Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Pathway解析のためのSPARQL wrapper packageの作成

1,053 views

Published on

第5回Linked Open Dataハッカソン関西

Published in: Data & Analytics

Pathway解析のためのSPARQL wrapper packageの作成

  1. 1. Pathway解析のためのSPARQL wrapper packageの作成 第5回Linked Open Dataハッカソン関西 西田孝三(@kozo2)
  2. 2. Pathwayとは • 代謝反応network • タンパク間相互作用network • 遺伝子間の制御情報network • Biologistにとってのmapはこのpathway map • Pathway databaseのRDF endpoint – http://www.genome.jp/sparql/reactionontology/ – http://sparql.wikipathways.org
  3. 3. linked open dataを用いたinnovationに 必要なもの • RDF endpoint – 発展途上ではあるができつつある – 追加、統合は容易 • Killer application – Text mining – 実験dataをinputとして散在するpathwayのlinked open dataを統合、参照し実験者が知りたい情報 に応じたoutputを生成(可視化)
  4. 4. 実験 Excel Linked open dataと統合 Query
  5. 5. 具体的に行うべきこと • data統合、query、可視化のためのpipelineの 作成 • 全てを一気通貫で行うSPARQLは書けない • Pipelineのpartsとなるmoduleが必要 • これらのmoduleを(SPARQLをwrapする形で)作 り公開し、継続して洗練していく • Pipelineもmoduleの様々な組み合わせを公開 し洗練していく
  6. 6. Hackathonで行ったこと • PIERO reaction ontology (http://reactionontology.org/) のexampleの wrap – https://github.com/kozo2/PIEROutil • 頻出SPARQL queryをR言語でwrap – hoge <- getReactSameTrans("kegg:R02110") – 反応ID R02110と同じTransformationを持つ Reactionの取得
  7. 7. 今後 • PIEROutilの洗練、CRANなどへのsubmit、 Python版の作成 • PIEROutilを用いたpipelineのRPubs(もしくは nbviewer)への公開 • Pipelineのweb application化

×