Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
慶應義塾大学 教育学特殊 XIV  文献一覧
欧文文献
PDF のあるもの
• Bascia & Faubert (2012)
• De Paola, Ponzo, & Scoppa (2013)
• Englehart (2011)
• Fa...
• Cheng (2012)
• Chingos (2012)
• Chingos (2013)
• Cho, Glewwe, & Whitler (2012)
• Clanet & Johnson (2010)
• Conley (2013)...
• 藤井・水野・山崎 (2006b)
• 藤井 (2007)
• 藤井 (2011)
• 藤井 (2006a)
• 萩生田 (2009)
• 韓 (2011)
• 橋野 (2011)
• 畑 (1980)
• 平田 (2002)
• 北條 (2...
• 三島 (2001)
• 三輪 (2005)
• 三宅 (1997)
• 宮前・馬場園・大久保 (2008)
• 溝端・大坪 (2011)
• 水野・藤井・山崎 (2009)
• 水野・藤井・田中 (2005)
• 水野 (2008)
• 水...
• 佐藤 (1980)
• 佐藤 (1981)
• 佐藤 (1979)
• 佐藤・宇土 (1978)
• 佐藤 (1964)
• 佐藤 (1982)
• 関口・河野 (2007)
• 妹尾・篠崎・北條 (2013)
• 清水・高浦・山田・三宅 ...
• 山崎 (2012)
• 山崎・世羅・伴 (2001a)
• 山崎・世羅・伴 (2002)
• 榊原・大和 (2000)
• 八尾坂 (1998)
• 八尾坂 (1999c)
• 八尾坂 (1999a)
• 八尾坂 (1999b)
• 横田・...
引用文献
赤林英夫・中村亮介 (2011).1. 学級規模縮小が学力に与えた効果の分析:横浜市公開デー
タにもとづく実証分析 (VI-6 部会【一般部会】教育政策と学力, 研究発表 VI, 一般研究
報告) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, ...
Cheng, D. A. (2011). Effects of class size on alternative educational outcomes across
disciplines. Economics of Education R...
藤井泰 (2001).イギリスにおける学級規模に関する政策と実態:労働党政府の 30 人学級
政策をめぐって 松山大学論集, 13, 3,61–80.
藤井宣彰 (2006a).学校・学級規模が児童生徒の学校生活に与える影響 広島大学大学院
教...
平田晴路 (2002).学級規模に関する技術科教師と中学生の意識 日本産業技術教育学会
誌, 44, 2,25–32.
北條雅一 (2011).学力の経済分析:国内実証研究の展望 国際公共政策研究, 16, 1,
163–179.
保坂亨 (2...
ついて:利用頻度と学級規模・密度・家具配置・コントロールの関連の分析 (学習空間
等 (1), 建築計画 I) 学術講演梗概集. E-1 建築計画 I 各種建物・地域施設 設計方法 構
法計画 人間工学 計画基礎, 2005,113–114.
...
倉斗綾子・宗方淳・橋本都子・佐藤将之・丹沢広行・上野淳 (2007).教師の教室環境評価
からみた適正学級規模に関する考察:全国学校・教師アンケート調査から 日本建築学
会計画系論文集, 614,73–79.
李東林・蒋莉・山崎博敏 (2006...
森省造・高橋敏憲 (2007).不登校の要因についての研究:不登校と集団規模の関係の考察
北海道教育大学教育実践総合センター紀要, 8,205–211.
六車浩・葛西真記子 (2005).教師の指導行動・態度と児童の教師認知・スクールモラール
...
の学力との関連を中心に 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部 教育人間科学関連
領域, 50,215–224.
沖原豊・吉田正晴・馬越徹・二宮皓・上原崇・石井均・井上講四・川地洋一・藤井泰・石
田美清・田中まゆみ・平田利文・町田一美・矢田貞...
る学級規模について 日本体育学会大会号, 32,479.
佐藤勝弘 (1982).体育の授業分析に関する研究:とくに学級規模による比較 新潟大学
教育学部紀要人文・社会科学編, 24, 1,p197–203.
佐藤静一 (1999).学校・学級...
田花為雄 (1960).教師苦悩と学級規模 甲南大学文学会論集, 12,49–61.
田花為雄 (1962).学級規模研究の課題的意義 大阪大学文学部紀要, 7,????.
Thijs, J., Verkuyten, M., & Helmond...
Wilde, E. T., Finn, J., Johnson, G., & Muennig, P. (2011). The effect of class size in
grades k-3 on adult earnings, employ...
山崎博敏 (2012).小中高校の PT 比 (教員一人あたり児童生徒数) の要因分解:戦後にお
ける学校・学級規模との関連の動態 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部 教育人
間科学関連領域, 61,21–26.
八尾坂修 (1998)....
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

150428 慶応の学生に読ませようと作ったビブリオ あまりにも多すぎるので精選します

150428 慶応の学生に読ませようと作ったビブリオ あまりにも多すぎるので精選します

  • Login to see the comments

150428 慶応の学生に読ませようと作ったビブリオ あまりにも多すぎるので精選します

  1. 1. 慶應義塾大学 教育学特殊 XIV  文献一覧 欧文文献 PDF のあるもの • Bascia & Faubert (2012) • De Paola, Ponzo, & Scoppa (2013) • Englehart (2011) • Fan (2012) • Flessa (2012) • Folmer-Annevelink, Doolaard, Mascare 単 o, & Bosker (2010) • Gra (2009) • Gross (2010) • Jakobsson, Persson, & Svensson (2013) • Jepsen & Rivkin (2009) • Mascall & Leung (2012) • Shin & Chung (2009) • Thijs, Verkuyten, & Helmond (2010) • Tienken & Achilles (2009) • Tilley (2014) • Weili & Lehrer (2011) PDF のないもの • Altinok & Kingdon (2012) • Barrett & Toma (2013) • Bedard & Kuhn (2008) • Blatchford, Bassett, & Brown (2011) • Bosworth (2014) • Breton (2014) • Bruhwiler & Blatchford (2011) • Ceci & Konstantopoulos (2009) • Cheng (2011) 1
  2. 2. • Cheng (2012) • Chingos (2012) • Chingos (2013) • Cho, Glewwe, & Whitler (2012) • Clanet & Johnson (2010) • Conley (2013) • Dee & West (2011) • Galton & Pell (2012) • Galton & Pell (2012) • Harfitt (2012) • Harfitt (2012) • Harfitt (2012) • Harfitt (2013) • Harfitt (2013) • Harfitt (2014) • Ibrahim (2011) • Januszka & Dixon-Krauss (2008) • Jarman & Boyland (2011) • Konstantopoulos & Traynor (2014) • Krassel & Heinesen (2014) • Phelps (2011) • Shin & Raudenbush (2011) • Sims (2009) • Van Damme, Hongqiang, Vanhee, & Pustjens (2010) • Wilde, Finn, Johnson, & Muennig (2011) 和文文献 • 赤林・中村 (2011) • 有馬・大久保・藤井・辻・横山・山本 (2007) • 浅野 (1999) • 藤井 (2001) 2
  3. 3. • 藤井・水野・山崎 (2006b) • 藤井 (2007) • 藤井 (2011) • 藤井 (2006a) • 萩生田 (2009) • 韓 (2011) • 橋野 (2011) • 畑 (1980) • 平田 (2002) • 北條 (2011) • 保坂 (2007) • 星野 (2010) • 星野 (2012a) • 星野 (2012c) • 星野 (2012b) • 星野 (2011) • 飯嶋 (2007) • 今村 (1980) • 井上 (1980a) • 井上 (1980b) • 石坂 (1991a) • 石坂 (1991b) • 伊藤 (2005) • 亀谷 (2000) • 加藤 (1990) • 洪 (2008) • 小泉・貞広 (2012) • 河野 (2010) • 倉斗・宗方・橋本・佐藤・丹沢・上野 (2007) • 倉斗・橋本・宗方・丹沢・山本・上野 (2006) • 李・蒋・山崎 (2006) • 丸山 (2014) • 松下 (1960) 3
  4. 4. • 三島 (2001) • 三輪 (2005) • 三宅 (1997) • 宮前・馬場園・大久保 (2008) • 溝端・大坪 (2011) • 水野・藤井・山崎 (2009) • 水野・藤井・田中 (2005) • 水野 (2008) • 水野 (1979) • 森・高橋 (2007) • 六車・葛西 (2005) • 永島 (1975) • 中村 (2009) • 中田 (2000) • 西本・Hiroki (2007) • 大久保・山本・藤井・辻・横山・有馬 (2007) • 大久保・馬場園・宮前・高尾・有馬 (2008a) • 大久保・馬場園・宮前 (2008b) • 大谷 (2005) • 大井・志村 (2009) • 岡田・山崎 (2002) • 岡田・山崎・櫻田 (2000a) • 岡田・山崎・田中 (2000b) • 沖原・吉田・馬越・二宮・上原・石井・井上・川地・藤井・石田・田中・平田・町 田・矢田 (1980) • 大宮 (2000) • 小山 (1980) • 貞広 (2008) • 榊原・大和 (2002) • 榊原・大和 (2003) • 榊原・大和 (2001) • 櫻田・岡田・山崎 (2002) • 佐藤 (1999) 4
  5. 5. • 佐藤 (1980) • 佐藤 (1981) • 佐藤 (1979) • 佐藤・宇土 (1978) • 佐藤 (1964) • 佐藤 (1982) • 関口・河野 (2007) • 妹尾・篠崎・北條 (2013) • 清水・高浦・山田・三宅 (2002) • 下村 (1980) • 蒋・李・山崎 (2006) • 須田・西本・藤井・山崎・高旗・水野 (2005) • 須田・水野・藤井・西本・高旗 (2007) • 助川 (2007) • 田花 (1962) • 田花 (1959) • 田花 (1960) • 戸田・島田 (2007) • 戸田・島田 (2008) • Ni (2008) • 渡部 (2002a) • 渡部 (2002b) • 渡部 (2000b) • 渡部 (2000a) • 山本・大久保・藤井・辻・横山・有馬 (2007) • 山本・宮脇・山村 (2009) • 山下 (2008) • 山崎・伴・岡田・櫻田 (2001b) • 山崎・高旗・須田・藤井・西本・水野 (2006) • 山崎 (2008) • 山崎・藤井・水野・西本 (2011) • 山崎 (2005) • 山崎・藤井・水野 (2009) 5
  6. 6. • 山崎 (2012) • 山崎・世羅・伴 (2001a) • 山崎・世羅・伴 (2002) • 榊原・大和 (2000) • 八尾坂 (1998) • 八尾坂 (1999c) • 八尾坂 (1999a) • 八尾坂 (1999b) • 横田・谷口 (1974) 6
  7. 7. 引用文献 赤林英夫・中村亮介 (2011).1. 学級規模縮小が学力に与えた効果の分析:横浜市公開デー タにもとづく実証分析 (VI-6 部会【一般部会】教育政策と学力, 研究発表 VI, 一般研究 報告) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 63,406. Altinok, N., & Kingdon, G. (2012). New evidence on class size effects: A pupil fixed effects approach. Oxford Bulletin of Economics & Statistics, 74 (2), 203–234. 有馬道久・大久保智生・藤井浩史・辻幸治・横山新二・山本淳子 (2007).PG049 学級規 模が児童の学級適応に及ぼす影響 (1):児童の意識調査から 日本教育心理学会総会発 表論文集, 49,675. 浅野俊道 (1999).ネパールの小学校教育に関する実態調査 発達人間学論叢, 3,7–43. Barrett, N., & Toma, E. F. (2013). Reward or punishment? class size and teacher quality. Economics of Education Review, 35, 41–52. Bascia, N., & Faubert, B. (2012). Primary class size reduction: How policy space, physical space, and spatiality shape what happens in real schools. Leadership & Policy in Schools, 11 (3), 344–364. Bedard, K., & Kuhn, P. (2008). Where class size really matters: Class size and student ratings of instructor effectiveness. Economics of Education Review, 27 (3), 253–265. Blatchford, P., Bassett, P., & Brown, P. (2011). Examining the effect of class size on classroom engagement and teacher: pupil interaction: Differences in relation to pupil prior attainment and primary vs. secondary schools. Learning and Instruction, 21 (6), 715–730. Bosworth, R. (2014). Class size, class composition, and the distribution of student achievement. Education Economics, 22 (2), 141–165. Breton, T. R. (2014). Evidence that class size matters in 4th grade mathematics: An analysis of timss 2007 data for colombia. International Journal of Educational Development, 34, 51–57. Bruhwiler, C., & Blatchford, P. (2011). Effects of class size and adaptive teaching com- petency on classroom processes and academic outcome. Learning and Instruction, 21 (1), 95–108. Ceci, S. J., & Konstantopoulos, S. (2009). It’s not all about class size. Chronicle of Higher Education, 55 (21), A30. 7
  8. 8. Cheng, D. A. (2011). Effects of class size on alternative educational outcomes across disciplines. Economics of Education Review, 30 (5), 980–990. Cheng, S. W. (2012). ”that’s it for today”: Academic lecture closings and the impact of class size. English for Specific Purposes, 31 (4), 234–248. Chingos, M. M. (2012). The impact of a universal class-size reduction policy: Evidence from florida’s statewide mandate. Economics of Education Review, 31 (5), 543–562. Chingos, M. M. (2013). Class size and student outcomes: Research and policy impli- cations. Journal of Policy Analysis & Management, 32 (2), 411–438. Cho, H., Glewwe, P., & Whitler, M. (2012). Do reductions in class size raise students’ test scores? evidence from population variation in minnesota’s elementary schools. Economics of Education Review, 31 (3), 77–95. Clanet, J., & Johnson, C. J. (2010). The relationship between teaching practices and student achievement in first year classes: A comparative study of small size and standard size classes. European Journal of Psychology of Education, 25 (2), 192–206. Conley, J. H. (2013). The effects of class size on second grade struggling readers’ oral reading fluency achievement in a public elementary school. Lutheran Education, 1–3. De Paola, M., Ponzo, M., & Scoppa, V. (2013). Class size effects on student achieve- ment: heterogeneity across abilities and fields. Education Economics, 21 (2), 135– 153. Dee, T. S., & West, M. R. (2011). The non-cognitive returns to class size. Educational Evaluation and Policy Analysis, 33 (1), 23–46. Englehart, J. (2011). Why class size effects cannot stand alone: Insights from a qual- itative exploration. Learning Environments Research, 14 (2), 109–121. Fan, F. A. (2012). Class size: Effects on students’ academic achievements and some remedial measures. Research in Education (87), 95–98. Flessa, J. J. (2012). Principals as middle managers: School leadership during the implementation of primary class size reduction policy in ontario. Leadership & Policy in Schools, 11 (3), 325–343. Folmer-Annevelink, E., Doolaard, S., Mascareo, M., & Bosker, R. J. (2010). Class size effects on the number and types of student-teacher interactions in primary classrooms. Journal of Classroom Interaction, 45 (2), 30–38. 8
  9. 9. 藤井泰 (2001).イギリスにおける学級規模に関する政策と実態:労働党政府の 30 人学級 政策をめぐって 松山大学論集, 13, 3,61–80. 藤井宣彰 (2006a).学校・学級規模が児童生徒の学校生活に与える影響 広島大学大学院 教育学研究科紀要第三部 教育人間科学関連領域, 55,99–104. 藤井宣彰・水野考・山崎博敏 (2006b).学校・学級規模と授業方法が授業に与える影響: 中学校教員の教科別分析 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部 教育人間科学関連 領域, 55,93–98. 藤井宣彰 (2007).学校・学級規模と教育活動の関係 教育学研究紀要, 53, 1,399–404. 藤井宣彰 (2011).学級規模と少人数学習が学力に与える影響に関するマルチレベルモデ ル分析:A 県 3 市の小学校算数を中心として 教育学研究ジャーナル, 8,1–10. Galton, M., & Pell, T. (2012). Do class size reductions make a difference to class- room practice? the case of hong kong primary schools. International Journal of Educational Research, 53, 22–31. (2009). The synergy of class size reduction and classroom quality. Elementary School Journal, 110 (2), 178–201. Gross, M. K. (2010). Effect of teaching large class sizes in elementary physical edu- cation. Southeastern Teacher Education Journal, 3 (1), 67–76. 萩生田伸子 (2009).学級規模が学級の雰囲気および生徒の心理面に与える影響 埼玉大 学紀要教育学部, 58, 1,161–170. 韓冰梅 (2011).中国における学級規模と「小班化教育」についての考察 教育経営学研究 紀要, 14,75–82. Harfitt, G. J. (2012). Class size and language learning in hong kong: The students’ perspective. Educational Research, 54 (3), 331–342. Harfitt, G. J. (2013). Why ’small’ can be better: an exploration of the relationships between class size and pedagogical practices. Research Papers in Education, 28 (3), 330–345. Harfitt, G. J. (2014). Brokering dialogue between secondary students and teachers to co-construct appropriate pedagogy in reduced-size classes. Teachers & Teaching, 20 (2), 212–228. 橋野晶寛 (2011).準実験的手法による学級規模効果研究のメタアナリシス 東京大学大 学院教育学研究科教育行政学論叢, 30,49–60. 畑克明 (1980).諸外国における学級規模と教職員配置の基準と実態-3-西ドイツ 教育委 員会月報, 32, 4,p69–71. 9
  10. 10. 平田晴路 (2002).学級規模に関する技術科教師と中学生の意識 日本産業技術教育学会 誌, 44, 2,25–32. 北條雅一 (2011).学力の経済分析:国内実証研究の展望 国際公共政策研究, 16, 1, 163–179. 保坂亨 (2007).学校に行かない子どもたち (8) 学校規模、学級規模と欠席 月刊生徒指 導, 37, 13,58–60. 星野真澄 (2010).米国カリフォルニア州における学級規模縮小法の成立過程:その政策 意図に焦点をあてて (【一般 A-3】学校制度・経営 (1), 一般研究発表【A】, 発表要旨) 日本教育学会大會研究発表要項, 69,322–323. 星野真澄 (2011).米国カリフォルニア州における学級規模縮小プログラムの制度的意義 と課題:教員の職能開発の視点から 関東教育学会紀要, 38,53–64. 星野真澄 (2012a).米国カリフォルニア州における学級規模縮小プログラムの財政構造 教育学論集, 8,1–19. 星野真澄 (2012b).米国カリフォルニア州の学級規模縮小法案の成立要因:1996 年の州 議会における成立過程に着目して 教育制度学研究, 19,241–255. 星野真澄 (2012c).米国諸州における学級規模縮小に関する規定:1999 年時点の状況 教 育制度研究紀要, 7,109–118. Ibrahim, A. M. (2011). Using generalizability theory to estimate the relative effect of class size and number of items on the dependability of student ratings of instruction. Psychological Reports, 109 (1), 252–258. 飯嶋香織 (2007).学級規模が児童に与える影響に関する一考察:公立小学校 5 年生への 質問紙調査の分析から 早稲田大学大学院教育学研究科紀要別冊, 14,25–35. 今村令子 (1980).諸外国における学級規模と教職員配置の基準と実態-4-アメリカ合衆国 教育委員会月報, 32, 4,p72–75. 井上敏博 (1980a).教職の本務と学級規模:その歴史的一考察 (III 研究報告) 日本教育 行政学会年報, 6,135–148. 井上星児 (1980b).諸外国における学級規模と教職員配置の基準と実態-2-フランス 教 育委員会月報, 32, 4,p65–68. 石坂和夫 (1991a).PS-4 学級規模と算数の学習到達度との関係 日本数学教育学会誌. 臨 時増刊総会特集号, 73,189. 石坂和夫 (1991b).PS-4 学級規模と数学の学力及び創造性との関係 日本数学教育学会 誌. 臨時増刊 総会特集号, 73,358. 伊藤俊介 (2005).5040 一般的なオープンスクールにおける多目的スペースの使われ方に 10
  11. 11. ついて:利用頻度と学級規模・密度・家具配置・コントロールの関連の分析 (学習空間 等 (1), 建築計画 I) 学術講演梗概集. E-1 建築計画 I 各種建物・地域施設 設計方法 構 法計画 人間工学 計画基礎, 2005,113–114. Jakobsson, N., Persson, M., & Svensson, M. (2013). Class-size effects on adolescents’ mental health and well-being in swedish schools. Education Economics, 21 (3), 248–263. Januszka, C., & Dixon-Krauss, L. (2008). Class size: A battle between accountability and quality instruction. Childhood Education, 84 (3), 167. Jarman, D. W., & Boyland, L. G. (2011). The impacts of budget reductions on indiana’s public schools: The impact of budget changes on student achievement, personnel, and class size for public school corporations in the state of indiana. Current Issues in Education, 14 (2), 1–10. Jepsen, C., & Rivkin, S. (2009). Class size reduction and student achievement. Journal of Human Resources, 44 (1), 223–250. 亀谷和史 (2000).子ども・青年の学習と「教育課程」の今日的課題:「教育改革」におけ る学級規模問題との関連を中心に 現代と文化, 103,89–102. 加藤幸次 (1990).学級規模に関する研究-1-「完全習得学習」におけるティーム・ティー チングのもたらす教育効果の検討 上智大学教育学論集, 25,p46–75. 洪美里 (2008).3 つの州における「K-3」学級規模縮小政策に関する一考察:「学力の向 上」と「指導法の改善」に焦点を当てて アメリカ教育学会紀要, 19,80–89. 小泉一磨・貞広斎子 (2012).市町村における学級規模縮小政策の政策形成と政策参照:長 野県下自治体における 30 人規模学級編制事業を事例として 千葉大学教育学部研究紀 要, 60,315–319. 河野義章 (2010).K265 学級規模が教師の空間行動に及ぼす影響:40 人学級と 20 人学級 の比較 (口頭セッション 44 学級経営) 日本教育心理学会総会発表論文集, 52,487. Konstantopoulos, S., & Traynor, A. (2014). Class size effects on reading achievement using pirls data: Evidence from greece. Teachers College Record, 116 (2), 1–29. Krassel, K. F., & Heinesen, E. (2014). Class-size effects in secondary school. Education Economics, 22 (4), 412–426. 倉斗綾子・橋本都子・宗方淳・丹沢広行・山本聖一郎・上野淳 (2006).5556 教師からみ た学校教室環境の評価とその実態:全国公立学校・教師アンケート調査から (子どもの 環境・空間認知建築計画 I) 学術講演梗概集. E-1 建築計画 I 各種建物・地域施設設計 方法 構法計画 人間工学 計画基礎, 2006,1123–1124. 11
  12. 12. 倉斗綾子・宗方淳・橋本都子・佐藤将之・丹沢広行・上野淳 (2007).教師の教室環境評価 からみた適正学級規模に関する考察:全国学校・教師アンケート調査から 日本建築学 会計画系論文集, 614,73–79. 李東林・蒋莉・山崎博敏 (2006).中国の小中学校における授業と学級生活:学級規模を中 心に (5 学校制度・経営, 自由研究発表 I, 発表要旨) 日本教育学会大會研究発表要項, 65,90–91. 丸山広人 (2014).学校心理学研究の動向と課題 教育心理学年報, 53,108–119. Mascall, B., & Leung, J. (2012). District resource capacity and the effects of edu- cational policy: The case of primary class size reduction in ontario. Leadership & Policy in Schools, 11 (3), 311–324. 松下覚 (1960).僻地の子どもの学力:学級規模と僻地性の関係から:日本教育心理学会第 2 回総会報告:研究発表要旨および討論の概要:地域差 教育心理学研究, 8, 3,70–71. 三島敏男 (2001).教職員の高齢化と学級規模縮小の課題 (特集青年教職員は語る:生徒・ 学校・仲間) 高校のひろば, 39,20–25. 三輪定宣 (2005).教育行財政からみた教育改革:「三位一体改革」と義務教育費国庫負担 制度見直しを中心に¡特集:特別支援教育の実像¿ 障害者問題研究, 33, 2,116–124. 三宅正太郎 (1997).衛星利用のテレビ会議システムを活用した授業授業のための教授方 略:僻地教育における授業実践を通して 年会論文集, 21,315–316. 宮前淳子・馬場園陽一・大久保智生 (2008).学級規模が児童の学級適応に及ぼす影響 (4) 少人数学級と通常学級に在籍する児童の保護者を対象に 香川大学教育実践総合研究, 17,81–86. 溝端翔太・大坪治彦 (2011).P6-43 学級規模や学級形態がいじめ傍観者意識に与える影 響 (学校心理学, ポスター発表) 日本教育心理学会総会発表論文集, 53,492. 水野国利 (1979).アメリカにおける学級規模の最適化についての調査研究の現状 (短報) レファレンス, 29, 7,p104–108. 水野考・藤井宣彰・田中春彦 (2005).学校規模に隠れた学級規模の効果:公立小・中学校 の全国校長調査を中心に 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部 教育人間科学関連 領域, 54,11–18. 水野考 (2008).学級風土を規定する学校・学級の特性に関する研究:所在地域, 学校・学 級規模, 担任の性別に着目して 教育学研究ジャーナル, 4,31–40. 水野考・藤井宣彰・山崎博敏 (2009).学力に及ぼす学校学級規模と指導方法の影響:その 分析結果と方法論 (IV-3 部会【テーマ部会】学力格差の構造を問う, 研究発表 IV, 一般 研究報告) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 61,301–304. 12
  13. 13. 森省造・高橋敏憲 (2007).不登校の要因についての研究:不登校と集団規模の関係の考察 北海道教育大学教育実践総合センター紀要, 8,205–211. 六車浩・葛西真記子 (2005).教師の指導行動・態度と児童の教師認知・スクールモラール の関係性:教師と児童の性別, 学年・学級規模による分析から 鳴門生徒指導研究, 15, 30–43. 永島利明 (1975).外国における技術教育と学級規模:勤務条件に関連して 日本教育学 会大會研究発表要項, 34,125. 中村尚史 (2009).学級規模・学校規模をどう考えるか (特集学校の格差的再編と統廃合) 人間と教育, 61,26–33. 中田康彦 (2000).教育情報 (1012) 誰にとっての「苦肉の策」か:学級規模・教職員配置 をめぐる動向 教育, 50, 9,122–124. 西本裕輝・Hiroki,Nishimoto (2007).学級規模が授業に与える影響に関する実証的研 究:小学校における教員調査を中心に 人間科学, 19,67–82. 大久保智生・山本淳子・藤井浩史・辻幸治・横山新二・有馬道久 (2007).学級規模が児童 の学級適応に及ぼす影響 (1):児童の意識調査から 香川大学教育実践総合研究, 15, 33–39. 大久保智生・馬場園陽一・宮前淳子・高尾明博・有馬道久 (2008a).PF2-11 学級規模が 児童の学級適応に及ぼす影響 (3):少人数学級と通常学級の児童の意識の比較から (社 会, ポスター発表 F) 日本教育心理学会総会発表論文集, 50,554. 大久保智生・馬場園陽一・宮前淳子 (2008b).学級規模が児童の学級適応に及ぼす影響 (3) 少人数学級と通常学級に在籍する児童を対象に 香川大学教育実践総合研究, 17, 75–80. 大谷泰照 (2005).特別寄稿学級規模と教育効果:その関係を問い直す 滋賀県立大学国 際教育センター研究紀要, 10,5–20. 大井敏彰・志村洋子 (2009).理科授業において学級規模の違いが生徒に与える教育効果 に関する考察:平成 18 年度「教員配置に関する調査研究」における授業実践から 埼 玉大学紀要教育学部, 58, 1,171–181. 岡田典子・山崎博敏・櫻田裕美子 (2000a).学級規模の縮小とその教育上の効果:教員調 査を中心に (II-2 部会学校 (2)) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 52,50–53. 岡田典子・山崎博敏・田中春彦 (2000b).戦後における小中学校の学級規模の縮小:教職 員配置改善計画の政策効果分析 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部 教育人間科 学関連領域, 49,39–48. 岡田典子・山崎博敏 (2002).学級規模とティーム・ティーチングの教育的効果:児童生徒 13
  14. 14. の学力との関連を中心に 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部 教育人間科学関連 領域, 50,215–224. 沖原豊・吉田正晴・馬越徹・二宮皓・上原崇・石井均・井上講四・川地洋一・藤井泰・石 田美清・田中まゆみ・平田利文・町田一美・矢田貞行 (1980).各国の学級編制 (学級規 模) に関する比較研究 (II 共同研究) 日本教育行政学会年報, 6,63–132. 大宮勇雄 (2000).幼年期の学級規模問題を考える (特集今、最低基準を考える) 季刊保 育問題研究, 183,4–17. 小山俊也 (1980).諸外国における学級規模と教職員配置の基準と実態-1-イギリス 教育 委員会月報, 32, 4,p62–64. Phelps, J. L. (2011). Another look at the glass and smith study on class size. Educa- tional Considerations, 39 (1), 3–17. 貞広斎子 (2008).対学校特定補助金 (categorical fund) の功罪に関する研究:米国ニュー ヨーク州における低学年学級規模縮小政策の運用実態分析を通じて 教育制度学研究, 15,132–145[含 英語文要旨]. 榊原禎宏・大和真希子 (2001).中学校における学校・学年・学級規模の推移と学校経営 論への意味:山梨県の公立学校を事例にして 山梨大学教育人間科学部紀要, 3, 1, 274–288. 榊原禎宏・大和真希子 (2002).学校・学年・学級規模の推移から見た学校経営論の基盤の 変化:小・中学校の事例分析から 日本教育経営学会紀要, 44,68–81. 榊原禎宏・大和真季子 (2003).ドイツにおける学校・学年・学級規模と単位学校経営論の 課題:バーデン・ヴュルテンベルク州を事例として 山梨大学教育人間科学部紀要, 5, 2,226–243. 櫻田裕美子・岡田典子・山崎博敏 (2002).学級規模とティーム・ティーチングの教育的 効果:教科別に見た有効性 (教育の方法) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 54, 30–31. 佐藤三樹太郎 (1964).学級規模の改善と教職員定数の充実 文部時報, 1039,????. 佐藤勝弘・宇土正彦 (1978).6001 体育の学級規模に関する研究 (6. 体育管理,I. 一般研究) 日本体育学会大会号, 29,335. 佐藤勝弘 (1979).621 体育の学級規模に関する研究:とくに授業分析的研究による比較 日本体育学会大会号, 30,409. 佐藤勝弘 (1980).622 体育の学級規模に関する研究:とくに授業形態・教材による比較 日本体育学会大会号, 31,490. 佐藤勝弘 (1981).617 体育の学級規模に関する研究:とくに選択制カリキュラムにおけ 14
  15. 15. る学級規模について 日本体育学会大会号, 32,479. 佐藤勝弘 (1982).体育の授業分析に関する研究:とくに学級規模による比較 新潟大学 教育学部紀要人文・社会科学編, 24, 1,p197–203. 佐藤静一 (1999).学校・学級規模と教師の P-M 指導類型の関係及びその効果性 (I) 熊 本大学教育実践研究, 16,67–78. 関口貴裕・河野義章 (2007).PG056 学級規模が授業における教師の注視パタンにおよぼ す影響:眼球運動計測による検討 日本教育心理学会総会発表論文集, 49,682. 妹尾渉・篠崎武久・北條雅一 (2013).単学級サンプルを利用した学級規模効果の推定 国 立教育政策研究所紀要, 142,161–173. 清水克彦・高浦勝義・山田兼尚・三宅征夫 (2002).A2 教員の意識・指導法ならびに児童・ 生徒の意識・学力形成に対する学級規模の影響についての調査結果:算数・数学科の結 果の報告 (A.【カリキュラム (目標, 評価)】, 論文発表の部) 数学教育論文発表会論文 集, 35,7–12. 下村哲夫 (1980).学級規模と学級編制:「学級」観の転換 (I 論説) 日本教育行政学会年 報, 6,44–59. Shin, I.-S., & Chung, J. Y. (2009). Class size and student achievement in the united states: A meta-analysis. KEDI Journal of Educational Policy, 6 (2), 3–19. Shin, Y., & Raudenbush, S. W. (2011). The causal effect of class size on academic achievement: Multivariate instrumental variable estimators with data missing at random. Journal of Educational and Behavioral Statistics, 36 (2), 154–185. 蒋莉・李東林・山崎博敏 (2006).中国の小中学校における「小班化教育」と学級規模 の教育的効果 広島大学大学院教育学研究科紀要第三部 教育人間科学関連領域, 55, 153–160. Sims, D. P. (2009). Crowding peter to educate paul: Lessons from a class size reduction externality. Economics of Education Review, 28 (4), 465–473. 須田康之・西本裕輝・藤井宣彰・山崎博敏・高旗浩志・水野考 (2005).小中学校における 学級規模の教育的効果:全国校長・教員調査報告 (学校改革) 日本教育社会学会大会発 表要旨集録, 57,83–88. 須田康之・水野考・藤井宣彰・西本裕輝・高旗浩志 (2007).学級規模が授業と学力に与える 影響:全国 4 県児童生徒調査から 北海道教育大学紀要. 教育科学編, 58, 1,249–264. 助川晃洋 (2007).学級規模に関する実証的研究の方法と結果:少人数学級 (30 人学級) に ついて議論するための前提として 宮崎大学教育文化学部紀要. 教育科学, 16,1–18. 田花為雄 (1959).学級規模 甲南大学文学会論集, 9,28–47. 15
  16. 16. 田花為雄 (1960).教師苦悩と学級規模 甲南大学文学会論集, 12,49–61. 田花為雄 (1962).学級規模研究の課題的意義 大阪大学文学部紀要, 7,????. Thijs, J., Verkuyten, M., & Helmond, P. (2010). A further examination of the big-fish- little-pond effect: Perceived position in class, class size, and gender comparisons. Sociology of Education, 83 (4), 333–345. Tienken, C. H., & Achilles, C. M. (2009). Relationship between class size and students’ opportunity to learn writing in middle school. Research in the Schools, 16 (1), 13– 24. Tilley, B. (2014). The elephant in the room: Issues with graduate student behavior and the potential link to large class sizes. Journal of Research in Innovative Teaching, 7 (1), 58–70. 戸田まり・島田諭 (2007).PG055 学級規模が担任の意識と行動に与える影響:小学校低 学年における少人数学級の効果について 日本教育心理学会総会発表論文集, 49,681. 戸田まり・島田諭 (2008).学級規模が小学校低学年担任の意識と行動に及ぼす影響 北 海道教育大学紀要. 教育科学編, 59, 1,275–286. Van Damme, J., Hongqiang, L., Vanhee, L., & Pustjens, H. (2010). Longitudinal stud- ies at the country level as a new approach to educational effectiveness: explaining change in reading achievement (pirls) by change in age, socio-economic status and class size. Effective Education, 2 (1), 53–84. Ni, W. (2008).児童数・学級数及び学級規模に関する実証的考察 教育経営学研究紀要, 11,67–70. 渡部昭男 (2000a).学級規模の変化とその影響に関する調査研究 日本教育学会大會研究 発表要項, 59,164–165. 渡部昭男 (2000b).学年進行時の学級数増減に伴う学級規模の変化とその影響に関する調 査研究 (第 II 報) 鳥取大学教育地域科学部紀要. 教育・人文科学, 2, 1,21–37. 渡部昭男 (2002a).学年進行時の学級数増減に伴う学級規模の変化とその影響に関する調 査 (第 3 報) 鳥取大学教育地域科学部紀要. 教育・人文科学, 3, 2,23–35. 渡部昭男 (2002b).義務標準法第 7 次改善計画初年度 (2001 年度) における「少人数指導」 の実施状況:T 県内中学校の場合 鳥取大学教育地域科学部教育実践総合センター研究 年報, 12,113–122. Weili, D., & Lehrer, S. F. (2011). Experimental estimates of the impacts of class size on test scores: robustness and heterogeneity. Education Economics, 19 (3), 229–252. 16
  17. 17. Wilde, E. T., Finn, J., Johnson, G., & Muennig, P. (2011). The effect of class size in grades k-3 on adult earnings, employment, and disability status: Evidence form a multi-center randomized controlled trial. Journal of Health Care for the Poor and Underserved, 22 (4), 1424–1435. 山本淳子・大久保智生・藤井浩史・辻幸治・横山新二・有馬道久 (2007).学級規模が児童 の学級適応に及ぼす影響 (2):保護者の意識調査から 日本教育心理学会総会発表論文 集, 49,676. 山本木ノ実・宮脇充広・山村勝哉 (2009).小学校低学年における SST 実践:学級規模に よる違い 香川大学教育実践総合研究, 18,1–12. 山下絢 (2008).米国における学級規模縮小の効果に関する研究動向 教育學研究, 75, 1, 13–23. 榊原禎宏・大和真希子 (2000).学校・学年・学級規模から見た学校経営の基盤の変化:山 梨県の公立小学校を事例にして 山梨大学教育人間科学部紀要, 2, 1,359–374. 山崎博敏・世羅博昭・伴恒信 (2001a).教育条件の探究学級規模の教育上の効果:教員調 査を中心に 教科教育学研究, 19,255–273. 山崎博敏・伴恒信・岡田典子・櫻田裕美子 (2001b).児童生徒からみた学級規模の教育的 効果 (学校 (3)) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 53,170–171. 山崎博敏・世羅博昭・伴恒信 (2002).学級規模の教育的効果:児童生徒調査を中心に (教員 養成教育の探究) 教科教育学研究, 20,107–124. 山崎博敏 (2005).公立小中学校の学校規模の法制と現実の諸類型 広島大学大学院教育 学研究科紀要第三部 教育人間科学関連領域, 54,1–10. 山崎博敏・高旗浩志・須田康之・藤井宣彰・西本裕輝・水野考 (2006).3. 学力に及ぼす授 業方法・学級規模・家庭環境の影響 (III-2 部会学力 (1), 研究発表 III, 日本教育社会学 会第 58 回大会) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 58,191–196. 山崎博敏 (2008).2. 学級規模の教育効果に関する諸理論 (IV-4 部会政策の効果, 研究発表 IV) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 60,321–322. 山崎博敏・藤井宣彰・水野考 (2009).学級規模と指導方法が小学生の学力に及ぼす影響: 共分散構造分析とマルチレベルモデル分析の適用 広島大学大学院教育学研究科紀要第 三部 教育人間科学関連領域, 58,9–16. 山崎博敏・藤井宣彰・水野考・西本裕輝 (2011).1. 学級規模と指導方法が学力に与える影 響:沖縄県と全国の学力調査を結合した小中学生の追跡データの分析 (V-4 部会【一般 部会】学校 (2), 研究発表 V, 一般研究報告) 日本教育社会学会大会発表要旨集録, 63, 324–327. 17
  18. 18. 山崎博敏 (2012).小中高校の PT 比 (教員一人あたり児童生徒数) の要因分解:戦後にお ける学校・学級規模との関連の動態 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部 教育人 間科学関連領域, 61,21–26. 八尾坂修 (1998).アメリカにおける学級規模縮少と効果・上テネシー州のスタープロジェ クト 教職研修, 27, 4,86–90. 八尾坂修 (1999a).アメリカにおける学級規模の全国的傾向と研究推移 学校運営, 41, 5,44–47. 八尾坂修 (1999b).アメリカにおける学級規模の全国的傾向と研究推移 (3) 学校運営, 41, 7,44–47. 八尾坂修 (1999c).アメリカにおける学級規模縮小と効果 (下) カリフォルニア州の新たな 試み 教職研修, 27, 5,95–99. 横田澄司・谷口仙三郎 (1974).学級集団に関する変革の研究 (その 13):児童の態度と行 動との関係について:1. 問題の所在:児童におよぼす教師の年令・学級規模・備品の充 実程度ならびに家庭的背景 (第 1 部会〔学級集団〕) 日本教育社会学会大会発表要旨集 録, 26,1–2. 18

×