Office 365 for Education概要と最新導入事例

2,996 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
2,996
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
22
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Office 365 for Education概要と最新導入事例

  1. 1. ROOM EOffice365 forEducation概要と最新導入事例 日本マイクロソフト株式会社 オフィスビジネス本部 エグゼクティブプロダクトマネージャー 田中 俊弘
  2. 2. 本セッションでご案内すること 教育機関向け Office365 事例にみる導入形態と検討事項 次期 Office 365
  3. 3. ワークスタイルのトレンド74%のインフォメーションワー 50% の大企業ユーザーが 82% 全世界のインターネット利用カーは、2 台以上のデバイ クラウドへ移行中 者のうち、ソーシャルネット 39%スを保有している ワークを利用する人の割合 の中小企業ユーザーが 3年以内にクラウドを利用
  4. 4. Office で実現する新しいプロダクティビティ環境 ハイブリッド オンプレミス オンラインあらゆるデバイスに最適化 ビジネスニーズに合わせた クラウド活用 学内向け レポートとメッセージング 音声とビデオ コンテンツ管理 ソーシャル 分析 統合された最高のソリューションをご提供
  5. 5. 教育現場での無償クラウドの活用2006年頃 2008年-2011年 2012年から 卒業生用 教職員・学生用 業務効率向上メールアドレス メールサービス ICT教育
  6. 6. Office365 for Education Exchange SharePoint Lync Online Office Online Online Professional (オンライン会議(メール・予定表・施設 チャット在席情報) Plus 予約・アドレス帳) (学内ポータル) (一人5台まで) 2012年6月 プランA(スイート)提供開始 教育機関向けの無償プラン Office365 for Enterpriseと同一機能
  7. 7. サービス構成と価格卒業生:Exchange Online Plan1を適用可能
  8. 8. 安心のための取組お客様データの 透明性に セキュリティ 第三者機関によるプライバシー 認証と検証 おける 保護と 保護 リーダーシップ 最新の対策
  9. 9. ネットワークの保護ネットワークの自動暗号化クライアントとサーバー間: Secure Socket Layer (SSL)サーバー間: トランスポート層セキュリティ (TLS)サーバーとパートナー間: 状況依存の TLS、強制 TLS クライアント オンライン パートナー
  10. 10. スパム対策/マルウェア対策• 高精度のスパム フィルター• 複数のウイルス スキャン エンジン• 高度なレポートとポリシー ルールが使用可能 外部メール ハブ トランスポート メールボックス z
  11. 11. 学内システムとの連携ID同期Dirsync(無償のディレクトリ同期ツール)SSO(シングルサインオン)AD FS 2.0SAML 2.0シボレス認証(近日対応予定)
  12. 12. ID管理のシナリオ 学内ADとOffice 365 Office 365 ID 学内ADとOffice 365 ID フェデレーションID クラウドのユーザー、グループ、 オンプレミスのユーザー、グループ、オブ オンプレミスのユーザー、グループ、オブ オブジェクトとIDをマスターとする ジェクトをマスターとして、IDはクラウド ジェクト、IDをマスターとする 側をマスターとする  小規模な教育機関向け  中~大規模な教育機関向け  SSOが必要な教育機関向け
  13. 13. ご利用開始までの流れ無償トライアル(30日間) 学内への展開 ドメイン教育機関 ユーザー トライアル プランの 登録とDNS 学内周知情報を登録 ID作成 開始 割り当て の設定無償トライアルはプランA3
  14. 14. お申し込み方法 www.office365.com ”プランと価格“タブ “教育機関のお客様“を選択 “プランの比較” 無償トライアルに登録
  15. 15. 最新導入事例
  16. 16. 印西市教育センター 導入サービス Exchange Online Lync Online SharePoint Online 導入効果 業務面の生産性と教育の質の向上 日常的なICT活用の促進
  17. 17. クラウドのみを導入導入の背景 導入時の注意点(生徒向け)1. 既存システムの課題  児童・生徒の個人情報に関わらない部分 • 運用負荷・コスト増を予測 から クラウド化を推進 • 災害対策の必要性 • 学外からGWにアクセス  少ない機能から開始、徐々に機能を拡張2.情報共有の活性化  実際の授業を踏まえ、日常的に無理なく • 学外から授業の準備を行いたい 使えるようにする • 指導案の共有を行いたい • 自校以外の教職員との連携 • 日常的なICT活用を推進したい
  18. 18. システム構成図
  19. 19. 活用シナリオ 指導案の共有 教材の準備 児童・生徒 ポータル ファイルフォルダー ICT授業(SharePoint Online) (SharePoint Online) (SharePoint Online) 在籍情報を見てから 教職員用のメール コミュニケーション (Exchange Online) (Lync Online)
  20. 20. SharePoint用テンプレート
  21. 21. 国立大学法人 徳島大学 導入サービス Exchange Online Exchange Server 2010 導入効果 メール削除作業が不要に スマートフォンからも簡単に利用 共通ドメインでオンプレミス、 クラウドを利用可能に
  22. 22. ハイブリッドモデルを導入導入の背景 外部要因1. 共通ドメインで運用 他社のプライバシーポリシーの変更 ⇒メール内容がサービス側に利用される懸念2.教職員用メール• 機密性が高いものを扱う • 人事関連情報 • 見積もり情報 教職員 学生 共通ドメイン • 個人情報(学生・患者) オンプレミス クラウド ハイブリッド Exchange Exchange モデル Server 2010 Online3.学生用メール• 機密性はさほど高くない• 可用性が高いシステム
  23. 23. システム構成図
  24. 24. 共有アドレススペース• 社内中継 • クラウド中継
  25. 25. 導入時の検討ポイント 機能 Office365 for Enterpriseとプロバイダーはデータ利用を UI 同じ機能行わない サポート 24時間365日お客様のデータは 契約条項 参考資料 日本語サポートお客様に帰属 コミュニティ 豊富な技術資料 日本語コミュニティ クラウドに移 オンプレミス して良いもの 導入形態 クラウド を整理 ハイブリッド
  26. 26. マイクロソフトクラウドをご採用いただいた日本の教育機関• 神奈川工科大学 • 函館大学• 京都大学 • 明治学院大学• 杏林大学 • 福岡大学• 国士舘大学 • 立教大学• 取手市教育委員会 • ケイ・インターナショナル• 日本体育大学 スクール※ 敬称略 事例化にご協力いただいた教育機関名のみ掲載
  27. 27. マイクロソフトクラウドを採用した海外の教育機関
  28. 28. 教育機関向けテンプレート
  29. 29. 次期Office365
  30. 30. 次期 Officeタッチ、ペン、 パーソナライズ ニュースフィード 情報漏えい対策、マウス、キーボード データ保持、eDiscovery 新アプリケーション Office とソーシャルのWindows 8 最適化 全体的な統合 柔軟な展開方法 モデル新しいノート記入、 複数人、HD ビデオの Office 365 で共通化閲覧モード 信頼性と規格準拠 オンライン会議 された管理環境
  31. 31. デバイス 素早くスムーズな Windows 8に最適 画面を広く使えるよ タッチモードを使えば、 新しい PowerPoint の発表者ビュー は、 操作性 うにリボンが最小化 タブレット PC でもタッチしやすい 発表に必要なほぼ全てのツールを備えているので、 大きいアイコンが表示 観客へのコミュニケーションに集中見やすく整理されたユー 快適なタッチ操作を実現ザーインターフェース タッチ、ペン、マウス、タッチ操作に最適な操作性 キーボード指先の操作だけでプレ インライン返信ビュー表示、インライン返信、クイックアクション クイック プレビューで受信 スタイラスを使って、注釈やハイ 発表中、スタイラス ボックスを表示したまま予定 ライトを書き込んだり、レーザー で注釈を追加 表や連絡先、タスクを確認 ポインターを使用 省スペースで操作が 指の操作でピンチ、ズームを利用 できるよう ナビゲーション バー が改善 無駄をそぎ落とした 円形に配置された インターフェースタッチ/ペン/マウス マウスとキーボドも タッチに最適な リングメニュー キーボード 利用可能 リングメニューを使って ペンで注釈 フォントを編集仕事に合わせて最適な 手書き文字をテキストに変換ツールを選択 カメラや ペン入力など、デバイスの 利点を活かしてよりリッチなノートを作成 デバイスの利点を最大限活用ペンで、手書きメモや注釈を入れ、後から検索 あらゆるプラットフォームで大量の文書を素早く書き 利用できる Office Mobile込む必要がある場合は、 検索もできるマウスとキーボードの利 手書きメモ用が便利 Windows Phone iphone iPad Android
  32. 32. クラウド どのようなブラウザーからもOffice オンデマンド Office 365 にログインし、メール、 新しい クラウド Office アプリケーション と Office Web Apps どちらでも利 予定表、連絡先、ニュースフィー ド、サイト、ドキュメントを利用可 アプリケーションモデル 用Office アプリケーションは、 能リアルタイムにクラウドから HTML/CSS JavaScript ,ストリーミング PHP で開発シンプルな方法でアップグレード 最小限のデバイス フット プリントでクラウド上に以前のバージョンの Office を ホスト上書きせず、新旧バージョンの Office の共存が可能 あなたのデータ、設定、 Word を使いたいときに、Word がインストールさ れていなかったり、古いバージョンだった場合、 Office をローミングキオスク端末や一時的に利用 クラウドから配信可能する PC への Office 配信 IT アプリケーション カタ Excel の Bing マップ ログや、Office ストア で アプリケーションは、Office のローミング 配信と管理 Bing マップ アプリケーション は、メール ハイライトされた住 の中に書かれた住所を特定し、場所を表示 Office へサインイン 所を地図として表示Office は常に エンタープライズグレー します。サインイン して利用 ドの信頼性と規格準拠デバイスが変わっても、個人設定や、どこで作業 Get ISO 27001, SSAE16, FERPA, HIPPA, FISMA に準拠を終了したかを Office が back記憶 データセンター規模の障害に備え、複数拠点で to バックアップデフォルトで SkyDrive と whereSkyDrive Pro といったク データの保護とプライバシー確保のために、ラウドストレージへ保存 you 多次元的なアプローチによりリスクを軽減 left SkyDrive と SkyDrive Pro へ保存 99.9% のサービス稼働率を保障
  33. 33. ソーシャル ソーシャルの あなたのニュースフィード 人、ドキュメント、 複数人が参加できる HD ビデオ ギャラリー からアイデアの共有や、リ 学内での活用 アルタイムに回答を確認 サイトのフォロー HD ビデオ会議ニュースフィードやミニブログ、 デバイス 横断的な HD ビデオ会議人、ドキュメント、サイトの #ハッシュタグフォロー 複数のビデオ ストリーミング が ギャラリーに表示 出席者などの会議 の情報は、自動的あなたの ニュースフィード か にノートに記載 プレゼンス情報の統合 ドキュメント、アプリケーション、 OneNote でのら Outlook のタスクを登録 ノート共有 OneNote 共有プレゼンス情報を確認し、クリック1つで連絡先カードから ♡ Likeコミュニケーションを開始 @Mention people Yammer と SharePoint ソーシャルフィード プレゼンス情報、IM、音 の拡大 改良されたスレッド形式のコメントによ 声における Skype 連携 スタンドアローン ソーシャルネットワーク + りドキュメントのレビューがしやすい ソーシャルネットワーク コラボレーションスイート Office 全体でリアルタイ ムにプレゼンス情報を Microsoft 確認 Presence SharePoint and どこからでも連絡先カー ドを利用可能 contact card Facebook と LinkedIn が Yammer は既に長年に 渡って SharePoint と連 SharePoint 15 は新たに ソーシャルネットワーク 連絡先カードに統合 everywher携していますが、今後は の機能を強化しました。 e to 更に SharePoint, Office Yammer は次世代の365 や Skype との連携を SharePoint と Office 365 連絡先カードは、人に関わる情報を集約して表示 accelerate 強めていきます。 のソーシャルエクスペリ エンスを一層強化します。 そこでは、リアルタイムのプレゼンス情報、社内、社外のフィー collaborati 1 億人にも及ぶ人々とつながることので ド、メール、IM、音声、ビデオを通じてクリック 1 つで開始でき るコミュニケーションが提供 on きるリッチなコミュニケーションを リンクの管理性を維持しながら実現
  34. 34. 管理メール履歴の可視化 データ損失防止ツール 統合された eDiscovery (電子情報開示) ポリシーの詳細が表示 ( DLP* )集中管理された オールインワンの 作成したメールに含まれるポリシー違反 Exchange、リテンションポリ DLP ポリシー の警告メッセージをメール作成中に通知 SharePoint、シー (クレジットカード、 Microsoft Lync、共有ファ ソーシャルセキュリ イルが対象 ティ) SharePointポリシーを強化するエンドユーザー FAST の検索技へのビジビリティ 集約されたフィルタ 術を採用強化 リングによってトランス ポートルールが強化 ルールベースのユーザーの無効化 アイテム、フォルダー、電子 アクセス管理が メールへの簡単なポリシー適用 メールだけでなく添付 されている Exchange と SharePoint検索可能なきめ細 ファイルも対象 *DLP…Data loss Prevention 横断的なクエリーの結果かい履歴の保持 組織全体のポリシー違反をレポート 新しい革新的な 共通の Office 導入方法 管理エクスペリエンス 全ての作業に素早くアクセスできる ように改善され、シンプルになった ナビゲーションバーOffice アプリケーションは、Office 365 から オンプレミスとクラウド横断ストリーミング配信 的にユーザーを管理できる統 合された管理コンソール仮想化され、機能が優先順位付けされたアプリケーションがすぐに起動 1 つのポータルで、 Office アプリケーショ SharePoint リソース、 外部 オンプレミスとクラウド、Lync ンが、Office 365 から のデータ接続、フォーム、ア ユーザーを企業向けの機能をOffice アプリケーションに組み込まれた移行支援 ストリーミング配信 容易に管理ツールと、以前の Office バージョンと新しい プリケーションを管理Office が共存できる環境により互換性問題が軽減 重要なタスクを遂行するためユーザーに負担をかけないアップデート にシンプルになった管理 1 台のコンピューターに、 2つのバージョンの OfficeIT 部門による導入をサポート を共存させることが可能
  35. 35. Exchange OnlineDEMO
  36. 36. リリースのタイミング Office365 2011年6月 2012年6月 次期Office365エディション Exchange スイート 同時に教育機関向け Online (プランA) リリース 企業向け スイート(プランE, K ,P) 予定
  37. 37. 本日のまとめ 教育機関向け Office365 事例にみる導入形態と検討事項 次期 Office 365
  38. 38. 参考資料• Office365 – http://www.office365.com/• Office365 for Education 無料の試用版 – http://www.microsoft.com/ja-jp/office365/education/compare- plans.aspx• 印西市教育センター様事例 – http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/inzai-ed3.aspx• 国立大学法人 徳島大学様事例 – http://www.microsoft.com/ja-jp/casestudies/tokushima-u.aspx• マイクロソフトクラウド導入事例集 – http://www.microsoft.com/ja-jp/office/365/showcase.aspx
  39. 39. 次期 Office 製品群関連セッション Room B Room C Room E PT-014 PT-019 PT-02416:10 |17:00 ~ 管理者のための次期 Office ~ マイクロソフトの実践事例にみる、 加速するクラウド サ-ビス : クラウドになった Office の展開 次世代企業内ソーシャルの Office 365 の中小組織への と管理 展開手法 インパクト PT-015 PT-020 PT-02517:10 | 次期 Office 製品群でさらに強化18:00 ~ 次期 Office はここが違う ~ された競合製品との差別化 次期 Office 製品群の 新しい Office のコンセプトと 新機能解説 ポイント 新しい開発モデルの解説
  40. 40. 次期 Office 製品群 展示ブース 展示会場 Office/Office 365 のタッチ&トライコーナー 入口入口から左手奥
  41. 41. 追加のリソースカスタマー プレビュー Office 365 コミュニティhttp://office.com/preview http://community.office365.com次期 Office 評価ガイド Office 365 Twitterhttp://technet.microsoft.com/ja-jp/office/jj149945 http://twitter.com/msonline_ja次期 Office ブログ Office 365 Facebookhttp://blogs.technet.com/b/microsoft_office_/ http://facebook.com/office365jpGoogle Apps との比較 製品説明資料http://aka.ms/MSvsGoogle http://aka.ms/mod
  42. 42. アンケートにご協力ください。
  43. 43. © 2012 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries.The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on thepart of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×