Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

モンゴル経済・社会研究の諸課題 急成長の光と影、そしてその先

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
国際交流English camp
国際交流English camp
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 19 Ad
Advertisement

More Related Content

More from Kunio Minato (9)

Recently uploaded (20)

Advertisement

モンゴル経済・社会研究の諸課題 急成長の光と影、そしてその先

  1. 1. 2014年11月16日 (於:岡山大学) パネルディスカッション 「日本におけるモンゴル研究の現状 と課題―その発展の方向性―」 湊 邦生 (立命館大学) モンゴル経済・ 社会研究の 諸課題 急成長の 光と影、 そして その先
  2. 2. 概要 2  本発表ではモンゴル国(以下「モンゴル」)経 済・社会の現状を踏まえ、「現在のモンゴル経 済・社会研究において対象となる諸課題」につ いて検討  報告者の専門および研究方法論上、ここでは議 論をモンゴル国の経済・社会に限定  本発表の構成は以下の通り: 1. モンゴル経済の急成長とその原動力 2. 急成長の影で(経済・社会) 3. モンゴル経済・社会研究の課題
  3. 3. 1. モンゴル経済の 急成長と その原動力 3
  4. 4. モンゴル経済の急成長 4 資料:Mongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo (n.d.) より報告者作 成。  2000年代半ばから成長率が上昇  世界金融危機の影響は限定的  2010年台に入って成長がさらに加速
  5. 5. 急成長の原動力(1) 5  2000年代以降鉱工業生産が拡大  2000年代後半からはサービス業も成長  農牧業は一進一退、ゾド等の影響もみられる 資料: Mongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo (n.d.)より報 告者作成。
  6. 6. 急成長の原動力(2) 6  鉱物資源が牽引する輸出の拡大  外国直接投資(FDI)の流入額増加 2000年 2011年 輸出総額 535,831.4  4,817,496.3 鉱物資源輸出額 188,562.7  4,299,412.1 FDI受入額 53,700.0  4,714,590.8 表1 輸出・FDIの変化(単位:1,000ドル) 資料:輸出総額、鉱物資源輸出額はMongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo (n.d.)、FDI受入額はThe World Bank, (n.d.)。
  7. 7. 2. 急成長の影で(経済・社会) 7
  8. 8. 経済:鉱物資源の対中輸出依存 8  輸出の鉱物資源への依存が深まる [2000年]鉱物資源の対輸出総額シェア35.1% [2011年]同89.2%(資料:表1に同じ)  中国依存も加速、極端化 [2000年]対中輸出のシェア59.7% 対中輸入のシェア20.7% [2011年]対中輸出のシェア92.1% 対中輸入のシェア30.8% (資料:アジア経済研究所、n.d.)
  9. 9. 経済:治らない赤字体質 9 資料: Mongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo (n.d.); The World Bank (n.d.)
  10. 10. 経済:そして「踊り場」へ 10  GDP成長率の下降  輸出伸び悩み、FDI受入の減少  トゥグルグの価値低下  大規模鉱山開発の遅延 2011年 2013年 経済成長率(%) 17.5 11.7 輸出総額(1,000ドル) 4,817,496.3 4,269,055.8 FDI受入額(1,000ドル) 4,714,590.8 1,867,680.2 トゥグルグ対ドルレート(年末) 1265.5 1674.6 表2 経済指標の変化 資料:FDI受入額はThe World Bank, (n.d.)、それ以外はMongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo (n.d.)。
  11. 11. 社会:貧困と生活不安の現時点 11 1. 貧困  2012年の貧困率27.4%、貧困ギャップ7.1%。 どちらも統計資料上最低値だが… 2. 失業  失業率は2014年第2四半期で8.4%  9四半期連続1ケタ台だが、地域差が大きい 3. インフレ  物価上昇率12.5%(2013年)、4年連続2ケタ台  2000年と比較すると物価は3.5倍に (以上Mongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo, n.d.)
  12. 12. 社会:都市化・開発の負の影響 12 1. ウランバートルへの一極集中  総人口比33.1%(2000年)46.8%(2013年)  道路等都市インフラの整備が追い付かない 2. 大気汚染  ウランバートルが大気汚染世界ワースト2位と報 じられる(Walsh, 2011)  同市の2010年のPM10平均値が148μg/m3(WHO, n.d.)、世界平均71μg/m3の倍以上 3. 鉱業開発の影響  違法採掘による環境汚染  鉱業開発により放牧地を失う牧民も
  13. 13. 社会:ナショナリズムの過熱 13  排外主義、ウルトラナショナリズム、ネオ・ナ チの出現(Branigan, 2010; Graaf, 2012; Monfemme 2012)  「エコ・ナショナリズム」(?) (Barria, 2013; Ghosh, 2013)  「資源ナショナリズム」  これらはモンゴル以外のジャーナリズムで指摘 される傾向が強い  排外主義、ウルトラナショナリズムを醸成する 土壌がモンゴルの世論に存在するのではない か?(湊, 2014; Minato, in press)
  14. 14. 3. モンゴル経済・社会研究の課題 14
  15. 15. 経済:期間ごとに異なる課題 15 1. 短期的課題  通貨の安定  物価の安定  大規模鉱山開発問題の解決 2. 中期的課題  赤字「体質」の改善  鉱物資源輸出の再拡大、品目・相手国の多様化  FDIの受け入れ再拡大 3. 長期的課題  鉱業以外の基軸産業育成(農牧業生産物の付加 価値上昇、加工業の育成・高度化)
  16. 16. 社会(1)急成長の「影」に光を 16 1. 「影」の実態のさらなる解明(貧困、都市問 題、都市問題、排外主義、ウルトラナショナ リズム、etc.) 2. 課題解決への提言を視野に入れた研究  社会保障制度の改善  都市コミュニティの構築  地元住民の参画が保証された環境保護制度、資 源管理制度の構築  排外主義、ウルトラナショナリズムへの対抗言 論、マイノリティの権利保護
  17. 17. 社会(2) データ分析の可能性 17  モンゴルでも「ポリトバロメートル」 (politbarometr)等、世論・社会調査が定着  2000年代以降、一般市民を対象とする国際調査 プロジェクトがモンゴルでも開始(アジア・バ ロメーター2005;第1~第3回アジアン・バロ メータ;Life in Transition Survey I & II)  上記調査プロジェクトによる個票データが公開 され、一般の研究者も入手、分析が可能  データ分析に基づく研究により、客観性の高い モンゴル社会分析や国際比較が実現  モンゴルの知見を社会科学界に広く提供する道 も開ける
  18. 18. 経済・社会研究の共通課題 18 1. 遊牧経済・社会の実態解明  欧米諸国と同様のアプローチには限界(統計資 料等データの入手困難、農耕文明との違い)  地域研究的手法はいまも有用  遊牧経済・社会の実態から「理論」を構築する ことが必要 2. 研究者間の連携、情報交換  社会科学者と他の分野(人類学、歴史学、自然 科学、etc.)との連携  現地研究者を含む研究者間の国際的な連携
  19. 19. 参考文献 19 アジア経済研究所.(n.d.). アジア動向データベース.http://d-arch.ide.go.jp/asiadb/ Barria, C. (2013, July 2). Mongolia neo-Nazis announce a change of tack - pollution control. Reuters. Retrieved from http://www.reuters.com/article/2013/07/02/us-mongolia-rightwing- idUSBRE96108N20130702 Branigan, T. (2010, August 2). Mongolian neo-Nazis: Anti-Chinese sentiment fuels rise of ultra- nationalism. The Guardian. Retrieved from http://www.guardian.co.uk/world/2010/aug/02/mongolia-far-right Ghosh, P. (2013, July 2). Mongolian neo-Nazis switch from nationalism to environmentalism by attacking foreign mining companies. International Business Times. Retrieved from http://www.ibtimes.com/mongolian-neo-nazis-switch-nationalism-environmentalism-attacking- foreign-mining-companies-1331817 Graaf, N. (2012, April 17). Rampant racism a growing problem in Mongolia. DW. Retrieved from http://www.dw.de/rampant-racism-a-growing-problem-in-mongolia/a-15888287 湊邦生.(2014).『純化主義』とナショナリズム:モンゴル国一般市民の意識分析に基づく検討 多文化 関係学会第13回年次大会報告 Minato, K. (in press). Mongolian tolerance and intolerance toward different cultures: An exploration based on analyses of cross-national survey data. Acta Mongolica. Monfemme (2012, March 26). No More than a Womb: A Woman’s Role Amongst Mongolian Nazis, Nationalism and Sinophobia. Retrived from http://monfemme.wordpress.com/2012/03/26/no- more-than-a-womb-a-womans-role-amongst-mongolian-nazis-nationalism-and-sinophobia/ Mongol Ulsyn Ündesnii Statistikiin Khoroo. [National Statistical Office of Mongolia] (n.d.). Statistik medeelliin üilchilgeenii sistyem. [Mongolian Statistical Information Service] http://www.1212.mn/ Moran, T. H. (2013). Avoiding the “resource curse” in Mongolia. Peterson Institute of International Economics Policy Brief, (13-18). http://spaces.iie.com/publications/pb/pb13-18.pdf The World Bank. (n.d.). World Development Indicator. http://databank.worldbank.org/data/home.aspx Welsh, B. (2011, September 27). The 10 most air-polluted cities in the World. The Time, http://science.time.com/2011/09/27/the-10-most-air-polluted-cities-in-the-world/ World Health Organiation (WHO). (n.d.). Ambient (outdoor) Air Pollution in Cities Database 2014. http://www.who.int/entity/quantifying_ehimpacts/national/countryprofile/AAP_PM_database_ May2014.xls?ua=1

×