Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

次期Office製品群の新しい開発モデルの解説

1,129 views

Published on

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

次期Office製品群の新しい開発モデルの解説

  1. 1. ROOM E次期 Office 製品群の新しい開発モデルの 解説 エバンジェリスト 松崎 剛
  2. 2. Agenda• App for Office 2013• App for SharePoint 2013• Napa 当セッションは、製品リリース前のカスタマープレビューの情報に基いており、 内容については予告なく変更される可能性がございます。
  3. 3. ワークスタイルのトレンド10億2016年までに利用される 50% の大企業ユーザーが 82% 全世界のインターネット利用スマートフォンの数 クラウドへ移行中 者のうち、ソーシャルネット 39%そのうち3.5億台が ワークを利用する人の割合ビジネス利用 の中小企業ユーザーが3年 以内にクラウドを利用
  4. 4. プロダクティビティ ビジョン ハイブリッド オンプレミス オンラインあらゆるデバイスで快適に利用 用途に合わせたクラウド活用メッセージング 音声とビデオ コンテンツ管理 エンタープライズ レポーティング ソーシャル と分析 統合された最高のソリューションをご提供
  5. 5. 新しい時代の Office様々なフォーム パーソナライズ SNS との統合 情報漏えい対策、ファクターへ対応 データ保持、eDiscovery 新しいクラウド エンタープライズタッチ、ペン、 アプリケーションモデル ソーシャル 新しい 展開モデルマウス、キーボード サブスクリプション 多拠点間 アプリケーション情報閲覧、デジタル オンライン HD 会議 互換性ノート
  6. 6. Apps – New development modelCloud Based Web connected Web standard - HTML5/JavaScript, OAuth, etcVisualize and process for BI for process data各製品向けマーケットプレース Office Store SharePoint Store
  7. 7. App for Office 2013
  8. 8. App for Office 2013 (Overview)Cross-device アーキテクチャ Office Web App で動作Office store による Find, Buy, Install Rating による定番アプリの発見 など一般利用者からエンタープライズまでが対象 エンタープライズ向けの配置オプション など
  9. 9. App for Office 2013 アーキテクチャ
  10. 10. アプリケーション タイプ Task pane app (Excel, Word, Project) Content app (Excel) Mail app (Outlook - Appointment, Schedule)
  11. 11. Mail app Content app Task pane app ○ ○ Excel 2013N/A ○ ○ Excel Web AppN/A ○ Word 2013N/A N/A ○ Outlook 2013 N/A N/A ○ Outlook Web App N/A N/A Outlook Web App ○ N/A N/A モバイル ビュー アプリケーション タイプ ○ Project Professional 2013N/A N/A
  12. 12. JavaScript API (Demo)ドキュメント データの入出力、バインド作成イベント処理Custom Xml (Word)Mail, Appointment, Contact (Outlook)
  13. 13. 配布方法 Office Store App catalog (SharePoint) エンタープライズ向け (企業向け) の apps、一般利用者 (Non-Business 含む) 向けのアプ または 企業でライセンス取得した Office リケーション配布 (RTM までは free) store の apps の配布 Exchange catalog Network share appエンタープライズ向け (企業向け) の Mail catalogapps、または 企業でライセンス取得した Office store の Mail apps の配置 グループ内共有、配置の簡単なテストなど
  14. 14. マニフェスト<OfficeApp xmlns= … xsi:type="TaskPaneApp"> アプリケーション タイプ <Id>d10b38a3-0091-485f-87d0-1660833305ba</Id> <Version>1.0</Version> <ProviderName>demouser1</ProviderName> <DefaultLocale>en-US</DefaultLocale> <DisplayName DefaultValue="App1" /> <Description DefaultValue="App1 Description"/> <IconUrl DefaultValue="~remoteAppUrl/Images/App1.png" /> <Capabilities> <Capability Name="Workbook" /> サポートするドキュメントの種類 <Capability Name="Document" /> (Workbook, Document, Project, Mailbox) </Capabilities> <DefaultSettings> <SourceLocation アプリケーションのソースの場所 DefaultValue="~remoteAppUrl/Pages/App1.html" /> (発行の際に指定) </DefaultSettings> <Permissions>ReadWriteDocument</Permissions></OfficeApp>
  15. 15. その他 留意事項リモート呼び出しの際のクロス ドメイン問題に注意 回避1 : サーバー プロキシを立て、他のリソースに接続 回避2 : JSONP, xdr, xdm(iframe)Office 上の App は、ブラウザー コントロールで動作 クライアントのブラウザー環境に依存 Internet Explorer 9 以上が必要 (ただし、既定のブラウザーは、特に依存しない)Office Web App では、トップページのナビゲーション、ActiveX の使用などは不可
  16. 16. App for SharePoint 2013
  17. 17. App for SharePoint 2013 - Full Page (Demo) contoso.sharepoint.com SharePoint Online contoso.sharepoint.com ② 認証App page ③ API 呼び出し (OAuth 2) ① トークンの (CSOM)test1.cloudapp.net 受け渡し test1.cloudapp.net
  18. 18. ホスティング方法 On-Premiseautohosted利用者のインストールと同時に、Remote Web を Windows Azure Web Sites に自 ×動展開provider-hosted △あらかじめ Remote Web に artifacts を配置して参照 (Multi-tenancy, Instance 数の (high-trust のみ)チューニングなどは、開発者自身で実施)sharepoint-hosted利用者 (インストールするユーザー) が使用している SharePoint の tenant に ○artifacts を配置
  19. 19. App web (sharepoint-hosted) contoso.sharepoint.com Host web SharePoint Online contoso.sharepoint.comApp pagecontoso-xxxxxx.sharepoint.com • SharePoint へのホスト App web • Server Code は不可 (宣言型などの実装) • 同一テナント、別ドメイン contoso-xxxxxx.sharepoint.com
  20. 20. App Model – User Experience Full page ページ全体を 1 つの成果物として使用 (Site Contents から使用する) Parts App part と呼ばれる次期 SharePoint の新しい Parts を作 成し、Web part と同様のスタイルで使用する Extensions 既存の SharePoint artifacts を拡張して、新たな機能を追 加する
  21. 21. Artifacts – 新しいリモート実行モデルPages Business Connectivity Services (BCS) モジュールApp part (ClientWebPart) ワークフローFeatures (Web-scoped) Property bagsCustom actions (リボン カスタマイズ、など) Web テンプレートRemote event receiversCSS files / JavaScript files / Images, etcモジュールリスト テンプレートリスト インスタンスリスト フォームリスト ビューコンテンツ タイプフィールド
  22. 22. 配布方法 SharePoint Store App catalog (SharePoint)一般利用者 (Non-Business 含む) 向けのアプ エンタープライズ向け (企業向け) の配布 リケーション配布と課金 (Free も可)
  23. 23. Permission ( 1 )• 開発者は、要求する権限を設定 – App の動作に応じ付与• App の追加時 (インストール時) に権限を要求
  24. 24. Permission ( 2 )• インストール ユーザーは、所 有する権限を使って信頼 (権限がない場合は右図を表示)• 信頼されると、App は上記ユー ザー権限を委譲して動作• なお、App の追加にはサイトの ※ 権限がない場合 管理権限が必要 (Contributor は追加不可)
  25. 25. SharePoint- SharePoint へのアクセス Host web JavaScript hosted CSOM 認証済み App web Remote App Cloud-hosted (test1.cloudapp.net) Host web OAuth 認証 App web .NET CSOM
  26. 26. OAuth 認証1. App にトークンを渡す2. トークンから、JWT トークンを取得 (Parse)3. JWT にある refresh token を使用し、STS に Access token を要求 (https://accounts.accesscontrol.windows.net/tokens/OAuth/2)4. Access token をヘッダーに 設定して、CSOM を呼び出しWIF を使って処理(Microsoft.IdentityModel.dll, Microsoft.IdentityModel.Extensions.dll)
  27. 27. Cross-domain library Same domain request Remote App (test1.cloudapp.net) Post Message Same domain requestiframe App Web (contoso-xxxxxx.sharepoint.com)
  28. 28. Napa
  29. 29. What is Napa ?• 開発導入のための簡易ツール – Visual Studio entry point• Light-weight, In-Browser による Apps 開発環境 – 余計な artifacts は見せない (Feature 定義、AppManifest など) – 構成は UI ベース (Elements.xml など) – SharePoint App の場合、既定で sharepoint-hosted (宣言型マークアップ主体)• In-Browser のコード エディターを提供 – 豊富な補助機能 (syntax colorization, indenting, instance highlighting, bracket matching, code snippets, etc) – ただし、インテリセンスはなし• Visual Studio によるプロジェクト編集へのエクスポート – 必要コンポーネントがない場合、Web Platform installer が起動 – VS で編集したものを戻すことはできない
  30. 30. Getting started !• Office 365 Preview (office.com/preview)• Windows Azure (30 日 trial)• Visual Studio 2012• Microsoft Office Developer Tools for Visual Studio 2012 Preview
  31. 31. 参考文献• MSDN : JavaScript API for Office http://msdn.microsoft.com/en- us/library/office/apps/fp142185(v=office.15)• Apps for Office and SharePoint blog http://blogs.msdn.com/b/officeapps/• 製品紹介資料の取得 http://aka.ms/mod
  32. 32. 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office / Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
  33. 33. © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×