Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2010 年 1 月
マイクロソフト株式会社
IT の進化と企業情報システムの変遷
マイクロソフトのビジョン

   インターネット のパワーとデバイス
   を利用し、ソフトウェアの可能性を
   融合することでシームレスなユーザー
   エクスペリエンスを提供します
ビジネス ニーズによる選択
社内設置型とサービス型どちらを選択すべきか
     項目                社内設置型                    サービス型
運用             お客様              ...
選択の力: ソフトウェア プラス サービス

    “Live”            "Online"        社内運用
統合サービス                                      最高の柔軟性と制御
個人...
Microsoft Online Services とは
マイクロソフトがホスティングして、パートナーと
一緒に販売する、ビジネス向けの商用サービス


               電子メール、予定表共有、
               会議...
Business Productivity Online Suite
ご採用メリット
サーバー ソフトウェアで長年の実績のある Exchange Server や SharePoint
 Server の機能を、導入や運用の手間を抑えたオンライ...
Exchange OnlineとOutlook 2007の概要
   メール処理を短時間で実施可能な各種機能              スケジュール/会議室管理機能
   使いやすいインタフェース                    ...
SharePoint Onlineの概要
         検索                      企業ポータル

 サイト内のコンテンツを検索                 会社または事業部全体で共有する情報
         ...
Office Communications Onlineと
Office Communicator 2007の概要

所在を把握 
Officeアプリ上の“プレゼンス”


                         誰もが利用できる
...
Live Meeting 2007 概要
Office Live Meeting 2007 の Web 会議ソリューション
Office Live Meeting 2007 は、インターネットを活用した Web 会議サービス。
 1. 「遠隔地...
通常版と簡易版
2 種類のニーズに対応したサービスオプション



     •   リッチ クライアントの Outlook 接続と Web アクセス
     •   Exchange Online と SharePoint Online の...
サービスの詳細                                                                  実現されている機能
                                      ...
クライアント側システム要件
        項目                      Standard
                             Windows XP SP2以上
                     ...
Standard と Deskless の違い (1/2)

  Exchange Online
     項目              Standard                         Deskless

 リッチ クライ...
Standard と Deskless の違い (2/2)

   SharePoint Online
        項目                   Standard                      Deskless*1...
統一された操作感、管理方法、
    アクセス方法
                                     シングル サインオン
   試用と購入                            アプリケーションの...
既存環境にサービスを追加展開


   支社、販社




      本社
サポートされるカスタマイズ範囲
     サービス                                                    Standard
                          ・Exchange ...
メッセージのセキュリティ、暗号化、アーカイブ

インターネット




     スパム




                                   (オプション)




                     主な特徴 ...
ビジネスホスティングの経験に基づいた
堅牢なセキュリティ、信頼性の高い無停止の環境
主な機能
•   地理的に冗長化された          フィルタリングルーター

    データセンター             ファイアウォール
     ...
サービス レベル契約 (SLA)
                                電子メール稼働率
                                  99.9%

                       ...
Business Productivity Online Services
構成コンポーネント
文書共有/掲示板        電子メール             Web会議              IM/プレゼンス




        ...
BPOS ライセンス体系
 サブスクリプション モデル:マイクロソフト オンライン サービスはサブスク
リプション モデル (非永続ライセンス) という形態でライセンス供与されます。
 ユーザー単位で付与:オンライン サービスにアクセスして...
Microsoft Online Services ライセンス
    USL→ 新規のお客様                             Step Up USL→ 既存のお客様
                   Exchang...
日本での提供価格
           ¥2,000
           ¥1,800
           ¥1,600
1 ユーザー月額




           ¥1,400
           ¥1,200
          ...
ぜひご評価ください
 http://www.microsoft.com/japan/online/
Software + Services がもたらすもの
© 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft、Windows、Windows Vista、およびその他の製品名は、米国 Microsoft Corporation の米...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Microsoft BPOSの紹介

Microsoft社のクラウド、BPOSの紹介です。

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Microsoft BPOSの紹介

  1. 1. 2010 年 1 月 マイクロソフト株式会社
  2. 2. IT の進化と企業情報システムの変遷
  3. 3. マイクロソフトのビジョン インターネット のパワーとデバイス を利用し、ソフトウェアの可能性を 融合することでシームレスなユーザー エクスペリエンスを提供します
  4. 4. ビジネス ニーズによる選択 社内設置型とサービス型どちらを選択すべきか 項目 社内設置型 サービス型 運用 お客様 サービス提供会社 データ格納場所 お客様環境内 主に海外または非公開 データ監査 お客様自身で可能 依頼により実施 ネットワーク お客様ネットワーク インターネット経由 帯域 固定 インターネット環境に依存 展開スピード 一定期間必要 即時展開可能 提供サービス 任意に可能 ほぼ固定 カスタマイズ 任意に可能 一部に限定 社内システム連携 任意に可能 一部に限定 バージョン アップ 任意に可能 事前通知後実施 or 事前通知なしに実施 総保有コスト (TCO) • ソフトウェア ライセンス • ソフトウェア+サービス ライセンス • ハード / データセンターコスト (サービス費用は月額課金で継続的に支払い) • 維持・管理・運用コスト • 移行コスト (1回のみ) • 展開コスト • 軽減された管理コスト • アップグレードコスト • 移行コスト
  5. 5. 選択の力: ソフトウェア プラス サービス “Live” "Online" 社内運用 統合サービス 最高の柔軟性と制御 個人/SOHO 組織 広告収入による運営/サブスクリプション サブスクリプション/ライセンス 限定されたニーズの サービスとして 最高の機能を コンシューマー 提供される ユーザー向け 提供する優れたエ または "デスクレス" エンタープライズ ンタープライズ SOHO 向け ソフトウェア サービス ソフトウェア サービス
  6. 6. Microsoft Online Services とは マイクロソフトがホスティングして、パートナーと 一緒に販売する、ビジネス向けの商用サービス 電子メール、予定表共有、 会議室予約 ファイル共有、ポータル、 掲示板、情報共有サイト インスタント メッセージ、 プレゼンス (在席情報) Web 会議、 アプリケーション共有 全部セットで スイートとしても販売 6
  7. 7. Business Productivity Online Suite ご採用メリット サーバー ソフトウェアで長年の実績のある Exchange Server や SharePoint Server の機能を、導入や運用の手間を抑えたオンライン サービスとして 利用できる、企業システムの新しい選択肢 システム導入/運用のコスト削減と 既存資産との連携/共存がもたらす IT 管理の合理化 実績に基づいた豊富な機能による コミュニケーション やコラボレーション の効率化 洗練されたソフトウェアを世界規模の データセンターで運用することによる 高い信頼性
  8. 8. Exchange OnlineとOutlook 2007の概要  メール処理を短時間で実施可能な各種機能  スケジュール/会議室管理機能  使いやすいインタフェース  グループスケジュール よく利用するフォルダへ 1クリックでアクセス メンバーを 複数メンバーの予定表を メールの高速検索 To Doバー グループ化 並べて表示 添付ファイル 予定とタスクを1画面で表示 プレビュー 色分類項目 グループスケジュール 検索のキーワードをハイライト 検索フォルダ  マルチデバイスアクセス Internet 公衆回線 ブラウザ 連携 HTTPS 他社製品 管理センター  Web上のシンプルな管理 携帯ブラウザ
  9. 9. SharePoint Onlineの概要 検索 企業ポータル  サイト内のコンテンツを検索  会社または事業部全体で共有する情報  各部門からの情報発信  サイト全体の管理 チーム サイト 掲示板・To Do・カレンダー・タスク  チーム内の連絡事項、タスク、イベントを共有  部門やプロジェクト単位で 共有すべき情報  登録情報の期限設定や添付ファイルをサポート  特定の業務支援サイト  チームの共同作業スペース ドキュメント ライブラリ  チームのノウハウを組織の  文書をチームやプロジェクト メンバーで共有 壁を越えて共有  文書の版数管理やチェックイン/アウト、簡単な ワークフロー 通知・RSS  情報の更新、追加状況の確実な把握 ディスカッション …  チームに関連するトピックについて、 Blog・Wiki ニュース グループ形式でディスカッション  ブラウザからの柔軟な情報発信 アンケート 会議ワークスペース  チーム内での意見やアイディアを集計して 取りまとめる設問作成機能と分析機能  アジェンダ、議事録、To Do、会議資料などを 共有
  10. 10. Office Communications Onlineと Office Communicator 2007の概要 所在を把握  Officeアプリ上の“プレゼンス” 誰もが利用できる インスタント メッセージング
  11. 11. Live Meeting 2007 概要 Office Live Meeting 2007 の Web 会議ソリューション Office Live Meeting 2007 は、インターネットを活用した Web 会議サービス。 1. 「遠隔地に移動する時間とコストの節約」と「互いに顔を合わせて対話を行う有効性」を両立。 2. ユーザーは、地理的な距離に関係なく、また、移動時間を費やすことなく、必要な時にフェイス ツーフェイスのコミュニケーションを行えるため、個人やグループの生産性が向上。 3. トレーニング・ヘルプデスク・セミナーなども開設可能さまざまなシーンで活用可能 クライアントコンソール データセンター 組織の連携強化 魅力あるWeb会議を実現 エンタープライズクラスの信頼性 Office との統合による簡単操作 映像、音声を使ったリアルな通信 通常のインターネット回線で トレーニングやイベント開催も RoundTable による臨場感のある 利用可能 容易 – 最大 1,250人のイベント 会議 安心のデータセンター運営 – を実施可能 10 年の稼働実績 11
  12. 12. 通常版と簡易版 2 種類のニーズに対応したサービスオプション • リッチ クライアントの Outlook 接続と Web アクセス • Exchange Online と SharePoint Online のフル機能 • 大容量ストレージ • Active Sync デバイスのサポート 両者の組み合わせ も可能 • Web アクセスのみ • Exchange と SharePoint の限定された機能 • 少量のメールボックス サイズ • 低コスト 12
  13. 13. サービスの詳細  実現されている機能  将来提供予定の機能 サーバー テクノロジ Microsoft Online Services サーバー機能 Deskless Standard (最小要件なし) ユニファイド メッセージング  メッセージング レコード管理  メッセージング Exchange Web Services/WebDAV  メッセージのアーカイブ (オプション)  Active Sync モビリティ  Outlook との接続  ウイルス対策、スパム対策   共有の連絡先、タスク   電子メール、共有の予定表、OWA   インターネット サイト  エクストラネット コラボレーション  カスタム コード サポート コラボレーション  Excelサービス  エンタープライズ データ検索  読み取り サイト検索  専用 個人サイト  エンタープライズ/Web コンテンツ  人および個人用設定  ブログ、Wiki、イントラネット サイト  テンプレートと Web パーツ  フェデレーション/コンプライアンス  コミュニケーション 1 対 1 の PC ビデオ/音声通信  Communicator との接続  IM/プレゼンス情報  コールコントロール 該当なし  PSTN 接続による音声通信 マルチパーティの音声/ビデオ通信  アプリケーション共有  Live Meeting の Web アクセス  13
  14. 14. クライアント側システム要件 項目 Standard Windows XP SP2以上 Windows Server 2003 SP2以上 Windows Windows Vista Windows 7 .NET Framework 3.0 SP1以上必須 メールクライアント (Windows) Outlook 2007/2003 メールクライアント (Mac) Entourage 2008/2004 Internet Explorer IE 6.0以降 Windows Mobile 6.0以降 モバイルデバイス 各種ActiveSync 12対応デバイス BlackBerryデバイス(BIS利用) Firefox3、Safari 3 その他のブラウザ (OWAはOWA Lightのみ) サインインツール 認証要件 Active Directoryは任意 ネットワーク 通常のインターネット回線
  15. 15. Standard と Deskless の違い (1/2)  Exchange Online 項目 Standard Deskless リッチ クライアント Outlook 2007/2003 なし Web アクセス Outlook Web Access Outlook Web Access Light POP3 アクセス あり なし 携帯アクセス Windows Mobile 6.0 以降 なし メールボックス サイズ 5GB (最大 25GB) 500MB 送受信可能メール サイズ 30 MB 利用可能 API Web サービス なし
  16. 16. Standard と Deskless の違い (2/2)  SharePoint Online 項目 Standard Deskless*1 提供ストレージ サイズ 250MB / ユーザー なし サイト テンプレート ○*2 参照 リスト テンプレート ○ 投稿可能 フォーム ライブラリ ○ 投稿可能 Outlook 連携 ○ なし SharePoint Designer ○ なし によるサイトの編集・管理 *1: Deskless ユーザー用のサイトへアクセスが可能 (ドキュメントの編集 / 書き込み不可、Wiki, ブログ、フォームへの書き込みは可能) *2: チームサイト、—のサイト、ドキュメントワークスペース 、Wiki サイト、—ログ、 —般的な会議ワークスペースを利用可能 空 ブ 一
  17. 17. 統一された操作感、管理方法、 アクセス方法  シングル サインオン  試用と購入  アプリケーションの  ユーザー管理 アクセス  各種設定  SharePoint への  サポート リンク  ツールの IT プロ  ダウンロード エンドユーザー ダウンロード  パスワード リセット VPNなしでどこからでもアクセス サービスの Web からの リッチ クライアント 申し込みと試用 サービスの管理 アクセス からのアクセス
  18. 18. 既存環境にサービスを追加展開 支社、販社 本社
  19. 19. サポートされるカスタマイズ範囲 サービス Standard ・Exchange Web Service の利用 Exchange ・サーバー側へのアドインは不可 ・Outlook アドインは実装可能 (オンライン サービスのサポート対象外)  SharePoint Designer による サイトの編集  Web サービスの利用※1  Alerts Web service  Copy Web service  Document Workspace Web service  Imaging Web service  Lists Web service  Meetings Web service SharePoint  People Web service  Permissions Web service  Site Data Web service  Sites Web service  Search Web service  Users and Groups Web service  Versions Web service  Views Web service  Web Part Pages Web service  Webs Web service  Publishing Service Web service ※1 一部のメソッドは利用不可 詳細はhttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=d007f35e-375c-4b11-bc40-bc9082bb224a&displaylang=enを参照
  20. 20. メッセージのセキュリティ、暗号化、アーカイブ インターネット スパム (オプション) 主な特徴 主な特徴 • 世界各国10か所における冗長化 • 保存期間最長10年、保存容量無制限 • Exchange Online に標準で装備 • SQL Azure 採用の高速な検索 20
  21. 21. ビジネスホスティングの経験に基づいた 堅牢なセキュリティ、信頼性の高い無停止の環境 主な機能 • 地理的に冗長化された フィルタリングルーター データセンター ファイアウォール 侵入検知システム • N+1 冗長化 システム・レベル・セキュリティ • 9 層のデータセキュリティ アプリケーション認証 • CyberTrust 認証の取得 アプリケーション レベルのセキュリティ対策 (SAS 70) ウイルス・スキャン • SSLによる安全なアクセス 分離されたデータ ネットワーク データへの認証 • ITIL/MOF による運用管理 • 年中無休の24x7サポート • 99.9% の稼働率をSLAに定義 香港 (セカンダリ) シンガポール (プライマリ) 日本向けサービス提供DC 他地域向けサービス提供DC
  22. 22. サービス レベル契約 (SLA) 電子メール稼働率 99.9% サイト稼働率 99.9% サービスの 月間稼働率 IM/プレゼンス稼働率 99.9% 会議センターへの接続 99.9% 月間稼働率 返金される割合 返金規定 < 99.9% 25% < 99% 50% < 95% 100% ※あらかじめ計画された機能停止時間は除く 22
  23. 23. Business Productivity Online Services 構成コンポーネント 文書共有/掲示板 電子メール Web会議 IM/プレゼンス 6.x 6.x 電話 ブラウザー コンソール 2007 PC シングルサインイン ツール カスタマーポータル 管理センター ポータルサイト (購買担当者) (IT管理者) (エンドユーザー)
  24. 24. BPOS ライセンス体系  サブスクリプション モデル:マイクロソフト オンライン サービスはサブスク リプション モデル (非永続ライセンス) という形態でライセンス供与されます。  ユーザー単位で付与:オンライン サービスにアクセスして使用する権利は、 サブスクリプション期間に限ってユーザーに与えられます。  ユーザー サブスクリプション ライセンス(USL): ユーザーサブスクリプションライセンス (USL)はサービス および 社内運用 サーバーの両方で使えます。 USL 社内運用サーバーのユーザーアクセス権* お客様のサーバー *社内運用サーバーのライセンスは別途購入が必要 インターネット オンラインサービスの権利 Microsoft がホストするサーバー 24
  25. 25. Microsoft Online Services ライセンス USL→ 新規のお客様 Step Up USL→ 既存のお客様 Exchange Online USL ソフトウェア アシュア ソフトウェア アシュアランス分 Business ランス付きの SharePoint Online の値引き CAL Productivity USL Online Standard Suite Office Communications Online USL USL Office Live Meeting USL Step-Up USL (Suite またはコンポーネント) Exchange Online Deskless Worker Deskless USL Suite SharePoint Online USL Deskless USL 2 種類のサブスクリプション ライセンス 1. ユーザー サブスクリプション ライセンス(USL)  非永続的ライセンス、買い取りオプションの提供なし  該当製品*の 有効なソフトウェア アシュアランス付きの CAL を持っていなくても購入可 2. ステップアップ ユーザー サブスクリプション ライセンス (Step Up USL)  該当製品*の有効なソフトウェア アシュアランス付きの CAL を持っていれば購入可  Step Up USL 購入後は、該当製品*の有効なソフトウェア アシュアランス付き CAL と Step UP USL 共に更新することが必要 *コンポーネント サービス、スイート サービス 25
  26. 26. 日本での提供価格 ¥2,000 ¥1,800 ¥1,600 1 ユーザー月額 ¥1,400 ¥1,200 ¥1,000 ¥800 ¥600 ¥400 ¥200 ¥0 自社運用 Exchange SharePoint Communications Live 単体合計 BPO サーバー Online Online Online Meeting Suite Standard 1,250* 522 548 209 470 1,749 1,044 Deskless - 209 209 - - 418 313 * ハードウェア、ソフトウェア、構築費用をユーザー当たり月額に直した概算値 です。金額はユーザー数、構築ベンダーによって異なる場合があります。 26
  27. 27. ぜひご評価ください  http://www.microsoft.com/japan/online/
  28. 28. Software + Services がもたらすもの
  29. 29. © 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft、Windows、Windows Vista、およびその他の製品名は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 このプレゼンテーションの内容は情報の提供のみを目的としており、記載された情報は、このプレゼンテーションの実施日におけるマイクロソフトの見解を示すものです。マイクロソフトは市場の変化に対応する必要があるため、この プレゼンテーションの内容に関する責任をマイクロソフトは問われないものとします。また、プレゼンテーションの実施日以降に発表される情報の正確性を保証できません。 このプレゼンテーションの情報についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

×