Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Otrsによるシステム運用管理の導入事例

12,198 views

Published on

2015/01/19開催のOSS運用勉強会で使用した資料です。OTRSとZabbixの連携について、実装ポイントなどを紹介しています。

Published in: Software
  • Be the first to comment

Otrsによるシステム運用管理の導入事例

  1. 1. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     2015年1月19日 第7回 OSS運用管理勉強会 OTRSによるシステム運用管理の導入事例  OTRS正規パートナー 株式会社アイオーアーキテクト www.io-architect.com
  2. 2. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Agenda ・OTRSの機能について ・業務プロセスの実装について ・外部ツールとの連携について ・導入実績について ・デモンストレーション
  3. 3. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     About us 会社名 株式会社アイオーアーキテクト 所在地 千葉県浦安市北栄1-1-12 KY・ BLD4F(東西線浦安駅徒歩3分) 設立年月日 2012年12月20日 資本金 1,000万円 代表取締役 櫻井耕造 主要事業 OSS(OTRS)の導入、開発 OTRS保守サポート 運用支援 加盟 OTRSパートナー LPI-JAPANパートナー OSS運用管理勉強会
  4. 4. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     What’s OTRS? ①ITIL運用に準拠した運用管理ソフトウェア    - システム運用管理に利用可 ②ヘルプデスク業務ソフトウェア    - PBXと連携すればコールセンターで利用可
  5. 5. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Licence ・ライセンス    - AGPLv3(Affero General Public License Version 3)    - オープンソース版、エンタープライズ版の区分けはない    - 有償アドオン機能      - 弊社が販売代理店として、提供可能      - 年間サブスクリプション契約    - 220万ダウンロードの実績 ・開発元    - OTRS AG(ドイツ)で開発    - 2001年からソフトウェアを開発
  6. 6. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     OTRS Pertner http://www.otrs.com/homepage/company/partners/find-a-partner-2/   
  7. 7. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     ITIL v3 compluant サービス   戦略 財務管理 投資利益率 サービスポート   フォリオ管理 需要管理 サービス   設計 サービス・カタログ   管理 サービスレベル管理 キャパシティ管理 可用性管理 ITサービス   継続性管理 情報セキュリティ管 理 サプライヤ管理 サービス   移行 移行の計画立案   およびサポート リリース管理   および展開管理 サービス資産管理   および構成管理 変更管理 サービスの妥当性   確認およびテスト 評価 ナレッジ管理 サービス   運用 イベント管理 インシデント管理 要求実現 問題管理 アクセス管理 継続的   サービス   改善 7ステップの   改善プロセス サービス報告 サービス測定 CSI(継続的サービス 改善)の投資利益率 CSIに関する   事業上の質問 サービスレベル管理 ツールの対応範囲
  8. 8. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Incident <イベント管理、インシデント管理、要求実現、問題管理>  ・チケットの管理項目をカスタマイズ  ・入力必須、入力チェック  ・チケットの更新履歴管理  ・チケットのロック  ・チケットのキューをエスカレーション  ・カレンダー、営業時間の設定  ・新規メールチケットの自動返信  ・返信テンプレート  ・チケットの統合、分割  ・チケット間、FAQ記事、CI、変更依頼書などとリンク  ・SLAの定義  ・ステータス遷移の定義  ・優先度の定義  ・複数の管理画面の作成  ・チケットを検索  ・チケット・アーカイブ  ・業務プロセスを作成 対応履歴表示
  9. 9. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     FAQ <ナレッジ管理> ・3つのインターフェース(担当者、顧客、一般)からナレッジを参照可能
 ・文書の公開範囲を定義
 ・管理者による承認で文書の公開(ワークフロー) ・FAQの管理項目をカスタマイズ ・チケットとCI、変更依頼書とリンク
  10. 10. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Configiration Item <構成管理> ・構成アイテム(CI)の管理項目をカスタマイズ可能 ・CI単位で公開範囲を定義 ・チケットとCI、変更依頼書とリンク
  11. 11. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Statistics ①面積図グラフ ②円グラフ
 ③印刷
 ④散布図
 ⑤棒グラフ ⑥横棒グラフ
 ⑦点線グラフ
 ⑧線グラフ <統計> ・チケット一覧、チケット件数修正などをCSV、PDF、Excelで出力  (ExcelはOTRS4からの機能) ・以下のようなグラフ出力が可能
  12. 12. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     <ビジネス・プロセス管理> ・業務プロセスを以下のように定義し、運用に必要な業務を管理 ・ステータス遷移を自由にカスタマイズ可 ・業務プロセスを自由にカスタマイズ可 ・入力項目(管理項目)を自由にカスタマイズ可 Business Process Management
  13. 13. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     OTRS Integration with other tools 連携の種類 ①他のツールからOTRSへインプット ②OTRSから他のツールへアウトプット OTRS 他のツール ① ②
  14. 14. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Automatically create an incident ticket 他のツールからOTRSへの実装方式 ①メール連携 ②SOAP/REST連携 OTRS 他のツール メールサーバ fetchmail メール送信 OTRS 他のツール SOAP/REST API イベント   発生 イベント   発生
  15. 15. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Operator less 監視アラートによって、エスカレーション先は決まることが多い  ・ネットワーク関連の障害は、ネットワーク担当へエスカレーション  ・データベース関連の障害は、データベース担当へエスカレーション  ・アプリケーションの障害は、ベンダーAへエスカレーション   など.... 自動的にディスパッチして、OTRSにインシデントを起票
  16. 16. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Zabbix to OTRS 情報 警告 軽度 アプリ保守担当 分 類 1 Zabbixサーバ OTRS API ベンダーA ベンダーB NW保守担当 DB保守担当 1次運用担当者 重要 致命的 ディスパッチする 自動化をOTRS APIで実装 ZABBIX 2.2 障害検知 OTRSサーバ <深刻度> 連携なし 連携なし 連携あり ステータスを「完了」 分 類 2 <担当部門> ステータスを「新規」 ステータスを「新規」 アイオーアーキテクト
  17. 17. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Zabbix to OTRS - Sevirity: 4 OTRSSevirity: 4 重度 Priority: 4 高 Status: 新規 Create: 1 - Sevirity: 3 OTRSSevirity: 3 軽度 Priority: 3 中 Status: 完了 Create: 1 - Sevirity: 2 OTRSSevirity: 2 警告 Priority: 2 低 Status: "" Create: 0 <Zabbixの深刻度により分類した例> チケットのステータスを以下のように設定 ・新規起票 ・完了チケット作成 ・連携なし - Match: 運用担当* Queue: 01 運用 Customer: operator - Match: DB担当* Queue: 02 データベース保守 Customer: database - Match: NW担当* Queue: 03 ネットワーク保守 Customer: netowork <Zabbixのトリガー名の文字列から  分類した例> ・運用部門 ・データベース部門 ・ネットワーク部門
  18. 18. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Zabbix to OTRS Zabbix連携での実装ポイントとは... ①アラートによりディスパッチする方針を検討   - ディスパッチする切り分け基準をプログラム化 ②連携するデータを検討    - どのマクロのデータを連携するのか     例) {HOSTNAME} ・・・イベント発生したサーバ        {EVENT.DATE} ・・・イベント検知日        {EVENT.TIME} ・・・イベント検知時間        {TRIGGER.NAME} ・・・アラート名        {TRIGGER.NSEVERITY}  ・・・深刻度
  19. 19. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     OCS Inventory NG to OTRS <OTRSの構成アイテムの情報を自動インポートした例> 管理サーバ群 サーバのリポジトリ 情報を自動取得 OTRSサーバ OTRSへ自動連携
  20. 20. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     OCS Inventory NG to OTRS 該当のCIと関連するCIをリンク表示 (グラフ表示は出来ない) 該当のCIと関連するチケットをリンク表示 <OTRSの構成アイテムの間の自動リンク例>
  21. 21. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Other tools to OTRS OTRSから他のツールへの実装方式 ①メール連携 ②SOAP/REST連携 OTRS 他のツール メールサーバ fetchmai メール送信 OTRS 他のツール 連携ツールのAPIを実行   SOAP/REST/JMX(何でもOK) API イベント   発生 イベント   発生
  22. 22. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     OTRSから他のツールへの連携ポイントとは... ①起動トリガーを検討   - 時刻起動   - イベント起動 ②連携するデータを検討   - どのチケットのデータを連携するのか Other tools to OTRS
  23. 23. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Case Study OTRS AGでは、欧米などで数多くの導入実績があります。 弊社では日本国内の導入実績が多数があります。
  24. 24. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     Demonstration
  25. 25. Copyright  @  2015  IO  Architect  Inc.     ご清聴ありがとうございました。 Finally

×