バーストの影響減少   –  バーストの増加:   •  健聴者:      SIの影響   •  聴覚特性劣化:  Tの影響   •  補聴器等の音声強調処理への応用にあたり   –  適切なキューの強調(T)   2014/3/10 12

×