SlideShare a Scribd company logo

実践リーダブルコードのまとめ

2015-03-06開催の実践リーダブルコードのまとめと次のステップの説明。

1 of 19
Download to read offline
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
まとめと次のステップ
須藤功平
株式会社クリアコード
実践リーダブルコード
2015-03-06
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
講座の目的
自分の開発チームに✓
リーダブルなコードが
当たり前な文化の作り方を
✓
持ち帰る✓
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
文化の作り方の流れ(1)
リーダブルコードの必要性を
チームで共有
改良・修正が多いなら必要✓
継続的に改良・修正したいか✓
チームとして改良・修正したいか✓
✓
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
文化の作り方の流れ(2)
チームでのリーダブルの基準を
育てる
「読む人」が
読みやすいなら
リーダブル
✓
「読む人」が変われば基準が変わる✓
→読む人が違うのでチーム毎に違う✓
✓
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
文化の作り方の流れ(3)
基準の育て方
各メンバーがコードを読む✓
リーダブルだと思ったコードを共有✓
チームとしてリーダブルかを判断✓
→チームの基準に加わる✓
✓
まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7
基準の育て方(1)
コードを読む文化を作る
まず自分が読み始める✓
リーダブルなコードを探す✓
見つけたリーダブルなコードを
他のメンバーに伝える(後述)
✓
→コードが読まれるという自覚が
チームに浸透
✓
✓
今日やったのはここまで

Recommended

リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方Kouhei Sutou
 
子ども向けプログラミング道場を運営してみたお話し〜CoderDojo長岡京と、時々、EC2〜
子ども向けプログラミング道場を運営してみたお話し〜CoderDojo長岡京と、時々、EC2〜子ども向けプログラミング道場を運営してみたお話し〜CoderDojo長岡京と、時々、EC2〜
子ども向けプログラミング道場を運営してみたお話し〜CoderDojo長岡京と、時々、EC2〜Akira Nagata
 
kintoneとカラーユニバーサルデザイン
kintoneとカラーユニバーサルデザインkintoneとカラーユニバーサルデザイン
kintoneとカラーユニバーサルデザインKobayashi Daisuke
 
チームで取り組む!サイボウズのアクセシビリティ 開発プロセスにアクセシビリティをインクルードする | GAAD Japan 2021
チームで取り組む!サイボウズのアクセシビリティ 開発プロセスにアクセシビリティをインクルードする | GAAD Japan 2021チームで取り組む!サイボウズのアクセシビリティ 開発プロセスにアクセシビリティをインクルードする | GAAD Japan 2021
チームで取り組む!サイボウズのアクセシビリティ 開発プロセスにアクセシビリティをインクルードする | GAAD Japan 2021Kobayashi Daisuke
 
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話
ゲーム会社で
ゲーム以外のことを開発してる話Riou Tomita
 
SEゼミ2015 - コードチェンジ
SEゼミ2015 - コードチェンジSEゼミ2015 - コードチェンジ
SEゼミ2015 - コードチェンジKouhei Sutou
 
SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習Kouhei Sutou
 
私にとってのテスト
私にとってのテスト私にとってのテスト
私にとってのテストTakuto Wada
 

More Related Content

Similar to 実践リーダブルコードのまとめ

実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジKouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要Kouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習Kouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえりリーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえりKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - 練習
SEゼミ2015 - 練習SEゼミ2015 - 練習
SEゼミ2015 - 練習Kouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえりSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえりKouhei Sutou
 
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティス
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティスチーム開発におけるDevとOpsのプラクティス
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティスTsubasa Hirota
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後Kouhei Sutou
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方Kouhei Sutou
 
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptx
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptxsitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptx
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptxssuser5bff5a
 
実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえりKouhei Sutou
 
実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえりKouhei Sutou
 
作る人から作りながら運用する人になっていく
作る人から作りながら運用する人になっていく作る人から作りながら運用する人になっていく
作る人から作りながら運用する人になっていくRyo Mitoma
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめKouhei Sutou
 
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019満徳 関
 

Similar to 実践リーダブルコードのまとめ (20)

実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ実践リーダブルコードのまとめ
実践リーダブルコードのまとめ
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のまとめ
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - 練習
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえりリーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のグループふりかえり
 
SEゼミ2015 - 練習
SEゼミ2015 - 練習SEゼミ2015 - 練習
SEゼミ2015 - 練習
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえりSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のグループふりかえり
 
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティス
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティスチーム開発におけるDevとOpsのプラクティス
チーム開発におけるDevとOpsのプラクティス
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
 
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptx
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptxsitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptx
sitTokyo2022_Dev_05_Kawanabe.pptx
 
実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり
 
実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり
 
作る人から作りながら運用する人になっていく
作る人から作りながら運用する人になっていく作る人から作りながら運用する人になっていく
作る人から作りながら運用する人になっていく
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
 
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
Visual Studio 2019 / Visual Studio Code + Live Shareではじめるモブ・プログラミング #vs2019
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

実践リーダブルコードのまとめ

  • 1. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 まとめと次のステップ 須藤功平 株式会社クリアコード 実践リーダブルコード 2015-03-06
  • 2. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 講座の目的 自分の開発チームに✓ リーダブルなコードが 当たり前な文化の作り方を ✓ 持ち帰る✓
  • 3. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 文化の作り方の流れ(1) リーダブルコードの必要性を チームで共有 改良・修正が多いなら必要✓ 継続的に改良・修正したいか✓ チームとして改良・修正したいか✓ ✓
  • 4. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 文化の作り方の流れ(2) チームでのリーダブルの基準を 育てる 「読む人」が 読みやすいなら リーダブル ✓ 「読む人」が変われば基準が変わる✓ →読む人が違うのでチーム毎に違う✓ ✓
  • 5. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 文化の作り方の流れ(3) 基準の育て方 各メンバーがコードを読む✓ リーダブルだと思ったコードを共有✓ チームとしてリーダブルかを判断✓ →チームの基準に加わる✓ ✓
  • 6. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(1) コードを読む文化を作る まず自分が読み始める✓ リーダブルなコードを探す✓ 見つけたリーダブルなコードを 他のメンバーに伝える(後述) ✓ →コードが読まれるという自覚が チームに浸透 ✓ ✓ 今日やったのはここまで
  • 7. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(2) 次のステップ コミットを読む コード全体ではなく差分を読む✓ 設計の仕方ではなく 開発の仕方が見える ✓ リーダブルなコードを 見つけるには適切 ✓ ✓
  • 8. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(3) コミットの読み方 pull型よりpush型がよい (Git用のオススメツールあり:git-utils) ✓ 読むコストが下がる✓ 流し読む(負担が多いと続かない)✓ 問題探し視点では読まない✓ ✓
  • 9. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(4) リーダブルコードの伝え方 Wikiに書く(全チームで有効)✓ コードで伝える(上級チーム向け)✓ ✓
  • 10. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(5) Wikiに書いて伝える Wikiもdiffを通知できるようにする (RedmineとGitHub用はツールあり) ✓ 後で参照できるため✓ 更新もできるため (リーダブルコードの基準は変わることもある!) ✓ ✓
  • 11. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 基準の育て方(6) コードで伝える 上級チーム向け (チームにコードを読む文化が根付いた後) ✓ リーダブルコードを真似てコミット✓ →他の人:「またこの書き方だ」✓ →真似する人増加→チームが合意✓ →チームが合意→Wikiにまとめる✓ ✓
  • 12. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 おまけ:副次効果 コードを読む文化 新しい人の受け入れにも有用✓ 自分たちが大事にしていることを 開発を通じて徐々に伝えていける ✓ ✓
  • 13. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 来週からやること リーダブルコードの必要性を チームで確認 ✓ →この講座をチームでもやる 資料はすべて再利用可能✓ ✓ →自分がコードを読み始める 自分が変更するコードの周辺から リーダブルコードを探す ✓ ✓
  • 14. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 サポート(1) 今日の資料はすべて再利用可能 チーム内で同じ講座をできる✓ ✓ 無料のフォローアップ面談 チームで実践→悩み ↑の相談に乗る ✓ 受講後3ヶ月以内、1回限り✓ ✓
  • 15. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 サポート(2) コミット読みの支援 OSSとしてツールを公開✓ コミット毎にメールで通知(diff入り)✓ Git、Subversionで使える✓ GitHub、GitLab連携もできる✓ ✓
  • 16. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 おしらせ(1) WEB+DB PRESS Vol.86に寄稿 よいコード・よいコミットについて✓ 2015-4-24発売予定✓ http://www.amazon.co.jp/ dp/4774172480 ✓ ✓
  • 17. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 おしらせ(2) コードリーダー育成支援 http://www.clear-code.com/services/code-reader/ リーダブルなコードが 当たり前な文化づくりを支援
  • 18. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 トラブルシューティング 1人で始めたまま なかなかチームに広げられない 実績を元に リーダーや○○長に協力依頼 実績例:リーダブル基準集✓ 前述の支援サービスを使う✓ →組織として本気で取り組むぞ! というメッセージになる ✓ ✓
  • 19. まとめと次のステップ Powered by Rabbit 2.1.7 クリアコード クリアなコードが大切 クリア == clear == 意図が明確✓ クリアなコードはリーダブルコード✓ ✓ みなさんのチームが リーダブルコードが当たり前な チームになることを応援します!