SlideShare a Scribd company logo

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック

OSS Gateワークショップ(チュートリアル)でのフィードバックの送り方の説明。

1 of 14
Download to read offline
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
フィードバック
須藤功平
株式会社クリアコード
OSS Gateワークショップ
2016-03-26
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
目的の確認
ビギナーの
OSS開発参加への
不安を払拭
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
現状確認
インストールはできた?✓
ドキュメント通り実行できた?✓
楽しんだ?✓
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
フィードバック
メモが溜まっているはず
不備があることを書いたやつ✓
うまくいかないことを書いたやつ✓
✓
upstream(開発元)に報告✓
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
報告方法
整理する
自分の考えが文章になればOK✓
1.
開発者にとって
わかりやすくなるように編集
2.
適切な場所に報告
GitHubのissueとか✓
3.
フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9
1. 整理する
自分で自分の気持ちを理解
自分が読んで理解できる文章に
まとめられれば理解できている
✓
自分が理解できていないことは
開発者にも伝えられない!
✓
まとめて自分のissueにコメント✓
メンターに確認依頼✓
✓
メンターへ:メモ(断片)の文書化を手伝って
例:考えを整理できるような質問をする

Recommended

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめOSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめ
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - まとめKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめ
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - まとめKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックSEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバック
SEゼミ2015 - OSS Hack 4 Beginners - フィードバックKouhei Sutou
 
Azure VMを検証に使う - 便利なHyper-Vスナップショットを使う方法
Azure VMを検証に使う - 便利なHyper-Vスナップショットを使う方法Azure VMを検証に使う - 便利なHyper-Vスナップショットを使う方法
Azure VMを検証に使う - 便利なHyper-Vスナップショットを使う方法Study Group by SciencePark Corp.
 
OSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようOSS Gateを立ち上げよう
OSS Gateを立ち上げようKouhei Sutou
 
DevOpsのはじめの一歩 〜監視の変遷〜
DevOpsのはじめの一歩 〜監視の変遷〜DevOpsのはじめの一歩 〜監視の変遷〜
DevOpsのはじめの一歩 〜監視の変遷〜Akihiro Kuwano
 

More Related Content

What's hot

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順Kouhei Sutou
 
監視のススメ
監視のススメ監視のススメ
監視のススメKei IWASAKI
 
20141118 vSS 2014 大阪
20141118 vSS 2014 大阪20141118 vSS 2014 大阪
20141118 vSS 2014 大阪Midori Ikegami
 
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門Takafumi Yoshida
 
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話Yukiya Hayashi
 
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリーjenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリーJunya Suzuki
 
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例Ryoichi Obara
 
ZabbixでDockerも監視
ZabbixでDockerも監視 ZabbixでDockerも監視
ZabbixでDockerも監視 Atsushi Tanaka
 
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策Tetsuo Yamabe
 
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/Spring
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/SpringZabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/Spring
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/SpringAtsushi Tanaka
 
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話Takayuki Saito
 
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題Masahito Zembutsu
 
Javaの速度比較
Javaの速度比較Javaの速度比較
Javaの速度比較Satoshi Kubo
 
Rancher Meetup Tokyo#3 Storageについて
Rancher Meetup Tokyo#3 StorageについてRancher Meetup Tokyo#3 Storageについて
Rancher Meetup Tokyo#3 StorageについてTetsurou Yano
 
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)Shinichiro Yoshida
 
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」Atsushi Tanaka
 
つながるJavaとTFS
つながるJavaとTFSつながるJavaとTFS
つながるJavaとTFS__Black
 
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.Mutsumi Kamiike
 
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成Tetsurou Yano
 
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜Katsuhiro Miura
 

What's hot (20)

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - OSS開発手順
 
監視のススメ
監視のススメ監視のススメ
監視のススメ
 
20141118 vSS 2014 大阪
20141118 vSS 2014 大阪20141118 vSS 2014 大阪
20141118 vSS 2014 大阪
 
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門
Glassfishで始める モテる!簡単クラスタ入門
 
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話
Attrasian JIRAをv6.3.15からv7.3.2へバージョンアップした話
 
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリーjenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー
jenkinsのすゝめ - 継続的インテグレーションと継続的デリバリー
 
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例
Jenkinsを利用したCI、弊社導入事例
 
ZabbixでDockerも監視
ZabbixでDockerも監視 ZabbixでDockerも監視
ZabbixでDockerも監視
 
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策
継続的デリバリーと読み解く Web 開発あるあるとその対策
 
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/Spring
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/SpringZabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/Spring
Zabbix 3.4の新機能 @OSC 2017 Tokyo/Spring
 
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話
Nagios大好きさんが喋るzabbixとAWS連携の話
 
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
クラウド・コンピューティングの普及に伴うMSPの現状と課題
 
Javaの速度比較
Javaの速度比較Javaの速度比較
Javaの速度比較
 
Rancher Meetup Tokyo#3 Storageについて
Rancher Meetup Tokyo#3 StorageについてRancher Meetup Tokyo#3 Storageについて
Rancher Meetup Tokyo#3 Storageについて
 
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)
【OSC2011広島】共有アプリで遊ぼう!(日本Red5ユーザー会)
 
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」
OSC 2014 Tokyo/Spring 「Zabbix 2.2を使ってみよう」
 
つながるJavaとTFS
つながるJavaとTFSつながるJavaとTFS
つながるJavaとTFS
 
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.
インフラのQA?なにそれ?おいしいの? Meetup in Osaka Ver.
 
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成
Rancher meetuptokyo #4 Vagrant でつくる Rancher HA構成
 
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜
ザビ家の野望 〜 全自動ZABBIX AWS編 〜
 

Similar to OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック

OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!Kouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要Kouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめKouhei Sutou
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後Kouhei Sutou
 
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方Kouhei Sutou
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめKouhei Sutou
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクKouhei Sutou
 
桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ桐島、Rubyやめるってよ
桐島、RubyやめるってよNarihiro Nakamura
 
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?Kouhei Sutou
 
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラ
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラインフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラ
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラsusumu tanaka
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマーKouhei Sutou
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境Fumihito Yokoyama
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクKouhei Sutou
 
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!Hiroko Umetsu
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方Kouhei Sutou
 
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方Kouhei Sutou
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジKouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクKouhei Sutou
 
Voicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarVoicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarManabu Shimobe
 
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築CROOZ, inc.
 

Similar to OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック (20)

OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!OSS開発者を増やしたい!
OSS開発者を増やしたい!
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめリーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大のまとめ
 
リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後リーダブルコードを読んだ後
リーダブルコードを読んだ後
 
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめリーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)のまとめ
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
 
桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ桐島、Rubyやめるってよ
桐島、Rubyやめるってよ
 
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?
開発者は仕事でリーダブルなコードを書けるのか?
 
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラ
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラインフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラ
インフラエンジニアがk8sでアプリを作って見えた今後のインフラ
 
プログラマー
プログラマープログラマー
プログラマー
 
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
密着!わたしのコンソールアプリ開発環境
 
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
 
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬  マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
ゲーム開発環境、もっと楽にできるよ♬ マインクラフトでも実践している DevOpsでゲーム開発を効率化しよう!
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
リーダブルコード勉強会 in 筑波大の進め方
 
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
実践リーダブルコード - 課題の実装の進め方
 
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジリーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
リーダブルコード勉強会 in 筑波大 - コードチェンジ
 
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイクSEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
SEゼミ2015 - リーダブルコード勉強会のアイスブレイク
 
Voicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminarVoicepic@FukuiMASeminar
Voicepic@FukuiMASeminar
 
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
GitLab & web hooks & git-flowで実現する企業向けgit環境の構築
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

OSS Gateワークショップ(チュートリアル) - フィードバック

  • 1. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 フィードバック 須藤功平 株式会社クリアコード OSS Gateワークショップ 2016-03-26
  • 2. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 目的の確認 ビギナーの OSS開発参加への 不安を払拭
  • 3. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 現状確認 インストールはできた?✓ ドキュメント通り実行できた?✓ 楽しんだ?✓
  • 4. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 フィードバック メモが溜まっているはず 不備があることを書いたやつ✓ うまくいかないことを書いたやつ✓ ✓ upstream(開発元)に報告✓
  • 5. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 報告方法 整理する 自分の考えが文章になればOK✓ 1. 開発者にとって わかりやすくなるように編集 2. 適切な場所に報告 GitHubのissueとか✓ 3.
  • 6. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 1. 整理する 自分で自分の気持ちを理解 自分が読んで理解できる文章に まとめられれば理解できている ✓ 自分が理解できていないことは 開発者にも伝えられない! ✓ まとめて自分のissueにコメント✓ メンターに確認依頼✓ ✓ メンターへ:メモ(断片)の文書化を手伝って 例:考えを整理できるような質問をする
  • 7. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 2. 編集する 開発者にとって わかりやすくなるように編集 報告方針をまとめているOSSもある 例:GitHubにあるCONTRIBUTING.md ✓ まとめて自分のissueにコメント✓ メンターに確認依頼✓ ✓ メンターへ:リーダブル化を手伝って 例:自分が開発者ならこう読めると開発者視点を伝える
  • 8. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 ヒント:OSS開発の前提 時間的・空間的に離れている 朝型・夜型・平日・休日・海外…✓ 区外・都外・県外・海外…✓ →直接会わない✓ ✓ でも、情報共有は必要! →インターネット越しに相談✓ ✓
  • 9. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 OSS開発での相談 前提 インターネット越し✓ ✓ ポイント 相手がわかるように書く✓ 例:省略しない(具体的に書く)✓ ✓
  • 10. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 省略例 インストールしました。 動きませんでした。 どうしたらいいでしょうか?
  • 11. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 省略しない例 次のコマンドでインストール しました。 % sudo apt-get install ... (...実行結果...) ↑のように失敗しました。 環境:Ubuntu 15.04 amd64
  • 12. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 なぜ省略しないか 相手は私を知らない(共通知識:少) →省略すると想像しないといけない✓ だいたい想像は外れる✓ →認識違いでおかしなことに…✓ ✓ 相手が理解に必要な時間が減少 やりとりがスムーズになる✓ ✓
  • 13. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 省略しないとは 詳細を書く 実行したコマンド・実行結果✓ ✓ やったことを書く✓ やっていないことを書く✓ 期待した結果を書く✓
  • 14. フィードバック Powered by Rabbit 2.1.9 3. 報告する 適切な場所に報告 OSSによって報告場所は違う✓ ✓ メンターへ 報告に二の足を踏んでいる人の背中 を押してあげて 例:自分が開発者ならこの報告をもらったらうれし い、と開発者視点を伝える ✓ ✓