Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ソフトウェアテスト最初の一歩

2,156 views

Published on

本日の資料について
2011年11月10日に 鈴木三紀夫氏が、
都内某所で開催したセミナーのワークショップを
本イベント用に再編集しています。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ソフトウェアテスト最初の一歩

  1. 1. やまもと くにお (元むらかみ)
  2. 2.  はじめに ( 5分)  対象・目的・目標 ( 5分)  ワーク      個人ワーク 講義 グループワーク 発表 おまけ? (15分) (10分) (20分) (10分) (10分)
  3. 3.  本日の資料について  本日のワークショップは、2011年11月10日に 鈴木三紀夫氏が、都内某所で開催した 下記セミナーのワークショップを 本イベント用に再編集しています。  “「ソフトウェアテスト 最初の一歩」セミ ナー ~ テスト技法を学ぶ前に、知識の棚卸しをしてみよう ~” http://atnd.org/events/21444
  4. 4.  内容 本日はワークが中心です。 個人ワークとグループワークの 両方実施します!
  5. 5.    名前 :山本 久仁朗(旧姓:村上) 最終学歴 : 一関高専 化学工学科 職歴 :  日本プロセス株式会社    (~’96) (~’05) QA (ISPサービス全般) (~’05) ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社    (~’03) アットネットホーム株式会社   SE (鉄鋼・航空・流通・電力・金融) TE (サーバ構築・組込・PCアプリ) (~’03) (~’89) TE (PCアプリ・音楽プレイヤー・etc) (~’09) QA (音楽プレイヤー・etc) NHN Japan 株式会社(ISP)  QA (ゲーム全般) (~’11) (~’11) (~‘13) (~’13)
  6. 6.  社外活動  テストエンジニア向け合宿勉強会(WACATE)       テストスキル標準     2012冬( http://gihyo.jp/news/report/2013/01/1502 ) 2010夏( http://jibun.atmarkit.co.jp/ljibun01/rensai/photo/08/01.html ) 2009冬( http://blogs.itmedia.co.jp/dyamaoka/2010/03/wacate-2009-283.html ) JaSST’09( http://gihyo.jp/news/report/2009/01/3001?page=2 ) 2008冬( http://www.kumikomi.net/archives/2008/12/62wacate.php ) JaSST‘11( http://www.jasst.jp/archives/jasst11e.html#project1 ) JaSST‘10( http://jasst.jp/archives/jasst10e.html#project1 ) JaSST‘09( http://jasst.jp/archives/jasst09e.html#closing ) 国立大学法人 大分大学  工学部 知的情報システム工学科 「情報就業のための講演会」 ( square.csis.oita-u.ac.jp/?seminar=情報職業のための講演会開催 )
  7. 7. 本勉強会は、 「より効果的なテストの実施方法」 ではなく・・・ 「他部署と“テスト”の話をして も・・・ 会話が、かみ合わない」 とお悩みの方が、主な対象です!
  8. 8. 「○○テスト」って?! 「○○テスト」という用語が通じな かった、という経験はありませんか? (例えば、「単体テスト」「性能テスト」な ど) Aさん 「○○テスト」お願 い! Bさん わかりました。 今日中でいいで
  9. 9. 「○○テスト」って?! 組織、チームが同じでも・・・ 人によって意味が異なることが・・・ でも、何となく分かった気がし て・・・ いちいち確認していませんよね・・・ 些細な違いが・・・ 大きな問題に・・・
  10. 10. 目的  テスト技法やツールを学ぶ前に テスト周辺の知識・認識を整理する 目標  テスト話の「幹」を身につける  みんなのテストを知ることで、 テスト話の「枝」を増やす
  11. 11. なぜこのような、ワークを考えたのか?!
  12. 12. 手っ取り早く、テスト技法 を 教えてくれればいいのに
  13. 13. テスト技法研修を やってください デシジョンテーブル とは・・・・ なんで、もっと早く 教えてくれなかったの ですか?
  14. 14. 一年後 別に使ってないよ 現場のテストでは 使えませんね チームに戻っても 誰も使っていないので
  15. 15. 一年後 テスト技法(ツール)が 使われてないので 来てください! 現場を見させて いただけますか? どうぞ テストに関する 捉え方が皆さん 異なっていますね 現場
  16. 16. ワーク
  17. 17. 簡単な自己紹介をしてください。 (1人1分程度) この勉強会に参加した 「目的」や「持ち帰りたい」もの を グループ内の人に伝えてください
  18. 18. キーワードを列挙! テストについて知っているキー ワードをできるだけ、挙げてみま しょう! ルール 「○○テスト」じゃなくても良いで す。 (テストに関連すると認識であれ
  19. 19. 講義
  20. 20. 要件定義 運用テスト 基本設計 システムテスト 詳細設計 結合テスト 構造設計 単体テスト 実装
  21. 21.  系統的にまとめ、管理していくテストの 活動のグループ。  各テストレベルはプロジェクトの特定の 責務と対応付けができる。  テストレベルの例には、コンポーネント テスト、統合テスト、システムテスト、 受け入れテストがある。  ISTQBソフトウェアテスト標準用語集(日本語版) Version 2.2.J01
  22. 22.  コンポーネント又はシステムをテストす るためのテスト活動をまとめたものであ り、たとえば機能テスト、使用性テスト、 回帰テストなどのように特定のテスト目 的に焦点を当てている。  テストタイプは一つ又は複数のテストレ ベル又はテストフェーズで行なわれる。  ISTQBソフトウェアテスト標準用語集(日本語版) Version 2.2.J01
  23. 23.  同値分割法  境界値分析  デシジョンテーブルテスト  状態遷移テスト  ユースケーステスト  ステートメントテスト  デシジョンテスト  その他
  24. 24. ワーク
  25. 25. 開発工程 テストレベル テストタイプ テスト技法
  26. 26. 開発工程 テストレベル テストタイプ テスト技法
  27. 27. 開発工程 テストレベ ル テストタイ プ テスト技法 開発工程 テストレベ ル テストタイ プ テスト技法 開発工程 テストレベ ル テストタイ プ テスト技法
  28. 28.  「テスト技法を学びたい」と思っている組織 の中には、実はテストタイプを知りたいと 思っているところがあります。   特に「バグが多い」→「テスト技法を学べ」のと ころは テストレベルやテストタイプは、組織によっ て 異なる名称を持っているため、コミュニケー ションを阻害する要因になっています。  仕事によって人が集まるプロジェクト型の組織で は、 背景が異なることが多くなります。
  29. 29.  今日は、背景が異なる様々な組織から来 た人たちとテストの種類(工程、レベル、 タイプ、技法など)について話をしまし た。  自分の知っているテストもあれば、 まったく知らないテストもありました。  組織やチームで必要なテストタイプを整 理します。 テスト技法を勉強するのは、その後です。

×