Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Googleのイベントで ラズパイ30台くらい 仕掛けてきた

1,638 views

Published on

Kixs Vol.006

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Googleのイベントで ラズパイ30台くらい 仕掛けてきた

  1. 1. Googleのイベントで ラズパイ30台くらい 仕掛けてきた 2017/12/16 九州インフラ交流勉強会(Kixs) Vol.006
  2. 2. 自己紹介 熊野 良 (@ryok607jp) Groovenauts,Inc. - MAGELLAN BLOCKS SRE - BLOCKSサポートセンター マネージャー - OPEN AI LAB 事務局 MAGELLAN BLOCKS: https://www.magellanic-clouds.com/ OPEN AI LAB: https://openai-lab.org/ GCPUG Fukuoka Organizer GCPUG Fukuoka: https://gcpugfukuoka.connpass.com/
  3. 3. Googleのイベント?
  4. 4. Google Cloud Next’17 in Tokyo 2017年6月14日・6月15日に開催 会場はプリンスパークタワー東京の地下 来場者数は非公表(2,000-3,000人程度と推測)
  5. 5. Groovenautsは Google Cloud Next’17 in Tokyoで ブースを出展してきました
  6. 6. MAGELLAN BLOCKSを利用した ブースエリアの リアルタイムヒートマップを 展示しました
  7. 7. どうやってんの?
  8. 8. ざっくりですが、こうやってます スマートフォンから発生する電波強度を会場に仕掛けたRasPiで取得した。 (Probe Response) MAGELLAN BLOCKS経由でCloud MLに流し込み電波強度から位置を予測させデ ータを正規化した。(事前に位置情報の学習データが必要) 閲覧用サイト・アプリでヒートマップを表示。
  9. 9. 構成
  10. 10. RasPi
  11. 11. RasPiは コレ!
  12. 12. RasPi H/Wスペック 本体: RaspberryPi3 Model B RS版 日本製 SDカード: 32GB SANDISK SDSDQUPN-032G-J35A ACアダプター: スイッチングACアダプター5V/2.5A AD-B50P250 ケース: RaspberryPi 拡張ボードケース 3B/2B/B+用 2.4GHz用無線LAN子機: BUFFALO WLI-UC-GNM2
  13. 13. ブースエリアに配置 台数の見積 - 高い場所(ブースの上方など)にRasPiを仕掛けられる箇所は半径10m - 低い場所(腰の高さ程度)は半径5m として図面を元に会場を網羅できる配置を検討した。 電波強度は安定しないので2台以上網羅できる配置とした。 ブースエリアに13台必要ということがわかった。 各セッションルームにもRasPiを仕掛けたので全部で31台。
  14. 14. ブースエリアへのRasPi設置イメージ
  15. 15. RasPiの大量生産 構築はAnsibleでいけるやん! https://github.com/groovenauts/raspi-ops/tree/master/ansible って思ってたけど、OS(Rasbian)やN/W、SSH初期設定は別で必要。 RasPiからUSBのSDカードリーダ/ライター経由で構成copyするツールがある。 https://github.com/billw2/rpi-clone 使い勝手の向上、shellcheckを通すためにforkしてカスタマイズした。 https://github.com/kumanoryo/rpi-clone
  16. 16. 監視
  17. 17. 監視は コレ!
  18. 18. 当たり前だけど 当日RasPiが動いていない、データがとれていないなどを監視する必要がある。 - Zabbixで監視した。 - Rasbianがzabbix-agent 2.2 までしか対応していなかったので2.2系ベース。 - zabbix-serverはGCP上にGCEで構築した。 - zabbix-agent -> zabbix-proxy -> zabbix-server(GCE) という経路。 - 検知したらslackに通知される仕組み。 当日大きなトラブルはなかった。 とはいえやっておくと安心感が段違いなのでやっておいて本当によかった。
  19. 19. Slack 通知イメージ
  20. 20. イベント2日間を終えて RasPi3じゃオーバースペックだった CPU/メモリがリソースグラフ上ベタベタだったのでZeroでもよかったか も。 無線LANのドングル、もっと感度いいものにしてもよかったのでは 今回弊社に知見がなかった、検証する時間がなかった。 現場は生物 配線オーダー違い、ブースレイアウトの変更、学習データの取り忘れな ど。
  21. 21. 【番外編】 俺氏、3:00AMに学習データを取得しに現地に行く
  22. 22. 俺、責任感の塊 じゃね?
  23. 23. いろいろ大変だったけど 普段できない体験をさせていただいて メチャメチャ楽しかったです!
  24. 24. Thank You!!

×