セッション ID:T1-403次世代 SharePoint Online 開発と Windows Azure 連携 株式会社クリエ・イルミネート IW ソリューション グループ 奥田 理恵
セッションの目的とゴール    Session Objectives and Takeaways    セッションの目的       クラウド時代の SharePoint 2010 の利用と開発       シナリオについてご紹介します    ...
アジェンダ    クラウド時代の SharePoint 2010    SharePoint Server 2010 と               Windows Azure 連携     連携パターンの紹介と構築例    SharePoin...
クラウド時代の SharePoint 2010
マイクロソフトのクラウドコンピューティング プラットフォームWindows Azure Platform    Windows® Azure™ Platform6
Windows Azure の利用     高いスケーラビリティ                    従量課金のメリット        と可用性     ハードウェアを所有      柔軟な運用の実現      しないメリット    クラウド...
クラウドとオンプレミスの連携    クラウドかオンプレミスかの選択ではない     クラウド + オンプレミス それぞれを適材適所     で利用すること    SharePoint 2010 の利用・開発も同様8
Microsoft Online Services    電子メール       予定表                      プレゼンス    インスタント メッセージング    ポータル      コラボレーション           ...
SharePoint Online     現在 SharePoint Server 2007 ベースの                 SharePoint Online が提供されている     SharePoint Online 2010...
SharePoint Online 2010     クラウド上のサービスとして SharePoint     機能を利用可能      ハードウェア、サーバーライセンス、CAL      は必要なし       SharePoint Serv...
SharePoint 2010 利用時の選択肢     オンプレミスでの                    SharePoint                 SharePoint        展開                   ...
SharePoint 2010 利用イメージ      オンプレミスの           SharePoint Online      SharePoint Server     利用ユーザー                   現場での I...
クラウド連携の SharePoint 開発     オンプレミスの     SharePoint Server 2010 での開発      Windows Azure や SQL Azure と      連携したソリューション構築     ...
SharePoint Server 2010 とWindows Azure 連携
開発環境について SharePoint                Windows AzureWindows Server 2008 SP2,    Windows AzureWindows Server 2008 R2      アカウント...
連携アプローチWindows Azure と SharePoint Server 2010 の連携 Non Code シナリオ     ① Windows Azure 上の ASP.NET アプリケーション       を Web パーツ内に...
連携アプローチ ① ②Non Code シナリオ        ページ ビューアー                 外部リスト        Web パーツ                                            ...
デモシナリオ ①Azure 上の Web アプリケーションを表示              Web              アプリケーション         Azure 上のデータを利用している         Web アプリケーション   ...
デモシナリオ ②SQL Azure 上のデータを SharePoint で活用                          BCS                          SPD での設定     テーブル           ...
[参考] Business Connectivity Services     データベースなどの外部ソースにあるデータを     SharePoint 上で利用するための機能      SharePoint Server 2007 の ビジネ...
[参考] PowerPivot     PowerPivot for Excel     PowerPivot for SharePoint       (クライアント)                  (サーバー サイド) Excel 20...
[参考] PowerPivot を利用した              SQL Azure 接続クラウドとオンプレミスの データをマージした分析が可能 SQL Azure、SQL Server、   SQL Azure 上のデータベース  デス...
[参考] Secure Store Service         外部ソースにアクセスする際、アカウント         のマッピングを行う機能                                 SharePoint Serve...
連携アプローチ ③ ④開発シナリオ               SharePoint の                           Azure に接続する               機能を活用して接続                ...
デモシナリオ ③ Azure 上のデータを取得する WCF サービス                    キャンペーン                  外部リスト                    サイト                ...
デモシナリオ ③ + ④Azure 上のデータを Silverlight に表示                WCF Data Services                                    Silverlight ア...
サンプルコードclientaccesspolicy.xml<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><access-policy>  <cross-domain-access>    <policy >   ...
サンプルコードSilverlight アプリケーション (UI)<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White"Width="500" Height="320"><toolkit:Chart Title=...
サンプルコードSilverlight アプリケーション (ロジック)context = new ***Entities(new                   Uri(“http://*****/Data.svc/"));var query...
SharePoint Online の利用とカスタマイズ
SharePoint Online のカスタマイズ ブラウザーによる編集     • サイト、リストの作成     • Web パーツや Wiki ページを活用したページ編集     • ページの作成 SharePoint Designer 2...
SharePoint 20102 種類のソリューション展開方法     ファーム ソリューション     • サーバー レベルでの展開 (サーバーのファイル システム上に展開)     • SharePoint 2007 と同様     サンド...
サンドボックス ソリューション     ユーザー部門によるカスタム ソリューションの     展開を可能にするしくみ      サイト コレクション単位での展開が可能      SharePoint Online 2010 での展開が可能   ...
カスタム ソリューションの展開完全信頼ソリューション     開発した成果物 (ソリューション) はフロント エンド     Web サーバーのファイル システム上に展開されるため、     SharePoint Online (Standar...
カスタム ソリューションの展開サンドボックス ソリューション• 開発した成果物 (ソリューション) はサイト コレクション内  のギャラリーにブラウザーでアップ ロードして展開• SharePoint Online 2010 で展開可能36
[参考] サンドボックス ソリューション               の展開     サイト コレクション管理者が     ソリューション ギャラリーにアップ ロード      _catalog/solutions37
[参考] サポートされる機能サンドボックス ソリューション     Web パーツ     リスト定義、リスト インスタンス     コンテンツ タイプ     モジュール     宣言型ワークフロー     SharePoint Design...
サポートされない主な要素サンドボックス ソリューション     SharePoint ハイブ内へのリソース展開      ビジュアル Web パーツの ascx ファイルやリソースなど     リモート リソースへのアクセス      プログラ...
デモ内容Silverlight を表示するサンドボックス Web パーツ                                                     カスタム Web パーツ                     ...
開発ステップSilverlight を表示するサンドボックス Web パーツ     Silverlight アプリケーションの     ソリューション内に空の SharePoint     プロジェクトを追加     プロジェクト内にモジュー...
サンプルコードモジュール<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><Elementsxmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/"> <Module Name=...
サンプルコードWeb パーツ内のコーディングprotected override void CreateChildControls(){  base.CreateChildControls();  SPWeb web = SPContext.C...
[参考] SharePoint データ アクセス     Silverlight       WCF Data Service 用クラス ライブラリがあり、       Open Data Protocol (oData) フィードを公開   ...
[参考] Visual Studio 2010         SharePoint Power Tools     サンドボックスでのビジュアル Web パーツ     開発をサポートするツール      http://visualstudi...
まとめ     SharePoint 利用時のクラウド活用      オンプレミス or SharePoint Online       それぞれのメリット、機能差により選択     ソリューション開発      Windows Azure と...
関連セッション     T1-302: 次世代 Microsoft Online Services の最新情報     T1-303: Exchange Server 2010 と次世代 Exchange Online の           ...
リファレンス Windows Azure Platform 製品情報サイト http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/ Windows Azure 開発サンプル コード集 10 行コードで作る .N...
リファレンスMicrosoft Online Services 製品情報http://www.microsoft.com/japan/online/default.mspxMicrosoft Online Services 開発者向け情報htt...
リファレンス (Blog など) Steve Fox‘s OBA Ramblings (Steve Fox 氏の Blog) http://blogs.msdn.com/b/steve_fox/ 松崎 剛 Blog (松崎 剛氏 の Blog)...
ご清聴ありがとうございました。    T1-403アンケートにご協力ください。
© 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows and other product names are or may be registered tra...
Tech Ed 2010 Japan T1-403 次世代 SharePoint Online 開発と Windows Azure 連携
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Tech Ed 2010 Japan T1-403 次世代 SharePoint Online 開発と Windows Azure 連携

2,023 views

Published on

SharePoint Online の次期バージョンの最大の特徴は、これまでの SharePoint Online では一切できなかった、Visual Studio を使用した機能拡張ができる点です。しかし、オンプレミスの SharePoint Server 2010 開発と同様の開発が行えるわけではなく、一部機能面での制限があります。

本セッションでは、SharePoint Online 2010 での機能拡張方法について開発方法だけではなく、オンプレミスでの SharePoint 開発との違いやどのような開発が Online でも行えるかの境目を解説します。また 2 つ目のトピックとして、Windows Azure と連携した SharePoint 開発についてどのような連携方法があるのかをご紹介します。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,023
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Tech Ed 2010 Japan T1-403 次世代 SharePoint Online 開発と Windows Azure 連携

  1. 1. セッション ID:T1-403次世代 SharePoint Online 開発と Windows Azure 連携 株式会社クリエ・イルミネート IW ソリューション グループ 奥田 理恵
  2. 2. セッションの目的とゴール Session Objectives and Takeaways セッションの目的 クラウド時代の SharePoint 2010 の利用と開発 シナリオについてご紹介します SharePoint Server 2010 と Windows Azure 連携の 可能性 SharePoint Online 2010 における開発の可能性 セッションのゴール SharePoint Server 2010 と Windows Azure の連携シナリオをご理解いただく SharePoint Online 2010 で可能となる サンドボックス ソリューション開発・展開 についてご理解いただく3
  3. 3. アジェンダ クラウド時代の SharePoint 2010 SharePoint Server 2010 と Windows Azure 連携 連携パターンの紹介と構築例 SharePoint Online の利用とカスタマイズ SharePoint Online での開発 まとめ4
  4. 4. クラウド時代の SharePoint 2010
  5. 5. マイクロソフトのクラウドコンピューティング プラットフォームWindows Azure Platform Windows® Azure™ Platform6
  6. 6. Windows Azure の利用 高いスケーラビリティ 従量課金のメリット と可用性 ハードウェアを所有 柔軟な運用の実現 しないメリット クラウド プラットフォームは今後拡大 インターネットを介する利用形態のためすべて クラウドに置き換えるのがベストではない クラウドのメリットを活かせるものをクラウド で利用する7
  7. 7. クラウドとオンプレミスの連携 クラウドかオンプレミスかの選択ではない クラウド + オンプレミス それぞれを適材適所 で利用すること SharePoint 2010 の利用・開発も同様8
  8. 8. Microsoft Online Services 電子メール 予定表 プレゼンス インスタント メッセージング ポータル コラボレーション 音声・ビデオ通話/会議 データ共有会議ノン リアル タイム コミュニケーション リアル タイム コミュニケーション Business Productivity Online Suite (BPOS)9
  9. 9. SharePoint Online 現在 SharePoint Server 2007 ベースの SharePoint Online が提供されている SharePoint Online 2010 は今後提供予定となっている10
  10. 10. SharePoint Online 2010 クラウド上のサービスとして SharePoint 機能を利用可能 ハードウェア、サーバーライセンス、CAL は必要なし SharePoint Server の展開、管理がいらない ユーザー数などに応じた課金 ブラウザーや Office クライアントから SharePoint 機能を利用可能 SharePoint Online 2010 は今後提供予定11
  11. 11. SharePoint 2010 利用時の選択肢 オンプレミスでの SharePoint SharePoint 展開 Online Standard Online Dedicated ハードウェアを用意し、 マイクロソフトのデータ マイクロソフトのデータ サーバー構築・管理が必要 センターによるホスティング センターによるホスティング 社内 LAN 内の物理マシンに 環境を利用 環境を利用 直接接続 マルチ テナントによる Dedicated ホスティング サーバー レベルの管理 ホスティング環境を利用 により、ハードウェアを占有 フル カスタマイズが可能 ハードウェアは共有 サーバー管理は必要なし AD フォレスト内に構築 サーバー管理は必要なし SharePoint Designer による ユーザー数に応じた SharePoint Designer による カスタマイズが可能 スケール アウトが可能 カスタマイズが可能 部分信頼コード、完全信頼 SharePoint のフル機能を利用 部分信頼コードによる開発 コードによる開発が可能 可能 (Standard/Enterprise が可能 5000 シートからの利用が CAL で機能差あり) 5 シートからの利用が可能 可能12
  12. 12. SharePoint 2010 利用イメージ オンプレミスの SharePoint Online SharePoint Server 利用ユーザー 現場での IT 部門 製品提供や受託開発 ・ブラウザー ・サイト管理者 を行う開発者 ・Office クライアント (サイトの作りこみや管理を ・Visual Studio による開発 直接サイトへ接続して行う) (成果物は SharePoint へ展開) ブラウザー Visio 2010、InfoPath 2010 SharePoint Designer 2010 ポータル機能、文書管理、検索など SharePoint 標準機能を活用しての利用 他のシステム、データ ソースとの連携など SharePoint 標準機能 + 開発したソリューションを組み合わせた利用13
  13. 13. クラウド連携の SharePoint 開発 オンプレミスの SharePoint Server 2010 での開発 Windows Azure や SQL Azure と 連携したソリューション構築 SharePoint Online での開発 SharePoint Online 2010 では サンドボックスによる開発・展開が可能に14
  14. 14. SharePoint Server 2010 とWindows Azure 連携
  15. 15. 開発環境について SharePoint Windows AzureWindows Server 2008 SP2, Windows AzureWindows Server 2008 R2 アカウント(開発環境は Windows 7 Windows Azure SDKも可能) Windows Azure Tools forSharePoint Server 2010 Visual Studio 1.2Office 2010Visual Studio 2010SharePoint Designer 2010 (オプション) Silverlight Silverlight 4 ランタイム Visual Studio 2010 用 Microsoft Silverlight 4 Tools16
  16. 16. 連携アプローチWindows Azure と SharePoint Server 2010 の連携 Non Code シナリオ ① Windows Azure 上の ASP.NET アプリケーション を Web パーツ内に表示 ② SQL Azure 上のデータを SharePoint で利用 開発シナリオ ③ Azure 上のデータをマッシュアップする WCF サービスを Azure 上に実装 ④ Azure 上のデータに接続する SharePoint 機能を SharePoint 側に実装する17
  17. 17. 連携アプローチ ① ②Non Code シナリオ ページ ビューアー 外部リスト Web パーツ • PowerPivot BCS for Excel <iframe/> SPD での設定 SSS • PowerPivot for SharePoint ASP.NET 既存の Azure 上の ASP.NET Web SQL Azure 上データを SharePoint アプリケーションを IFRAME で サイト内で利用 SharePoint サイト内に表示 ・Business Connectivity Services ・PowerPivot18
  18. 18. デモシナリオ ①Azure 上の Web アプリケーションを表示 Web アプリケーション Azure 上のデータを利用している Web アプリケーション <iframe/> • Azure 上にある Web アプリケーションを SharePoint サイト内に表示 して利用 (ページ ビューアー Web パーツを利用)19
  19. 19. デモシナリオ ②SQL Azure 上のデータを SharePoint で活用 BCS SPD での設定 テーブル 外部リスト関連複数テーブル PowerPivot for Excel PowerPivot for SharePoint • SQL Azure 上にあるデータを Non Code で SharePoint サイトで活用 • Business Connectivity Service 利用で CRUD UI を SharePoint に • PowerPivot for Excel で取得したデータを加工し、SharePoint で共有20
  20. 20. [参考] Business Connectivity Services データベースなどの外部ソースにあるデータを SharePoint 上で利用するための機能 SharePoint Server 2007 の ビジネス データ カタログ (BDC) の 進化版 外部リスト データ ソースの内容を リストに表示 (編集も可能) 外部列 リスト列の入力時に 参照可能 デザイン ツール • SharePoint 検索範囲に利用 Designer 2010 • Visual Studio 201021
  21. 21. [参考] PowerPivot PowerPivot for Excel PowerPivot for SharePoint (クライアント) (サーバー サイド) Excel 2010 のアドイン SharePoint Server 2010 と • インメモリ上での高速な分析 SQL Server 2008 R2 の連携機能 • Excel の制限である約 100 万行を超え • SharePoint Server 上で る膨大なデータ セットを PowerPivot ワークブックを共有 メモリにロード、圧縮して • Silverlight による描画 インメモリ上での多次元分析を可能に22
  22. 22. [参考] PowerPivot を利用した SQL Azure 接続クラウドとオンプレミスの データをマージした分析が可能 SQL Azure、SQL Server、 SQL Azure 上のデータベース デスクトップ上の Excel データ への接続を標準でサポート を関連付けしてインメモリ上に キューブを作成 ピボットテーブルなど Excel 機能を利用した分析23
  23. 23. [参考] Secure Store Service 外部ソースにアクセスする際、アカウント のマッピングを行う機能 SharePoint Server SharePoint サイト にアクセス 外部ソースにアクセス SQL ログイン ID Windows 認証 Secure Store Service dbaccess example¥okuda アカウントのマッピング情報 (ターゲット アプリケーション) データ ソースexample ドメインの ID グループ マッピング後のA グループのメンバー ユーザー情報 Azure example¥ データ ソースに A グループ アクセスする際に 利用するユーザー ID とパスワード • 外部ソースにアクセスする際に、SSS を利用してアカウントのマッピングを行える • BCS、PowerPivot、Excel Services など外部ソースにアクセスする接続を 作成する際に指定可能24
  24. 24. 連携アプローチ ③ ④開発シナリオ SharePoint の Azure に接続する 機能を活用して接続 ための SharePoint 機能を実装 BCS InfoPath など Web パーツ Silverlight BDC モデル ワークフロー など WCF サービス Azure ーー ーー ーー Azure ーー ーー ーー Storage ** ** ** Storage ** ** ** ** ** ** ** ** ** Azure 上のデータをマッシュアップ Azure 上のサービスやデータに する WCF サービスを Azure 上に つなぐための機能を SharePoint 側 実装する に実装する25
  25. 25. デモシナリオ ③ Azure 上のデータを取得する WCF サービス キャンペーン 外部リスト サイト アンケート結果を表示 ーー ーー ーー ** ** ** ** ** ** WCF サービスアンケート結果が テーブル ストレージ内の PerformancePointテーブル ストレージに格納 アンケート結果を取得 Services を利用した集計 • Azure 上のデータを取得する機能を WCF サービスとして用意 • SharePoint 側では開発は行わず、標準機能を活用してデータを共有・活用 (SharePoint Server 2010 の標準機能で WCF サービスとの接続が可能)26
  26. 26. デモシナリオ ③ + ④Azure 上のデータを Silverlight に表示 WCF Data Services Silverlight アプリケーションにデータを表示 • SQL Azure 上のデータを WCF Data Services で公開 • REST アクセスにより SQL Azure 上のデータを表示する Silverlight アプリケーションを開発 • SharePoint Server 2010 標準搭載の Silverlight Web パーツを利用 (xap ファイルをライブラリに保存し、パスを指定するだけ) • Silverlight アプリケーションを表示する Web パーツとして 展開することも可能27
  27. 27. サンプルコードclientaccesspolicy.xml<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?><access-policy> <cross-domain-access> <policy > <allow-from http-request-headers="*"> <domain uri="*"/> </allow-from> <grant-to> <resource path="/" include-subpaths="true"/> </grant-to> </policy> </cross-domain-access></access-policy> 別ドメインからアクセスするため、 クロスドメインを解決する設定を WCF サービスを ホストするサーバー側で行う28
  28. 28. サンプルコードSilverlight アプリケーション (UI)<Grid x:Name="LayoutRoot" Background="White"Width="500" Height="320"><toolkit:Chart Title="2009 年度カテゴリー別実績"Margin="10,10,10,10" x:Name="MyBarChart"Height="300"> <toolkit:ColumnSeries x:Name="MySalesChartData" ItemsSource=“{Binding}”IndependentValueBinding="{Binding CategoryName}“DependentValueBinding="{Binding CategorySales}"DataContext="{Binding}" Title="商品カテゴリー" /> </toolkit:Chart></Grid> 「Silverlight ToolKit」 http://silverlight.codeplex.com/29
  29. 29. サンプルコードSilverlight アプリケーション (ロジック)context = new ***Entities(new Uri(“http://*****/Data.svc/"));var query = (from s in context.CategorySales select s) as DataServiceQuery<CategorySales>;query.BeginExecute(result => { Dispatcher.BeginInvoke(() => { IEnumerable<CategorySales> Sales = query.EndExecute(result).ToList(); DataContext = Sales; }); }, null);30
  30. 30. SharePoint Online の利用とカスタマイズ
  31. 31. SharePoint Online のカスタマイズ ブラウザーによる編集 • サイト、リストの作成 • Web パーツや Wiki ページを活用したページ編集 • ページの作成 SharePoint Designer 2010 を利用したカスタマイズ • マスター ページやページ レイアウト • ノン コードのワークフロー Visual Studio 2010 による開発 • サンドボックス ソリューションの展開 • クライアント サイド オブジェクト モデルの利用32
  32. 32. SharePoint 20102 種類のソリューション展開方法 ファーム ソリューション • サーバー レベルでの展開 (サーバーのファイル システム上に展開) • SharePoint 2007 と同様 サンドボックス ソリューション • サイト コレクション レベルでの展開 (ソリューション ギャラリーに展開) • SharePoint 2010 からの新機能 SharePoint Online への展開が可能33
  33. 33. サンドボックス ソリューション ユーザー部門によるカスタム ソリューションの 展開を可能にするしくみ サイト コレクション単位での展開が可能 SharePoint Online 2010 での展開が可能 サーバー サイド ソリューションのサブセット すべての機能が利用できるわけではない サンドボックス内 (部分信頼) でのコード実行 特定のサービス プロセス内での実行34
  34. 34. カスタム ソリューションの展開完全信頼ソリューション 開発した成果物 (ソリューション) はフロント エンド Web サーバーのファイル システム上に展開されるため、 SharePoint Online (Standard) では展開不可能35
  35. 35. カスタム ソリューションの展開サンドボックス ソリューション• 開発した成果物 (ソリューション) はサイト コレクション内 のギャラリーにブラウザーでアップ ロードして展開• SharePoint Online 2010 で展開可能36
  36. 36. [参考] サンドボックス ソリューション の展開 サイト コレクション管理者が ソリューション ギャラリーにアップ ロード _catalog/solutions37
  37. 37. [参考] サポートされる機能サンドボックス ソリューション Web パーツ リスト定義、リスト インスタンス コンテンツ タイプ モジュール 宣言型ワークフロー SharePoint Designer 2010 で利用するカスタム ワークフロー アクション イベント レシーバー サイト テンプレート VSTA コードを含む InfoPath Web フォーム サンドボックス ソリューションの考慮事項38 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee231562.aspx
  38. 38. サポートされない主な要素サンドボックス ソリューション SharePoint ハイブ内へのリソース展開 ビジュアル Web パーツの ascx ファイルやリソースなど リモート リソースへのアクセス プログラムによる外部 Web サービス呼び出しやハードド ライブ上のファイル読み書きなど Web アプリケーション、ファーム レベルのフィー チャ SharePoint API の制限 SPSecurity.RunWithEleveatedPrevilge カレントユーザーのコンテキストでできることのみ GAC へのアセンブリ展開 Namespaces and Types in Sandboxed Solutions39 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee537860(office.14).aspx
  39. 39. デモ内容Silverlight を表示するサンドボックス Web パーツ カスタム Web パーツ としてサンドボックス 展開する WCF Data Services Silverlight アプリケーション にデータを表示 • サンドボックスでは、外部サービスへのアクセスができない SharePoint Online では Azure 上のデータとの連携はできない? クライアント アプリケーション (Silverlight) から呼び出しを実行 • サンドボックスでは SharePoint ハイブにリソース展開できない xap ファイルはモジュールを利用してサイト内へ展開可能40
  40. 40. 開発ステップSilverlight を表示するサンドボックス Web パーツ Silverlight アプリケーションの ソリューション内に空の SharePoint プロジェクトを追加 プロジェクト内にモジュールの追加 xap ファイルをサイト内に展開するため フィーチャーのスコープは Site プロジェクトに Web パーツを追加 xap を表示するためのコードを記述 方法: HTML を使用して Web ページに Silverlight を追加する http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc189089(VS.95).aspx41
  41. 41. サンプルコードモジュール<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?><Elementsxmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/"> <Module Name=“SalesSLXap” Url=“SiteAssets” RootWebOnly="TRUE"> <File Url ="SalesSL.xap" Path ="SalesSL.xap"/> </Module></Elements> • フィーチャーのスコープは Site に • トップ レベル サイトの [サイトのリソース ファイル] ライブラリに xap ファイルを展開42
  42. 42. サンプルコードWeb パーツ内のコーディングprotected override void CreateChildControls(){ base.CreateChildControls(); SPWeb web = SPContext.Current.Web; SPSite site = web.Site; string xapRelPath = SPUrlUtility.CombineUrl(site.Url, "SiteAssets/SalesSL.xap");string httpText = @"<div id=""SL""> <object data=""data:application/x-silverlight-2"" type=“”application/x-silverlight-2“” width=""500px"" height=""360px""> <param name=""source"" value=""{0}"" /> </object></div>";this.Controls.Add(newLiteralControl(String.Format(httpText, xapRelPath)));}43
  43. 43. [参考] SharePoint データ アクセス Silverlight WCF Data Service 用クラス ライブラリがあり、 Open Data Protocol (oData) フィードを公開 しているサービスのデータにアクセス可能 SharePoint Server 2010 の新機能 SharePoint データにアクセスする REST サービス http://サイト URL/_vti_bin/ListData.svc クライアント オブジェクト モデルのサポート Silverlight 用ライブラリ %programfiles%¥Common Files¥Microsoft Shared¥Web Server Extensions¥14¥ISAPI¥Microsoft.SharePoint.Client.dll %programfiles%¥Common Files¥Microsoft Shared¥Web Server Extensions¥14¥ISAPI¥Microsoft.SharePoint.Client.Runt ime.dll44
  44. 44. [参考] Visual Studio 2010 SharePoint Power Tools サンドボックスでのビジュアル Web パーツ 開発をサポートするツール http://visualstudiogallery.msdn.microsoft.co m/en-us/8e602a8c-6714-4549-9e95- f3700344b0d945
  45. 45. まとめ SharePoint 利用時のクラウド活用 オンプレミス or SharePoint Online それぞれのメリット、機能差により選択 ソリューション開発 Windows Azure との連携 クラウドのメリットを活かしたソリューション開発 サンドボックス ソリューション オンプレミス、Online 両方で利用できる ソリューション開発が可能46
  46. 46. 関連セッション T1-302: 次世代 Microsoft Online Services の最新情報 T1-303: Exchange Server 2010 と次世代 Exchange Online の 共存 T1-304: 次期 Microsoft Online Services の ID およびアクセス 管理~ AD FS 2.0 によるシングル サインオンの実現 1 ~ T1-306: Exchange Server のクラウド対応セキュリティ対策 T1-310: Microsoft Online Services 展開時の実践テクニック47
  47. 47. リファレンス Windows Azure Platform 製品情報サイト http://www.microsoft.com/japan/windowsazure/ Windows Azure 開発サンプル コード集 10 行コードで作る .NET アプリケーション http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windowsazure/ff708720.aspx SharePoint Server 2010 自習書シリーズ http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ff358322.aspx SharePoint Server 開発 サンプル コード集 10 行コードで作る .NET アプリケーション http://msdn.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ff710303.aspx Microsoft SharePoint 製品 http://technet.microsoft.com/ja-jp/sharepoint/ee263917.aspx48
  48. 48. リファレンスMicrosoft Online Services 製品情報http://www.microsoft.com/japan/online/default.mspxMicrosoft Online Services 開発者向け情報http://msdn.microsoft.com/ja-jp/ms.online.aspxMicrosoft Online Services 技術者向け情報 (TechCenter)http://technet.microsoft.com/ja-jp/msonline/default.aspxMicrosoft Online Services のトライアル サイトhttp://www.microsoft.com/japan/online/trial.mspxMicrosoft Online Services の体験サイト (手続きなしで利用可能)http://www.microsoft.com/japan/online/trial2.mspx49
  49. 49. リファレンス (Blog など) Steve Fox‘s OBA Ramblings (Steve Fox 氏の Blog) http://blogs.msdn.com/b/steve_fox/ 松崎 剛 Blog (松崎 剛氏 の Blog) http://blogs.msdn.com/b/tsmatsuz/ クリエ・イルミネート ブログ (弊社の Blog) http://crie-illuminate.spaces.live.com/50
  50. 50. ご清聴ありがとうございました。 T1-403アンケートにご協力ください。
  51. 51. © 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×