SlideShare a Scribd company logo

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方

2015年のSEゼミの「プログラミングが好きな学生のためのリーダブルコード勉 強会」の進め方の説明。

1 of 31
Download to read offline
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
進め方
須藤功平
株式会社クリアコード
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会
2015-06-06
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
SEゼミの立場一覧
参加者(みなさん)✓
スポンサー✓
運営✓
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
立場別SEゼミの目的
参加者
OSSを開発したい!✓
✓
スポンサー
一緒に働きたい人をみつけたい!✓
一緒にOSSを開発するとわかりそう!✓
→参加者のOSS開発参加を支援✓
✓
運営:↑をサポートしたい!✓
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
参加者のふるまい方
選ばれている!と気負わない
目的(OSSの開発)に集中すればよい✓
✓
スポンサー
本来の参加者に興味✓
✓
仮面をかぶらない
入社→ミスマッチ→お互いに不幸!
仮面をかぶり続けられるならアリ
「m_seki ロールプレイングゲーム」で検索
✓
✓
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
スポンサー
たくさんいる✓
勉強会中
企業は気にしない✓
担当メンターの人から学ぶ✓
✓
ランチ・懇親会
様々な企業の様々なメンターと交流✓
→今まで知らなかった新しい視点!✓
✓
進め方 Powered by Rabbit 2.1.7
スポンサー(1)
クラウドワークスさん✓
エス・エム・エスさん✓
万葉さん✓
スマートエデュケーションさん✓
クックパッドさん✓

Recommended

SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 1日目の概要Kouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - OSS開発手順Kouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方Kouhei Sutou
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順Kouhei Sutou
 
Salary negotiation battle on Cybozu - employee side
Salary negotiation battle on Cybozu - employee sideSalary negotiation battle on Cybozu - employee side
Salary negotiation battle on Cybozu - employee sideRyo Mitoma
 
kintoneエンジニアが紹介する品質向上のための取り組み
kintoneエンジニアが紹介する品質向上のための取り組みkintoneエンジニアが紹介する品質向上のための取り組み
kintoneエンジニアが紹介する品質向上のための取り組みYasuharu Sakai
 
みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪
みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪
みんなが働きたい場所で働ける「リモート開発チーム」を目指してやっていること - Cybozu Days 2017 大阪Yuki Okada
 
最高のリモート開発を実現するために取り組んでいること - Cybozu Tech Conference 2017
最高のリモート開発を実現するために取り組んでいること - Cybozu Tech Conference 2017最高のリモート開発を実現するために取り組んでいること - Cybozu Tech Conference 2017
最高のリモート開発を実現するために取り組んでいること - Cybozu Tech Conference 2017Yuki Okada
 

More Related Content

What's hot

kintoneチームのKAIZEN文化
kintoneチームのKAIZEN文化kintoneチームのKAIZEN文化
kintoneチームのKAIZEN文化Ryo Mitoma
 
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介Keiji Kamebuchi
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめKouhei Sutou
 
初心者の皆さんに伝えたいこと
初心者の皆さんに伝えたいこと初心者の皆さんに伝えたいこと
初心者の皆さんに伝えたいことYamamoto Kazuhisa
 
管理部門の仕事をチームから組織にした話
管理部門の仕事をチームから組織にした話管理部門の仕事をチームから組織にした話
管理部門の仕事をチームから組織にした話Yukie Ozaki
 
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話Riou Tomita
 
ヘルプサイトの制作プロセス
ヘルプサイトの制作プロセスヘルプサイトの制作プロセス
ヘルプサイトの制作プロセスNaohiro Nakata
 

What's hot (7)

kintoneチームのKAIZEN文化
kintoneチームのKAIZEN文化kintoneチームのKAIZEN文化
kintoneチームのKAIZEN文化
 
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介
20110709 第1回jaz女子会 jaz紹介
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
 
初心者の皆さんに伝えたいこと
初心者の皆さんに伝えたいこと初心者の皆さんに伝えたいこと
初心者の皆さんに伝えたいこと
 
管理部門の仕事をチームから組織にした話
管理部門の仕事をチームから組織にした話管理部門の仕事をチームから組織にした話
管理部門の仕事をチームから組織にした話
 
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
 
ヘルプサイトの制作プロセス
ヘルプサイトの制作プロセスヘルプサイトの制作プロセス
ヘルプサイトの制作プロセス
 

Viewers also liked

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有Kouhei Sutou
 
実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジKouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要Kouhei Sutou
 
学んだ後に行うべき3つのこと
学んだ後に行うべき3つのこと学んだ後に行うべき3つのこと
学んだ後に行うべき3つのことMasataka Yashiki
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめKouhei Sutou
 
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こうKouhei Sutou
 
一人でも出来るコードリーディング
一人でも出来るコードリーディング一人でも出来るコードリーディング
一人でも出来るコードリーディングTaiyo Akashi
 
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくするKouhei Sutou
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後Kouhei Sutou
 
実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要Kouhei Sutou
 
リーダブルコードが良書だったのでまとめました
リーダブルコードが良書だったのでまとめましたリーダブルコードが良書だったのでまとめました
リーダブルコードが良書だったのでまとめましたTakumi Sato
 
コーディング入門以前
コーディング入門以前コーディング入門以前
コーディング入門以前Yutaka Kinjyo
 

Viewers also liked (15)

リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のリーダブルコードの共有
 
実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
 
学んだ後に行うべき3つのこと
学んだ後に行うべき3つのこと学んだ後に行うべき3つのこと
学んだ後に行うべき3つのこと
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のまとめ
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
 
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう
名著『リーダブルコード - より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック』を解説者と一緒に読み解こう
 
一人でも出来るコードリーディング
一人でも出来るコードリーディング一人でも出来るコードリーディング
一人でも出来るコードリーディング
 
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする
名著『リーダブルコード』を解説者と一緒に読み解こう - 7章 制御フローを読みやすくする
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後
 
実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要
 
リーダブルコードが良書だったのでまとめました
リーダブルコードが良書だったのでまとめましたリーダブルコードが良書だったのでまとめました
リーダブルコードが良書だったのでまとめました
 
コーディング入門以前
コーディング入門以前コーディング入門以前
コーディング入門以前
 

Similar to SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめKouhei Sutou
 
OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!Kouhei Sutou
 
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-Toshifumi Sakamoto
 
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateOSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateKouhei Sutou
 
OSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようOSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようKouhei Sutou
 
実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめKouhei Sutou
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめKouhei Sutou
 
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAI
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAIエンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAI
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAIYuki Okada
 

Similar to SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方 (8)

SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
 
OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!
 
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-
競合とは何か -学ぶとところ・学ばないところ-
 
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS GateOSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
OSSの開発に参加しよう! - OSS Gate
 
OSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようOSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げよう
 
実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ
 
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
 
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAI
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAIエンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAI
エンジニア組織づくり5年。見えてきた関西Web界隈のええとこ、あかんとこ - Developers Summit 2019 KANSAI
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会の進め方

  • 1. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 進め方 須藤功平 株式会社クリアコード SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会 2015-06-06
  • 2. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 SEゼミの立場一覧 参加者(みなさん)✓ スポンサー✓ 運営✓
  • 3. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 立場別SEゼミの目的 参加者 OSSを開発したい!✓ ✓ スポンサー 一緒に働きたい人をみつけたい!✓ 一緒にOSSを開発するとわかりそう!✓ →参加者のOSS開発参加を支援✓ ✓ 運営:↑をサポートしたい!✓
  • 4. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 参加者のふるまい方 選ばれている!と気負わない 目的(OSSの開発)に集中すればよい✓ ✓ スポンサー 本来の参加者に興味✓ ✓ 仮面をかぶらない 入社→ミスマッチ→お互いに不幸! 仮面をかぶり続けられるならアリ 「m_seki ロールプレイングゲーム」で検索 ✓ ✓
  • 5. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 スポンサー たくさんいる✓ 勉強会中 企業は気にしない✓ 担当メンターの人から学ぶ✓ ✓ ランチ・懇親会 様々な企業の様々なメンターと交流✓ →今まで知らなかった新しい視点!✓ ✓
  • 6. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 スポンサー(1) クラウドワークスさん✓ エス・エム・エスさん✓ 万葉さん✓ スマートエデュケーションさん✓ クックパッドさん✓
  • 7. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 スポンサー(2) ビズリーチさん✓ VASILYさん✓ Treasure Dataさん✓ ピクシブさん✓ 楽天さん✓
  • 8. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 スポンサー(3) CROOZさん✓ ミラクル・リナックスさん✓ フリークアウトさん✓ ぐるなびさん✓
  • 9. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 トレーナー 須藤 運営✓ 進行と全体を気にかける係✓ リーダブルコード(本)の 「解説」の著者 ✓
  • 10. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 メンター 参加者のサポート係✓ 現役超優秀エンジニア✓ スポンサー企業または運営✓ 新しい視点を与えてくれる →困ったり悩んだら積極的に相談✓ ✓
  • 11. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 この勉強会の目的 参加者の リーダブルコード力の レベルアップ
  • 12. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 目的の理由 OSSの開発に 役立つから
  • 13. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 役立つ場面例 Pull Requestを送るとき 開発者にリーダブルなコード →なるほど、こうしたいのか!✓ →話が進みやすい✓ ✓
  • 14. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 参加者の目的の再確認 SEゼミ OSSを開発したい!✓ ✓ リーダブルコード勉強会 リーダブルコード力のレベルアップ✓ ↑はOSSの開発に役立つから✓ ✓
  • 15. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 目的の実現方法案 テクニックを知る 本を読む(すでに読んだはず!)✓ 教えてもらう✓ 1. テクニックを見つける 他の人のコードを読む✓ 2.
  • 16. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 テクニックを知る メリット すぐにレベルアップできる まとまっているから✓ ✓ ✓ デメリット レベルアップに上限がある 明文化されていないテクニックは知れない✓ ✓ ✓
  • 17. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 テクニックを見つける デメリット すぐには見つけられない まとまっていないから✓ ✓ ✓ メリット レベルアップに上限がない 世の中には野生のリーダブルコードが たくさんあるのだ! ✓ ✓ ✓
  • 18. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 テクニック発見パターン よいテクニックを盗む この書き方読みやすいな!✓ →自分のコードに取り入れよう!✓ 1. よいテクニックを発想する この書き方読みにくいな…✓ →こうすると読みやすくなるな!✓ 2.
  • 19. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 目的の実現方法 テクニックを知る 本やWebサイトで学んで✓ 1. テクニックを見つける この勉強会で体験して✓ 2.
  • 20. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 実現方法の概要 コードを 読まざるを得ない 状況で開発
  • 21. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 具体的な実現方法 全員共通の課題を用意1. 課題を実装2. 実装を交換3. 交換した実装で開発継続 ↑他の人のコードを読まないと 継続して開発できない! ✓ 4.
  • 22. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 今日の流れ - 午前 10:00- 進め方の説明✓ 10:40- 実装✓ 12:00- 無料ランチ (フリークアウトさん提供!) ✓ 13:00- スポンサーのLT✓
  • 23. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 今日の流れ - 昼下がり 13:30- メビュー✓ 13:40- チェンジして実装✓ 15:30- グループふりかえり✓ 16:10- ふりかえり内容紹介✓
  • 24. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 今日の流れ - 夕方 16:20- メビュー✓ 16:50- まとめ✓ 17:00- 質疑応答✓ 17:30- アンケート記入✓ 18:00- 無料懇親会✓
  • 25. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 参考情報 OSSの開発と リーダブル コード
  • 26. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 リーダブルコード? リーダブル コードは どんなコード?
  • 27. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 リーダブルコード 読む人が 読みやすいなら リーダブル
  • 28. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 リーダブル 読む人違えばリーダブルも違う✓ OSS毎に読む人が違う →OSS毎にリーダブルも違う!✓ どうすれば…✓ ✓
  • 29. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 ヒント:OSSの開発 コードを読むことは当たり前 オープンソースの定義(2/10): 「ソースコードを含むこと」✓ ✓ コードを読めること →オープンソースの特徴の1つ✓ ✓ オープンソースソフトウェアとは「オープンソースの定義」を 満たしたライセンスが設定されているソフトウェアのこと
  • 30. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 OSSのリーダブルを知る方法 コードを読む ↓ リーダブルが わかる
  • 31. 進め方 Powered by Rabbit 2.1.7 今日やること コードを読む1. テクニックを見つける2. ↑を活かしてコードを書く3. ↓ OSSの開発で当たり前のことをやる ↓ リーダブルコード力アップ!