SlideShare a Scribd company logo

Groongaドキュメント読書会3の進め方

3回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

1 of 35
Download to read offline
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
読書会の
進め方
須藤功平 株式会社クリアコード
Groongaドキュメント読書会3
2014/07/23
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
はじめに
今回は3回目
やり方をわかってきた?手探り?
今回の位置づけ
前回のフィードバックを反映
反映やり方を評価する
評価を元に今後のことを考える
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
フィードバック
メモをとれる速度で進めよう
インストールせず
Groongaを試せる環境を用意
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
タイムテーブル
20:00-20:10: 進め方説明
20:10-21:30: 読む
21:30-22:00: ふりかえり
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
進め方説明
目的・実現方法の確認
読み方の説明
ふりかえり方法の説明
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
目的
参加者が
Groongaの理解を
深めること

Recommended

Groongaドキュメント読書会1の進め方
Groongaドキュメント読書会1の進め方Groongaドキュメント読書会1の進め方
Groongaドキュメント読書会1の進め方Kouhei Sutou
 
gcoreでプロセスメモリダンプ -mysqlプロセスメモリを見てみる-
gcoreでプロセスメモリダンプ -mysqlプロセスメモリを見てみる-gcoreでプロセスメモリダンプ -mysqlプロセスメモリを見てみる-
gcoreでプロセスメモリダンプ -mysqlプロセスメモリを見てみる-monochrojazz
 
MongoDBJP 納涼もんご祭り
MongoDBJP 納涼もんご祭りMongoDBJP 納涼もんご祭り
MongoDBJP 納涼もんご祭りHiroaki Kubota
 
はじめて翻訳記事を書いたら300ブクマ超えた話
はじめて翻訳記事を書いたら300ブクマ超えた話はじめて翻訳記事を書いたら300ブクマ超えた話
はじめて翻訳記事を書いたら300ブクマ超えた話Aki Ariga
 
Stairway to my Family mruby
Stairway to my Family mrubyStairway to my Family mruby
Stairway to my Family mrubykishima7
 
Jaws User Group in Ehime Lightning Talk
Jaws User Group in Ehime Lightning TalkJaws User Group in Ehime Lightning Talk
Jaws User Group in Ehime Lightning TalkKazuaki Ueda
 
冴えないデータセットの育て方
冴えないデータセットの育て方冴えないデータセットの育て方
冴えないデータセットの育て方Kazuhiro Sasao
 

More Related Content

What's hot

#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する
#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する
#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する森下 智裕
 
azure botserviceをもっと身近に
azure botserviceをもっと身近にazure botserviceをもっと身近に
azure botserviceをもっと身近に裕之 木下
 
CloudgarageでRancherに入門したい人生だった
CloudgarageでRancherに入門したい人生だったCloudgarageでRancherに入門したい人生だった
CloudgarageでRancherに入門したい人生だった稔 川口
 
20分で理解する仮想記憶
20分で理解する仮想記憶20分で理解する仮想記憶
20分で理解する仮想記憶magoroku Yamamoto
 
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbookshinyaa31
 
Jubatus解説本の紹介
Jubatus解説本の紹介Jubatus解説本の紹介
Jubatus解説本の紹介JubatusOfficial
 
こわくないPython
こわくないPythonこわくないPython
こわくないPythonKatsuya Arai
 
JavaOne報告会 LT資料
JavaOne報告会 LT資料 JavaOne報告会 LT資料
JavaOne報告会 LT資料 g3akk
 
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOP
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOPこわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOP
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOPKatsuya Arai
 
こわくないPython 補足資料
こわくないPython 補足資料こわくないPython 補足資料
こわくないPython 補足資料Katsuya Arai
 
PNA3秒クッキング
PNA3秒クッキングPNA3秒クッキング
PNA3秒クッキングwizstargaer
 
Don't need docker
Don't need dockerDon't need docker
Don't need dockerGo Yamada
 
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!takaguru
 
Gentoo is painful_but_useful
Gentoo is painful_but_usefulGentoo is painful_but_useful
Gentoo is painful_but_usefulGo Yamada
 
小ゼミ進捗 0601
小ゼミ進捗 0601小ゼミ進捗 0601
小ゼミ進捗 0601robo_lab
 
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行する
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行するPythonでクラウド上のスクリプトを実行する
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行するaoshiman
 
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方時雨 大西
 
Wm勉強会@関西#1
Wm勉強会@関西#1Wm勉強会@関西#1
Wm勉強会@関西#1Yutaka Tsumori
 

What's hot (20)

#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する
#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する
#30 bddについて調べたことを丁寧に説明する
 
azure botserviceをもっと身近に
azure botserviceをもっと身近にazure botserviceをもっと身近に
azure botserviceをもっと身近に
 
CloudgarageでRancherに入門したい人生だった
CloudgarageでRancherに入門したい人生だったCloudgarageでRancherに入門したい人生だった
CloudgarageでRancherに入門したい人生だった
 
20分で理解する仮想記憶
20分で理解する仮想記憶20分で理解する仮想記憶
20分で理解する仮想記憶
 
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook
『JUnit実践入門』写経・実践会 in 横浜 #6 (特別編) #junitbook
 
Jubatus解説本の紹介
Jubatus解説本の紹介Jubatus解説本の紹介
Jubatus解説本の紹介
 
こわくないPython
こわくないPythonこわくないPython
こわくないPython
 
JavaOne報告会 LT資料
JavaOne報告会 LT資料 JavaOne報告会 LT資料
JavaOne報告会 LT資料
 
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOP
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOPこわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOP
こわくないPython その2- ファイナルファンタジーとグレンラガンで学ぶOOP
 
こわくないPython 補足資料
こわくないPython 補足資料こわくないPython 補足資料
こわくないPython 補足資料
 
PNA3秒クッキング
PNA3秒クッキングPNA3秒クッキング
PNA3秒クッキング
 
読書会開催提案
読書会開催提案読書会開催提案
読書会開催提案
 
Don't need docker
Don't need dockerDon't need docker
Don't need docker
 
ハンズオン入門
ハンズオン入門ハンズオン入門
ハンズオン入門
 
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!
chrome拡張機能で ブラウザにp5jsを召喚!
 
Gentoo is painful_but_useful
Gentoo is painful_but_usefulGentoo is painful_but_useful
Gentoo is painful_but_useful
 
小ゼミ進捗 0601
小ゼミ進捗 0601小ゼミ進捗 0601
小ゼミ進捗 0601
 
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行する
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行するPythonでクラウド上のスクリプトを実行する
Pythonでクラウド上のスクリプトを実行する
 
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方
現実世界から学ぶ効率のいいサーバの使い方
 
Wm勉強会@関西#1
Wm勉強会@関西#1Wm勉強会@関西#1
Wm勉強会@関西#1
 

Viewers also liked (8)

Tic
TicTic
Tic
 
Historia palau de mar
Historia palau de marHistoria palau de mar
Historia palau de mar
 
Ti cy telecentros
Ti cy telecentrosTi cy telecentros
Ti cy telecentros
 
Tema 4 aguait
Tema 4 aguaitTema 4 aguait
Tema 4 aguait
 
Carteleria Digital Semanal del 12 al 19 de noviembre
Carteleria Digital Semanal del 12 al 19 de noviembreCarteleria Digital Semanal del 12 al 19 de noviembre
Carteleria Digital Semanal del 12 al 19 de noviembre
 
Fira Guia't Granollers_2012_EURES.pdf
Fira Guia't Granollers_2012_EURES.pdfFira Guia't Granollers_2012_EURES.pdf
Fira Guia't Granollers_2012_EURES.pdf
 
Recursos ti cs equipo 1- junio 2013
Recursos ti cs   equipo 1- junio 2013Recursos ti cs   equipo 1- junio 2013
Recursos ti cs equipo 1- junio 2013
 
Certificació digital. Ana Garcia.
Certificació digital. Ana Garcia.Certificació digital. Ana Garcia.
Certificació digital. Ana Garcia.
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

Groongaドキュメント読書会3の進め方

  • 1. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読書会の 進め方 須藤功平 株式会社クリアコード Groongaドキュメント読書会3 2014/07/23
  • 2. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 はじめに 今回は3回目 やり方をわかってきた?手探り? 今回の位置づけ 前回のフィードバックを反映 反映やり方を評価する 評価を元に今後のことを考える
  • 3. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 フィードバック メモをとれる速度で進めよう インストールせず Groongaを試せる環境を用意
  • 4. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 タイムテーブル 20:00-20:10: 進め方説明 20:10-21:30: 読む 21:30-22:00: ふりかえり
  • 5. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 6. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 目的 参加者が Groongaの理解を 深めること
  • 7. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということだね。」
  • 8. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか1 理解しているか どうかがわかる
  • 9. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解している うまく説明できる 自分の言葉に言い換えられる
  • 10. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解していない 説明に詰まる にごしてしまう
  • 11. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、理解していない! 理解していない ↓ 質問・解説 ↓ 理解
  • 12. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか2 正しく理解して いるかわかる
  • 13. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 間違って理解している 他人の理解と比べると気づける Aさん: 「私は○○と理解」 Bさん: 「私は××と理解」 ↑どちらかの理解が間違っている どちらも正しく、単に表現が違うだけのこともある
  • 14. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、間違っていた! 間違っていた ↓ 訂正 ↓ 正しい理解
  • 15. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということ」
  • 17. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 この進め方で重要なこと 理解できない ↓ 随時質問
  • 18. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 「随時質問」しやすく 発言する敷居を下げるのはどうか (仮説) 一度発言しておく → 自己紹介 「一度発言すること」が目的 → 簡単でよい
  • 19. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 自己紹介 名前 初めての人 自己紹介 2回目以降の人 最近びっくりしたこと
  • 20. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 21. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 22. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 輪読会式を試す 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 23. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ輪読会式か 事前準備がいらなそう → 負担が少なそう 参加者が発言する機会が増える → 質問しやすくなりそう
  • 24. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方 誰かが一区切り読む 理解できたか確認する できていなければ質問・解説 理解できた内容をまとめる これをくりかえす
  • 25. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 まとめる場所 誰でも読める場所ならどこでもOK 自分のブログ Qiita GitHub Pages ...
  • 26. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ誰でも読める場所か 他の人が確認できる 理解が間違っているか確認できる (参加者がうれしいこと) あわよくば… 参加していない人にも 有益な情報を提供したい (Groongaユーザーがうれしいこと)
  • 27. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 もっとあわよくば… 公式ドキュメントを改善したい Groongaユーザーがうれしい! わかりにくい記述 → 改良 未ドキュメントの内容 → 追記
  • 29. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり方法の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 30. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえること 目的は達成できたか 目的: 参加者が理解を深める 進め方について 改良案は?問題点は?
  • 31. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 目的 4.2. リモートアクセス ふーんという感じでピンとこない 4.3. いろいろなデータの保存 動かしながらだと理解は進む 他のデータベースと違う概念の 内容なので面白かった
  • 32. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 進め方1 メモをとる時間が 長めにあってよかった Try Groongaは便利 OS Xではコピペできなくてツライ
  • 33. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 進め方2 20時開始だと会場に入りづらい 今までよりスピードは遅かった 理解度の観点ではよかった 進みが遅いと思う人はいるかも?
  • 34. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 雑感: 次回の進め方 今回くらいのスピードで じっくり進めてみよう 進めてみて感想を聞く 遅い?理解できていい? 次回セットアップしやすいよう セットアップコマンド群を用意
  • 35. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 雑感: Try Groonga コピペできるようにしよう! セッションを保存できるように するかも? dump結果をPostgreSQLに保存 PostgreSQLから取得してリストア