Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20150926 ku-librarians勉強会 番外編#21 :『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました!

934 views

Published on

http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20150926

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20150926 ku-librarians勉強会 番外編#21 :『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました!

  1. 1. 1 ku-librarians: 図書系職員勉強会 2015 年 9 月 26 日(土) 『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました!『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました!『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました!『(仮称)図書館人物事典』を書いてみました! ~~~~安馬彌一郎安馬彌一郎安馬彌一郎安馬彌一郎編~編~編~編~ 宮田怜(京都大学吉田南総合図書館) 既知の情報 『簡約日本図書館先賢事典『簡約日本図書館先賢事典『簡約日本図書館先賢事典『簡約日本図書館先賢事典 未定稿』(石井敦未定稿』(石井敦未定稿』(石井敦未定稿』(石井敦 , 1995))))の記事 「安馬 弥一郎 あんま やいちろう 188?-194? ③1937/第三高等学校図書館 ◆全国高等諸学校図書館協議会で活躍」 調査の過程 京都大学で所蔵する三高関係資料京都大学で所蔵する三高関係資料京都大学で所蔵する三高関係資料京都大学で所蔵する三高関係資料 第三高等学校関係資料は他の旧制高等学校資料に比べて、体系的に整理・保存、公開されている。 ・戦災・天災を免れた幸運 ・後継組織(教養部、総合人間学部、人間・環境学研究科)が重要性を認識し保存を継続 (『第三高等学校関係資料』解説・目録『第三高等学校関係資料』解説・目録『第三高等学校関係資料』解説・目録『第三高等学校関係資料』解説・目録 / 京都大学大学文書館編京都大学大学文書館編京都大学大学文書館編京都大学大学文書館編. NCID:BA90059762) ※ 『第三高等学校関係資料』解説・目録は京都大学学術情報リポジトリから全文閲覧可 http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/handle/2433/79572 →目録に記載された京都大学文書館所蔵の第三高等学校関係資料京都大学文書館所蔵の第三高等学校関係資料京都大学文書館所蔵の第三高等学校関係資料京都大学文書館所蔵の第三高等学校関係資料 ………………………………………… ①①①① 京都大学吉田南総合図書館所蔵の京都大学吉田南総合図書館所蔵の京都大学吉田南総合図書館所蔵の京都大学吉田南総合図書館所蔵の第三高等学校関係資料第三高等学校関係資料第三高等学校関係資料第三高等学校関係資料 ………………………………………… ②②②② 旧教養部の流れを汲む吉田南総合図書館でも三高関連資料の一部が所蔵されており、その中には 第三高等学校図書館時代に使用された業務文書・原簿類(三高簿冊)が含まれている →[安馬彌一郎氏書類綴安馬彌一郎氏書類綴安馬彌一郎氏書類綴安馬彌一郎氏書類綴].(NCID:BB08897706)という資料が存在 (安馬彌一郎氏の第三高等學校図書課での業務上書類綴込 BB08897706 の注記より) →第三高等学校図書課における平時の業務内容 / 生年 / 名前の読み を確認 ※ 苗字の読みについては混在あり -------------------------------------------------------------- A 「Mr. Yaichiro Yasuma」→業者からの手紙のあて名 「アンマ、ヤイチロウ」→安馬が業者へ出した電報の発信者名 全国(専門)高等学校図書館協議会会報全国(専門)高等学校図書館協議会会報全国(専門)高等学校図書館協議会会報全国(専門)高等学校図書館協議会会報(NCID:AN00345123, AN00312270) ………………………………………… ③③③③ 東京農工大学の図書館 HP から PDF で全文閲覧できる http://www.biblio.tuat.ac.jp/kaiho/index.htm 「図書館の沿革」(個人サイト)で「会報」の索引一覧 http://www.ne.jp/asahi/bunko/enkaku/index.html → 安馬彌一郎の業績はほとんど確認できない
  2. 2. 2 ・第 1 回大会と第 12 回大会にのみ参加 ・第 1 回大会(1924 年)当時、安馬は 20 歳前後で大きな役割を果たしたとは思えない (現に参加者名簿に名前があるだけで各部会等では一切発言はない) ・第 12 回大会でも高等学校部会の一発言者にとどまる →「全国高等諸学校図書館協議会で活躍」したとは思えない「全国高等諸学校図書館協議会で活躍」したとは思えない「全国高等諸学校図書館協議会で活躍」したとは思えない「全国高等諸学校図書館協議会で活躍」したとは思えない。今回の事典では触れない。 ※ 名前の読みについて 第1回大会の「会報」89 頁から「懇親会出席者芳名」一覧あり →氏名 ABC 順で掲載され安馬は安馬は安馬は安馬は AAAA の項目に名前があるの項目に名前があるの項目に名前があるの項目に名前がある------------------------------------------- B →A・B を合わせて苗字の読みは「あんま」「あんま」「あんま」「あんま」とした 第三高等学校一覧第三高等学校一覧第三高等学校一覧第三高等学校一覧 (NCID:BB00719958, BB00721153) ………………………………………… ④④④④ ・国立国会図書館の近代デジタルライブラリーで公開 ・本文後半に職員名簿が記載されている 安馬彌一郎は、 「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧. 大正大正大正大正 7 年年年年 9 月起大正月起大正月起大正月起大正 8 年年年年 8 月止」月止」月止」月止」には名前があり、 「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧「第三高等学校一覧. 大正大正大正大正 6 年年年年 9 月起大正月起大正月起大正月起大正 7 年年年年 8 月止」月止」月止」月止」には名前がない。 →第三高等学校には大正大正大正大正 7 年(年(年(年(1918 年)年)年)年)から勤めている ・第三高等学校一覧は昭和 16 年度(1942 年度)までしか発行されていない →安馬は 1942 年にも在籍。第三高等学校を去ったのは何年か? ①①①① の資料群のうち、各年度の「職員願伺届書類」「職員願伺届書類」「職員願伺届書類」「職員願伺届書類」に注目 →各教職員の休暇届や出張願等をまとめたもの。書類の有無で在籍の有無を推し量れる? →昭和 21 年(1946 年)3 月以降名前がない また、「教職員現在数一覧表「教職員現在数一覧表「教職員現在数一覧表「教職員現在数一覧表 自昭和二十二年」自昭和二十二年」自昭和二十二年」自昭和二十二年」(①①①①の資料群の一つ)にも安馬彌一郎本人と思わ れる名前がない(昭和 22 年=1947 年) →三高を辞めた年は昭和昭和昭和昭和 21 年(年(年(年(1946 年)年)年)年)と考えられる 最終稿 「①安馬/彌一郎「①安馬/彌一郎「①安馬/彌一郎「①安馬/彌一郎 ②あんま/やいちろう②あんま/やいちろう②あんま/やいちろう②あんま/やいちろう ③③③③1903-19???????? ④?④?④?④? ⑤?⑤?⑤?⑤? ⑥第三高等学校図書課⑥第三高等学校図書課⑥第三高等学校図書課⑥第三高等学校図書課 ((((1918-1946)、図書課職員として外国雑誌の受入等を担当。著書に『女真文金石志稿』)、図書課職員として外国雑誌の受入等を担当。著書に『女真文金石志稿』)、図書課職員として外国雑誌の受入等を担当。著書に『女真文金石志稿』)、図書課職員として外国雑誌の受入等を担当。著書に『女真文金石志稿』(1943)がががが ある。ある。ある。ある。 ⑦『安馬彌一郎氏書類綴』⑦『安馬彌一郎氏書類綴』⑦『安馬彌一郎氏書類綴』⑦『安馬彌一郎氏書類綴』 安馬彌一郎安馬彌一郎安馬彌一郎安馬彌一郎 安馬彌一郎(手稿資料)安馬彌一郎(手稿資料)安馬彌一郎(手稿資料)安馬彌一郎(手稿資料) 1936-1945((((111 字)」字)」字)」字)」 (リサーチできなかったこと→三高図書館退職後の足取り、没年)
  3. 3. 3 項目:安藤勝一郎の追加 項目追加に至る経緯項目追加に至る経緯項目追加に至る経緯項目追加に至る経緯 安馬の③調査時 →会報を通して見ても安馬の名前は皆無に近いが、第三高等学校教授の「安藤勝一郎」という人 物は極めて頻繁に登場する ・全 16 回中 14 回参加(全参加者中最多 「図書館の沿革」>会報>1-15 主要参加者氏名) http://www.ne.jp/asahi/bunko/enkaku/itiran2.htm#it09 ・第 1 回大会から最後まで「常任理事」であり中心人物 全国高等諸学校図書館協議会と縁の深い三高関係者は、安馬ではなくこの安藤勝一郎の方が相応 しいのではないか?と考え項目の追加を提案 調査について調査について調査について調査について ・それほど時間はかけられなかったが比較的著名人なので必要事項はすぐに集まった ・文学者 幸田露伴の義弟(妻の幸が露伴の実妹) ・第三高等学校の英語科名物教授として三高史関連資料にもしばしば登場 ・1962 年の死亡時には全国紙で死亡記事の掲載あり ・最終所属先の京都女子大学退職時に「英文学論叢」(京都女子大学英文学会発行の雑誌 NCID AN00022587)で特集が組まれ業績がまとめられている 最終稿最終稿最終稿最終稿 「①「①「①「①安藤/勝一郎安藤/勝一郎安藤/勝一郎安藤/勝一郎 ②②②②あんどう/しょういちろうあんどう/しょういちろうあんどう/しょういちろうあんどう/しょういちろう ③③③③1879-1962 ④?④?④?④? ⑤?⑤?⑤?⑤? ⑥⑥⑥⑥第三高等学校英語教第三高等学校英語教第三高等学校英語教第三高等学校英語教 授(授(授(授(1911-1941)、全国高等諸学校図書館協議会理事()、全国高等諸学校図書館協議会理事()、全国高等諸学校図書館協議会理事()、全国高等諸学校図書館協議会理事(1924-1941)。)。)。)。同協議会の中心人物として協同協議会の中心人物として協同協議会の中心人物として協同協議会の中心人物として協 議会の発足以来活躍。議会の発足以来活躍。議会の発足以来活躍。議会の発足以来活躍。 ⑦⑦⑦⑦「安藤勝一郎先生特集」「安藤勝一郎先生特集」「安藤勝一郎先生特集」「安藤勝一郎先生特集」 『英文学論叢』『英文学論叢』『英文学論叢』『英文学論叢』 4 1959 ;『會報』『會報』『會報』『會報』 全國高全國高全國高全國高 等諸學校圖書館協議會等諸學校圖書館協議會等諸學校圖書館協議會等諸學校圖書館協議會 全國高等諸學校圖書館協議會全國高等諸學校圖書館協議會全國高等諸學校圖書館協議會全國高等諸學校圖書館協議會 1925-1941((((139 字)字)字)字)」」」」 「先賢事典」の内容? 名前の混同? 安■■一郎 生年の混同? 「188?」という生年はどこから? ←安藤の生年(1879 年=明治十二年)と混同し、 かつ「二」が不鮮明で明治 10 年代とのみ認識していた?

×