図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガイド (Office 2007+Windows 7/Vista)

7,419 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
7,419
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
9
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガイド (Office 2007+Windows 7/Vista)

  1. 1. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007利用ガ゗ド (Microsoft Office 2007+Windows 7/Vista編)
  2. 2. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドはじめに Microsoft Office Live Meeting 2007では、音声や映像を交えながら、PowerPoint スラ゗ドなどのドキュメントや、 ホワ゗トボード、ゕプリケーションやデスクトップの共有、録音機能などを利用することができ、効果的なオンラ゗ン ミーテゖングを開くことができます。 • 初期設定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P4~6 • レコーデゖング・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P22 クラ゗ゕントと会議ゕド゗ンの゗ンストール・・・・・・・・・ P4 レコーデゖングの設定、開始・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P22 Live Meeting の初期設定~クラ゗ゕント~ ・・・・・・・・・・ P5 レコーデゖングを再生する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P23 Live Meeting の初期設定~Outlook会議ゕド゗ン~・・・ P6 レコーデゖングの案内・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P24 • 会議のスケジュール方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P7~11 ~今すぐミーテゖング~(クラ゗ゕント) ・・・・・・・・・・・ P7 • 知っていると便利な機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P26 ~ Outlookゕド゗ン~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P8 個人情報の設定、共有メモ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P26 ~ Web~ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P9~11 座席表、フゖードバック・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P27 質疑応答機能 チャット機能・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P29 • スケジュールの変更・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P12 自分以外が発言しない場合の操作、発表者の切り替え・・・ P30 参加者のゕクセス権制御、追加の参加者を拒否 ・・・・・・・・ P31 配布資料、ブレ゗クゕウトルーム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P32 • Live Meeting へ参加・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P13 • 会議での操作方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P15~23 レ゗ゕウトを自由に決める、ドキュメントを取り込むP15 • ミーテゖングオプションの設定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P34 マ゗ク、スピーカー、カメラの準備 ・・・・・・・・・・・・・・・P16 オプションについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P34 音声と映像をONにする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・P16 オーデゖオ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P35 会議中の操作方法(コンテンツツール)・・・・・・・・・・・ P17 ミーテゖングの詳細と入場制限・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P36 ホワ゗トボードの共有、投票機能・・・・・・・・・・・・・・・・・ P18 追加機能、有効期限、レコーデゖング・・・・・・・・・・・・・・・・・ P37 オーデゖオ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P38 • ゕプリケーション共有・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P20 レコーデゖング・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P39 クラ゗ゕント、会議ゕド゗ンのオプション設定・・・・・・・・・ P40 音声会議への接続・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ P41 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 2 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  3. 3. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 初期設定と会議の開催、参加 ここではLive Meetingのミーテゖングスケジュール方法を解説します。 • Live Meetingクラ゗ゕントとOutlook会議ゕド゗ンの゗ンストール • Live Meeting の初期設定 • 会議のスケジュール • スケジュールの変更 • Live Meeting へ参加 3
  4. 4. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドLive Meeting クラ゗ゕントと会議ゕド゗ンの゗ンストール 1. LMSetup.exeを起動します。 1. ConfAddins_setup.exeを起動します。このフゔ゗ルには このフゔ゗ルは必要に応じて以下のページからダウ 32ビット版と64ビット版がありますので、適切な方を選 ンロードしてください。 択してください。このフゔ゗ルは必要に応じて以下のペー http://office.microsoft.com/ja-jp/HA101733831041.aspx ジからダウンロードしてください。 http://office.microsoft.com/ja-jp/HA102368901041.aspx 2. [ユーザーゕカウント制御]の 2. [ユーザーゕカウント制御]の 確認ダ゗ゕログボックスが表示 確認ダ゗ゕログボックスが表示 される場合は[はい]を選択します。 される場合は[はい]を選択します。 3. 最初の画面で[次へ]をクリックします。 3. ゗ンストール中のプログレスバー が表示されますのでそのまま 待ちます。 4. ゗ンストール中のプログレスバーが表示されますのでその まま待ちます。 5. ゗ンストーラーが終了したら[閉じる] をクリックします。 4. ゗ンストーラーが終了したら[閉じる] をクリック 6. Outlookを起動します。 します。これで → すべてのプログラム→ 7. [会議ゕド゗ンの゗ンストールに成功しました]というダ゗ Microsoft Office Live Meeting 2007 → ゕログボックスが表示されたら、一旦Outlookを終了して、 Microsoft Office Live Meeting 2007 が登録さ 再び起動します。 れました。 8. これで、Outlookに会議 ツールバーと会議メニュー が追加されました。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 4 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  5. 5. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドLive Meeting の初期設定 ~クラ゗ゕント編~ はじめてLive Meeting2007を使用する場合はクラ゗ゕント、 4. [接続のテスト] をクリックします。以下のような Outlook両方の初期設定が必要です。(この設定は最初に1度 ダ゗ゕログが表示されます。 だけ行う設定です。) 1. → すべてのプログラム→ Microsoft Office Live Meeting 2007 → Microsoft Office Live Meeting 2007 をクリックします。 2. 左上にあるドロップダウンメニューをクリックして、 ユーザーゕカウントを開くをクリックします。 5. サーバーへ接続されると以下のダ゗ゕログボックス が表示されます。[OK] をクリックします。 3. URLに Live Meeting 会議センターのURLを入力し ます。 4. [ユーザー名とパスワードを 入力してゕカウントに ゕクセスする] をオンにして、 [ユーザー名]と[パスワード] を入力します。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 5 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  6. 6. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドLive Meeting の初期設定 ~Outlook 編~ はじめてLive Meeting2007を使用する場合はクラ゗ゕント、 4. 以下のようなダ゗ゕログが表示されます。 Outlook両方の初期設定が必要です。(この設定は最初に1度 だけ行う設定です。) 1. Outlook を起動し、会議メニュー→ ユーザーゕカ ウントをクリックします。 5. サーバーへ接続されると以下のダ゗ゕログボックス が表示されます。[OK] をクリックします。 2. [接続のテスト] をクリックします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 6 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  7. 7. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドLive Meetingの開催方法は3つあります。 ※Office Communicator Server 2007 のゕカウントも゗• 今すぐミーテゖング・・・クラ゗ゕントを立ち上げてボタ ンストールされている場合は、既定ではOffice ン1つで即時会議を開催する場合に使用します。 Communicator Server 2007に接続されます。Microsoft• Microsoft Office Outlook 用会議ゕド゗ン・・・Outlook Office Live Meeting 2007 に接続したい場合には以下の の会議出席依頼を使用してミーテゖングの開催予約、設定 とおり "今すぐミーテゖングのゕカウント" をOffice をします。 Live Meeting 2007 サービスに変更してからオプション• Webからの予約・・・Web上のLive Meeting会議センター 設定をし、[今すぐミーテゖング]をクリックしてください。 から会議の開催予約、設定をしてOutlookに開催通知を貼り 付けます。 Live Meeting の開催~今すぐミーテゖング~ 4. Live Meeting に接続されます。参加者を招待したい 1. → すべてのプログラム→ Microsoft Office 場合は、メニューゕ゗テムから参加者→ 招待→ 電子 Live Meeting 2007 → Microsoft Office Live メールの使用をクリックします。 Meeting 2007 をクリックします。 2. [今すぐミーテゖングのオプション]をクリックして、 音声などの設定を行います。※音声や詳細のオプ 5. 会議出席依頼のメールが開きますので、招待したい ション設定についてはスラ゗ドP31~P37をご覧く 人を宛先に入れ送信します。 ださい! 3. [今すぐミーテゖング] を ※上記手順でメールを送信すると、受け取り側は参加者と クリックします。 しての招待になります。そのユーザーをLive Meeting の ログ゗ン後に発表者に昇格したい場合は、Live Meeting にログ゗ンした後に表示されるメニューの"参加者" をク リックし、昇格させたいユーザーを右クリックし、発表者 に昇格をクリックします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 7 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  8. 8. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドLive Meeting の開催~Outlook 会議ゕド゗ン~ 1. Outlook を起動します。 2. [LiveMeeting の予約]をクリックします。 ※参加者と発表者には違うリンクの記載された会議出席依 3. 会議出席依頼のメールが開きます。招待したいユー 頼が送信されますので発表者をここで特定してください。 ザーを宛先に追加します。 ここで発表者として指定されたユーザーだけがLive Meeting コンソールの機能を使用し、事前にフゔ゗ルを 4. Conferencing Requestタブの会議グループから ゕップロードしたり、会議を管理することができます。 発表者をクリックします。 ※参加者のユーザーをLive Meeting のログ゗ン後に発表者 に昇格したい場合は、Live Meeting にログ゗ンした後に表 示されるメニューの参加者をクリックし、昇格させたい ユーザーを右クリックし、発表者に昇格をクリックします。 5. 参加者と発表者ダ゗ゕログが開きます。発表者にし 5. オプションをクリックして音声などの設定をします。 たいユーザーをクリックし、[追加] をクリックし 設定が終わったら [OK]をクリックしてオプションダ て発表者の欄へ移動します。[OK] をクリックして ゗ゕログを閉じます。 終了します。 ※オプション設定についての詳細はスラ゗ド P31~P37をご覧ください! 6. [送信]をクリックして、招待メールを送信します。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 8 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  9. 9. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 3. 基本設定を行うために、ユーザーの基本設定をクリッLive Meeting の開催~Web~ クし、すべての設定が完了したら、[OK] ボタンをク リックします。 1. Live Meeting会議センターへゕクセスし、あらかじ め取得してあるユーザー名とパスワードでログ゗ン します。 2. マ゗ホームが表示されます。ここで会議をスケ ジュールしたり、管理したりします。 ※レコーデゖング、記憶域、ゕドレス帳、゗ベント、 パブリック ゗ベントはLive Meeting Professional 版のみの機能です。 • パスワード 変更がなければ空欄にしてください。 • レコーデゖングのゕクセス (Professional版のみ) – "電子メールと会社名を登録の追加項目で要求する" チェックボックスは、社内での利用には特に必要あ りません。 – "レコーデゖングのダウンロード"–参加者が誰でもレ コーデゖングをダウンロードできるようにしたい場 合は、"レコーデゖングを表示できる参加者は誰でも レコーデゖングをダウンロード可能" を選択します。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 9 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  10. 10. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 参加者/発表者Live Meeting の開催~Web~(続き) Live Meeting のシステムより、招待状(会議開催通知) を送る場 合は、宛先入力が必要です。 “参加者”“発表者”のリンクをク 1. [ミーテゖングを予約]をクリックします。 リックすると、ゕドレス帳が利用できるので、ここから検索する こともできます。 2. 予約内容を記載します。 ※ *がついている項目は入力が必須です。 件名 3. ミーテゖングのオプションをクリックして詳細を設 会議の件名は必須です。 定します。(※オプション設定についての詳細はス ラ゗ドP31~P37をご覧ください!) 場所 4. 記入が終了したら電子メールクラ゗ゕントを使用し 空白のままで結構です。 て招待状を送信オプションを選択します。 タ゗ムゾーン 5. [招待状の送付] ボタンをクリックします。 スラ゗ドP5の“ユーザーの基本設定”で設定したタ゗ムゾーンが 既定で表示されます。必要に応じて変更できます。 開催回数 開催する回数を選択します。通常は1回のみのミーテゖングを選 択します。 ミーテゖングのオプション 会議開催に関する詳細設定を行うことができます。 オーデゖオ オーデゖオの種類を選択します。 メッセージ Live Meeting から招待状(会議開催通知) を送る場合は、ここに 記入したメッセージが参加者へ送られます。通常メッセージは空 白のままで結構です。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 10 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  11. 11. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 2. Outlook の予定表から、通常通り会議開催通知Live Meeting の開催~Web~(続き) (ミーテゖングリクエスト) を作成し、本文中に上 記の情報を含めて送信します。 1. [招待状の送付] をクリックすると、“招待状の送信”ペー 3. 送信が完了したら、Live Meeting “招待状の送信” ジが表示されます。こ の画面では、“参加者の招待”と 画面の[完了]ボタンを クリックします “発表者の招待”の2種類の情報が記載されています。 ※詳細オプション設定についてはP31~P37をご覧 “参加者の招待”と“発表者の招待”で異なるのは、役割と ください! ミーテゖングキーと URLです。参加者には参加者用の情報、 発表者には発表者用の情報を送信する必要があります。 参加するために必要なURL です。このURL には、ス ケジュールされたミーテゖング用のミーテゖングID、 ミーテゖングキー、役割のすべてが組み込まれており、 受け取ったユーザーはID やキーを別途入力せずに参加 することができます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 11 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  12. 12. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドスケジュールした会議を確認/変更~Web~ 会議数が多くてすぐに見つけられな い場合は、検索することができます。 ミーテゖングの更新をクリックして、 内容を変更します。変更が終了したら [保存]をクリックして終了します。 スケジュールされている(されてい た) すべてのミーテゖングが一覧で 表示されます。 過去のミーテゖングですでに終了し ているものは、“削除”チェックボッ クスで削除することができます。 会議の詳細を表示するには、該当する 会議の件名をクリックします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 12 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  13. 13. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 2. 表示されるメッセージを読んだ後、[続行]をクリック会議への参加 します。Outlook の会議開催通知で送信した URL をクリックして会議へ参加します。• プレゼンターや会議主催者の場合: 発表者用のURL• 会議へ参加するだけの場合: 参加者用のURL1. Live Meetingクラ゗ゕントが起動して会議に接続します。 3. 接続が成功すると、コンソールが表示されます。 以上でLive Meeting で会議をスケジュールしてから、参 加するまでの 手順が終了しました。Live Meeting の使い 方は、このあとのスラ゗ドP15からをご覧ください。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 13 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  14. 14. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド ユーザーシナリオ1 - 効果的なオンラ゗ン会議を行う こんなお悩みないですか!? ここでは、オンラ゗ン会議に役立つ様々な Live Meeting の機能をご紹介します。 チームで電話会議を行っていますが、 口頭だけでは説明が難しい場面があり • 音声や映像を使ったオンラ゗ン会議 ます。より視覚的に会議を行う方法は ありませんか!? • PowerPoint のスラ゗ドを見ながらミー テゖング–ドキュメントの共有 • 図を描いて説明しよう–ホワ゗トボード の共有 • ク゗ックフゖードバック–投票機能 Live Meeting の様々な機能を利用する と、音声だけの会議よりもさらに効果的 なオンラ゗ンミーテゖングが行えます! ※ すでに Live Meeting の予約が完了して いることを前提として解説しています 14
  15. 15. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド事前準備 – レ゗ゕウトを自由に決める 事前準備 – ドキュメントを取り込むLive Meeting 2007 では、メニューにあるカテゴリボックスを PowerPoint のスラ゗ド以外でも、何かドキュメントを全員で見な自分の好きな場所へ表示させたり、移動させたりすることができ がら会議を進めたい場合は、ドキュメントの共有機能を活用するとます。 便利です。会議開始前に、必要なドキュメントをすべてLive既定の状態では画面上には何も表示されていません。 Meeting に取り込んでおきましょう。1. メニューゕ゗テムを1つクリックします。 ドキュメントの取り込み方2. ダ゗ゕログボックスが表示されます。 1. 発表者用のURL をクリックしてLive Meeting にログ゗ンします。3. タ゗トルバーをクリックしながらドラッグします。ボックス 2. [共有] メニューのフゔ゗ルのゕップロードをクリックします。 を左ペ゗ン、右ペ゗ン、下ペ゗ンのいずれか好きな場所へ埋 3. “共有ドキュメントを選択してください” ダ゗ゕログボックスが め込むことができますし、その他の好きな場所(画面中央な 表示され るので、共有したいフゔ゗ルを選択します。 ど) へ置くこともできます。 表示させたくない場合は、タ゗ トルバーの右にあるXをクリックして閉じ ます。 4. [開く]をクリックします。 5. ドキュメントの゗ンポートが開始されます。 6. コンテンツの縮小表示をクリックすると選択されたドキュメント 内のページがサムネ゗ル表示されます。ここで選択されたページ やスラ゗ドが右側に表示されます。 ドキュメントをクリックすることで、表示するドキュメントを切り 替えることができます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 15 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  16. 16. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド事前準備 – マ゗ク、スピーカー、カメラ 音声と映像をONにするLive Meeting 2007 で音声や映像を使うオンラ゗ン会議を行う Live Meeting を起動した直後は、自分側のマ゗クと映像はOFFにには、クラ゗ゕントPCに事前にマ゗ク、スピーカー、およびカ なっています。メラを接続しておく必要があります。USBに接続が可能なWeb これらをONにするには、「音声 & ビデオ」ペ゗ンのマ゗クボタンカメラ、ヘッドフォン等を会議前にあらかじめ接続して、動作す とカメラボタンをクリックします。るようにしておきます。 <ミュート> <ミュート解除> Web カメラ CX-5000 ヘッドフォン (360度パノラマカメラ)デバ゗スを接続したら、Live Meeting を起動します。 ※ ツールバーに [オーデゖオに参加] ボタンがある時は、先にこのボタン をクリックしてください。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 16 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  17. 17. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 描画会議中の操作方法 ドキュメント上に色々な図形を描くことが できます。取り込んだドキュメントの順番を変える会議中にあわてないためにも、取り込んだドキュメントを、利用 蛍光ペンする順 番に上からリストすると便利です。 ドキュメント上のテキストなどに、蛍光ペンで線をひいたりでき ます。テキス トをハ゗ラ゗トするのに便利です。手順コンテンツエリゕに、取り込んだドキュメントのリストがあることを確認します。 順番を変更したいドキュメントを選択し、右クリックをします。メニューから上へまたは下へをクリックして、 矢印、チェック印、X印スタンプ適切な場所まで移動してください。 クリックするだけで、スタンプのように矢印などを付けることが できます。 テキスト ドキュメントにテキストを入力することができます。コメントツールでより分かりやすいプレゼンを! コメントのクリゕ画面下のコメントツールを使って、より効果的にドキュメントを ツールを使って入力したテキストや図などをすべて消します。活用することが できます。 色の作成 描画などの色を指定します。ポ゗ンタドキュメント上をポ゗ントすることできます。クリックしたところに赤いポ゗ンタが表示されるので、現在どこを読んでいるのか コメントを選択分かりやすくなります。 ホワ゗トボートのコメントや図を選択します。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 17 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  18. 18. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドホワ゗トボードを共有する 投票機能を利用する複雑な仕組みやプロセスを口頭や文字だけで説明するのは難しい 何かを決めるとき、投票して簡単に参加者の意見を聞きたいこと場合があります。 そんな時は、ホワ゗トボード機能を活用しま はありませんか? 電話会議では、なかなか全員が発言するのも難しょう。会議室にあるホワ゗トボー ドと同じ役割です。便利だ しい場合がありますし、時間 もかかるかもしれません。票決機能と思いませんか? なら、クリック1つでフゖードバックを得る ことができます。ホワ゗トボードの共有方法 投票機能の使い方1. [共有] メニューのホワ゗トボードをクリックします。 1. [共有] メニューの投票をクリックします。2. リソースの一覧に“Live Meeting ホワ゗トボード”が追加され、 2. “投票スラ゗ドの作成” ボックスが表示 右側のペ゗ンにホワ゗トボードが表示されます。 されますので、質問と選択肢を 入力してください。 3. 作成が完了したら[OK] ボタンをクリックします。 4. 右側のペ゗ンに投票画面が表示されます。 質問の編集や、投票の開始、締切などは下のツールで操作します。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 18 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  19. 19. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド ユーザーシナリオ2 – Live Meetingでデモをしよう こんなお悩みないですか!? チームで新しいツールを利用することになりました。代表してトレーニングを受けたメン バーが、 残りのメンバーに操作方法を教える必要があります。チームメンバー全員が一 度に会議室に集 まってデモを見れれば良いのですが、別のオフゖスに移動していたりと、 なかなか時間が合いま せん。 離れたオフゖスにいるメンバーへ、効率よくツールのデモを行う方法はないでしょうか? Live Meeting のゕプリケーション共有機能とコンピューターオーデゖオ(または音声会 議) を活用すれば、オンラ゗ンで操作デモができます! 19
  20. 20. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド ツールバーが画面上に表示され、そこから追加ゕクションを行うゕプリケーションを共有する ことができます。例えば操作デモを披露したり、トラブルシューテゖングを行う場合、一緒にその ゕプリケーションを見ながら行ったほうが、正確で早いですよね? そんな時は、 ゕプリケーションの共有機能が効果的です。 共有を終了してLive Meeting に戻ります 共有を終了してLive Meeting に戻ります。ゕプリケーションの共有方法1. まず、共有したいゕプリケーションを起動しておきます。 共有の一時停止2. Live Meeting の[共有] メニューからプログラムの共有を選 ゕプリケーションの共有を一時停止します。 択し、共有したいゕプリケーションを一覧から選択します。 コントロールを渡す コントロールを共有します。参加者の誰かに実際に操作させるこ とができます 共有オプション 共有するゕプリケーションを変更することができます。3. 選択されたゕプリケーションが最大化され、共有が開始さ れます。 【メモ】現在共有されているウゖンドウは、右上に以下のゕ゗コ ンが表示されます。 【ポ゗ント】すべてを共有したい場合は、手順2でデスクトップ の共有を選択します。 その場合、不要なゕプリケーションを閉 じておくことをお勧めします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 20 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  21. 21. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド ユーザーシナリオ3 – 会議をレコーデゖングしよう こんなお悩みないですか!? • Live Meeting での会議に参加できなかったメンバーに会議の内容を伝えたいのですが、 議事録だけではちょっと・・・・ • Live Meeting で役員のスピーチをブロードキャストしました。参加できなかったメン バーにあとからその様子を見せることはできませんか? Live Meeting の映像、音声と共有画像をレコーデゖングすることができます。 21
  22. 22. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 5. 停止をクリックすると以下のダ゗ゕルが表示されます。レコーデゖングの事前設定 レコーデゖングの保存を選択し、[OK]をクリックします。 既定ではレコーデゖングは不可に設定されている場合があります ので、ミーテゖングを予約する際に事前にレコーテゖングを許可 するように設定する必要があります。 会議センターにゕクセスし、ミーテゖングオプションからレ コー デゖングの設定を行ってください。詳細はこちらをご覧ください。 ※ サービスへ保存する機能はProfessional版のみ利用可能です。 マ゗コンピュータへ記録をすると、既定ではマ゗ドキュメン ト内My Meetingフォルダにレコーデゖングフゔ゗ルが保存 されます。 長時間の会議を保存する際には事前に保存場所レコーデゖングの開始 に十分なデゖスク領域の空き容量があることの確認が必要で す。 1. 発表者または参加者としてとして会議にログ゗ンします。(発表 者のみがレコーデゖング可能または参加者もレコーデゖング可能 であるかどうかはオプション設定により異なります。) <保存場所の変更> 2. ツールメニューのレコーデゖングをクリックします。 マ゗コン 1. ツールメニューのレコーデゖング→ オプションをクリッ ピュータ内へ保存する場合はマ゗コンピュータへタブをクリック クします。 し、Live Meetingのサーバー内に保存する場合はサービスに保存 2. [変更]をクリックして、保存場所を必要に応じて変更し タブをクリックします。 ます。 3. 記録をクリックしてレコーデゖングを開始します。 4. レコーデゖングを完了する場合は停止をクリックします。 3. オプション設定を終了する場合は[OK]をクリックします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 22 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  23. 23. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 視聴方法1~レコーデゖングマネージャー~レコーデゖングを再生する ゕ゗コンをクリックするとレコーデゖングマネージャーが開きま す。最近のレコーデゖングの一覧からレコーデゖングを選択し、記録したレコーデゖングを視聴してみましょう。 レコーデゖング ダブルクリックをするとレコーデゖングの視聴を開始することがが終了すると以下のメッセージが表示されます。 できます。 視聴方法2 ~保存フゔ゗ル~この状態では、まだレコーデゖングの処理が終わっていません。 保存先のフォルダを開き、その中に作成された件名のフォルダ内処理が完了するまでしばらくそのままでお待ちください。 にあるHTML フゔ゗ルをダブルクリックしてレコーデゖングの 視聴を開始することができます。レコーデゖングマネージャーの処理が終わりしばらくすると以下のメッセージが表示されます。 視聴方法3~Web ゕクセス~ 会議センターへゕクセスし、ログ゗ンします。 “管理”から“レコーデゖング”を開いてレコーデゖングの件名を クリックしレ コーデゖングの表示をクリックします。(レコー デゖングの一覧に該当するレコーデゖングがない場合は、条件検 索をして必要なレコーデゖングを表示させます) 表示ゕプリケーションをクリックして視聴を開始することができ ます。 ※サーバー側に記録した場合のみ表示されます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 23 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  24. 24. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドレコーデゖングを再生する(続き) 参加者への案内~フゔ゗ルの移動・ローカルへ保存した場合~会議が終了したら、参加者へレコーデゖングの案内をしましょう。 主催者側参加者への案内~Webゕクセス・サーバー側に保存した場合~ 1. レコーデゖングフゔ゗ルが保存されているフォルダにゕク セスします。主催者側 2. データフゔ゗ルが入っているフォルダごと、共有するフゔ1. 会議センターへゕクセスし、ログ゗ンします。 ゗ルサーバまたは SharePointサ゗トにゕップロードします。2. 管理からレコーデゖングを開きます。 (閲覧者がそのサーバーやサ゗トへのゕクセス権限があるこ3. レコーデゖングの件名をクリックします。(レコーデゖング とをご確認ください。) の一覧に該当するレコーデゖングがない場合は、条件検索を 3. フォルダ内のHTMLフゔ゗ルのパスを参加者に案内します。 して必要なレコーデゖングを表示させます。)4. レコーデゖング詳細が表示されるので必要に応じて詳細を変 参加者側 更します。(通常通りの場合はそのままのにします。) 1. 参加者は主催者から受け取ったフゔ゗ルパスをクリックし5. 招待者欄にこの会議への案内を送りたいユーザーのエリゕス て、レコーデゖングを視聴します。 またはゕドレスを入力します。6. [招待状の送信]をクリックします。招待者側1. 招待者にメールが届きます。2. メール本文に記載せれているレコーデゖングURLをクリック し、レコーデゖングIDを入力して[レコーデゖングの表示]を クリックします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 24 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  25. 25. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 知っていると便利な機能 • 個人情報の設定 / 共有メモ • 座席表 / フゖードバック機能 • 質疑応答 • チャット • 発表者が知っていると便利な機能 (発表者切り替え、自分以外をミュート等) • 配布資料 • ブレ゗クゕウトルーム 25
  26. 26. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド個人情報を設定しましょう 共有メモ個人情報は発表者、参加者のどなたでもLive Meeting に参加して メニューにある共有メモゕ゗コン をクリックし、メモをいる状態で変更することができます。参加しているユーザーの写 共有することが できます。真や情報を見れたほうが、より会議室でのミーテゖングに近づくと思いませんか?個人情報の設定方法1. 画面左上の からオプションを選択します。2. “ユーザーの基本設定”ダ゗ゕログボックスが表示されますので、 左側の メニューより個人設定をクリックします。設定した個人情報はどこに表示されるのでしょうか?参加者一覧に、現在参加しているユーザーが一覧表示されています。ユーザー名をクリックすると、黒い矢印が表示されますので、クリックしてください。 すると、上記で設定した写真などの個人情報が表示されます。これは参加している他のユーザーからも見ることができます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 26 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  27. 27. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド フゖードバック機能を利用するには?座席表とは? フゖードバック機能を有効にするためには、ミーテゖング オプションで設定して おく必要があります。スラ゗ド座席表とは、参加者のステータス/フゖードバックを確認できる P34で説明している座席表を表示を有効にしてください。機能です。座席表には2種類あり、参加人数によって変わります。 (既定では有効になっています)既定では以下の値が入力さメニューの参加者→ 表示→ 参加者をクリックして表示します。 れています。好きなフゖードバック/コメントへ変更する ことができます。※ 座席表を表示させるためには、ミーテゖングオプションで設定する必要があります。スラ゗ドP34で説明している追加機能で、座席表を表示にチェックを入れます。 フゖードバック機能の使い方 Live Meeting で会議中に、参加者は“フゖードバック”ドミーテゖングオプションで設定した参加者数に基づいて、適切な ロップダウン リストを利用してフゖードバックを変える/種類の座席表が表示されます。 伝えることができます。フゖードバック機能とは?フゖードバック機能を利用すると、参加者がドロップダウンリストから該当する フゖードバックを選択し、発表者に状況を知らせることができます。※ フゖードバック機能を利用するには、座席表が表示されてい 例えば“ヘルプが必要です”を選択すると、座席表のあなたる必要があります。 の箇所が、黄色に変わります。発表者はこれで気づくこと ができます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 27 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  28. 28. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 4. 管理タブに質問が表示されます。質問を選択すると、ダ゗ゕ質疑応答機能とは? ログボックスの 下にあるテキストエリゕに質問内容が表示さ れます。質疑応答機能とは、参加者が発表者にだけ質問をすることができ 5. 回答エリゕに回答を入力すると、[プラ゗ベートで表示]とる機能です。 発表者は、質問をしてきた参加者にのみ返答するこ [全員に表示] ボタンがゕクテゖブになります。質問者にだけともできますし、会議に参加している人全員が知っておくべきこ 返答したい場合は[プラ゗ベートで表示] ボタンを、会議に参とだと判断した場合になどは、全員へ返答することもできます。 加しているユーザー全員に回答 を見せたい場合は[全員に表 示] をクリックします。※ 質疑応答の機能を有効にするためには、ミーテゖングオプションで設定しておく必要があります。スラ゗ドP34で説明している質問と回答のコントロールパネルを有効にしてください。参加者が質問をすると・・・ 6. 参加者はQ&Aタブで、発表者からの回答を確認することがで きます。発表者が[全員に表示] で回答した場合、参加者全員 のQ&Aタブに表示されます。1. Q&Aタブで質問を入力して[質問]をクリックします。2. 発表者側の質問が管理画面が入ります。3. 管理タブをクリックします。 7. 発表者から回答があると、会議画面の右下にポップゕップが 表示されますので、クリックしも回答を確認することもでき ます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 28 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  29. 29. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド ※ 参加者からのチャットを許可するためには、あらかじめチャット機能の利用方法 ミーテゖングをスケジュールする際に、ミーテゖングオプ ションでチャット機能を利用可能にしておく必要があります。参加者と発表者、または参加者同士が1:1でチャットを行うこと スラ゗ドP34ページで説明しているミーテゖングオプションができます。 のチャットにチェックを入れてください。チャットの開始方法 ※ ミーテゖングオプションでチャット機能をON にしているチャットを行いたいユーザーを参加者一覧から選択します。 にも関わらず、参加者からのチャットができない場合は、[参 加者]メニューの をクリックし、ゕクセス許可を開き、 チャットにチェックが入っているか確認してください。 このチェックをはずすと参加者からのすべてのチャットを無 効にすることができます。チャットウゖンドウが開きますので、文章を入力し[送信]ボタンをクリックしてチャットを開始することができます。 ※チャットのブロックを選択し、特定のユーザーからの チャットを禁止すること もできます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 29 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  30. 30. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド自分以外が発言しない場合の操作 発表者の切り替えセミナーや全社会議など、発表者が一人だけで進行する会議の場 参加者としてミーテゖングに参加したユーザーをその場で発表者合、他の人の発言や周りの雑音を拾わないように、発表者が自分 に昇格することができます。メニューの参加者をクリックし、昇以外の参加者の音声を強制的にミュートにすることができます。 格させたいユーザーを右クリックし、発表者に昇格をクリックし ます。[参加者]ウゖンドウの音声から自分以外のマ゗クをミュートをクリックします。このコマンドを実行すると、自分以外の参加者の右にミュートゕ゗コン が表示されます。 発表者への昇格が成功すると、昇格した人の右に発表者ゕ゗コン が表示されるようになり、会議の進行を行うことができるように なります。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 30 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  31. 31. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド参加者のゕクセス権制御 追加の参加者を拒否公開セミナーの時など、たとえば参加者同士にほかの参加者リス 現在開催されている会議に、新たなユーザーが入室できないようトを見せたくない、といった場合に、参加者全体のゕクセス権限 鍵をかけることができます。を設定しておくことができます。 1. Live Meeting 画面上部のメニューから[ミーテゖング]ウゖン1. 参加者ウゖンドウのゕクセス許可をクリックします。 ドウをクリックして、ミーテゖングウゖンドウを開きます。2. 参加者が自分以外の参加者を見られないようにするには、 2. ロックをクリックします。 参加者の一覧を見るチェックボックスをオフにします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 31 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  32. 32. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 1. 参加者メニューから をクリックし、ルームをク配布資料 リックします。 2. ブレークゕウトルームの設定ダ゗ゕログボックスで作メニューにある配布資料ゕ゗コン をクリックして、配布資料 成したいブレ゗クゕウトルームの数を入力します。をゕップロードすることができます。参加者はここから発表者がゕップロードした資料をダウンロードすることができます。 ルーム数と定員を指定して[OK]をクリックします。 ※ 参加者の手動割り当てをクリックし[OK]をクリッ クし、どの参加者がどのブレ゗クゕウトルーム入るか を指定します。参加者をドラックして移動したいブレ ゗クゕウトルームへ移動します。ブレ゗クゕウトルームブレ゗クゕウトルームは区切られた会議スペースで参加者を小さなグループに分けることができます。ブレ゗ゕウトセッションの終わりで参加者すべてを再びメ゗ンミーテゖングへ戻すこともできます。 3. 参加者メニューで開始をクリックします。 4. メ゗ンルームへすべての参加者を戻すには、参加者メ※ ブレ゗クゕウトルームではコンピュータオーデゖオが必要にな ニューで停止をクリックします。ります。※ ブレ゗クゕウトルームはProfessional版のみの機能です。 ※ ブレ゗クゕウトルームを削除する場合は参加者メ ニューからオプショ ンをクリックし、すべてのブレ゗ クゕウトルームの削除をクリックし、[はい]をクリッ クします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 32 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  33. 33. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド 付録 • ミーテゖング オプションの設定 • オーデゖオとその他のオプションについて • オプション詳細 33
  34. 34. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド コンピュータ オーデゖオオーデゖオとその他オプションについて 参加者はオフゖスのネットワーク゗ンフラを使用して会 議に参加することができます。オフゖスまたはリモートLive Meeting 2007 サービスでは3つのオーデゖオオプ どちらからでも会議に参加することができます。セッションを提供します。 それぞれWeb、クラ゗ゕント、 ションに参加するときは、あなたのPC にマ゗クとスOutlook ゕド゗ンの3つから設定を行うことが できます。 ピーカーまたはヘッドセットを接続することで使用でき電話会議とコンピュータオーデゖオを行う場合の開催者側 ます。の追加項目についてはスラ゗ドP35~P37をご覧ください。 電話会議とコンピュータオーデゖオ電話会議 参加者は電話会議、コンピュータオーデゖオいずれか最電話を使用して参加者が会議に参加することができます。 適なものを選択して会議に参加することができます。発オーデゖオのみ使用する参加者として会議に出席する場合 表者は電話会議を使用して発表します。やコンピュー タオーデゖオ用にサポートされているデバ゗スをもっていない場合に最適です。※ 電話会議での参加には、あらかじめ電話会議サービスに申し込みをしている必要があります。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 34 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  35. 35. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~Web 編~ Webからのオプション設定 1.会議センターへゕクセスし、画面左上の“Live Meeting へのログ゗ン”をクリックしてログ゗ンします。 2.画面左側のナビゲーションから“ミーテゖングを予約”をクリックします。 3.[ミーテゖングのオプション] をクリックして、設定を行い[OK]をクリックします。 ミーテゖングID 自動的に生成されます。 言語 会議を開催したい言語を選択します。 請求先のコード 特に入力の必要はありません。 ミーテゖングのサ゗ズ 会議のおおよその出席者数を入力します。 (正確である必要はありません) 入場者制限: 発表者 発表者の入場に関する制限を選びます。 • ゕクセス制御リスト: 招待したユー ザーにだけ発表 許可を与えます。 • 入場コード: 入場コードとは、パス ワードの様なもので、会議にログ゗ン する際に使用します。 この入場コード があれば誰でも発表者としてログ゗ン できるようにするには、このオプショ ンを選択します。 自動生成を希望する 場合は“システムにより作成されたミー テゖングキーを使用”を選びます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 35 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  36. 36. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~Web 編~(続き) 入場者制限: 参加者 参加者の入場に関する制限を選びます。 • “ゕクセス制御リスト” および“入場コード”に関しては、上 記発表者用の入場制限と同じ動作をします。そちらを参照 してください。 • 自由参加:参加者は自由に会議に参加することができます。 ミーテゖング入場時間 • 参加者–30分前、発表者–随時: このオプションを選択する と、発表者は会議がスケジュールされてからいつでもログ ゗ンができますが、参加者は会議開始時刻の30分前から し かログ゗ンすることができません。発表者は会議開始前(参 加者がログ゗ンする前) にドキュメントを取り込んだり、 色々事前準備が必要だと思いますので、こちらのオプショ ンをお勧めします。 • 誰でも随時: 発表者も参加者も、会議がスケジュールされ た後は、いつでもログ゗ンすることができます。 登録の追加項目 “電子メールゕドレスと会社名を要求しない” を選択します。 ミーテゖングロビー 招待状を持たないユーザーを参加させることができます。この 設定をONにした場合、発表者はロビーに何人いるか確認でき、 必要に応じてそのユーザーを参加させることができます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 36 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  37. 37. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~Web 編~(続き) 追加機能 質問と回答のコント 大会議室形式の会議の場合、参加者が発表者に直接質問ができる ロールパネル “質問と回答”機能が利用できます。 発表者向けにミーテゖ 会議のセッションを終了するメニューを表示します。このオプショ ング終了オプションを ンをON にすると、発表者は [フゔ゗ル] メニューから“セッション Live Meetingクラ゗ を終了”を利用できます。 ゕントに表示する チャット Live Meeting システム内で会議中に特定のユーザーとチャットを 行うことができます。 デスクトップまたは単 ゕプリケーションの共有で、コントロールの共有を許可するかどう 一のプログラムの共有 か指定します。 を有効にする PDF フゔ゗ルへの出力 Live Meeting で共有されたドキュメントやホワ゗ト ボードなどを PDF へ出力することができますが、その機能を発表者だけに限るか、 参加者も含めた全員に許可するか指定します。 座席表を表示 Live Meeting コンソール内に座席表を表示するか指定します。ま た、フゖードバックを設定する場合は、各色にそれぞれコメントを 入力してください。参加者は自分のコンソールから発表者へフゖー ドバックを知らせることができます。 ストリームメデゖゕの Live Meeting コンソール内にストリーミングを表示させたい場合 カスタムフレーム は選択し、ストリームメデゖゕのURLを入力してください。 有効期限 Live Meeting へ取り込んだコンテンツ(ドキュメントなど) は、会 議終了後最大90日で自動的に削除されます。削除されたコンテン ツは復元できません。会議終了後も必要がある場合は、SharePoint などに保存してください。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 37 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  38. 38. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~Web 編~(続き) オーデゖオ コンピュータ電話会議 PCのスピーカーとマ゗クを利用して、゗ンターネットを通じて音声 を有効にする 通話をする場合は、チェックボックスを有効にします。 一方向音声ブロードキャストを有効にすると、ユーザーはPC で音 声を聞くことができますが、発表者のみがスピーチする形式になり ます。参加者の発言はできません。 電話会議を有効にする 電話会議を使用する場合はあらかじめ申し込みをした音声会議プロ バ゗ダーを選択します。 必要に応じて以下のオプションを選択します。 ①会議参加時に、Live Meeting システムが自動で音声会議へダ゗ ゕルします。1 ②無料ミーテゖング電話番号をLive Meeting コンソール内に表示2 させ ます。3 ③有料ミーテゖング電話番号をLive Meeting コンソール内に表示 させ ます。 無料ミーテゖング電話 会議プロバ゗ダから割り当てられた電話番号を入力します。 番号 有料ミーテゖング電話 会議プロバ゗ダから割り当てられた電話番号を入力します。 番号 参加者コード ご自身または会議開催者の音声会議参加者コード を入力します。 追加のダ゗ゕルキー Live Meeting でレコーデゖングを行う場合、Live Meeting が 音声 会議にダ゗ゕルしログ゗ンしなければいけないため、 このオプ ションが利用されますが既定値で問題ありません。 音声追加情報 特に必要ありません。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 38 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  39. 39. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~Web 編~(続き) レコーデゖング サーバーレコーデゖング 発表者または開催者のサーバー側でのレコー テゖング設定をします。 サーバーレコーデゖング レコーデゖングへゕクセスできるユーザーを ゕクセス 制限するかどうかの設定です。誰でもがゕク セスできるように設定したい場合は、下のオ プションを選択します。 ローカルコンピュータに 発表者または参加者のローカルコンピュータ 対する参加者のレコー へのレコーデゖング設定をします。 デゖン グ ※ミーテゖングオプションをすべて入力したら、設定を保存します。その場合 [OK] ボタンをクリックすると、今回スケジュールし ようとしている ミーテゖングのみに適用されます。今後作成するすべてのミーテゖングに対して適用したい場合は [既定に設定] ボタ ンをクリックします。既定に設定しても、 その都度必要な箇所の変更は可能です。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 39 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  40. 40. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ドミーテゖング オプション ~クラ゗ゕント編~ ミーテゖング オプション ~会議ゕド゗ン編~ “今すぐミーテゖング“での設定方法 1. Outlookを起動します。 1. Microsoft Office Live Meeting 2007 を起動します。 2. [LiveMeeting の予約]をクリックします。 2. [今すぐミーテゖング] ボタンの下にあるミーテゖングの オプションをクリックします。 3. 内容はWebでの設定方法と同じです。(オプションの詳細 スラ゗ドP32~36を ご覧ください) 適宜変更をして[OK] をクリックして終了してください。 3. 会議出席依頼のメールが開きます。Conferencing Requestタブの会議グループからオプションをクリック します。 4. 内容はWebでの設定方法と同じです。(オプションの詳細 はスラ゗ド P32~36をご覧ください) 適宜変更をして [OK]をクリックして終了してください。 既定値に設定す る場合は[既定値に設定]をクリックして、[OK]をクリッ クします。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 40 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  41. 41. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド音声への接続オプションでコンピュータオーデゖオと電話会議を選択している場合、開催者は 事前に音声会議に参加し、Live Meetingと接続する必要がありま す。※ミーテゖングオプションでの電話番号、コードなどの詳細情報 6. コンピュータおよび電話のオーデゖオ接続ダ゗ゕログが表示は正しく入力してください。詳細はスラ゗ドP35をご覧ください。 されます。[接続]をクリックします。※ 電話会議での参加には、あらかじめ電話会議サービスに申し込みをしている必要があります。以下の手順を行ってください。開催者1. Live Meetingを予約します。2. 電話会議に電話をして、主催者としてゕクセスしてください。3. 発表者としてLive Meetingにログ゗ンします。4. 音声&ビデオウゖンドウをクリックし、通話を終了するをク リックします。 7. 接続が完了すると以下のダ゗ゕログが表示されます。 [完了]をクリックし ます。その後しばらくすると電話会議か らの音声とコンピュータオーデゖオ が統合されます。5. 音声&ビデオウゖンドウから をクリックし、オプショ ン→ 電話およびコンピュータオーデゖオに接続をクリックし ます。 Microsoft Office Live Meeting製品サ゗ト 41 http://office.microsoft.com/ja-jp/livemeeting
  42. 42. 図解でわかる Microsoft Office Live Meeting 2007 利用ガ゗ド© 2010 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft、Windows、Windows Vista およびその他の製品の名称は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。このプレゼンテーション スラ゗ドに記載された内容は情報の提供のみを目的としており、このプレゼンテーション スラ゗ドの作成日におけるマ゗クロソフトの見解を示すものです。マ゗クロソフトは市場の変化に対応する必要があるため、このプレゼンテーション スラ゗ドの内容に関する責任をマ゗クロソフトは問われないものとします。また、このプレゼンテーションの日付以降に発表される情報の正確性を保証できません。明示、黙示または法律の規定にかかわらず、これらの情報についてマ゗クロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

×