Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

DevLOVE20150618 ddd x ビッグローブ

2,620 views

Published on

DevLOVE 2015年6月18日@ビッグローブ
DDD X ビッグローブでの発表資料

Published in: Engineering
  • @Koutarou Ishizaki ありがとうございます。よろしくお願いします。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • @増田 亨 さん コメントありがとうございます。『ドメイン駆動チーム』をエンジニア組織の軸にする取り組みについて、今後とも計画/遂行/フィードバックのサイクルを一緒に回させてください。また、『第4部:戦略的設計』についてもリードエンジニアメンバと検討する場を持とうと考えております。色々な場面でご一緒させていただけると幸いです。宜しくお願いいたします。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • 一人や二人の意欲ある優秀な技術者がドメイン駆動設計を実践するだけでは、効果は限定的ですね。エヴァンスが「まえがき」の最後に書いてあるように「ドメイン駆動チーム」が、ドメイン駆動設計の効果を最大にします。そのための取り組み、ほんとうに期待しています。微力ながら、ぜひ、お手伝いさせてください。
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

DevLOVE20150618 ddd x ビッグローブ

  1. 1. 名前:石崎浩太郎 役割:サーヴァントリーダー 領域:MVNO、MVNE、M2M 出身: ビッグローブ:5年目 受託×サービス開発×スクラム×単身赴任
  2. 2. 目的:DDDをエンジニア組織のベースに • 構築/変更/成長を続ける業務に取組む • 今後、現場を担っていくメンバを対象 • DDDに関するベースラインを整えたい • モデリングと設計(実装)サイクルの軸を 個々に持つきっかけ
  3. 3. 太陽系戦略太陽系戦略太陽系戦略太陽系戦略 Wifi 0A0 モバイルコラボ関連会員 VAS特典 商品契約 トリトン 冥王星 海王星 土星 木星 火星地球 ドメイン駆動設計の拡大 認証 星 現状:弊社の現場におけるDDD 第一 世代 第二 世代 第三 世代 時間軸:時間軸:時間軸:時間軸:2222年年年年 実務でのDDD経験:1年〜2年 半年〜1年 3ヶ月〜半年
  4. 4. チームチームチームチーム たまたまたまたま 0A0 WiFi ビッグビッグビッグビッグ ローブローブローブローブ 光光光光 モバイモバイモバイモバイ ルルルル MVNE Docom o 光光光光 人を入れる 人を入れる 方針:やり方をチームに伝授する ノウハウを増殖させていく チーム数:チーム数:チーム数:チーム数:5555チームチームチームチーム 3333人人人人 5555人人人人 5555人人人人 4444人人人人 4444人人人人 エンジニア数:エンジニア数:エンジニア数:エンジニア数:21212121人人人人
  5. 5. 太陽系戦略太陽系戦略太陽系戦略太陽系戦略 Wifi 0A0 モバイル固定回線会員 VAS特典 商品契約 トリトン 冥王星 海王星 土星 木星 火星地球 ドメイン駆動設計の拡大 認証 星 課題:今後、現場を担うメンバへ 第一 世代 第二 世代 第三 世代 時間軸:時間軸:時間軸:時間軸:2222年年年年 2222名名名名 6666名名名名 13131313名名名名
  6. 6. 現場の課題 • 第1世代の背中を見てきたメンバが、エンジニアとして自律する際に ジブンの中に 『モデリングの軸』 『設計(実装)の軸』を持たせたい • 『モデリング』 と 『設計(実装)』を行き来しながら洗練させる文化を 根付かせる(リファクタリング文化) • チームが拡大仕切る前にモデリングのベースラインを整えておく • メンバ個別へのアプローチは育成カリキュラムと併行で考ながら進め るようにする
  7. 7. も話した
  8. 8. いろんな知見を集める 組織のヴィジョンと繋ぐ やらない事を決める 人に着目する 我慢して繰り返す
  9. 9. 上期の重点テーマ モデリング 設計(実装) 分析 ドメインエキスパート <業務知識> <オブジェクト指向> <成長のプロセス> • を匛 • 経験と実践を増やす 企画営業 運用 第二 世代 第三 世代 6666名名名名 13131313名名名名 ポイント
  10. 10. 計画 5月 6月 7月 8月 9月 導入 モデリング 実装 上期まとめ重点テーマ 日付 5月22日 内容 聴講:1H ディスカッション :1H モノ作りの 難しさ、DDDへ 疑問 6月5日 6月12日 7月6日週 7月21日週 8月3日週 8月17日週 9月14日週 半日程度 モデリングと 実装について ディスカッション 内容 お題提示 ペア活動 ペア活動 モデリング ペア活動 設計(実装) モデリング 実装 モデリング 実装 リファクタ リング
  11. 11. 育成に関してやっていること • 事前準備 • 育成領域を絞る • 業務に則したテーマ • モデリング ⇔ 設計(実装) • 組織としてコストかける • 繰り返す
  12. 12. ドメインノウハウの蓄積イメージ 時間(かかる・かける) エ ン ジ ニ ア ス キ ル ・ 数 (エンジニア) × (ドメイン) × (時間)
  13. 13. 本日の心残り • のれん分けしていく際の課題 • 複数サービスが関連する際のDDD • ライブラリの重要性、その活動について • DDDと事業活動のコストに関する考え方
  14. 14. を開催させてください! • 本日、話せなかった課題について • ぜひ! の事例も伺いたい • 複数会社によるディスカッション大会
  15. 15. To be continued

×