Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

3DCoatで3Dプリント用データを作る(カラー石膏編)

9,397 views

Published on

3DCoatでモデルデータを3Dプリント用データにするまでの手順解説です。

Published in: Art & Photos
  • Be the first to comment

3DCoatで3Dプリント用データを作る(カラー石膏編)

  1. 1. 3DCoatで3Dプリント用データを作る ~カラー石膏編~
  2. 2. 1. モデルデータを用意 2. 中身の詰まった一体型のデータにする 3. 内部空洞と出口を作る 4. ポリゴン数の削減 5. 失われたカラー情報の転送 6. データの確認 作業の流れ
  3. 3. モデルデータを用意 この時点ではモデルはパーツごとに分かれています。カラー出力する場合、パーツごと に別れた状態のほうが塗り分けやすいです。 DMMの3Dプリントの場合は、plyで出力すると頂点カラーが有効になるため、 UV展開 する必要はありません。オブジェクトをサーフェイスモードにすることで頂点カラーでペ イントできます。 最上位の階層はボクセルモードで結合するのに使用するため ボクセルにしてください。 オブジェクトの大きさには気をつけてください。 デフォルトでは1mm=3DCoatの1ユニットです。 Geometory > 計測単位の定義で確認できます。
  4. 4. 中身の詰まった一体型のデータにする① 1. インスタンス > 解除-全インスタンス インスタンスが含まれているとうまく結合できないことがあるので解除しておきます。 2. オブジェクトの複製 カラー情報付きのデータを別にとっておきたいので複製します。複製コマンドから複製した場合は、 小階層を複製できませんが、インスタンスを作成することで小階層ごと複製できます。このインスタ ンスも解除しておきます。 3. RMB > 子孫と統合 右クリックメニュー(RMB)のコマンドから「子孫と統合を実行」、結合されたデータになります。オブ ジェクトが荒すぎる場合は最上位の階層の解像度を調整します。
  5. 5. 中身の詰まった一体型のデータにする② 1. RMB > 内部空洞を埋める このコマンドで内部を詰まったオブジェクトにします。複数 パーツの隙間があった場合は埋めます。 2. 穴がないかチェックする 「隠す」コマンドを使用するとオブジェクトをスライスしたように 確認できます。 3. 穴があった場合 表面のどこかに小さな隙間があるため、内部空洞を埋めるこ とができないことがあります。周辺の隙間を埋めるコマンドな どを使って塞ぎ、再度「内部空洞を埋める」を実行してみてく ださい。 「隠す」コマンドでスライスして確認
  6. 6. 内部空洞と出口を作る 1. 内部空洞をくり抜く RMB>外殻をボクセルで生成、もしくは適切な大きさのメッシュで ブーリアンを使ってオブジェクトをくり抜き、薄いデータにします。外 殻をボクセルで生成は便利ですが、内部のメッシュが複雑になりす ぎてしまう問題があります。 DMMのカラー石膏の場合、 3mmの肉厚が必要なので、厚みは 3以 上を入力して下さい。 2. プリントの粉を逃がす出口を作る ブーリアンを使用して内部空洞の粉を逃がすための穴を作ります。 DMMのカラー石膏の場合、直径 1cm以上の穴が必要です。 ※ 調べた時と仕様が変わっている可能性があります。   プリントする機材にもよりますので、データ作成前に確認してください。 内部メッシュが複雑すぎ
  7. 7. ポリゴン数の削減 1. サーフェイスに変換 2. Geometory >  Decimate ポリゴン数を削減します。 頂点カラーを使用する場合はカラー情報の 細かさにも影響するのであまり削り過ぎない ようにしてください。 80%減 メッシュは不均等ですが問題ありません
  8. 8. 失われたカラー情報の転送 1. RMB > 全ボリュームからカラーを焼きこむ 複製しておいたデータからカラー情報を転送して戻します。 復活!
  9. 9. データの確認 1. RMB > Separate disconnected peaces within the volume into separate volumes(surfaces) 接続されていない欠片を別のオブジェクトに切り分けます。このコマンドでほぼ不正のないデータにな ります。細かいオブジェクトが作られた場合、削除して下さい。 2. netfabb等のツールで確認します。

×