Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ダイヤモンドメディア サバイバルジャーニーガイド

5,177 views

Published on

ダイヤモンドメディア サバイバルジャーニーガイドは、ダイヤモンドメディアの新メンバーのための内部資料です。

【プロローグ】
ダイヤモンドメディアで楽しく生産的に働くためには、私達が目指す自然の摂理に則った労働環境を理解する事が必要になります。この労働環境は、ダイヤモンドメディアやダイヤモンドメディアで働く人があなたに強いるものではありません。自然界に存在する法則そのものです。この自然の摂理を理解しそれに適応する事で、結果として誰もが楽しく生産的に働く事が出来るようになる事をダイヤモンドメディアは目指します。
このガイドは、新たなダイヤモンドメディアメンバーが迷いや不安に直面した時に、多少の道標や心の拠り所になる事を目的として作成されました。
地に足を着け、自らの人生を自らの足で歩いてゆく事をディープグラウンディングと言います。社内において自分が最も貢献出来る領域を、仲間との相談を重ねながら模索するプロセスの事を、ここではサバイバルジャーニーと呼びます。そしてサバイバルジャーニーを健全に体験するためのガイドラインが、この「サバイバルジャーニーガイド」です。
サバイバルジャーニーは自然の法則そのものですので、時に楽しく時に厳しく、 その時々で姿を変えるでしょう。しかし、良い面も悪い面も含めた全てがあなたの人生であり、サバイバルジャーニーはそんな人生の縮図とも言えます。そのプロセスにおいて重要な事は、サバイバルジャーニーを通じて、あなたがあなたらしく輝く術を見つけ、自らの人生を自らの足で歩む事です。あなたの旅路が光り輝くことを心から祈っています。

Published in: Education
  • DOWNLOAD FULL MOVIE, INTO AVAILABLE FORMAT ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ,DOWNLOAD FULL. MOVIE 4K,FHD,HD,480P here { https://tinyurl.com/yybdfxwh }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

ダイヤモンドメディア サバイバルジャーニーガイド

  1. 1. サバイバル ジャーニーガイド ダイヤモンドメディア株式会社
  2. 2. プロローグ ダイヤモンドメディアで楽しく生産的に働くためには、私達が目指す自然の摂理に則った労働環境を理解する事 が必要になります。この労働環境は、ダイヤモンドメディアやダイヤモンドメディアで働く人があなたに強いる ものではありません。自然界に存在する法則そのものです。この自然の摂理を理解しそれに適応する事で、結果 として誰もが楽しく生産的に働く事が出来るようになる事をダイヤモンドメディアは目指します。 このガイドは、新たなダイヤモンドメディアメンバーが迷いや不安に直面した時に、多少の道標や心の拠り所に なる事を目的として作成されました。 地に足を着け、自らの人生を自らの足で歩いてゆく事をディープグラウンディングと言います。社内において自 分が最も貢献出来る領域を、仲間との相談を重ねながら模索するプロセスの事を、ここではサバイバルジャー ニーと呼びます。そしてサバイバルジャーニーを健全に体験するためのガイドラインが、この「サバイバル ジャーニーガイド」です。 サバイバルジャーニーは自然の法則そのものですので、時に楽しく時に厳しく、 その時々で姿を変えるでしょう。 しかし、良い面も悪い面も含めた全てがあなたの人生であり、サバイバルジャーニーはそんな人生の縮図とも言 えます。そのプロセスにおいて重要な事は、サバイバルジャーニーを通じて、あなたがあなたらしく輝く術を見 つけ、自らの人生を自らの足で歩む事です。あなたの旅路が光り輝くことを心から祈っています。
  3. 3. ダイヤモンドメディアのホラクラシーについて 持続的かつ健全に発展・成長する組織のあり方を追 求し続けた結果、ダイヤモンドメディアが見出した のが「ホラクラシー経営」です。 これは従来のHierarchy(ヒエラルキー)を包括する組 織の概念で、組織を細かく分け、それぞれ最適なと ころで意思決定と実行を行ってゆく、自走的な組織 運営のあり方です。例えば森林では、多様な生物が それぞれのライフサイクルを繰り返す中で相互作用 を生み出し「森」という一つの大きな生態系を創り 出しています。 誰かが無理をしたり、どこかに過剰な 負荷をかけた りするのではなく、メンバー一人ひとりが自然な形 で組織に コミットし、個人のバリューを最大限発揮 することによって組織を発展させていくことがホラ クラシー経営の目的です。 ※アメリカのホラクラシーとの違い ブライアン・ロバートソン氏が生み出し アメリカで実践されているホラクラシー は、 基本的にはチームや会議の運営メ ソッドになります(当社による解釈)。ダ イヤモンドメディアの実践しているホラ クラシーはそれを発展させた、より生物 的な組織デザインになっています。 当 社のホラクラシーは大きくは「情報の透 明性」「権力の消失」「給与相場システ ムの確立」という 3 点でアメリカのホラ クラシーと異なります。 さぁ、それでは早速、次のページからサ バイバルジャーニーガイドを読み進めて いきましょう!
  4. 4. Survival Journey Guide INDEX • プロローグ • ダイヤモンドメディアのホラクラシーについて 1. 情報の透明性を何よりも重視します 2. 組織図はありません 3. 休日、働く場所・時間。全て自分で決めてください 4. 何にどれだけ時間を使ったか共有しましょう 5. 仕事を与えてくれる上司はいません 6. 代表者・役員は選挙で決めます 7. 雑談を大切に(ディスカッションとリフレクション) 8. オフィスはみんなで作ります 9. 個人の給与は「お金の使い道の一つ」にすぎない 10. その経費はどれだけの価値を生みましたか? 11. 超えろ! 30 万円の壁 12. 手当は手厚め、賞与は業績に連動「しません」。 • おわりに:チュートリアル
  5. 5. 1. 情報の透明性を何よりも重視します ダイヤモンドメディアの目指す組織づくりを実 現させるために、大前提として必要なのは情報 の透明性です。社内の定量的データと定性的 データを可能な限りデータベース化し可視化さ せます。 情報の透明性は組織の健全性そのものです。 健全で公平な状況を作る事で、全員が働きやす い環境 を整えましょう。情報を可視化する事が 難しい場合でも、情報へのアクセス権限(アクセ シビリティ)を担保する事で公平性を保つ事は出 来ます。 定量的データは「結果」「プロセス」「レイ バー(労働時間)」の3階層で管理する事で、会 社全体が情報でつながり一体化します。
  6. 6. 2. 組織図はありません ビジネスモデルを最適に回す「設計図」は存在 しますが、人事的な組織図はありません。 各人がチームや会社が必要とするものを嗅ぎ取 り、出来る限り貢献するだけです。部署を跨い で仕事をしたり個別のプロジェクトに参加した りマネジメントと現場を兼業したり、自分の能 力を自由に最大限発揮しやすい環境を、ダイヤ モンドメディアは提供します。 社内で能力を消化しきれない場合は社外で発揮 する事も出来ます(副業・起業は自由です)。人事 的な組織図が無いのでリーダーや責任者的な役 割を果たす人はチーム内からの自然発生に任せ ます。
  7. 7. 3. 休日、働く場所・時間。自分で決めてください 働く時間、場所、休み、全ては個人 に委ねられています。 お客様やチームメンバーに相談の上、 迷惑や負担をかけなければ、働き方 に制約は無いと考えています。 ダイヤモンドメディアでは給与が労 働時間や作業内容に紐付いておらず、 その人の生み出した価値に対して対 価が払われます。そのため働く場所 も時間も休みも、各々が自由に設計 する事が出来ます。
  8. 8. 4. 何にどれだけ時間を使ったか共有しましょう 労働時間を可視化します。会議の時間や移動 時間、どの顧客のどの業務にどれくらい時間 を割いたかを可視化すると、個人だけでなく チームや会社全体の時間の使い方をマネジメ ントする事が出来るようになります。 受託開発、商品開発の時間は、期末に仕掛り 計上するために使用します。 労働時間と給与は連動していないので、レイ バー分析は純粋にタイムマネジメントのため に使われます。長く働いても給与は増えませ ん。
  9. 9. 5. 仕事を与えてくれる上司はいません ダイヤモンドメディアには上司はいません。 部下もいません。 仕事はこなすだけの作業ではありません。 会社やチーム、仲間や顧客のために何が出 来るのかを自ら感じ取り、上手に役割分担 をしていく必要があります。 とにかく仲間と沢山コミュニケーションを とって、自らの貢献スタイルを発見しま しょう。
  10. 10. 6. 代表・役員は選挙で決めます 100%フェアな組織運営を目指すダイヤモンドメ ディアには、本来は役割としての代表や役員は 必要が無いと思っています。 なぜなら私達が目指す組織においては責任の所 在や意思決定が組織全体に分散しているので、 現法の定義する取締役会の役割が必要無いため です。 しかし現法では株式会社には 1 人以上の取締役 が必要とされています。 そこで最も相性の良い役員の決め方を考えた結 果、弊社では 1 年ごとに選挙をし、流動性を保 たせる事になりました。
  11. 11. 7. 雑談を大切に(ブレストの文化) 雑談には本音が出ます。 そしてダイヤモンドメディアには稟議も決済権も 無いのでその場で意思決定をする事が出来ます。 雑談が最も効率の良い組織コミュニケーションで ある事を私達は知っています。これは肩書や組織 図や人事部の無い組織を維持させるために必要不 可欠です。 会社やチームの中で、自分の能力を最大限活用出 来るポジションを見つけるためには、 仲間とのコ ニュニケーション(雑談やブレスト)が最も効果 的です。個人の能力が高くても、組織に必要とさ れなければ意味が ありません。そのミスマッチを 無くすためにチームと常に相談をしましょう。
  12. 12. 8. オフィスはみんなで作ります オフィスは会社の象徴であり、みんなの 共有財産です。 オフィスデザインなど、専門的な知識を 必要な場合ももちろんありますが、基本 的に全員にオフィスを作る権利がありま す。 全員の共有財産を積極的に守り、メンテ ナンスをするために、掃除や整理整頓を 心がけましょう。 ダイヤモンドメディアでは定例で週次 で 掃除、3 ヶ月に 1 度の中掃除(断捨離)、年 末の大掃除を実施しています。
  13. 13. 9. 個人の給与は「お金の使 い道の一つ」にすぎない 給与は会社にとってはお金の使い道の一つでしかありま せん。個人の給与額は、そもそも会社全体の事を考えな ければ決める事が出来ません。 また重要なのは給与額が多いかどうかではありません。 「適正」である事 が重要だと考えます。 上司のいないダイヤモンドメディアでは「相場」に よっ て給与を決めます。半年に 1 度「お金の使い方会議」を 実施する事で 社内の給与相場を整えます。 ※「お金の使い方会議」3 つのガイドライン 1. 客観的、定量的、データ、事実を明らかにする ・市場価値、マーケットバリュー ・個人、チームの成果 ・会社の業績 2. 共有資産への貢献を見る ・チーム、仲間への貢献 ・ビジネスモデルへの貢献 ・会社の仕組みへの貢献 3. 相場を崩すモノを考慮してはいけない ・将来への期待値 ・自己評価 ・一定期間での成果 ・業務内容の変化
  14. 14. 10. その経費はどれだけの価値を生みまし たか? 経費に対する考え方として会社として重要な 事は「価値のあるお金の使 い方」であると 考えています。価値のあるお金を沢山使い、 価値のないお金を使わない事を全社として実 現するために、経費や新しいサービスの利 用、備品の購入などは全て個人の裁量に委 ねています。 同時に、無駄な経費を生まないために、会計 や経費の内訳など全ての情報を公開する事 で自浄作用が働くような環境を整えてい ます。 経費の情報が公開されると全てに説明責任 が発生するので、経費を使う時に頭を働 かせるようになる、という効果もあります。
  15. 15. 11. 超えろ! 30 万円の壁 ダイヤモンドメディアでは長い間、給 与査定のための会議を繰り返してきた 結果、基本給+実力給の合計が30万円 を超えると、社内でも世の中でも一人 前とみなされるであろうと考えるに至 りました。 ダイヤモンドメディアでは社内相場・ マーケット相場で給与を決めるので、 この「30万円の壁」を超えると世の中 でも通用すると言っても過言ではあり ません。 また、新メンバーがダイヤモンドメ ディアに合わなかった場合のために、 1ヶ月分の退職金を転職支援金として 支給する「ミスマッチ制度」などを整 えております。
  16. 16. 12. 手当は手厚め、賞与は業績に連動 「しません」。 基本給と実力給以外に、勤続手当、年齢手当、住居 手当、通勤手当、子 供手当、慶弔手当があります。 給与を決める場は半年に 1 度(5 月・11 月) の「お金 の使い方会議」で、相場で動かす給与は実力給のみ になります。 賞与は半年に 1 度(6 月・12 月)支給されますが、賞 与のための査定はありません。 基本給と実力給の合計月給の 0.5 ヶ月分がそれぞれ 支払われます。 ダイヤモンドメディアにはインセンティブも業績連 動給もありません。 仕事とお金を直接的に結び付け ないので、お金のために仕事をしない環境を作って います。手当などの制度に実態との歪みが出た場合 には、その都度改善を加える場合もあります。
  17. 17. おわりに サバイバルジャーニーガイドをここまで読んだあなたは、もうダイヤモンドメ ディアを生き抜くための知識を身に着けました。 ここからは実際の体験を通じて、具体的な働き方を体感していってください。 次のページで提供するチュートリアルでは、既存メンバーとの関わりを通じて自 らのポジションを見つけていく手助けをします。 Step1から順に実行していきましょう。Step1・2のチュートリアルは、既存メン バーからのサインを3人分集める事で達成となります。 ダイヤモンドメディア一同、あなたとこれから一緒に働けることを心から楽しみ にしています!
  18. 18. Tutorial Step1 • まずチームメンバーがそれぞれ何をやっているかを、 雑談を通じて理解しましょう • 実施日: 年 月 日 Step2 • 自分が何を用いてチーム・会社に貢献出来るか、 チームメンバーと相談しましょう • 実施日: 年 月 日 Step3 • オフィス改良プロジェクトを1つ立ち上げて実行しましょう • 実施日: 年 月 日 Step4 • 納会運営チームに入り運営を手伝いましょう • 実施日: 年 月 日 Step5 • 納会プロジェクトにまず1つ参加してみましょう • 実施日: 年 月 日 サイン サイン サイン サイン サイン サイン

×