Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

平成23年度さんすい会・京都大学図書系職員勉強会チラシ

2,902 views

Published on

http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/

Published in: Travel, Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

平成23年度さんすい会・京都大学図書系職員勉強会チラシ

  1. 1. 若手職員の集まり ( さんすい会 & 図書系勉強会 ) へのお誘い< さんすい会ってこんな集まり > 京都大学の(自称?)若手職員有志で月 1 回ぐらいのペースで京大サロンや会議室などキャンパス内のいろんな場所で開催している集まりです。都合のいい時や誰かと話したいとき、興味のあるテーマの時に参加すれば OKという自由な集まりです。開催場所などの連絡は主にMLで行っています。(現在、約 100 名以上が登録) いろいろな職種、所属、経験年数の人が参加していて、それぞれの仕事の話を聞いたり、知り合いを増やした ↑りする場所として開催しています。 東大・京大・阪大コラボ交流会→ また、集まりの中から出てきた思いが実際に形になった例もあり、これからもメンバーそれぞれの「こんなことやってみたい!」という思いを実現させる場でありたいと思っています。 たとえば、内定中に皆さんのサポートをしていた「NC *検索エンジン等で”京都大学 KUF”と検索すると、本学一S」!これは、さんすい会の有志で結成したプロジェクト 般掲示板にあるKUFの詳細な報告書を見ることが出来るの“KUF”(Kyoto University’s Future Project)*が提案して で、ぜひご覧ください。出来たチームです。< いままで、こんなことしてきました > 2010 年度の集まり この集まりをはじめて早6年。過去には、本学の理事 ■2010 年 5 月 14 日や部長にお話いただいたこともありましたが、昨年度は 関西地区・大学職員交流会こんなテーマで集まりました。 ■2010 年 6 月 16 日 花山天文台へ星を見に行こう! その時々でメンバーの誰かが「知りたい・聞きたい・話 ■2010 年 7 月 20 日したい」テーマを持ち寄って開催しています。「こんな話 毎日の仕事を100倍楽しくする20くらいのが聞きたい。」なんてリクエストはいつでも大歓迎です! 方法(ワークショップ) みんなで大学内のつながりや他大学とのつながりを ■2010 年 9 月 9 日広げながら、京都大学を楽しい場所にしていきたいと思 山形大学製作ビデオ「あっとおどろく大学事っています。 務 NG 集」をみんなで見よう! 集まりだけでは、話足りない人たちは終わった後に、お ■2010 年 9 月 22 日酒を飲み交わしながら、更にざっくばらんに懇親を深め The プレゼンテーションることもあります。 ~人間力向上のための最適ツール~ ■2010 年 10 月 6 日 また ML は集まりの連絡以外にも、大学コンソーシア オリエンタルランド研修・体験企画ム京都など他機関が主催する研修・イベントのお知らせ 『ディズニ-・リゾートが目指すもの~夢とや他大学職員との交流会(飲み会)のお知らせ等、メンバ 魔法の王国は意外と学校だった~』ー同士で情報交換ツールとしても活用しています。 ■2010 年 11 月 15 日 さらに昨年度、念願のホームページができました。過去 ”ビブリオバトル&仕事紹介” with 図書系の勉強会の報告をはじめ、コンテンツを充実させていく 勉強会(ku-librarians)予定です。 ■2010 年 11 月 20,21 日 東大・京大・阪大コラボ交流会URL:http://www12.atpages.jp/~sansui/
  2. 2. < 特別企画 >附置研究施設見学ツアー 芦生研究林→ さんすい会では施設見学ツアーを行っています♪ 去年は理学部の花山天文台で宇宙のことが良く分かる4Dシアターを見たり大型の望遠鏡で土星見たりと貴重な 花山天文台↓体験をしました!! 近場だけではなく、芦生の研究林、白浜の水族館、京丹波町の牧場、別府の地熱研究施設など遠方の施設にもお邪魔させていただいています。 ふだん触れることができない『京都大学』を見て学んで楽しめるのが魅力です。 < 真のイノベーションに向けた連携を! ~iCeMS での国際・産学連携の取り組みを通じて~ > (6 月 23 日 19:00− アイセムス本館 2 階セミナールーム) ※アイセムス本館:吉田キャンパス 東大路東一条 北西角 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS-アイセムス)の国際連携・産学連携について、中心となって実施されている小玉裕之研究員を講師として、アイセムスで実施された事例を紹介します。 大学事務にもイノベーションを! そのために我々が果たす役割について、一緒に考えてみませんか?参加希望の方がおられましたら 6/20 までにご連絡ください。 ※本企画は終了しました。後日、報告をブログに掲載しますのでぜひご覧ください。< 図書系勉強会のお知らせ > 図書系職員勉強会は、「図書館一般について勉強がしたい」「日常業務に即した問題解決型の勉強がしたい」 という若手図書系職員の思いから、1999 年 9 月より始まりました。現在は月 1 回開催しています。 図書系職員と一口に言いましても、サービス、収書、システム管理など、その業務は多岐にわたります。また、 京都大学には 60 近くの図書館/室があり、そのうちの約 3 分の 1 は職員が 1 名しか配置されないため、1 人で いくつもの業務をこなす必要があります。図書系勉強会は業務ごとの専門性を高め、職員同士の交流を深める 場となっています。 さらに、勉強会では国内の図書館にとどまらず、海外の図書館をも視野に広げた他図書館事情の調査・比較 を行っています。国際交流推進機構が募集する図書系職員海外調査研修にも積極的に参加し、その成果を勉 強会で発表・共有しています。 最近では、他職種職員とも交流を行い、共同で勉強会を開催しています。図書系・技術系・事務系問わず参加 できますので、興味がありましたらぜひご参加ください。 図書系勉強会の詳細は以下をご覧ください。 ku-librarians: 図書系職員勉強会ホームページ http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/ Twitter アカウント http://twitter.com/kulibrarians 連絡先 <さんすい会> <図書系勉強会>

×