SlideShare a Scribd company logo

OSS開発者を増やしたい!

「OSS開発」をテーマにしたSpeee Cafe Meetup #02用の資料。OSSを開発するかどうかをどう判断すればよいか、OSS開発者になる最初のステップはどうしたらよいか、組織にOSS会はts派を増やすにはどうしたらよいかを説明。

1 of 43
Download to read offline
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
OSS開発者を
増やしたい!
須藤功平
クリアコード
Speee Cafe Meetup #02
2016-09-01
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
ここでいうOSS開発
1から独自で開発だけでなく✓
既存OSSの開発も含む
例:要望提案✓
例:バグレポート✓
例:pull request✓
✓
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
OSSを開発する動機
人それぞれ
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
動機例
反応が欲しい・注目されたい✓
転職活動で使える材料が欲しい✓
技術力向上✓
○○機能が欲しい✓
コミュニティーで活動したい✓
使ってばかりじゃ申し訳ない✓
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
OSSを開発する動機
独りよがりがいい
他人の損得は気にしなくていい✓
自分が割に合うと思うか?がいい✓
✓
OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0
利用OSSにバグがあった!
どうする?

Recommended

(自分流)Gitの運用ルール
(自分流)Gitの運用ルール(自分流)Gitの運用ルール
(自分流)Gitの運用ルールErina Takei
 
はじめてのGit forデザイナー&コーダー
はじめてのGit forデザイナー&コーダーはじめてのGit forデザイナー&コーダー
はじめてのGit forデザイナー&コーダーSaeko Yamamoto
 
Gitと出会って人生変わった テックヒルズ2013-03-22
Gitと出会って人生変わった テックヒルズ2013-03-22Gitと出会って人生変わった テックヒルズ2013-03-22
Gitと出会って人生変わった テックヒルズ2013-03-22Shota Umeda
 
Chat opsをはじめよう!
Chat opsをはじめよう!Chat opsをはじめよう!
Chat opsをはじめよう!dcubeio
 
いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0いつやるの?Git入門 v1.1.0
いつやるの?Git入門 v1.1.0Masakazu Matsushita
 
マジカルsvnとキュアgit
マジカルsvnとキュアgitマジカルsvnとキュアgit
マジカルsvnとキュアgitTakafumi ONAKA
 
やさしいGitの内部構造 - yapcasia2013
やさしいGitの内部構造 - yapcasia2013やさしいGitの内部構造 - yapcasia2013
やさしいGitの内部構造 - yapcasia2013DQNEO
 
GitとCIとかチャットとかをオンプレで運用する話
GitとCIとかチャットとかをオンプレで運用する話GitとCIとかチャットとかをオンプレで運用する話
GitとCIとかチャットとかをオンプレで運用する話mdome
 

More Related Content

What's hot

一人でもはじめるGitでバージョン管理
一人でもはじめるGitでバージョン管理一人でもはじめるGitでバージョン管理
一人でもはじめるGitでバージョン管理Takafumi Yoshida
 
明日から始める Chef 入門 #bpstudy
明日から始める Chef 入門 #bpstudy明日から始める Chef 入門 #bpstudy
明日から始める Chef 入門 #bpstudyTakeshi Komiya
 
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法 仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法 Hideo Takahashi
 
Windows Azureで Webサーバーを再発明してみる
Windows AzureでWebサーバーを再発明してみるWindows AzureでWebサーバーを再発明してみる
Windows Azureで Webサーバーを再発明してみるSunao Tomita
 
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話Takayuki Shimizukawa
 
バージョン管理システム比較資料
バージョン管理システム比較資料バージョン管理システム比較資料
バージョン管理システム比較資料suzzsegv
 
怖くないブランチ開発外部公開用
怖くないブランチ開発外部公開用怖くないブランチ開発外部公開用
怖くないブランチ開発外部公開用CROOZ, inc.
 
桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ桐島、Rubyやめるってよ
桐島、RubyやめるってよNarihiro Nakamura
 
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレード
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレードPlay framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレード
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレードKazuhiro Hara
 
Play2 translate 20120714
Play2 translate 20120714Play2 translate 20120714
Play2 translate 20120714masahitojp
 
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり)
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり) 俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり)
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり) Seiichiro Ishida
 
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.020130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0NIFTY Cloud
 
sidで始める開発者生活
sidで始める開発者生活sidで始める開発者生活
sidで始める開発者生活Nozomu KURASAWA
 
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-賢 秋穂
 
Chef社内勉強会(第1回)
Chef社内勉強会(第1回)Chef社内勉強会(第1回)
Chef社内勉強会(第1回)Yoshinori Nakanishi
 
WordPressサイトのバージョン管理
WordPressサイトのバージョン管理WordPressサイトのバージョン管理
WordPressサイトのバージョン管理lolipopjp
 
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasual
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasualカジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasual
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasualKazuhiro Oinuma
 
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0NIFTY Cloud
 
デザイナのためのGit入門
デザイナのためのGit入門デザイナのためのGit入門
デザイナのためのGit入門dsuke Takaoka
 

What's hot (20)

一人でもはじめるGitでバージョン管理
一人でもはじめるGitでバージョン管理一人でもはじめるGitでバージョン管理
一人でもはじめるGitでバージョン管理
 
明日から始める Chef 入門 #bpstudy
明日から始める Chef 入門 #bpstudy明日から始める Chef 入門 #bpstudy
明日から始める Chef 入門 #bpstudy
 
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法 仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
仮想マシンを使った開発環境の簡単共有方法
 
Windows Azureで Webサーバーを再発明してみる
Windows AzureでWebサーバーを再発明してみるWindows AzureでWebサーバーを再発明してみる
Windows Azureで Webサーバーを再発明してみる
 
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話
執筆中のPythonプロフェッショナルプログラミング第2版でsphinxを使っている話
 
バージョン管理システム比較資料
バージョン管理システム比較資料バージョン管理システム比較資料
バージョン管理システム比較資料
 
怖くないブランチ開発外部公開用
怖くないブランチ開発外部公開用怖くないブランチ開発外部公開用
怖くないブランチ開発外部公開用
 
Redmine Ansible
Redmine AnsibleRedmine Ansible
Redmine Ansible
 
桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ
 
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレード
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレードPlay framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレード
Play framework 2.0のおすすめと1.2からのアップグレード
 
Play2 translate 20120714
Play2 translate 20120714Play2 translate 20120714
Play2 translate 20120714
 
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり)
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり) 俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり)
俺のZabbixがこんなに可愛いわけがない(おかわり)
 
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.020130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0
20130723 ecシステムにchefを導入してみた v1.0
 
sidで始める開発者生活
sidで始める開発者生活sidで始める開発者生活
sidで始める開発者生活
 
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
テスト駆動インフラ構築-Chefとserverspecを使ったインフラ自動化のすすめ-
 
Chef社内勉強会(第1回)
Chef社内勉強会(第1回)Chef社内勉強会(第1回)
Chef社内勉強会(第1回)
 
WordPressサイトのバージョン管理
WordPressサイトのバージョン管理WordPressサイトのバージョン管理
WordPressサイトのバージョン管理
 
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasual
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasualカジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasual
カジュアルに本番データを開発環境に入れる #mysqlcasual
 
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0
クラウド上でのChef活用と ベストプラクティス v0.2.0
 
デザイナのためのGit入門
デザイナのためのGit入門デザイナのためのGit入門
デザイナのためのGit入門
 

Similar to OSS開発者を増やしたい!

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックKouhei Sutou
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバックOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバックKouhei Sutou
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順Kouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順Kouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめKouhei Sutou
 
OSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようOSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようKouhei Sutou
 
DevOps for Small Starter
DevOps for Small StarterDevOps for Small Starter
DevOps for Small Starter大要 伊藤
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境Fumihito Yokoyama
 
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築CROOZ, inc.
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方Kouhei Sutou
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめKouhei Sutou
 
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版DIVE INTO CODE Corp.
 
Android Dev Tools Knowledge
Android Dev Tools KnowledgeAndroid Dev Tools Knowledge
Android Dev Tools KnowledgeShinobu Okano
 
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateOSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateKouhei Sutou
 
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!Satoru Nasu
 
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要Kouhei Sutou
 
あなたの安心を高速に守る Container-based CI
あなたの安心を高速に守る Container-based CIあなたの安心を高速に守る Container-based CI
あなたの安心を高速に守る Container-based CIWataru MIYAGUNI
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマーKouhei Sutou
 

Similar to OSS開発者を増やしたい! (20)

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバックOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
 
Dev ops
Dev opsDev ops
Dev ops
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
 
OSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようOSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げよう
 
DevOps for Small Starter
DevOps for Small StarterDevOps for Small Starter
DevOps for Small Starter
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
 
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
 
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
 
Android Dev Tools Knowledge
Android Dev Tools KnowledgeAndroid Dev Tools Knowledge
Android Dev Tools Knowledge
 
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateOSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
 
Oss dev-04
Oss dev-04Oss dev-04
Oss dev-04
 
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!
Windows Server Essentials用PowerShell コマンドレットを使ってみよう!
 
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
 
あなたの安心を高速に守る Container-based CI
あなたの安心を高速に守る Container-based CIあなたの安心を高速に守る Container-based CI
あなたの安心を高速に守る Container-based CI
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマー
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

Recently uploaded

HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfMatsushita Laboratory
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんtoshinori622
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)Kanta Sasaki
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHubK Kinzal
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 

Recently uploaded (8)

HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
 
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
 

OSS開発者を増やしたい!

  • 1. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSS開発者を 増やしたい! 須藤功平 クリアコード Speee Cafe Meetup #02 2016-09-01
  • 2. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ここでいうOSS開発 1から独自で開発だけでなく✓ 既存OSSの開発も含む 例:要望提案✓ 例:バグレポート✓ 例:pull request✓ ✓
  • 3. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSSを開発する動機 人それぞれ
  • 4. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 動機例 反応が欲しい・注目されたい✓ 転職活動で使える材料が欲しい✓ 技術力向上✓ ○○機能が欲しい✓ コミュニティーで活動したい✓ 使ってばかりじゃ申し訳ない✓
  • 5. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSSを開発する動機 独りよがりがいい 他人の損得は気にしなくていい✓ 自分が割に合うと思うか?がいい✓ ✓
  • 6. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 利用OSSにバグがあった! どうする?
  • 7. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 昨日の実例:Vagrant CentOS 5のVMにsshできない… % vagrant up centos-5-i386 ... centos-5-i386: Key inserted! Disconnecting ... centos-5-i386: Warning: Authentication failure. Retrying... centos-5-i386: Warning: Authentication failure. Retrying... ... PGroongaのRPMをビルドしようとしていた
  • 8. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 利用OSSにバグがあった! どうする? とりあえずツイート?a. ググる?b. 最新バージョンを確認?c. 違うOSSに乗り換え?d. ✓
  • 9. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 私の場合 よく使っているOSSの場合は… 調べて✓ 直して✓ 報告✓
  • 10. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ググった http://qiita.com/cock1doodledoo/items/b32382776f76fb2d627c 少し違う現象っぽいが↓で直ると書いている config.ssh.insert_key = false 回避策っぽい…調べよう
  • 11. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 調べて パスワードではログインできた % vagrant ssh centos-5-i386 vagrant@127.0.0.1's password: (vagrant) [vagrant@localhost ~]$
  • 12. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 調べて… ログを確認 [vagrant@localhost ~]$ sudo less /var/log/secure ... ... sshd[3750]: Authentication refused: bad ownership or modes for file /home/vagrant/.ssh/authorized_keys ...
  • 13. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 調べて…… パーミッションを直すと 公開鍵でログインできた [vagrant@localhost ~]$ chmod go-rwx ~/.ssh/authorized_keys [vagrant@localhost ~]$ exit % vagrant ssh centos-5-i386 [vagrant@localhost ~]$
  • 14. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 調べて……… authorized_keysでgrep % grep authorized_keys /usr/share/vagrant .../plugins/guests/bsd/cap/public_key.rb:... ... .../plugins/guests/linux/cap/public_key.rb:... ... .../plugins/guests/solaris/... ... .../plugins/guests/solaris11/...
  • 15. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 調べて………… GNU/Linuxなので↓を確認 .../plugins/guests/linux/cap/public_key.rb chmod忘れを発見
  • 16. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 直して --- .../linux/cap/public_key.rb.orig ... +++ .../linux/cap/public_key.rb ... @@ -54,6 +54,7 @@ if test -f ~/.ssh/authorized_keys; then grep ... > ~/.ssh/authorized_keys.tmp mv ~/.ssh/authorized_keys{.tmp,} + chmod 0600 ~/.ssh/authorized_keys fi rm -f '#{remote_path}'
  • 17. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 報告 masterを確認 https://github.com/mitchellh/vagrant/blob/master/ plugins/guests/linux/cap/public_key.rb#L57 ✓ 同じchmodがすでにある!✓ ✓ 手元で修正して元の作業を継続✓
  • 18. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ふりかえり 最初から最新バージョンを確認 すればよかった? 今回は調べた方でよかったかも✓ 10分位だしVagrantの事がわかったし (最新バージョンの用意は手間だった) ✓ ↑自分が割りに合ったか基準✓ ✓
  • 19. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 なぜ報告するのか 自分が何度も回避するのが面倒 ↑自分が割に合うか基準✓ よく使うOSSなら違うマシンでも遭遇 しやすい ✓ ✓
  • 20. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 類似の事例 mrubyがクラッシュするので修正 #2732, #2867, #3087, #3090, #3129✓ 自分がパッチを管理するのが面倒✓ ✓ PostgreSQL 9.6beta1の DROP ACCESS METHOD IF EXISTS が動かないので修正 本体で直らないと自分の実装が手間✓ ✓
  • 21. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSSを開発する動機 独りよがりがいい✓ 自分が割に合うならやるといい OSSを開発する敷居が高いと なかなか割に合わない! ✓ ✓
  • 22. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSS Gate OSS開発の 敷居を下げる 取り組み
  • 23. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 Gate == 門 境界にあるもの
  • 24. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 扱う境界 OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 興味なし 自信ない 活発
  • 25. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ターゲット OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 興味なし 自信ない 活発
  • 26. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 やりたいこと OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 自信ない 活発
  • 27. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 未参加者→参加者 OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 自信ない 活発 ワークショップで実現
  • 28. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ワークショップの内容 未参加者の後押し すでに興味はある!✓ ✓ どう後押せば…?✓
  • 29. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 未参加の理由? やり方がわからない1. なんとなく不安2.
  • 30. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 ワークショップの内容 やり方を1つ教える やり方がわかると参加できる!✓ 1. OSSの開発に実際に参加する 不安なのは未経験だから✓ ワークショップで経験しよう!✓ 2.
  • 31. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 門をくぐる OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 自信ない 活発 くぐってしまえば 別になんてことはなかった! なんか不安だな…
  • 32. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 よりくぐりやすく OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 自信ない 活発 大丈夫だよー サポート
  • 33. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 募集中! OSS開発 未参加者 参加者 興味あり 自信ない 活発募集中!
  • 34. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSS Gateワークショップ ターゲット:未参加者→参加者✓ 奇数月の最終土曜に開催中! 次回9/24✓ 次々回11/26✓ ✓ oss-gate.doorkeeper.jp
  • 35. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 組織としてOSS開発 個人 自分が割に合うと思うときに開発✓ ✓ 組織 「OSS開発する方針だからやろう」?✓ ✓
  • 36. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 組織とOSS開発 多くの組織にとって OSS開発は 目的でなく手段
  • 37. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 組織としてOSS開発する動機 OSSを開発する結果として… 技術力アップ✓ 開発効率アップ✓ 知名度アップ✓ ↑こっちが目的
  • 38. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 技術力アップ 既存OSSの開発 社外のコード・やり方から学ぶ✓ ✓ 新規OSSの開発 1ソフトウェアのすべてを経験できる 設計判断・告知・ユーザー対応…✓ 経験から得られるものはたくさん✓ ✓ 社内で不足している機会を提供✓ ✓
  • 39. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 開発効率アップ 独自修正の管理より 開発元に修正を提供 アップデートの難易度を下げる✓ メンテナンスするものを減らす✓ ✓ OSSを開発 (開発元に修正を提供) する方が割に合う
  • 40. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 知名度アップ 技術者に技術でアピールできる 「あの○○さんがいる会社」✓ 「○○が得意な会社」✓ 求心力アップ・広告効果✓ ✓
  • 41. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 組織としてOSS開発する動機 OSSを開発する結果として… 技術力アップ✓ 開発効率アップ✓ 知名度アップ✓ ↑こっちが目的
  • 42. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 組織としてOSS開発 × 「OSS開発する方針だからやろう!」✓ ✓ ○ 「このケースは○○だからOSS開発は あなたの割に合うんじゃない?」 例:Railsの独自修正を抱えるよりも開発元に 提供した方があなたが開発しやすくなるんじ ゃない?組織はそのための時間を確保する よ。 ✓ ✓ ✓
  • 43. OSS開発者を増やしたい! Powered by Rabbit 2.2.0 OSS開発支援 企業向けサポート✓ Speeeさんにも 提供中 ✓