20140308 ku librarians勉強会#175:立命館大学図書館研究会(立図研)

954 views

Published on

http://kulibrarians.g.hatena.ne.jp/kulibrarians/20140308

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20140308 ku librarians勉強会#175:立命館大学図書館研究会(立図研)

  1. 1. 立命館大学図書館研究会(立図研)
  2. 2. 立図研とは  立図研は正式名称を立命館大学図書館 研究会という自主ゼミ  自主ゼミとは 学生たちが自主的に組織したゼミのこと。 サークルとは違って専門性に富み、それぞ れの研究目的の達成や進路の決定に向けて 研鑽を積むための組織。
  3. 3. 構成  4回生…4人  3回生…5人  2回生…3人  1回生…1人  3回生の会長が中心となってさまざまなイ ベントに参加し、情報を収集、会員内で共 有
  4. 4. 主な活動  学生同士での意見交換 授業でわからなかったことを教えあう 各自の活動の成果を発表する  教員への質問 常世田良・湯浅俊彦両教授による指導 定期的な活動は常世田教授のオフィスア ワーに行われる
  5. 5. 活動の具体例  第15回図書館総合展への参加  立同合同ラジオの開催  アメリカ図書館ツアーへの参加  学会への参加(日図研、大図研など)  図書館の視察(武雄市図書館、伊万里市民 図書館など)  関連施設の視察(京都府立総合資料館な ど)
  6. 6. 司書課程共同資料室(活動拠点)
  7. 7. 立図研の強み  個人が尊重される活動 人数が少ないため、それぞれの目標にあわ せたフットワークの軽い活動が可能 個人の発言権が尊重されるため、活動の成果 を発表することで満足感を味わいつつ、緊張感 をもって切磋琢磨していくことが可能  教員とのコミュニケーション 大規模私大では困難な教員による丁寧な指導を 受けることが可能
  8. 8. 課題と今後の展望  経験の不足 DUALISが持っているようなノウハウが 欠如 会員を増やし、経験を積むことで活動の 幅をひろげていきたい  企画力が乏しい 個々人の行動力は優れているが、集団で何 かを企画し、実行していく力はいまいち とりあえずラジオはやりたい
  9. 9. ご静聴ありがとうございました。

×