Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

第30回シェル芸勉強会LT シェル芸思考

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
書いてから考えよう
書いてから考えよう
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 12 Ad
Advertisement

More Related Content

Similar to 第30回シェル芸勉強会LT シェル芸思考 (8)

Advertisement

More from kunst1080 (13)

Recently uploaded (20)

Advertisement

第30回シェル芸勉強会LT シェル芸思考

  1. 1. シェル芸思考 (シェル芸で問題を解くときに考えていること) 第30回シェル芸勉強会 大阪サテライトLT (2017/8/26) くんすと(kunst1080)
  2. 2. この発表の目的 シェル芸について、「面白そうだけど問題をどうやったらいいのかわからない」という声が よく聞こえるような気がします(想像を含む主観) というところで、自分がシェル芸で問題を解くときに、何をどう考えているのか発表します。 ご参考にどうぞ。
  3. 3. 思考の順番 1. コマンド一撃で終わらせられるかどうか考える   ※一撃で終わりそうにない場合 ↓ 2. 中間データの形式を設計する 3. コマンドをシコシコ入力しながら答えに寄せていく
  4. 4. 思考の順番 1. コマンド一撃で終わらせられるかどうか考える   ※一撃で終わりそうにない場合 ↓ 2. 中間データの形式を設計する 3. コマンドをシコシコ入力しながら答えに寄せていく
  5. 5. 設計はやったほうがいいです
  6. 6. 設計の考え方 ● 中間データの形について考える ● 処理の方法、制御構文などにはあまりこだわらない
  7. 7. 設計の例 例) 「響け!ユーフォニアム」の問題   https://togetter.com/li/1041621 「響け!ユーフォニアム」の文字列を元に、 右のような、10x10の表を作成する。 響け!ユーフォニアム け!ユーフォニアム響 !ユーフォニアム響け ユーフォニアム響け! ーフォニアム響け!ユ フォニアム響け!ユー ォニアム響け!ユーフ ニアム響け!ユーフォ アム響け!ユーフォニ ム響け!ユーフォニア
  8. 8. 設計の例 中間データ①: 響け!ユーフォニアムを11回出力  ※「響け!ユーフォニアム」は10文字 響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォ ニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け! ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム響け!ユーフォニアム
  9. 9. 設計の例 中間データ②: 11文字ずつ分割してずらす  ※「響け!ユーフォニアム」は10文字 響け!ユーフォニアム響 け!ユーフォニアム響け !ユーフォニアム響け! ユーフォニアム響け!ユ ーフォニアム響け!ユー フォニアム響け!ユーフ ォニアム響け!ユーフォ ニアム響け!ユーフォニ アム響け!ユーフォニア ム響け!ユーフォニアム
  10. 10. 設計の例 中間データ③: 右端10文字でカットする  → 完成! 響け!ユーフォニアム け!ユーフォニアム響 !ユーフォニアム響け ユーフォニアム響け! ーフォニアム響け!ユ フォニアム響け!ユー ォニアム響け!ユーフ ニアム響け!ユーフォ アム響け!ユーフォニ ム響け!ユーフォニア
  11. 11. 実装 設計をしたことにより、何を作ればいいのかということがわかりました。 設計した内容に合わせて、入力データを中間データの形に整形していきます。  → いきなり解答までたどり着くのは難しいので、少しずつ近づけていくよう   なやり 方がオススメです。 シェル芸は基本的に手段を問わないので、あとは好き勝手します。
  12. 12. 以上

×