SlideShare a Scribd company logo

Rubyと仕事と自由なソフトウェア

Rubyで仕事をしているみなさんに自由なソフトウェアのことを知ってもらいたい!

1 of 40
Download to read offline
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
Rubyと仕事と
自由なソフトウェア
須藤功平
株式会社クリアコード
Rubyセミナー Online
2021-01-22
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
私とRubyと仕事と自由なソフトウェア
2003年より自由なソフトウェアを開発
✓
2004年よりRubyコミッター
✓
2006年よりクリアコードに勤務
✓
2008年よりクリアコード代表取締役
✓
2009年よりRubyKaigiにスポンサー
2011年までは日本Ruby会議
✓
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
クリアコード
↓の両立を重視
自由なソフトウェアの推進
✓
稼ぐ
✓
✓
Rubyの活用方法
ミドルウェアの柔軟性向上
メールフィルター・全文検索エンジン・ログコレクター・…
✓
Webアプリはあまり作らない
✓
✓
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
想定参加者
業務で
Rubyを使っている
プログラマー
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
話すこと
自由なソフトウェア?
✓
仕事と自由なソフトウェア
✓
Rubyの仕事で自由なソフトウェア
実現方法の紹介
✓
事例紹介
✓
✓
Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1
話したかった!
が!
まとまらなかった!

Recommended

Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
Spark Streamingを活用したシステムの検証結果と設計時のノウハウ
Spark Streamingを活用したシステムの検証結果と設計時のノウハウSpark Streamingを活用したシステムの検証結果と設計時のノウハウ
Spark Streamingを活用したシステムの検証結果と設計時のノウハウFuture Of Data Japan
 

More Related Content

What's hot

Is spark streaming based on reactive streams?
Is spark streaming based on reactive streams?Is spark streaming based on reactive streams?
Is spark streaming based on reactive streams?chibochibo
 
Sparkパフォーマンス検証
Sparkパフォーマンス検証Sparkパフォーマンス検証
Sparkパフォーマンス検証BrainPad Inc.
 
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC EnterpriseYusukeKuramata
 
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入りRubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入りKouhei Sutou
 
最近のストリーム処理事情振り返り
最近のストリーム処理事情振り返り最近のストリーム処理事情振り返り
最近のストリーム処理事情振り返りSotaro Kimura
 
SparkやBigQueryなどを用いた モバイルゲーム分析環境
SparkやBigQueryなどを用いたモバイルゲーム分析環境SparkやBigQueryなどを用いたモバイルゲーム分析環境
SparkやBigQueryなどを用いた モバイルゲーム分析環境yuichi_komatsu
 
20111215_第1回EMR勉強会発表資料
20111215_第1回EMR勉強会発表資料20111215_第1回EMR勉強会発表資料
20111215_第1回EMR勉強会発表資料Kotaro Tsukui
 
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せます
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せますゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せます
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せますinfinite_loop
 
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本Sotaro Kimura
 
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜Tanaka Yuichi
 
Tez on EMRを試してみた
Tez on EMRを試してみたTez on EMRを試してみた
Tez on EMRを試してみたSatoshi Noto
 
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearch
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearchAWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearch
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearchAmazon Web Services Japan
 
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~sugiyama koki
 
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤と
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤とEmbulkとDigdagとデータ分析基盤と
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤とToru Takahashi
 
Sparkストリーミング検証
Sparkストリーミング検証Sparkストリーミング検証
Sparkストリーミング検証BrainPad Inc.
 
Spark GraphX で始めるグラフ解析
Spark GraphX で始めるグラフ解析Spark GraphX で始めるグラフ解析
Spark GraphX で始めるグラフ解析Yosuke Mizutani
 
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」Hiromitsu Ito
 

What's hot (20)

Is spark streaming based on reactive streams?
Is spark streaming based on reactive streams?Is spark streaming based on reactive streams?
Is spark streaming based on reactive streams?
 
Sparkパフォーマンス検証
Sparkパフォーマンス検証Sparkパフォーマンス検証
Sparkパフォーマンス検証
 
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise
今注目のSpark SQL、知っておきたいその性能とは 20151209 OSC Enterprise
 
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入りRubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り
RubyもApache Arrowでデータ処理言語の仲間入り
 
最近のストリーム処理事情振り返り
最近のストリーム処理事情振り返り最近のストリーム処理事情振り返り
最近のストリーム処理事情振り返り
 
SparkやBigQueryなどを用いた モバイルゲーム分析環境
SparkやBigQueryなどを用いたモバイルゲーム分析環境SparkやBigQueryなどを用いたモバイルゲーム分析環境
SparkやBigQueryなどを用いた モバイルゲーム分析環境
 
20111215_第1回EMR勉強会発表資料
20111215_第1回EMR勉強会発表資料20111215_第1回EMR勉強会発表資料
20111215_第1回EMR勉強会発表資料
 
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せます
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せますゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せます
ゲームのインフラをAwsで実戦tips全て見せます
 
NetflixにおけるPresto/Spark活用事例
NetflixにおけるPresto/Spark活用事例NetflixにおけるPresto/Spark活用事例
NetflixにおけるPresto/Spark活用事例
 
Spark shark
Spark sharkSpark shark
Spark shark
 
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本
Kafkaを活用するためのストリーム処理の基本
 
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜
初めてのSpark streaming 〜kafka+sparkstreamingの紹介〜
 
Tez on EMRを試してみた
Tez on EMRを試してみたTez on EMRを試してみた
Tez on EMRを試してみた
 
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearch
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearchAWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearch
AWS Black Belt Techシリーズ Amazon CloudSearch
 
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~
Spark Streamingを使ってみた ~Twitterリアルタイムトレンドランキング~
 
噛み砕いてKafka Streams #kafkajp
噛み砕いてKafka Streams #kafkajp噛み砕いてKafka Streams #kafkajp
噛み砕いてKafka Streams #kafkajp
 
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤と
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤とEmbulkとDigdagとデータ分析基盤と
EmbulkとDigdagとデータ分析基盤と
 
Sparkストリーミング検証
Sparkストリーミング検証Sparkストリーミング検証
Sparkストリーミング検証
 
Spark GraphX で始めるグラフ解析
Spark GraphX で始めるグラフ解析Spark GraphX で始めるグラフ解析
Spark GraphX で始めるグラフ解析
 
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」
2014-10-17 「“A9共催! AWSプロダクトシリーズ よくわかる AWS CloudSearch” スクーでのCloudSearch利用実例」
 

Similar to Rubyと仕事と自由なソフトウェア

ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版DIVE INTO CODE Corp.
 
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座DIVE INTO CODE Corp.
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマーKouhei Sutou
 
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1Takuya Mukohira
 
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェア
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェアRubyを使った分散全文検索ミドルウェア
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェアKouhei Sutou
 
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発Koichi Shimozono
 
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座DIVE INTO CODE Corp.
 
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetupS Akai
 
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料慎平 仁藤
 
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話Tokoroten Nakayama
 
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話Drecom Co., Ltd.
 
はじめてがアジャイル
はじめてがアジャイルはじめてがアジャイル
はじめてがアジャイルKenichi Takahashi
 
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点masayoshi takahashi
 
2017年3月13日勉強会発表資料
2017年3月13日勉強会発表資料2017年3月13日勉強会発表資料
2017年3月13日勉強会発表資料shogo yamada
 
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02Masaya Konishi
 
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーiQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーImamura Masayuki
 
Productive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyProductive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyHiroshi SHIBATA
 
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみましたSatoshi Yokoi
 
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介Yasushi Ishikawa
 

Similar to Rubyと仕事と自由なソフトウェア (20)

ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
ゼロからのプログラミングRails講座 Codeanywhere版
 
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
【入門】3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミングRails講座
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマー
 
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1
苫小牧高専 ソフトウェアテクノロジー部 Rubyで遊ぼう 1
 
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェア
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェアRubyを使った分散全文検索ミドルウェア
Rubyを使った分散全文検索ミドルウェア
 
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発
Ruby on Rails を用いたWEBアプリケーションの開発
 
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座アイデアを形にする  ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
アイデアを形にする ③3時間でアプリ公開!ゼロからのプログラミング講座
 
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
遅いクエリと向き合う仕組み #CybozuMeetup
 
リアルビジネスRuby
リアルビジネスRubyリアルビジネスRuby
リアルビジネスRuby
 
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料
20150228_渋谷Webエンジニア朝会LT資料
 
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが3ヶ月生き延びた話
 
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話
Rubyの会社でPythonistaが三ヶ月生き延びた話
 
はじめてがアジャイル
はじめてがアジャイルはじめてがアジャイル
はじめてがアジャイル
 
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点
Webデベロッパの祭典@東京:Webエンジニアの視点
 
2017年3月13日勉強会発表資料
2017年3月13日勉強会発表資料2017年3月13日勉強会発表資料
2017年3月13日勉強会発表資料
 
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02
私とRubyの付き合い方 - 岡山Ruby会議02
 
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナーiQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
iQONの開発手法 at iQONエンジニアセミナー
 
Productive Organization with Ruby
Productive Organization with RubyProductive Organization with Ruby
Productive Organization with Ruby
 
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました
新事業がどんどん出来て組織が拡大中のフェーズのランサーズがどんな感じでプロジェクトを回しているのかまとめてみました
 
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介
Rubyプログラミング教育に対する取り組みと事例紹介
 

More from Kouhei Sutou

RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システムPostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システムKouhei Sutou
 
Improve extension API: C++ as better language for extension
Improve extension API: C++ as better language for extensionImprove extension API: C++ as better language for extension
Improve extension API: C++ as better language for extensionKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システムKouhei Sutou
 
全文検索でRedmineをさらに活用!
全文検索でRedmineをさらに活用!全文検索でRedmineをさらに活用!
全文検索でRedmineをさらに活用!Kouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナー
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナーMySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナー
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナーKouhei Sutou
 
PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!
 PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索! PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!
PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!Kouhei Sutou
 
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システムPostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム
PostgreSQLとPGroongaで作るPHPマニュアル高速全文検索システム
 
Improve extension API: C++ as better language for extension
Improve extension API: C++ as better language for extensionImprove extension API: C++ as better language for extension
Improve extension API: C++ as better language for extension
 
PGroonga & Zulip
PGroonga & ZulipPGroonga & Zulip
PGroonga & Zulip
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速でリッチな全文検索システム
 
全文検索でRedmineをさらに活用!
全文検索でRedmineをさらに活用!全文検索でRedmineをさらに活用!
全文検索でRedmineをさらに活用!
 
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナー
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナーMySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナー
MySQL・PostgreSQL上で動かす全文検索エンジン「Groonga」セミナー
 
PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!
 PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索! PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!
PHPでPostgreSQLとPGroongaを使って高速日本語全文検索!
 
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?
MySQLとPostgreSQLと日本語全文検索 - Azure DatabaseでMroonga・PGroongaを使いたいですよね!?
 

Recently uploaded

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)Kanta Sasaki
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHubK Kinzal
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfMatsushita Laboratory
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんtoshinori622
 

Recently uploaded (8)

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
 

Rubyと仕事と自由なソフトウェア

  • 1. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 Rubyと仕事と 自由なソフトウェア 須藤功平 株式会社クリアコード Rubyセミナー Online 2021-01-22
  • 2. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私とRubyと仕事と自由なソフトウェア 2003年より自由なソフトウェアを開発 ✓ 2004年よりRubyコミッター ✓ 2006年よりクリアコードに勤務 ✓ 2008年よりクリアコード代表取締役 ✓ 2009年よりRubyKaigiにスポンサー 2011年までは日本Ruby会議 ✓
  • 3. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 クリアコード ↓の両立を重視 自由なソフトウェアの推進 ✓ 稼ぐ ✓ ✓ Rubyの活用方法 ミドルウェアの柔軟性向上 メールフィルター・全文検索エンジン・ログコレクター・… ✓ Webアプリはあまり作らない ✓ ✓
  • 4. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 想定参加者 業務で Rubyを使っている プログラマー
  • 5. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 話すこと 自由なソフトウェア? ✓ 仕事と自由なソフトウェア ✓ Rubyの仕事で自由なソフトウェア 実現方法の紹介 ✓ 事例紹介 ✓ ✓
  • 6. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 話したかった! が! まとまらなかった!
  • 7. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 まとめる作業 関連資料の再確認 www.gnu.orgの資料 ✓ opensource.orgの資料 ✓ ✓ クリアコード・自分の活動の再確認 関連資料との考え方の違いはある? ✓ 自分はどう思う?どう感じる? ✓ ✓
  • 8. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 わからなくなった! 自分の活動はそれほどでもなかった 悪くはないと思う ✓ けど、そんなにすごいわけではない ✓ ✓ 考えていた構成が微妙な気持ちになった 自由なソフトウェアをそんなに推進していない ✓ ✓
  • 9. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 話すこと 私のもやっとを聞いて どう思ったか教えて!
  • 10. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェア ユーザーの 開発元ではない! ✓ ✓ コンピューティングの自由が 自分がどうコンピューターを使うかを コントロールできる ✓ ✓ 保証されたソフトウェア ✓ 自由ソフトウェアとは? https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html
  • 11. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアの定義 目的を問わずプログラムを実行する自由 使い方を開発元にコントロールされない ✓ プログラムを研究・改造する自由 学べる・パッチを書ける。私はこれがすごく欲しい。 ✓ コピーを再配布する自由 ✓ 改変したバージョンを配布する自由 パッチを共有できる。共同開発できる。私はこれもすごく欲しい。 ✓ 最初の2つは各ユーザーがコントロールするため 最後の2つは複数のユーザーが集団でコントロールするため 自由ソフトウェアとは?https://www.gnu.org/philosophy/free-sw.html
  • 12. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 なぜ自由なソフトウェアが重要なのか ユーザーがコントロールできないと… 開発元がユーザーをコントロールできる ✓ ✓ 開発元が悪用する余地がある 例:開発元に嫌われたら使えないかも あなたは悪だと私が判断したので使わせません ✓ ✓ ポジティブな理由:ユーザーがみんなと協力できる 自由ソフトウェアはいまやさらに重要だ https://www.gnu.org/philosophy/free-software-even-more-important.html
  • 13. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 なぜ自由なソフトウェアが重要なのか 私の場合 重要そうな気がするから… コンピューターを使い始めた頃 自由なソフトウェアのユーザーで助かったから ✓ 自由なソフトウェアがより多い世界のほうが 少なくとも自分はうれしそう ✓ ✓ 倫理的にそうするべきというのは そんな気はするけど説明はできない… ✓
  • 14. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 なぜ自由なソフトウェアが重要なのか 仕事の場合 コントロールできないことはリスク 例:すぐに直さないとクリティカル! ✓ 開発元:半年後に対応する→困る ✓ 自分たちで直す選択肢がある ✓ ✓ 素早く学べることは競争力の源泉 自由なソフトウェアは学ぶよい材料 ✓ ✓
  • 15. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 重要だと思う? 私はうまく伝えられた経験があまりない… 不自由だけど便利なソフトウェアは使わないの? ✓ 自由を大事にするって不自由だね… それは不自由じゃなくて不便なんだよ… 自由で便利なソフトウェアを増やしたいな! ✓ ✓ 不自由なソフトウェアと比べたときの 自由なソフトウェアのメリットは? そういうんじゃなくて 自由が重要だと思うから自由を守りたい たとえ今は実現できていても守らないと失われていくかもしれない ✓ ✓
  • 16. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 メリットを教えてよー それが「自由なソフトウェア」と 「オープンソース」の考え方の違い どちらもだいたい同じソフトウェアを指す 自由なソフトウェア:自由が大事だから守る ✓ オープンソース:自由なソフトウェアの方に 実用的なメリットがあるからそうする ✓ ✓ なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのか https://www.gnu.org/philosophy/open-source-misses-the-point.html What is "free software" and is it the same as "open source"? https://opensource.org/faq#free-software
  • 17. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 不自由なソフトウェアとのスタンス 普通 悪い よい 自由なソフトウェア 不自由なソフトウェア 自由なソフトウェア オープンソース 不自由なソフトウェア オープンソース ソフトウェア なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのか https://www.gnu.org/philosophy/open-source-misses-the-point.html
  • 18. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 オープンソースのメリット 不自由なソフトウェアより よいソフトウェアを作れる ソースコードを共有する自由があるので みんなで共同開発できる ✓ ✓ ユーザーがソフトウェアを コントロールできるので ベンダーロックインを避けられる ✓ https://opensource.org/about
  • 19. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 企業で利用するメリット 一から作るより速くできることが多い ✓ 問題時に自分たちで調査・修正できる 複数のベンダーに協力依頼できる ✓ ✓ 安いことが多い(無料であることも多い) ✓
  • 20. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 企業で開発するメリット 技術面での対外的なアピールに使える 人事・案件獲得・ユーザー獲得 ✓ ✓ 社内の技術力アップ 一部をOSSとして切り出す:設計力アップ ✓ 既存のOSSの開発に参加:全体的にアップ 社内とは違った開発スタイルから学ぶ ✓ ✓ 社外の協力を得られることもある 新規でOSSを公開する場合は滅多に発生しない ✓
  • 21. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 オープンソースよさそう? 「自由が重要」よりもピンとくる? ✓ 結果的に自由なソフトウェアが増えるなら オープンソースの説明でいいんじゃない? そうなのかなぁ…いいのかなぁ… ✓ ✓
  • 22. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私のもやっと(1) オープンソースのメリットよりも 大きな実用的なメリットが 不自由なソフトウェアで実現される 世界がきたらどうなる? たとえばクラウドサービスみたいななにか ✓ ✓ 不自由なソフトウェアばかりだけど 便利な(気がする?)世界 学びにくく自分たちで調査修正できない世界… ✓ ✓
  • 23. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 オープンソースとGitHub GitHubは不自由なソフトウェア GitHubはオープンソースを応援している https://github.com/open-source ✓ ✓ 自由なソフトウェアの開発のために 不自由なソフトウェアを活用する? 自由なソフトウェアを重視していると言えるのか ✓ ✓
  • 24. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアとサービス 自由なソフトウェア 自分のコンピューターで実行するときの話 ✓ 手元にソフトウェアのコピーがあるときの話 ✓ ✓ サービス 手元にソフトウェアのコピーがない ✓ 「自由」・「不自由」と区別する事に意味がない ✓ ✓ Network Services Aren't Free or Nonfree; They Raise Other Issues https://www.gnu.org/philosophy/network-services-arent-free-or-nonfree.html
  • 25. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアとサービス 自由なソフトウェアは 不自由なソフトウェアで実装された サービスを使うべきでないのか 現時点ではなんとも言えない! なんとも言えないのか! ✓ ✓ ただし、使うべきではないサービスはある ローカルで実行していた処理を代替するサービス 不自由なソフトウェアをローカルで使うことと同じ ✓ ✓ Network Services Aren't Free or Nonfree; They Raise Other Issues https://www.gnu.org/philosophy/network-services-arent-free-or-nonfree.html
  • 26. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアと 衝突しないサービス ユーザーのコンピューティングではない サービス 情報をやりとりするサービス ✓ ✓ 例:Webサービス・リポジトリーサイト GitHub:リポジトリーサイトの1つ 自由なソフトウェアの開発にGitHubを活用することはアリなの!? ✓ ✓ そのサーバはいったい誰にサーブするのか? https://www.gnu.org/philosophy/who-does-that-server-really-serve.html
  • 27. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアとGitHub 自由なソフトウェアの中でも特に GNUプロジェクトのリポジトリーに適切な サービスを評価 GitHub:不適格 不自由なJavaScriptを使わないといけないから そこかー! ✓ gitlab.com:悪くない ✓ ✓ GNU Ethical Repository Criteria Evaluations https://www.gnu.org/software/repo-criteria-evaluation.html
  • 28. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私の落としどころ 基本的にgitlab.comを使おう https://gitlab.com/clear-code ✓ なにか理由があるときはGitHubを使おう GitHubにあるプロジェクトの開発に参加する ✓ 関連プロジェクトがGitHubを使っている 例:ruby/csvとかruby/fiddleとかのdefault gem/bundled gem ✓ ✓
  • 29. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私のもやっと(2) 不自由なソフトウェアを活用する 自由なソフトウェアの開発 例:CUDAを活用する機械学習ツール ✓ ✓ オープンソースならアリ よりよいソフトウェアを作ることが目的 ✓ ✓ 自由なソフトウェアならナシ ✓ なぜ、オープンソースは自由ソフトウェアの的を外すのか https://www.gnu.org/philosophy/open-source-misses-the-point.html
  • 30. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 Red Data Tools Ruby用のデータ処理ツールを提供 https://red-data-tools.github.io/ja/ Rubyでデータ処理の仕事をできるように! ✓ ✓ Apache Arrowの開発にも参加 https://arrow.apache.org/ 各種言語で使えるデータ処理の共通基盤を開発 ✓ ✓
  • 31. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 Apache ArrowとCUDA 基本的なサポートが入っている がっつりサポートはRAPIDSという別プロジェクト https://rapids.ai/ ✓ ✓ Rubyサポートのために NVIDIAのGPUを用意して開発 Rubyでできることを増やすためだけど 不自由なソフトウェアの利用を促進するよなぁ… ✓ ✓
  • 32. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私の落としどころ もやっとするけどやるかぁ… ✓
  • 33. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 私のもやっと(3) お客さんへはオープンソースな説明 成果をオープンソースにすると お客さんにはこんなメリットがありますよ! ✓ ✓ 社内・こういう場などでだけ 自由なソフトウェアな説明 自由なソフトウェアの話をしているだけ 悪くないと思うんだけどこのくらいでいいのか… ✓ ✓
  • 34. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 自由なソフトウェアで仕事 利用して製品開発 例:Railsを使って受託開発・自社サービス開発 ✓ ✓ 販売・サポートサービス提供 例:Red Hat Enterprise Linux ✓ ✓ 無料で配布して宣伝し、別のところで稼ぐ 例:Redmineは無料 RedmineのクラウドサービスMy Redmineは有料 ✓ ✓
  • 35. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 最近のもやっと事例 よくあるパッケージのように ライセンス販売してくれないか? 背景:社内手続きが楽になるから ✓ ✓ 元のソフトウェアはリライセンス可能な 自由なソフトウェア やれなくはないけど 自由なソフトウェアを不自由なソフトウェア として提供することになる… ✓ ✓
  • 36. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 落としどころ ソリューション(?)として提供しよう! パッケージ・設定・配布・サポート一式を提供 ✓ ✓ お客さんは自由なソフトウェアを使える でもそういう伝え方はしていない ✓ この提供方法なら手続きを進めやすい? ✓ ✓
  • 37. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 OSSサポート事例 オープンソースに取り組みたい企業を サポート 例:Speeeさん ✓ ✓ サポート内容例: オープンソースプロジェクトの開発に 参加する方法をレクチャー ✓ 新入社員へなぜこの組織はオープンソースに 取り組みたいのかを説明 ✓ ✓
  • 38. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 OSSサポート事例の落としどころ 興味がある人には自由なソフトウェアの ことも伝える 今回みたいにあまりうまく説明できないけど… ✓ ✓
  • 39. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 まとめ 業務でRubyを使っているプログラマーが 業務でより自由なソフトウェアを活用する ノウハウを紹介したかった! オープンソースの話っぽくなってボツ ✓ ✓ 自由なソフトウェアに関する 私のもやっとを共有した そんなにRubyは関係なくなってしまった… ✓ なにかしら思うところがあればうれしいな… ✓ ✓
  • 40. Rubyと仕事と自由なソフトウェア Powered by Rabbit 3.0.1 連絡先 クリアコード https://www.clear-code.com/contact/ Ruby・自由なソフトウェア・オープンソース・ 仕事のことなどなど ✓ ✓ Red Data Tools https://gitter.im/red-data-tools/ja Rubyをデータ処理で使うことについて ✓ ✓