Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ハンズラボの考えるIoT Innovation EGG 第6回 『IoT 今と未来』

2,842 views

Published on

ハンズラボのIoTへの取り組みのご紹介と、IoT構成要素について、
そして田部井の経験から試作デバイスから一歩進むための知識について、お話させて頂きました。

Published in: Devices & Hardware
  • Be the first to comment

ハンズラボの考えるIoT Innovation EGG 第6回 『IoT 今と未来』

  1. 1. ハンズラボが考えるIoT ハンズラボ(株) 田部井 一成 2016/1/30
  2. 2. 自己紹介 2 • 名前:田部井 一成 • 所属:ハンズラボ株式会社 • 入社:2013年3月 • 担当:外販案件(業務アプリ) • 特技:シェル芸、電子工作 • 3年間、某社でLSI設計、基板 設計やってました
  3. 3. ハンズラ について • 東急ハンズのシステム子会社 • 東急ハンズの情シス部門として、内製で基幹システム、情報 系、POS・PDA等を開発 • 外販で小売系のシステムや、ポイント、ウェルネス系など、他 社システムの受託開発 • 基盤技術は、AWS、Linux、WEBアプリケーション、iOSアプリ 3
  4. 4. ハンズラボのIoT事業? • ハンズと言えばモノ作り。 • ハンズラボとしては、当然IoT事業を 4
  5. 5. ハンズラボのIoT事業? • ハンズと言えばモノ作り。 • ハンズラボとしては、当然IoT事業を・・・やり たい! 5
  6. 6. ハンズラボのIoT事業? • 実際にどうやってプロダクト化、事業化してい く? • 業務アプリ屋、ウェブ屋が、どうやればIoTに 取り組めるか? 6
  7. 7. 現状での取り組み 7
  8. 8. 現状での取り組み • IoT部を作りました! 8
  9. 9. 現状での取り組み • IoT部を作りました! ※部活 9
  10. 10. 現状での取り組み • IoT部を作りました! ※部活 • まずはとにかく何か作ってみよう 10
  11. 11. どうやる? 11
  12. 12. どうやる? • Raspberry Pi、Intel Edison – ハンズラボの得意なLinuxが使える! 12
  13. 13. どうやる? • Raspberry Pi、Intel Edison – ハンズラボの得意なLinuxが使える! • センサー類 – Raspberry PiやEdisonで扱いやすいセンサーが手 軽に手に入るようになった! 13
  14. 14. どうやる? • Raspberry Pi、Intel Edison – ハンズラボの得意なLinuxが使える! • センサー類 – Raspberry PiやEdisonで扱いやすいセンサーが手 軽に手に入るようになった! これでIoTを実現できるか? 14
  15. 15. やってみよう 15
  16. 16. やってみよう • ドア鍵のIoT化 https://akerun.com/ 16
  17. 17. やってみよう • なるほど!・・・とはいえ3万6000円・・・ 17
  18. 18. やってみよう • なるほど!・・・とはいえ3万6000円・・・ • 「鍵のかけ忘れ」を外から確認できるだけでも いいんじゃないか? 18
  19. 19. やってみよう • なるほど!・・・とはいえ3万6000円・・・ • 「鍵のかけ忘れ」を外から確認できるだけでも いいんじゃないか? それならRaspberry Pi+センサーでできそう! 19
  20. 20. やってみた • ドア鍵センサー 20
  21. 21. やってみた • ドア鍵センサー – 距離センサーで鍵のサムター ンの向きを検知 21 OFF
  22. 22. やってみた • ドア鍵センサー – 距離センサーで鍵のサムター ンの向きを検知 – サムターンが縦の場合、セン サーが遮られるので距離が短 く検知される 22 ON
  23. 23. やってみた • ドア鍵センサー – 距離センサーで鍵のサムター ンの向きを検知 – サムターンが縦の場合、セン サーが遮られるので距離が短 く検知される – 距離を読み取り、Webサーバ で公開 23 ON
  24. 24. 課題 24
  25. 25. 課題 • Raspberry Piとセンサーを玄関近くに設置しな いといけない – 電源 – LAN 25
  26. 26. 課題 • Raspberry Piとセンサーを玄関近くに設置しな いといけない – 電源 – LAN • Raspberry Piがデジタル信号(ON/OFF)しか読 み取れない – 他のセンサーを接続できない 26
  27. 27. システム構成(改) 27 ON BT • センサーをArduinoで制御して、読みだした データをRaspberryPiにBluetoothで送信
  28. 28. 課題・・・ 28
  29. 29. 課題・・・ • デバイスが増える – Arduino、Bluetoothアダプタ – コストとサイズ 29
  30. 30. 課題・・・ • デバイスが増える – Arduino、Bluetoothアダプタ – コストとサイズ • 電池がすぐ切れる – センサーのとArduinoの消費電力 30
  31. 31. IoTプロダクトを作るためには? 31
  32. 32. IoTプロダクトを作るためには? • IoTデバイスの構成要素を理解する – 観測する「モノ」「場所」により、最適なシステム構 成を検討・選択する必要がある 32
  33. 33. IoTプロダクトを作るためには? • IoTデバイスの構成要素を理解する – 観測する「モノ」「場所」により、最適なシステム構 成を検討・選択する必要がある • デバイス化するための知識 – 観測するためには、各構成要素の選択肢を見極 める知識が必要 33
  34. 34. IoTの構成要素 34 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  35. 35. IoTの構成要素 35 5 センサー 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  36. 36. IoTの構成要素 36 4 5 プロセッサー センサー 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  37. 37. IoTの構成要素 37 3 4 5 プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  38. 38. IoTの構成要素 38 2 3 4 5 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  39. 39. IoTの構成要素 39 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  40. 40. IoTの構成要素 40 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段 参考:http://www.lifehacker.jp/2015/12/151218book_to_read.html
  41. 41. IoTの構成要素 41 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  42. 42. センサー • 利用できるセンサーはどんなものがある? 42
  43. 43. センサー • センサーの種類を知ることで、IoTプロダクト の発想が広がる 43
  44. 44. センサー • センサーの種類を知ることで、IoTプロダクト の発想が広がる • 組み合わせることで、単なる「センサーで情報 取ってネットに送る」だけから脱却する第一歩 が踏み出せる 44
  45. 45. センサー • センサーの種類を知ることで、IoTプロダクト の発想が広がる • 組み合わせることで、単なる「センサーで情報 取ってネットに送る」だけから脱却する第一歩 が踏み出せる 45 ON
  46. 46. センサー • センサーの種類を知ることで、IoTプロダクト の発想が広がる • 組み合わせることで、単なる「センサーで情報 取ってネットに送る」だけから脱却する第一歩 が踏み出せる 46 ON
  47. 47. センサー • センサーの種類を知ることで、IoTプロダクト の発想が広がる • 組み合わせることで、単なる「センサーで情報 取ってネットに送る」だけから脱却する第一歩 が踏み出せる 47 ON
  48. 48. センサー • センサーからのデータの読み取り 48
  49. 49. センサー • センサーからのデータの読み取り – 電気信号をそのまま読むパターン • ON/OFF • 電圧 49
  50. 50. センサー • センサーからのデータの読み取り – 電気信号をそのまま読むパターン • ON/OFF • 電圧 – 通信プロトコルを利用するパターン • SPI • I2C 50
  51. 51. センサー • センサーの制御 51
  52. 52. センサー • センサーの制御 – センサーも消費電力は意外と大きい 52
  53. 53. センサー • センサーの制御 – センサーも消費電力は意外と大きい – 必要なタイミングで電源ON、最小限の時間で データ読み取り、電源OFF 53
  54. 54. IoTの構成要素 54 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  55. 55. プロセッサー • Raspberry Pi、Intel Edison 等 • Arduino、mbed 等 • マイコン 55
  56. 56. プロセッサー • Raspberry Pi、Intel Edison など 56
  57. 57. プロセッサー • Raspberry Pi、Intel Edison など – Linuxが動くので、非組み込み系エンジニアが 取っ付き易く、柔軟性がある 57
  58. 58. プロセッサー • Raspberry Pi、Intel Edison など – Linuxが動くので、非組み込み系エンジニアが 取っ付き易く、柔軟性がある – 消費電力が大きく、電源の確保できる場所に設 置する必要がある 58 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/343137/101600003/
  59. 59. プロセッサー • Raspberry Pi、Intel Edison など – Linuxが動くので、非組み込み系エンジニアが 取っ付き易く、柔軟性がある – 消費電力が大きく、電源の確保できる場所に設 置する必要がある 59 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/343137/101600003/ I=1000(mW)/5(V)=200(mA)
  60. 60. プロセッサー • Arduino、mbed など 60
  61. 61. プロセッサー • Arduino、mbed など – マイコン+周辺機能を強化した基板 61
  62. 62. プロセッサー • Arduino、mbed など – マイコン+周辺機能を強化した基板 – マイコンを直接扱うよりも簡単(オンザフライ書き 込み等) 62
  63. 63. プロセッサー • Arduino、mbed など – マイコン+周辺機能を強化した基板 – マイコンを直接扱うよりも簡単(オンザフライ書き 込み等) – ネットワーク機能等、シールドで強化できる 63
  64. 64. プロセッサー • Arduino、mbed など – マイコン+周辺機能を強化した基板 – マイコンを直接扱うよりも簡単(オンザフライ書き 込み等) – ネットワーク機能等、シールドで強化できる – 基本的にC言語を書く必要がある 64
  65. 65. プロセッサー • Arduino、mbed など – 消費電力は比較的低い 65 http://hsh.s2jp.com/2011/10/arduino-power-consumption/
  66. 66. プロセッサー • マイコン単体(AVR、PIC等) 66
  67. 67. プロセッサー • マイコン単体(AVR、PIC等) – 消費電力は非常に小さい(μAオーダー) 67 http://hsh.s2jp.com/2011/10/arduino-power-consumption/
  68. 68. プロセッサー • マイコン単体(AVR、PIC等) – 消費電力は非常に小さい(μAオーダー) – 周辺機能を取捨選択し、実装する必要がある⇔ 小型化が可能 68
  69. 69. プロセッサー • マイコン単体(AVR、PIC等) – 消費電力は非常に小さい(μAオーダー) – 周辺機能を取捨選択し、実装する必要がある⇔ 小型化が可能 – プログラムの書き込みツールが必要(実装によ る) 69
  70. 70. IoTの構成要素 70 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  71. 71. ネットワーク・通信手段 • 読み取ったデータは、インターネットを利用し て送信 71
  72. 72. ネットワーク・通信手段 • 読み取ったデータは、インターネットを利用し て送信 • 設置する場所、電源の制約により、通信手段 を選択する必要がある – 有線LAN – Wi-Fi – 3G/4G – Bluetooth – Zigbee 72
  73. 73. ネットワーク・通信手段 • 「母艦」を用意することも検討する 73
  74. 74. IoTの構成要素 74 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  75. 75. コンピューティング・インフラ • デバイスからの情報を受け取る 75
  76. 76. コンピューティング・インフラ • デバイスからの情報を受け取る – 大量のデータを常時受けられるインフラが必要 (かもしれない) 76
  77. 77. コンピューティング・インフラ • デバイスからの情報を受け取る – 大量のデータを常時受けられるインフラが必要 (かもしれない) – 情報を後続で処理できるように整理し、保管する 77
  78. 78. コンピューティング・インフラ • デバイスからの情報を受け取る – 大量のデータを常時受けられるインフラが必要 (かもしれない) – 情報を後続で処理できるように整理し、保管する • クラウド – AWS(Amazon Kinesis) 78
  79. 79. IoTの構成要素 79 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  80. 80. 情報処理 • プロダクトのキモ 80
  81. 81. 情報処理 • プロダクトのキモ – コンテンツ 81
  82. 82. 情報処理 • プロダクトのキモ – コンテンツ – 収集した情報を利用して、どんな価値を、どう やって提供するか? 82
  83. 83. 情報処理 • プロダクトのキモ – コンテンツ – 収集した情報を利用して、どんな価値を、どう やって提供するか? • 分析、サジェスト 83
  84. 84. 情報処理 • プロダクトのキモ – コンテンツ – 収集した情報を利用して、どんな価値を、どう やって提供するか? • 分析、サジェスト – ビッグデータ – 機械学習 84
  85. 85. 分担 85 2 3 4 5 情報処理1 コンピューティング・インフラ プロセッサー センサー ネットワーク・通信手段
  86. 86. まとめ • IoTの構成要素を理解する – やりたいことをイメージできるようになる • デバイスの基礎知識を理解する – モノや場所による制約を知り、対策を考える • 便利なサービスやツールを活用する – 価値を出せる部分に力を入れる 86
  87. 87. ご清聴ありがとうございました 87Template Design by SmileTemplates.com

×