Successfully reported this slideshow.

本当にあった放射能の怖い話

2

Share

1 of 17
1 of 17

本当にあった放射能の怖い話

2

Share

Download to read offline

2014年9月12日、東京都大田区の放射性物質測定室からのUstream 中継「放射性物質測定室から生中継!8時だョ!ユースト集合!」にて喋った内容です。私は放射線科学史の専門家ではなく、一般的に入手可能なソース (Wikipedia, ICRP publications ほか) から調べた内容をまとめたものです。

2014年9月12日、東京都大田区の放射性物質測定室からのUstream 中継「放射性物質測定室から生中継!8時だョ!ユースト集合!」にて喋った内容です。私は放射線科学史の専門家ではなく、一般的に入手可能なソース (Wikipedia, ICRP publications ほか) から調べた内容をまとめたものです。

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

本当にあった放射能の怖い話

  1. 1. 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 慶應義塾大学SFC 研究所上席所員(訪問) 斉藤賢爾(ベクレブルー) ks91@sfc.wide.ad.jp 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.1/17
  2. 2. 割と極端な例による 4部構成でお送りします 1. 黎明期 2. ラジウムガールズ 3. 数々の放射線事故 4. 放射性暗殺用薬物 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.2/17
  3. 3. 1. 黎明期 レントゲン、ベクレル、キュリーの死因は? 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.3/17
  4. 4. 放射能発見の歴史 1895 年 レントゲンがX 線を発見 1896 年 ベクレルがウラン起源の放射線を発見 1898 年 キュリーが放射線の原因が原子そのものにある ことを特定 「放射能」と命名 ポロニウムとラジウムを発見 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.4/17
  5. 5. ヴィルヘルム・レントゲンの死因 癌のため1923 年逝去(77 歳) 放射能の影響とは考えられて いない 鉛による防護の先駆者 だった 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.5/17
  6. 6. アンリ・ベクレルの死因 1908 年に急死(55 歳) 放射線障害が原因か 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.6/17
  7. 7. マリ・キュリーの死因 1934 年に再生不良性貧血で 逝去(66 歳) 1890 年以降の直筆の論文等は 取り扱い注意 放射能のため 夫は事故死 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.7/17
  8. 8. 2. ラジウムガールズ 職業病の訴訟 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.8/17
  9. 9. ラジウムガールズ(1920年代) ラジウム入りの夜光塗料を軍用 腕時計に用いたUS ラジウム社 時計の文字盤と針に塗料を塗 る4,000 人の女性労働者たち 安全だと言われた 筆先をなめて揃える 爪や歯や肌に塗って遊ぶ 多くが顎の壊死、骨癌、骨折、 貧血などの症状を訴える US ラジウム社は隠蔽に走る 5 人が訴訟をおこし「ラジウム ガールズ」と呼ばれる 労働安全訴訟上の判例に 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.9/17
  10. 10. 3. 数々の放射線事故 人間だもの 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.10/17
  11. 11. 日本における放射線事故 放射線障害防止法の事故事例から ベクレイエロー、お願いします! 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.11/17
  12. 12. パロマレス事故 1966 年1 月17 日に発生 スペイン南東部のパロマレス上空で2 機の米軍機 (B-52 爆撃機とKC-135 空中給油機) が衝突 熱核兵器(水爆) 4 発が地上に落下 2 発は損傷なく回収 2 発はパラシュート開かず、起爆用爆薬が爆発しプルトニウム が拡散 2.26km2 の地域を汚染 徹底的な除染と無期限の監視、健康調査 土壌利用基準(2007 年承認) 残留線量1mSv/年未満! 無制限の土壌利用 残留線量1mSv/年程度! 一部制限と追加調査 残留線量5mSv/年超え! 土壌利用の完全禁止 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.12/17
  13. 13. ゴイアニア事故 1987 年9 月13 日 ブラジルのゴイアニアの廃院に侵入した2 名が遠隔治 療装置を発見 推定50.9TBq の137Cs 放射線源を溶解性粉末として収納 2 名は線源収納部を家に持ち帰り分解を試みる 数時間のうちに嘔吐し、翌日は下痢、めまい、手の腫れ 売却先の廃棄物回収業者が装置を切断、線源が広く 拡散 数カ所の地区と129 名が著しく汚染される 4 名(6 歳、18 歳、22 歳、37 歳) が死亡、 線源収納部を持ち出した侵入者の1 名が前腕を切断 70 年の平均で1mSv/年とするための処置 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.13/17
  14. 14. 4. 放射性暗殺用薬物 本当にあった放射能の怖い話 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.14/17
  15. 15. 放射性暗殺用薬物とは? 放射性物質により人間を死なせることは可能 ただし暗殺者自身にとっても危険 まさに諸刃の剣 線しか出さない放射性物質なら? 内服しないかぎり安全に取り扱える 検出もされにくい ! 暗殺用に最適 ! 放射性暗殺用薬物 例: ポロニウム210 (致死量: 十 数百ng) 人工的に多量に作るには大規模設備が必要 ! 政府の関与 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.15/17
  16. 16. A.リトビネンコの不審死事件 元ソ連国家保安委員会(KGB)、ロシア連邦保安庁 (FSB) の職員 対組織犯罪の専門家 イギリスに亡命しロシアに対する反体制活動家に 2006 年、中毒死(44 歳) 11 月1 日、ロンドンのピカデリーサーカス周辺の寿司屋で 会食後、体調が悪化、病院に収容 11 月23 日、集中治療室に収容されていたが死亡 体内から大量のポロニウム210 を検出 イギリス側は殺害されたとの見方を固めている ロシア連邦警護庁のアンドレイ・ルゴボイを殺人罪で告発 ロシア側が否定している 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.16/17
  17. 17. まとめ 人間は過ちを犯す 無知だったり、失敗したり、悪いことを考える だから完璧な防御はありえない 放射能に対し、完璧に防御できることを 前提にしてはならない ) センシングは大切 危険を避けるための自然な行動が呼び起こされる 本当にあった放射能の怖い話 Discovered by Madame Curie 2014-09-12 – p.17/17

×