Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

SORACOM Beam で Azure Logic Apps 連携

502 views

Published on

2018.07.21 (Sat) SORACOM UG 東海 #3-2
アイレット株式会社 名古屋オフィス (zoom リモート登壇)
https://soracomug-tokyo.connpass.com/event/94078/

Published in: Technology
  • Be the first to comment

SORACOM Beam で Azure Logic Apps 連携

  1. 1. SORACOM Beamで Azure Logic Apps連携 2018.07.07(Sat) SORACOM UG 東海 #3 @アイレット株式会社 名古屋オフィス Koichiro Oki
  2. 2. 告知
  3. 3. SORACOM UG 農業活用コミュニティ • 8月後半を予定
  4. 4. SORACOM UG 信州 #5 • 9月の土曜日を予定
  5. 5. TwilioJP-UG Nagano vol.1 • 9/1(Sat) GEEKLAB.NAGANO(長野市)で初開催
  6. 6. 今日のお題
  7. 7. Azure Logic Apps Logic App Service https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/logic-apps/
  8. 8. Azure Logic Apps とは • ノンコーディングで多くのアプリケーションやWebサービスを結合して連携シ ステムを作ることができる • iPaaS(Integration Platform as a Service)とも呼ばれるサービス • 従量課金で使った分だけ請求される 誰もがシステム開発者!ノンコーディングで使える「Logic Apps http://ascii.jp/elem/000/001/627/1627606/
  9. 9. できること • 「コネクタ」を利用して各種サービスを利用 • Microsoft のクラウドサービスなど • Office 365 • Azure • Twitter や Facebook などの SNS • Dropbox や Google Drive などのストレージサービス • Oracle Database などのデータベース • WordPress などのブログ • 他 誰もがシステム開発者!ノンコーディングで使える「Logic Apps http://ascii.jp/elem/000/001/627/1627606/
  10. 10. 基本操作 誰もがシステム開発者!ノンコーディングで使える「Logic Apps http://ascii.jp/elem/000/001/627/1627606/ トリガー アクション ワークフロー
  11. 11. なぜ Logic Apps を利用する?
  12. 12. 早く実現したい、費用を抑えたい SORACOM Technology Camp 2018 | A2. IoTプロトタイプデバイス製作入門 ~セルラー通信デバイ https://www.slideshare.net/SORACOM/soracom-technology-camp-2018-a2-iot
  13. 13. 20180410 AWS White Belt Online Seminar AWSのよくある都市伝説とその真実 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20180410-aws-white-belt-online-seminar-aws
  14. 14. 20180410 AWS White Belt Online Seminar AWSのよくある都市伝説とその真実 https://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/20180410-aws-white-belt-online-seminar-aws
  15. 15. 作ってしまうと、いろいろお金がかかる 作らないで済むならそれに越したことはな https://gist.github.com/asufana/8310414
  16. 16. デモ
  17. 17. デモ1 • 温湿度データを SORACOM Beam 経由でツイート SORACOM Beam
  18. 18. デモ2 • 特定の温度を超えた場合、異なるツイートを送信 SORACOM Beam <Condition> 28℃以上/未満
  19. 19. デモ3 • カスタムヘッダー情報で処理をふるい分け SORACOM Beam SIMグループ別に カスタムヘッダー値を 変更 カスタムヘッダー別に 異なるツイートを行う
  20. 20. デモ4 • Azure IoT Hub で双方向通信 SORACOM Beam ただいま検証中
  21. 21. まとまらないまとめ • ノンコーディングでも、結構すごいことができる • SORACOM Beam やっぱ便利 • スモールサービス、プロトタイプ向け? • リクエストが増えると Beam&コネクタ利用料 がかさむので、デバイス数が増 えるなら Azure Functions などを使うほうがよいかも
  22. 22. ご静聴ありがとうございました

×