Successfully reported this slideshow.

PHP5.5新機能「ジェネレータ」初心者入門

98

Share

Loading in …3
×
1 of 63
1 of 63

PHP5.5新機能「ジェネレータ」初心者入門

98

Share

Download to read offline

PHP5.5の新機能「ジェネレータ(Generator)」について、「それって何?」「どううれしいの?」「何に使えるの?」の3つを初心者向けに解説。動画 http://www.slideshare.net/kwatch/php55

PHP5.5の新機能「ジェネレータ(Generator)」について、「それって何?」「どううれしいの?」「何に使えるの?」の3つを初心者向けに解説。動画 http://www.slideshare.net/kwatch/php55

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

PHP5.5新機能「ジェネレータ」初心者入門

  1. 1. PHPカンファレンス2012 PHP5.5新機能 かもしれない Generator 初心者入門 makoto kuwata <kwa@kuwata-lab.com> http://www.kuwata-lab.com/ 2012-09-15 (Sat) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  2. 2. 本発表について 【目的】 • PHP5.5の新機能かもしれない「ジェネレータ」を、 「なんだか凄そうだ」と思ってもらう。 【内容】 • ジェネレータって何? • どううれしいの? • どんなことに使えるの? 【注意】 • 内容は2012-09-15時点での情報に基づく。 今後、仕様変更があり得るので注意。 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  3. 3. ジェネレータって何? What is Generator? copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  4. 4. まとめ ◆ ジェネレータ セーブ機能 ◆ ジェネレータ関数 ゲームシナリオ ◆ ジェネレータオブジェクト 冒険の書 (セーブデータ) ◆ yield文 宿屋(セーブポイント) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  5. 5. 通常の関数 1: function func() { 2: $i = 0; 1, 2, 3回目 (0が返される) 3: return $i; 4: $i++; 5: return $i; 6: $i++; 7: return $i; 8: } 毎回先頭から実行され、また return文より後ろは実行されない copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  6. 6. ジェネレータ (Generator) 関数 1: function gfunc() { 2: $i = 0; 1回目 (0が返される) 3: yield $i; 4: $i++; 5: yield $i; 2回目 (1が返される) 6: $i++; 7: yield $i; 3回目 (2が返される) 8: } 前回の終了位置から再開 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  7. 7. 使い方 ジェネレータオブジェクトを生成 (通常の関数と使い方が違うことに注意!) 1: $g = gfunc(); 2: foreach ($g as $x) { 3: var_dump($x); 4: } foreach文とともに使用 (イテレータとして振る舞う) 実行例 int(0) int(1) int(2) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  8. 8. 実行順序:ループ1回目 メインプログラム ジェネレータ関数 1 $g = gfunc(); function gfunc(){ 2 foreach($g as $x){ $i = 0; 3 var_dump($x); yield $i; 4 5 } $i++; echo "donen"; yield $i; $i++; return $i; } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  9. 9. 実行順序:ループ2回目 メインプログラム ジェネレータ関数 $g = gfunc(); function gfunc(){ 6 foreach($g as $x){ $i = 0; var_dump($x); yield $i; 9 } $i++; 7 echo "donen"; yield $i; 8 $i++; return $i; } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  10. 10. 実行順序:ループ3回目…は、ない メインプログラム ジェネレータ関数 $g = gfunc(); function gfunc(){ 10foreach($g as $x){ $i = 0; var_dump($x); yield $i; } $i++; yield $i; 13echo "donen"; $i++; 11 return $i; 12 ・ループのたびにyield文まで実行 ・yield文の引数がループ変数に } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  11. 11. サンプル:2つの値を交互に出力 1: function toggle($odd, $even) { 2: while (TRUE) { 3: yield $odd; 4: yield $even; 5: } 6: } 7: 8: // "red" と "blue" を交互に出力 9: foreach (toggle("red", "blue") as $c){ 10: echo $c, "n"; // 無限に出力 11: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  12. 12. サンプル:フィボナッチ数列 (0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13,...) 1: function fib() { 2: $x = 0; $y = 1; コツ:ループの終了条件を 3: while (TRUE) { 指定しない (無限ループ) 4: yield $x; 5: list($x, $y) = [$y, $x+$y]; 6: } 7: } 8: 9: // 100未満のフィボナッチ数列を出力 10: foreach (fib() as $x) { 11: if ($x >= 100) break; 12: echo $x, "n"; コツ:終了条件は呼 13: } び出す側で指定する copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  13. 13. まとめ ◆ ジェネレータ セーブ機能 ◆ ジェネレータ関数 ゲームシナリオ ◆ ジェネレータオブジェクト 冒険の書 (セーブデータ) ◆ yield文 宿屋(セーブポイント) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  14. 14. どううれしいの? Why Generator is so useful? copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  15. 15. Before: ファイルを1行ずつ処理する 1: // 行番号つきで表示 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: if ($f === FALSE) throw ....; 4: $line = fgets($f); 5: while ($line !== FALSE) { 6: ++$i; 7: echo $i, ": ", $line; 8: $line = fgets($f); 9: } 10: fclose($f); 11: copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  16. 16. Before: ファイルを1行ずつ処理する 1: // パターンで絞り込む 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: if ($f === FALSE) throw ....; 4: $line = fgets($f); 5: while ($line !== FALSE) { 6: if (preg_match('/@/', $line)) 7: echo $line; 8: $line = fgets($f); 9: } 10: fclose($f); 11: copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  17. 17. Before: ファイルを1行ずつ処理する 1: // タブ文字でフィールドに分解 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: if ($f === FALSE) throw ....; 4: $line = fgets($f); 5: while ($line !== FALSE) { 6: $arr = explode("t", $line); 7: echo $arr[1], "n"; 8: $line = fgets($f); 9: } 汎用性の高いコードの中に 10: fclose($f); 汎用性の低いコードが混在 11: copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  18. 18. After: ジェネレータ関数 汎用性の高い箇所を関数に抽出 1: function each_line($filename) { 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: if ($f === FALSE) throw ....; 4: $line = fgets($f); 5: while ($line !== FALSE) { 6: $arr = explode("t", $line); yield $line; 7: echo $arr[1]; 汎用性の低い箇所を yield 文に 8: $line = fgets($f); 9: } 10: fclose($f); 11: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  19. 19. After: メインプログラム 1: // ジェネレータオブジェクトを生成 2: $g = each_line($filename); 3: // メインループ 4: foreach ($g as $line) { 5: // 汎用性の低い処理 6: $arr = explode("t", $line); 7: echo $arr[1], "n"; 8: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  20. 20. ジェネレータの利点 ◆ ループ処理から、汎用性の高い箇所だけを切り 出せる(再利用性の向上) ◆ ◆ ◆ copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  21. 21. もっとジェネレータ関数 ジェネレータオブジェクトを受け取り、新し い別のジェネレータオブジェクトを生成する 1: // ジェネレータオブジェクトを作成 受け取る function each_fields($g) { 2: $g = each_line($filename); 3: // ループ 配列やイテレータでも可 4: foreach ($g as $line) { 5: $arr = explode("t", $line); 6: echo $arr[1]; yield $arr; 7: } 8: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  22. 22. ジェネレータを「重ねる」 1: // ジェネレータオブジェクトを生成 2: $g = each_line($filename); 3: $g = each_fields($g); ジェネレータから 4: // メインループ 別のジェネレータ 5: foreach ($g as $line) { を生成 $arr 6: $arr = explode("n", $line);                     7: echo $arr[1], "n"; 8: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  23. 23. 1つの大きなループ vs. 複数の小さなループ ジェネレータ使用前 ジェネレータ使用後 $f = fopen($filename, 'r'); while ($line !== FALSE) { $line = fgets($f); yield $line; while ($line !== FALSE) { } $arr = explode("n",$line); echo $arr[1]; foreach ($g as $line) { $line = fgets($f); yield $arr; } } fclose($f); $g = each_line($filename); $g = each_fields($g); foreach ($g as $arr) { echo $arr[1], "n"; } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  24. 24. ジェネレータの利点 ◆ ループ処理から、汎用性の高い箇所だけを切り 出せる(再利用性の向上) ◆ ひとつの大きなループを、複数の小さなループ に分解できる(ループの簡素化とPipeline化) ◆ ◆ copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  25. 25. 従来方法との比較:配列にすべて格納する 1: function each_line($filename) { 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: $lines = array(); メモリを大量に消費 4: $line = fgets($f);(巨大データだと落ちる) 5: while ($line !== FALSE) { 6: $lines[] = $line; 7: $line = fgets($f); 8: } 9: fclose($f); すべてを読み込まないと 10: return $lines; 結果が返ってこない 11: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  26. 26. 従来方法との比較:ジェネレータ 1: function each_line($filename) { 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: 1度に1行しか読み込まない 4: $line = fgets($f); (巨大なデータでも落ちない) 5: while ($line !== FALSE) { 6: yield $line; 7: $line = fgets($f); 8: } 読み込んだはしから値を返す 9: fclose($f); (ストリーム処理に最適) 10 11: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  27. 27. リダイレクト v.s. パイプライン すべてを配列に格納する ≒「リダイレクト」 ・巨大な中間ファイルが必要 ・最後まで処理しないと何も出力されない bash% command1 < input > tmp1 bash% command2 < tmp1 > tmp2 bash% command3 < tmp2 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  28. 28. リダイレクト v.s. パイプライン ジェネレータを連結する ≒ 「パイプ」 ・巨大な中間ファイルがいらない ・読み込んだはしから出力される bash% cat input | command1 | command2 | command3 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  29. 29. ジェネレータの利点 ◆ ループ処理から、汎用性の高い箇所だけを切り 出せる(再利用性の向上) ◆ ひとつの大きなループを、複数の小さなループ に分解できる(ループの簡素化とPipeline化) ◆ メモリ消費量が少ない (巨大なデータを扱ってもプロセスが落ちない) ◆ データを読んだはしから処理できる (ストリームデータも処理可能) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  30. 30. どんな使い道があるの? Advanced Generator copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  31. 31. ジェネレータとインタラクション $g->send() … 次のyield文まで実行する メインプログラム ジェネレータ関数 からメインプログ ラムに値を返す foreach(){} yield $value $g->send($arg) メインプログラム ジェネレータ関数 からジェネレータ 関数に値を渡せる copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  32. 32. ジェネレータとインタラクション 双方向への値の受け渡しが可能に メインプログラム $value = $g->send("arg"); send()の引数が yield文の値に yield文の引数が send()の戻り値に ジェネレータ関数 $arg = (yield "value"); copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  33. 33. ジェネレータとインタラクション メインプログラム ジェネレータ関数 1$g = gfunc(); function gfunc(){ $ret = $g->send(1); $arg = yield; 2 3 $ret = $g->send(2); while (条件式) { 4 $ret = $g->send(3); $ret = ...; 5 $arg = (yield $ret); 6 var_dump($arg); } } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  34. 34. ジェネレータとインタラクション メインプログラム ジェネレータ関数 $g = gfunc(); function gfunc(){ $ret = $g->send(1); $arg = yield; $ret = $g->send(2); while (条件式) { 9 7 $ret = $g->send(3); $ret = ...; 10 $arg = (yield $ret); 11 var_dump($arg); 8 } } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  35. 35. ジェネレータとインタラクション メインプログラム ジェネレータ関数 $g = gfunc(); function gfunc(){ $ret = $g->send(1); $arg = yield; $ret = $g->send(2); while (条件式) { 14 $ret = $g->send(3); $ret = ...; 15 12 $arg = (yield $ret); 16 var_dump($arg); 13 } } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  36. 36. サンプル:数字あてゲーム 最初のsend()の引数値を変数に代入 1: function guess_quiz($num) { 2: $ans = yield; 3: while ($num != $ans) { 4: if ($ans > $num) 5: $ans = (yield "too large"); 6: else 7: $ans = (yield "too small"); 8: } 値を返し、かつsend() 9: } の引数値を変数に代入 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  37. 37. サンプル:数字あてゲーム 1: $g = guess_quiz(mt_rand(1, 100)); 2: do { 3: echo "guess number (1-100): "; 4: $ans = fgets(STDIN, 128); 5: if ($ans === false) break; 6: $hint = $g->send($ans); 7: echo $hint ? $hint."n" 8: : "Correct!n"; 9: } while ($hint); 値を送信し、かつ 次のyield文まで実行 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  38. 38. ジェネレータとマルチスレッド Process 高機能 機能は限られるが Native Thread メモリ消費量が 極めて少ない (=大量生成可能) Green Thread Generator リソース消費量 : OSの機能として実現 : 言語やライブラリで実現 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  39. 39. ジェネレータと非同期処理 ネストしたコールバック関数 処理1(function($data) { 処理2(function($data) { 処理3(function($data) { .... }); 読みにくい、 }); 書きにくい、 }); わかりにくい copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  40. 40. ジェネレータと非同期処理 コールバック関数を数珠つなぎ $d = new Deferred(); $d->next(function($data) { ..処理1..; })->next(function($data) { ..処理2..; })->next(function($data) { ..処理3..; 記述量が多い、 書き方が不自然 }); copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  41. 41. ジェネレータと非同期処理 ジェネレータ function doSomething() { $data = yield; ...処理1...; $data = yield; ...処理2...; $data = yield; ...処理3...; 自然な書き方で わかりやすい! } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  42. 42. ジェネレータとページ遷移 1: $response = フォームを表示(); 2: $request = (yield $response); 3: $response = プレビューを表示($request); 4: $request = (yield $response); 5: データベースに登録($request); 複数ページにまたがる遷移を 非同期処理と同じように記述 ※ (詳しくは「継続ベース フレームワーク」でggr) ※ Apache だとリクエストごとにすべてをリセットするので、実現できない。 PHP のビルトイン Web サーバのようなパーシステントプロセスのサーバを使って、 リクエストを超えてジェネレータオブジェクトを保持できるような仕組みが必要。 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  43. 43. 落とし穴:breakされた場合 1: function each_line($filename) { 2: $f = fopen($filename, 'r'); 3: $line = fgets($f); 4: while ($line !== FALSE) { 5: yield $line; 6: $line = fgets($f); 7: } 8: fclose($f); 9: } 呼び出し側でbreakされると 終了処理が行われない!※ (しかもPHPにはfinallyがないorz) ※ SPLFileObject も同じ問題を抱えているが、デストラクタで fclose() している。 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  44. 44. 落とし穴:リファクタリング 奇数番目をyieldしてから、偶数番目をyieldする 1: function stepping($arr) { 2: $n = count($arr); 3: for ($i=0; $i<$n; $i+=2) 4: yield $arr[$i]; 5: for ($i=1; $i<$n; $i+=2) 6: yield $arr[$i]; 7: } DRYじゃない!関数化しよう! copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  45. 45. 落とし穴:リファクタリング DRYになった、けど動かない! 1: function _sub($arr, $i, $n) { 2: for (; $i<$n; $i+=2) 3: yield $arr[$i]; 4: } 5: function stepping($arr) { 6: $n = count($arr); 7: _sub($arr, 0, $n); 8: _sub($arr, 1, $n); 9: } ジェネレータ関数を呼び出して いるがforeach文を使ってない copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  46. 46. 落とし穴:リファクタリング 動くようになった…けどなんか腑に落ちない 1: function _sub($arr, $i, $n) { 2: for (; $i<$n; $i+=2) 3: yield $arr[$i]; 4: } 5: function stepping($arr) { 6: $n = count($arr); 7: foreach (_sub($arr, 0, $n) as $x) 8: yield $x; 9: foreach (_sub($arr, 1, $n) as $x) 10: yield $x; 11: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  47. 47. まとめ ◆ $->send()を使うと、双方向での値の受け渡し が可能 ◆ マルチスレッドよりも低機能だが軽量 ◆ 非同期処理が自然な形で記述できる ◆ 落とし穴もあるよ! copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  48. 48. any questions?
  49. 49. おまけ More Things copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  50. 50. おまけ:PHP5.5 コンパイル方法 $ git clone https://github.com/nikic/php-src.git $ cd php-src/ $ git checkout -b addGeneratorSupport origin/addGeneratorSupport $ ./buildconf $ apxs2=/usr/local/apache2/bin/apxs $ ./configure --with-apxs2=$apxs2 $ nice -20 time make $ sapi/cli/php myexample.php copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  51. 51. おまけ:インデックスつきyield 1: function gfunc() { // 実行結果 2: yield 'a'; 0 => a 3: yield 'b'; 1 => b 4: yield 99=>'c'; 99 => c 5: } 6: 7: $g = gfunc(); 8: foreach ($g as $k=>$v) { 9: echo "$k => $v n"; 10: } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  52. 52. おまけ:参照渡しでのyield 1: function &gfunc(&$arr) { // 実行結果 2: foreach ($arr as &$x){ array(3) { 3: yield $x; [0]=> 4: } int(11) 5: } [1]=> 6: int(21) 7: $arr = [10, 20, 30]; [2]=> 8: $g = gfunc($arr); &int(31) 9: foreach ($g as &$x) } 10: $x += 1; 11: var_dump($arr); copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  53. 53. おまけ:クロージャとの比較 それ、クロージャでもできるよ! function fib() { // 使い方 list($x, $y) = $closure = fib(); [0, 1]; $x = $closure(); return function() while ($x < 100) { use ($x, $y) { echo $x, "n"; $tmp = $x; $x = $closure(); list($x, $y) = } [$y, $x+$y]; return $tmp; }; } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  54. 54. おまけ:クロージャとの比較 クロージャ版 ジェネレータ版 function fib() { function fib() { list($x, $y) = list($x, $y) = [0, 1]; [0, 1]; return function() while (TRUE) { use ($x, $y) { yield $x; $tmp = $x; list($x, $y) = list($x, $y) = [$y, $x+$y]; [$y, $x+$y]; } return $tmp; } }; ・毎回先頭から実行される ・前回の終了場所から自動 } 制約 的に再開 (より自然な記述) ・すべてをreturnの前に書 ・yieldの後ろにも処理が書 かなければならない制約 ける (より自然な記述) copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  55. 55. おまけ:内部イテレータとの比較 それ、内部イテレータでもできるよ! function fib($fn) { // 使い方 list($x, $y) = fib(function($x) { [0, 1]; echo $x, "n"; while ($x < 100) { }); $fn($x); list($x, $y) = [$y, $x+$y]; } } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  56. 56. おまけ:内部イテレータとの比較 ループの終了条件も指定したい場合は、非常にブサイク function fib($c,$fn){ // 使い方 終了条件と… list($x, $y) = fib( [0, 1]; function($x) { while ($c($x)) { return $x < 100; $fn($x); }, list($x, $y) = function($x) { [$y, $x+$y]; echo $x, "n"; } } } ); ボディ部の両方が必要 copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  57. 57. おまけ:内部イテレータとの比較 可変箇所が複数ならジェネレータのほうがよっぽどきれい function fib(){ // 使い方 list($x, $y) = foreach(fib() as $x){ [0, 1]; // 終了条件 while (TRUE) { if ($x >= 100) yield $x; break; list($x, $y) = // ボディ部 [$y, $x+$y]; echo $x, "n"; } }; } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  58. 58. おまけ:内部イテレータとの比較 Rubyでは、1つの無名関数 (ブロック) で「終了条件」と 「ボディ部」の両方を指定できる。 def fib() // 使い方 x, y = 0, 1 fib {|x| while true // 終了条件 yield x break if x >= 100 x, y = y, x+y // ボディ部 end puts x end } copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  59. 59. おまけ:「継続 (Continuation)」との比較 ◆ 継続のほうができることが広い、 ジェネレータはそのサブセット ※ ◆ 継続はcall stackを丸ごとコピーする ので重い、 ジェネレータはstack flame1つだけなので軽い ◆ 継続は理解するのがすーーーっごく難しい、 ジェネレータはわかりやすいし使いやすい ※処理系により実装方法は異なる場合がある copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  60. 60. おまけ:ベンチマーク Code: https://gist.github.com/3710544 配列に詰め込む Loop のは高コスト Array Generator Inner Iterator Closure 0 0.2 0.4 0.6 0.8 (sec) PHP: 5.5-addGeneratorSupport OS: MacOSX CPU: Core2DUO 2GHz copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  61. 61. おまけ:ベンチマーク Code: https://gist.github.com/3710569 Loop ジェネレータは 十分に低コスト Generator G + explode() G + explode() + array() 0 0.5 1 1.5 2 (sec) ループ内処理 (explode()やarray()) のほうがよっぽど高コスト PHP: 5.5-addGeneratorSupport OS: MacOSX CPU: Core2DUO 2GHz copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  62. 62. おまけ:参考文献 ◆ What PHP 5.5 might look like http://nikic.github.com/2012/07/10/What-PHP-5-5-might-look-like.html ◆ Request for Comments: Generators https://wiki.php.net/rfc/generators ◆ Scheme/継続の種類と利用例 http://ja.wikibooks.org/wiki/Scheme/継続の種類と利用例 ◆ Vallog - 継続の実装方針 http://valvallow.blogspot.jp/2011/01/blog-post_11.html ◆ Twisted Intro: 「コールバック」ではない方法 http://skitazaki.appspot.com/translation/twisted-intro-ja/p17.html ◆ 境界を越える: 継続とWeb開発、そしてJavaプログラミング http://www.ibm.com/developerworks/jp/java/library/j-cb03216/index.html copyright(c) 2012 kuwata-lab.com all rights reserved.
  63. 63. おしまい

×