Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

モンゴル国におけるナショナル・アイデンティティの計時的変化 (Time-series Change of Mongolian National Identity)

132 views

Published on

第90回日本社会学会年次大会報告資料(2017年11月4-5日、東京大学、報告5日)
File presented at the 90th Annual Meeting of the Japanese Sociological Society (The University of Tokyo, November 4-5, 2017)

Published in: Science
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

モンゴル国におけるナショナル・アイデンティティの計時的変化 (Time-series Change of Mongolian National Identity)

  1. 1. 日本社会学会第90回年次大会報告(2017年11月5日 於:東京大学) 湊 邦生(高知大学)
  2. 2. 本報告について • 本研究で取り組む課題は以下の2つ: (1) モンゴル国(以下「モンゴル」)において、「モンゴル国民である」という自己意 識とはどのようなものか? (2) 「モンゴル国民である」という自己意識がどのような帰結をもたらしているか? • 今回の報告では、過去のデータ分析の結果がその後も適用可能かどうか、最新 のデータを用いて検証 • ただし時間とデータの制約上、今回は湊(2013)に基づく予備的な再分析の結 果を報告 2
  3. 3. 研究の背景(1)「ナショナリズム」をめぐる動向 • ウルトラナショナリスト・排外主義勢力の登場:2005年に商店襲撃事件発生、 2010年以降外国メディア中心に活動が報じられる (Branigan, 2010; Hogg, 2010; Graaf, 2013) • 「エコ・ナショナリズム」の登場:ウルトラナショナリスト・排外主義勢力による「環境 保護」運動と暴力事件(Ghosh, 2013; Land, 2013) • 資源ナショナリズム:外資主導の鉱業開発への反感、モンゴル側の取り分増大 の要求(Ganbold, 2017) • 人類学によるナショナル・アイデンティティ研究の進展(Bulag, 1999; Billé, 2015):「普通」の人々が「今」有するナショナリズム、ナショナル・アイデンティティ とは? 3
  4. 4. 研究の背景(2)社会意識の断面 4
  5. 5. 過去の分析で得られた結果(湊、2013) • モンゴルでは、純化志向および国家への無条件の忠誠への賛成、強いナショナ ル・プライド、海外移住への無関心という回答が(異時点間で変化はあるもの の)多数派 • 東アジア諸国の中でも、モンゴルは上記の回答が多い。ただし、タイ・ヴェトナムで も同様の傾向がみられるため、モンゴルを例外視することはできない • モンゴルでは純化志向と「無条件の忠誠」とナショナル・プライドとの相関は、回答 者の属性や海外情報との接触を制御しても残る ↓ その後のモンゴルにも当てはまるのか? 5
  6. 6. データ • アジアン・バロメータ(Asian Barometer Survey、以下“ABS”)データの うち、今回分析対象とする設問を含む第2回・第3回・第4回調査(ABS2, ABS3, ABS4)のデータを使用 • ABSは東・東南アジアを対象として、政治・民主主義を主なテーマと する国際社会調査プロジェクト • 各回の実施概要は下表の通り 調査 実施時期 実施国・地域(下線はデータ未公開) ABS2 2005-2008 カンボジア、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、モンゴル、 フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、台湾、ヴェトナム ABS3 2010-2012 カンボジア、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、モンゴル、 フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、台湾、ヴェトナム ABS4 2014-2016 カンボジア、中国、香港、インドネシア、日本、マレーシア、ミャンマー、 モンゴル、フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、台湾、ヴェトナム 資料: Asian Barometer Project. (n.d.a, n.d.b, n.d.c). 6
  7. 7. モンゴルにおけるABS • モンゴルでは貴重な全国調査+複数回実施+個票分析可能なデータ • 対象者は多段無作為抽出法で抽出。モンゴル全国を8ブロックに分割 し、Primary Sampling Unit (小選挙区)  Secondary sampling Unit (郡)  世帯  対象者の順で、それぞれ無作為に抽出 • 調査は面接法で実施 • その他の実施概要は下表の通り 調査 実施時期 回収数 ABS2 2006年5-6月 1211(うち無効票4) ABS3 2010年4-5月 1210 ABS4 2014年6-7月 1228 資料: Asian Barometer Project. (n.d.a, n.d.b, n.d.c). 7
  8. 8. 着目する設問 • ABS2, ABS3, ABS4に組み込まれた以下の4項目: (1) Our country should defend our way of life instead of becoming more and more like other countries  純化志向 (2) A citizen should always remain loyal only to his country, no matter how imperfect it is or what wrong it has done  無条件 の忠誠(自国中心主義) (3) How proud are you to be a citizen of [COUNTRY]?  ナショナ ル・プライド (4) Given the chance, how willing would you be to go and live in another country?  海外移住への関心/抵抗感 ※ 調査時期により一部の国・地域でデータ欠落 8
  9. 9. ABSデータの限界と留意点 • ABSの調査票は元来ナショナル・アイデンティティの分析を前提とし て作成されていない • ABS2, ABS3, ABS4に共通する設問は非常に限られる • したがって、既存研究(ex. 田辺、2010)のような下位概念構造分 析を詳細に行うことは相変わらず不可能 • 前項の純化志向設問は「純血の保護」についてたずねていない • しかし、モンゴルではISSP-1995, 2003, 2013のような詳細な調査 の実施・データ公開はほとんど期待できない • ABS4はデータ公開途上、現時点では国際比較にも制約 • したがって、湊(2013)同様「まずはできることをする」アプローチ 9
  10. 10. 分析 • 前掲の共通設問について、以下の分析を行う: (1)各変数の分布の時系列変化 (2)各変数の分布の国際比較 (3)2変数の相関分析 (4)偏相関分析 • 制御変数:性別、年齢、教育年数、居住地域(首都、都市、地方、遊牧 地域4区分)、インターネット利用頻度、海外の出来事への関心 10
  11. 11. 結果(1-1) • 「純化志向」は多数派ながら「強い賛成」が減少 • 「無条件の忠誠」も多数派、ただし賛成の程度は時期により変動 11
  12. 12. 結果(1-2) • 「ナショナル・プライド」はABS3で「強い賛成」が減少したものの、ABS4で回復 • 海外渡航・移住も無関心派が多数、ただしまったく関心がない層は減少 12
  13. 13. 集計結果の国際比較(1)「純化志向」 • 他の東アジア諸国・地域と比較すると、肯定的回答の割合は一貫して高い(た だしABS4データの平均値については他国・地域の結果により今後変動) 13
  14. 14. 集計結果の国際比較(2)「国への無条件の忠誠」 • 一貫して多国・地域より肯定的回答の割合が高い(ABS4ミャンマーを除く) 14
  15. 15. 集計結果の国際比較(3) • 一貫して多国・地域より肯定的回答の割合が高い(ABS4ミャンマーを除く) 15
  16. 16. 集計結果の国際比較(4) • 強い無関心派の割合が各国・地域平均に近づく 16
  17. 17. 相関分析の結果 • ほとんどの項目で相関は一貫して有意、 • 「無条件の忠誠」「ナショナル・プライド」間の相関が弱まる 17 ABS2 1157 1169 1169 ABS3 1186 1191 1188 ABS4 1210 1218 1216 ABS2 .155 *** 1192 1217 ABS3 .140 *** 1200 1196 ABS4 .140 ** 1200 1196 ABS2 .116 *** .221 *** 1207 ABS3 .146 *** .080 *** 1204 ABS4 .111 ** .064 * 1204 ABS2 -.040 -.083 ** -.205 *** ABS3 -.058 * -.088 ** -.205 ** ABS4 -.064 * -.109 ** -.183 ** r Defend our way of life Proud to be a citizen of Mongolia Willing to go and live in another country Should be loyal to own country Should be loyal to own country Proud to be a citizen of Mongolia Willing to go and live in another country Note: *** p<.001, ** p<.01, *<p.05, + p<.1 Defend our way of life N
  18. 18. 偏相関分析の結果 • 統制変数を投入してもほとんどの相関の有意性は残る • 「無条件の忠誠」「ナショナル・プライド」間の相関の有意性は消失 18 ABS2 (N=1138) ABS2 1138 1138 1138 ABS3 1165 1165 1165 ABS4 1197 1197 1197 ABS2 .148 *** 1138 1138 ABS3 .124 *** 1165 1165 ABS4 .137 *** 1197 1197 ABS2 .099 *** .218 *** 1138 ABS3 .107 *** .067 * 1165 ABS4 .103 *** .053 1197 ABS2 -.003 -.053 + -.147 *** ABS3 -.005 -.068 * -.177 *** ABS4 -.060 * -.084 ** -.162 *** Defend our way of life Should be loyal to own country Proud to be a citizen of Mongolia Willing to go and live in another country (N=1165) Defend our way of life Should be loyal to own country Proud to be a citizen of Mongolia Willing to go and live in another country Note: *** p<.001, ** p<.01, *<p.05, + p<.1
  19. 19. 結果と考察 • 基本的に過去の分析結果が確認される • 「純化志向」「国家への無条件の忠誠」「ナショナル・プライド」への肯定的回 答、海外移住への無関心 • 東アジア諸国の中でも、モンゴルは上記の回答が多い。ただし、タイ・ヴェトナ ムでも同様の傾向がみられるため、モンゴルを例外視することはできない • 「純化志向」「ナショナル・プライド」の正の相関 • ただし「純化志向」への強い賛成は一貫して減少  “our way of life”がリア リティを失いつつある? • 「無条件の忠誠」と「ナショナル・プライド」との相関は弱化の上有意性を失う  ナショナル・プライドが国家への忠誠の条件ではなくなる? 19
  20. 20. 今後の課題 • 4変数と独立変数との関連は? (湊[2015]のABS2, ABS3の分析では両データで共通して有意な変数なし、 ABS4でも同様の結果が出るか?) • 「ナショナリズム」「ナショナル・アイデンティティ」概念の意味内容の混乱 (特に「ナショナリズム」については、むしろモンゴルでの現実の使われ方から、何を 指し示すべきかを考える方が有益では?) 20
  21. 21. 参考文献 Asian Barometer Project. (n.d.a). Asian Barometer wave 2 data [data file and technical reports]. Retrieved from http://www.asianbarometer.org/data/data-release Asian Barometer Project. (n.d.b). Asian Barometer wave 3 data [data file and technical reports]. Retrieved from http://www.asianbarometer.org/data/data-release Asian Barometer Project. (n.d.c). Asian Barometer wave 4 data [data file and technical reports]. Retrieved from http://www.asianbarometer.org/data/data-release Billé, F. (2015). Sinophobia: Anxiety, Violence, and the Making of Mongolian Identity. Honolulu: University of Hawai’i Press. Bulag, U. (1999). Nationalism and Hybridity in Mongolia. Oxford: Clarendon Press. Branigan, T. (2010, August 2). Mongolian neo-Nazis: Anti-Chinese sentiment fuels rise of ultra-nationalism. The Guardian. Retrieved from http://www.guardian.co.uk/world/2010/aug/02/mongolia-far-right Ganbold, M. (2017, August 31). The peril and promise of resource nationalism: A case analysis of Mongolia’s mining development. The Mongolian Observer. Retrieved from https://mongolianobserver.mn/peril-promise-resource-nationalism-case-analysis-mongolias-mining- development/ Ghosh, P. (2013, July 2). Mongolian neo-Nazis switch from nationalism to environmentalism by attacking foreign mining companies. International Business Times. Retrieved from http://www.ibtimes.com/mongolian-neo-nazis-switch-nationalism-environmentalism- attacking-foreign-mining-companies-1331817 Graaf, N. (2013, April 17). Rampant racism a growing problem in Mongolia. DW. Retrieved from http://www.dw.de/rampant-racism-a-growing- problem-in-mongolia/a-15888287 Hogg, C. (2010, September 5). Discontent fuels Mongolia's far-right groups. BBC News. Retrieved from http://www.bbc.co.uk/news/world-asia- pacific-11141472 Land, G. (2013, July 3). White swastika: Mongolia’s eco-Nazis. Asiancorrespondent.com. Retrieved from http://asiancorrespondent.com/110130/white-swastika-mongolias-eco-nazis/ 湊邦生(2013)「モンゴル国におけるナショナル・アイデンティティの計量的検討―アジアン・バロメータによる複数時点の調査データの予備的分析から―」『日本社会学会第86回年次 大会報告』 湊邦生(2015)「モンゴル国におけるナショナル・アイデンティティの 計量的検討 ─第2回・第3回アジアン・バロメータのデータ分析から─」『立命館産業社会論集』50(4): 75-92 田辺俊介(2010)『ナショナル・アイデンティティの国際比較』慶応義塾大学出版会。 21
  22. 22. Acknowledgement • Data analyzed in this paper were collected by the Asian Barometer Project (2005-2008, 2010-2012, and 2013-2016), which was co-directed by Professors Fu Hu and Yun-han Chu and received major funding support from Taiwan’s Ministry of Education, Academia Sinica and National Taiwan University. The Asian Barometer Project Office (www.asianbarometer.org) is solely responsible for the data distribution. The author appreciates the assistance in providing data by the institutes and individuals aforementioned. The views expressed herein are the author's own. 22

×