Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「大学で学ぶ」
2016-05-11
岡山県立大学情報工学部
国島丈生
Twitter: @kunishi
Twitterのハッシュタグ
#opusns20160511
SNS = Social Networking Service
問1
• いくつアカウントを持ってますか?
• 複数アカウントを使い分けている場合は、あなたの判断で、1つとカウ
ントしても、アカウント数分カウントしても構いません。
問2
• SNSを使っていてよかったなあと思ったことを思い出してくだ
さい。
• 3分時間をあげます。その間、友達同士で相談してもよし、SNSでお話
して思い出すもよし。
• Twitterのアカウントを持っている人で、他の人にツイートを見られ...
問3
• SNSを使っていて、嫌だったことを思い出してみましょう。
• 回答は特に求めません。自分の心の中で思っておけばいいです。
• 嫌なことを公にするのは勇気がいることですから。
• 体験を思い出すことがトラウマになってしまう場合は、思い出...
SNSの使い方実態調査
• 電通総研「若者まるわかり調査2015」
• http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0420-004029.html
• ふだんの生活で使うキャラ数
• 高校生で5.7, ...
少しだけおじさんトーク
• SNSに類するものは昔からありました
• パソコン通信(1980〜1990), ポケベル(1990年代半ば), 掲示板, チャット,
…
• (社会問題としての)歴史は繰り返す
• ただし
• 今のSNSは、インター...
もうちょっとおじさんトーク
• SNSは、誰が、なんの目的で運営しているんでしょう?
• Twitterにせよ、LINEにせよ、営利を目的とした企業が運営しています
• 慈善目的ではありません
• ユーザがたくさん集まって交流することで、利益に...
要するに?
• SNSには、皆さんの意図とは別に、運営者が決めた制約が絶対的ルー
ルとして存在
• Twitterなら、原則ツイートは全部公開
• SNSが不適切と考えた発言は勝手に削除され得る
• Etc.
• 運営者が決めた制約の範囲内なら...
今日の題材
• 明学生が考えたSNSのための「5つの合言葉」
• http://www.meijigakuin.ac.jp/campuslife/campuslife/sns/
• みなさんと同世代の方々が考えたSNSの使い方として、非常に
良...
友だちは、フリー素材じゃあ
りません。
合言葉その1
Google以後のインターネット
• Google=世界最大の検索サイト
• Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスで
きて使えるようにすることです。
(https://www.google.com/intl/ja...
例えば
• あるユーザのTwitterのタイムラインに
• 「17:00 岡山駅前のイオンなう」「18:00 天満屋なう」「17:00 一番街な
う」…
• ある日「異人館街なう」
• すると
• 悪者1:「こいつは岡山駅のあたりに毎日17:0...
その個性の出し方、間違って
いませんか?
合言葉その2
バカッター
• 主にツイッターの利用者等が自らTwitter・Facebook・動画サイ
トへの投稿を通して、反社会的行動を世に曝け出す行為を示す。
(中略) またその大半は、第三者が客観的に検証可能な写真・動
画という形で公開される。
• 2...
でも…
• 昔から、こういう人は一定数いたはず
• 自己承認欲求
• なぜ、今、問題?
• SNS経由でインターネットで可視化されてしまったから
• 一度インターネットで広まってしまった情報は二度と消せない
• その人の人生を、また影響を受けた...
ちなみに
• バカッター現象は日本だけではありません
• Kiwi ISIS fighter mistakenly broadcasts location via Twitter
(http://www.haaretz.com/news/mid...
デマの中継所にならないでっ!
合言葉その3
SNSの特徴
• 情報が極めて速く伝播し、拡散する
• いい情報も悪い情報も
• 3.11では、多くの有益な情報も拡散しましたが、デマも大量に拡散し
ました
• 原因
• 繋がっている人(知人)から流れてくる情報なので、無条件に信じが
ち
• ...
昨日、SNSで何を見たか、思い
出せますか?
合言葉その4
インターネット依存症
• アルコール依存症などと同じく、れっきとした病気として扱わ
れています
• 類似の病気
• スマートフォン依存症
• オンラインゲーム依存症
歩きスマホは、歩く武器。
合言葉その5
歩きスマホ、ながらスマホ
• 日本人は特に多いらしい
• メール、SNSの利用が多いためらしい
• 海外で「スマホゾンビ」と呼ばれているらしい
• 法律的な動き
• 自動車運転中のながらスマホ→罰金etc.
• 自転車運転中のながらスマホ→20...
おわりに
[追記]
SNSは、繋がっている人たちをより大きく見せ、その外側にいる人たちを見
えないようにしがちだと思います。
繋がっていない人たちの存在を忘れないで。SNSで本当に困ったら、外側の
人たちにヘルプを求めて。
問4・問5
• SNSを使って嫌だと思ったことを思い出してもらいましたが、
そのとき、あなたはどうすべきだったと思いますか?
• 周りの人がSNSの誤った使い方をしようとしていたとします。
あなたはどう振る舞いますか?
• 家族だったら?
• ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160511 全学講義講演資料

2016年5月11日に開催する、岡山県立大学の全学講義「大学で学ぶ」で使用するスライドです。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20160511 全学講義講演資料

  1. 1. 「大学で学ぶ」 2016-05-11 岡山県立大学情報工学部 国島丈生 Twitter: @kunishi
  2. 2. Twitterのハッシュタグ #opusns20160511
  3. 3. SNS = Social Networking Service
  4. 4. 問1 • いくつアカウントを持ってますか? • 複数アカウントを使い分けている場合は、あなたの判断で、1つとカウ ントしても、アカウント数分カウントしても構いません。
  5. 5. 問2 • SNSを使っていてよかったなあと思ったことを思い出してくだ さい。 • 3分時間をあげます。その間、友達同士で相談してもよし、SNSでお話 して思い出すもよし。 • Twitterのアカウントを持っている人で、他の人にツイートを見られて も構わないよ、という人は、ハッシュタグ付きでツイートしてもらえ ると嬉しいです。
  6. 6. 問3 • SNSを使っていて、嫌だったことを思い出してみましょう。 • 回答は特に求めません。自分の心の中で思っておけばいいです。 • 嫌なことを公にするのは勇気がいることですから。 • 体験を思い出すことがトラウマになってしまう場合は、思い出す必要 はありません。 • 質問の本意ではないので。 • この講義の最後までに考えてみてください。
  7. 7. SNSの使い方実態調査 • 電通総研「若者まるわかり調査2015」 • http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0420-004029.html • ふだんの生活で使うキャラ数 • 高校生で5.7, 大学生で5.0, 20代社会人で4.0 • Twitterの複数アカウント所有率 • 高校生で62.7%, 大学生で50.4% • 正直整理したいと思うグループ・つながり • 全体で平均2個程度
  8. 8. 少しだけおじさんトーク • SNSに類するものは昔からありました • パソコン通信(1980〜1990), ポケベル(1990年代半ば), 掲示板, チャット, … • (社会問題としての)歴史は繰り返す • ただし • 今のSNSは、インターネットに直結している分、影響力が(プラスにも マイナスにも)大きい • ユーザ自身への跳ね返り方も大きい • 使い方をみなさん自身で考えていってほしい • おじさんにできるのは、皆さんが普段考えない視点を提示することだけです
  9. 9. もうちょっとおじさんトーク • SNSは、誰が、なんの目的で運営しているんでしょう? • Twitterにせよ、LINEにせよ、営利を目的とした企業が運営しています • 慈善目的ではありません • ユーザがたくさん集まって交流することで、利益に繋がる • サイバー世界においてコードは法である • アメリカの憲法学者ローレンス・レッシグの言葉 • 詳しくは著書「CODE 2.0」を参照 • サイバー世界=ネット上の何らかのコミュニティ=SNS • コード=コンピュータ(ハードウェア)、情報システム(ソフトウェ ア)
  10. 10. 要するに? • SNSには、皆さんの意図とは別に、運営者が決めた制約が絶対的ルー ルとして存在 • Twitterなら、原則ツイートは全部公開 • SNSが不適切と考えた発言は勝手に削除され得る • Etc. • 運営者が決めた制約の範囲内なら、ユーザは何をしても自由 • 見知らぬユーザが突然絡んできても「空気読めよ。うざい」とはいえない • Etc. • 制約はSNSごとに異なる • 使う人がちゃんと理解しておかなければなりません • 利用開始時の規約に大抵書いてあります(私も読んでません…反省)
  11. 11. 今日の題材 • 明学生が考えたSNSのための「5つの合言葉」 • http://www.meijigakuin.ac.jp/campuslife/campuslife/sns/ • みなさんと同世代の方々が考えたSNSの使い方として、非常に 良くできていると思います
  12. 12. 友だちは、フリー素材じゃあ りません。 合言葉その1
  13. 13. Google以後のインターネット • Google=世界最大の検索サイト • Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスで きて使えるようにすることです。 (https://www.google.com/intl/ja_JP/about/company/ より) • インターネットに公開してしまった時点で、世界中の誰からで も検索され、アクセスされる可能性がある • しかも、一度公開されてしまった情報は、事実上、二度と消せません • インターネットを使えば、だれでも簡単に「探偵」になれてし まいます
  14. 14. 例えば • あるユーザのTwitterのタイムラインに • 「17:00 岡山駅前のイオンなう」「18:00 天満屋なう」「17:00 一番街な う」… • ある日「異人館街なう」 • すると • 悪者1:「こいつは岡山駅のあたりに毎日17:00あたりにいるな。じゃ、 そこで見つければ後をつけられるな」 • 悪者2:「お、こいつは普段岡山にいるのに、今日は神戸か、じゃ空き 巣のチャンスだな」 • もっと複雑な探偵ごっこでも簡単にできる時代です
  15. 15. その個性の出し方、間違って いませんか? 合言葉その2
  16. 16. バカッター • 主にツイッターの利用者等が自らTwitter・Facebook・動画サイ トへの投稿を通して、反社会的行動を世に曝け出す行為を示す。 (中略) またその大半は、第三者が客観的に検証可能な写真・動 画という形で公開される。 • 2015年6月3日のWikipedia(http://ja.wikipedia.org/wiki/バカッター)より引 用
  17. 17. でも… • 昔から、こういう人は一定数いたはず • 自己承認欲求 • なぜ、今、問題? • SNS経由でインターネットで可視化されてしまったから • 一度インターネットで広まってしまった情報は二度と消せない • その人の人生を、また影響を受けた人・団体の今後を大きく左右する
  18. 18. ちなみに • バカッター現象は日本だけではありません • Kiwi ISIS fighter mistakenly broadcasts location via Twitter (http://www.haaretz.com/news/middle-east/1.634861)
  19. 19. デマの中継所にならないでっ! 合言葉その3
  20. 20. SNSの特徴 • 情報が極めて速く伝播し、拡散する • いい情報も悪い情報も • 3.11では、多くの有益な情報も拡散しましたが、デマも大量に拡散し ました • 原因 • 繋がっている人(知人)から流れてくる情報なので、無条件に信じが ち • 情報の価値判断を反射的にしがち
  21. 21. 昨日、SNSで何を見たか、思い 出せますか? 合言葉その4
  22. 22. インターネット依存症 • アルコール依存症などと同じく、れっきとした病気として扱わ れています • 類似の病気 • スマートフォン依存症 • オンラインゲーム依存症
  23. 23. 歩きスマホは、歩く武器。 合言葉その5
  24. 24. 歩きスマホ、ながらスマホ • 日本人は特に多いらしい • メール、SNSの利用が多いためらしい • 海外で「スマホゾンビ」と呼ばれているらしい • 法律的な動き • 自動車運転中のながらスマホ→罰金etc. • 自転車運転中のながらスマホ→2015.06.01の改正道路交通法施行で罰則 強化
  25. 25. おわりに [追記] SNSは、繋がっている人たちをより大きく見せ、その外側にいる人たちを見 えないようにしがちだと思います。 繋がっていない人たちの存在を忘れないで。SNSで本当に困ったら、外側の 人たちにヘルプを求めて。
  26. 26. 問4・問5 • SNSを使って嫌だと思ったことを思い出してもらいましたが、 そのとき、あなたはどうすべきだったと思いますか? • 周りの人がSNSの誤った使い方をしようとしていたとします。 あなたはどう振る舞いますか? • 家族だったら? • 親しい友人だったら? • クラスメートだったら? • たまたま列車で隣りに座った人だったら? • Etc. • 正解はありません

×