SlideShare a Scribd company logo

Groongaドキュメント読書会2の進め方

2回目の「Groongaドキュメント読書会」は、前回の「Groongaドキュメント読書 会」でのフィードバックを反映して進めます。進め方は前回と同様に輪読会式 を使います。

1 of 32
Download to read offline
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
読書会の
進め方
須藤功平 株式会社クリアコード
Groongaドキュメント読書会2
2014/06/03
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
はじめに
今回は2回目
まだ正解を知らない・手探り
今回の位置づけ
前回と同じやり方をもう一度試す
試したやり方を評価する
評価を元に今後のことを考える
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
タイムテーブル
20:00-20:10: 進め方説明
20:10-21:30: 読む
21:30-22:00: ふりかえり
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
進め方説明
目的・実現方法の確認
読み方の説明
ふりかえり方法の説明
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
目的
参加者が
Groongaの理解を
深めること
読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2
実現方法
公式ドキュメントを順に読む
参加者: 理解できない→随時質問
開発者: 解説
理解した内容を
自分の言葉でまとめる
「ようは○○ということだね。」

Recommended

Groongaドキュメント読書会1の進め方
Groongaドキュメント読書会1の進め方Groongaドキュメント読書会1の進め方
Groongaドキュメント読書会1の進め方Kouhei Sutou
 
qpstudy 〜初心者にやさしいインフラ勉強会〜 の紹介
qpstudy 〜初心者にやさしいインフラ勉強会〜 の紹介qpstudy 〜初心者にやさしいインフラ勉強会〜 の紹介
qpstudy 〜初心者にやさしいインフラ勉強会〜 の紹介Akihiro Kuwano
 
Stanでpsychophysics──階層ベイズモデルで恒常法データを分析する──【※Docswellにも同じものを上げています】
Stanでpsychophysics──階層ベイズモデルで恒常法データを分析する──【※Docswellにも同じものを上げています】Stanでpsychophysics──階層ベイズモデルで恒常法データを分析する──【※Docswellにも同じものを上げています】
Stanでpsychophysics──階層ベイズモデルで恒常法データを分析する──【※Docswellにも同じものを上げています】Hiroyuki Muto
 
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要
リーダブルコードワークショップ(パイオニア向け)の概要Kouhei Sutou
 
Groongaドキュメント読書会5の進め方
Groongaドキュメント読書会5の進め方Groongaドキュメント読書会5の進め方
Groongaドキュメント読書会5の進め方Kouhei Sutou
 
SEゼミ2014 - コードチェンジ
SEゼミ2014 - コードチェンジSEゼミ2014 - コードチェンジ
SEゼミ2014 - コードチェンジKouhei Sutou
 
実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえり実践リーダブルコードのふりかえり
実践リーダブルコードのふりかえりKouhei Sutou
 
Groongaドキュメント読書会4の進め方
Groongaドキュメント読書会4の進め方Groongaドキュメント読書会4の進め方
Groongaドキュメント読書会4の進め方Kouhei Sutou
 

More Related Content

Viewers also liked

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方Kouhei Sutou
 
SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習Kouhei Sutou
 
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要Kouhei Sutou
 
Droongaのはじめかた
DroongaのはじめかたDroongaのはじめかた
DroongaのはじめかたKouhei Sutou
 
Droonga移行後の世界
Droonga移行後の世界Droonga移行後の世界
Droonga移行後の世界Kouhei Sutou
 
実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要Kouhei Sutou
 
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版Kouhei Sutou
 
Groongaドキュメント読書会3の進め方
Groongaドキュメント読書会3の進め方Groongaドキュメント読書会3の進め方
Groongaドキュメント読書会3の進め方Kouhei Sutou
 
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込みアプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込みKouhei Sutou
 
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツール
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツールRabbit - 時間内に終われるプレゼンツール
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツールKouhei Sutou
 

Viewers also liked (12)

SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
SEゼミ2014 - リーダブルコード勉強会の進め方
 
SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習SEゼミ2014 - 練習
SEゼミ2014 - 練習
 
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要
SEゼミ2015 - OSS Hack Weekend - 2日目の概要
 
Droongaのはじめかた
DroongaのはじめかたDroongaのはじめかた
Droongaのはじめかた
 
Droonga移行後の世界
Droonga移行後の世界Droonga移行後の世界
Droonga移行後の世界
 
実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要実践リーダブルコードの概要
実践リーダブルコードの概要
 
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版
Hatoholのログ蓄積・検索機能 2014/12版
 
Groongaドキュメント読書会3の進め方
Groongaドキュメント読書会3の進め方Groongaドキュメント読書会3の進め方
Groongaドキュメント読書会3の進め方
 
Groonga族2014
Groonga族2014Groonga族2014
Groonga族2014
 
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込みアプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み
アプリケーションへのRubyインタープリターの組み込み
 
Groonga族2013
Groonga族2013Groonga族2013
Groonga族2013
 
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツール
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツールRabbit - 時間内に終われるプレゼンツール
Rabbit - 時間内に終われるプレゼンツール
 

More from Kouhei Sutou

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Kouhei Sutou
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowKouhei Sutou
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアKouhei Sutou
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかKouhei Sutou
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataKouhei Sutou
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Kouhei Sutou
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームKouhei Sutou
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムKouhei Sutou
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaKouhei Sutou
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Kouhei Sutou
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムKouhei Sutou
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!Kouhei Sutou
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版Kouhei Sutou
 

More from Kouhei Sutou (20)

Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
Apache Arrow Flight – ビッグデータ用高速データ転送フレームワーク #dbts2021
 
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache ArrowRubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
RubyKaigi Takeout 2021 - Red Arrow - Ruby and Apache Arrow
 
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェアRubyと仕事と自由なソフトウェア
Rubyと仕事と自由なソフトウェア
 
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのかApache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
Apache Arrowフォーマットはなぜ速いのか
 
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow 1.0 - A cross-language development platform for in-memory data
 
Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019Apache Arrow 2019
Apache Arrow 2019
 
Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像Redmine検索の未来像
Redmine検索の未来像
 
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory dataApache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
Apache Arrow - A cross-language development platform for in-memory data
 
Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6Better CSV processing with Ruby 2.6
Better CSV processing with Ruby 2.6
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォームApache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
Apache Arrow - データ処理ツールの次世代プラットフォーム
 
Apache Arrow
Apache ArrowApache Arrow
Apache Arrow
 
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システムMySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
MySQL・PostgreSQLだけで作る高速あいまい全文検索システム
 
MySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroongaMySQL 8.0でMroonga
MySQL 8.0でMroonga
 
My way with Ruby
My way with RubyMy way with Ruby
My way with Ruby
 
Red Data Tools
Red Data ToolsRed Data Tools
Red Data Tools
 
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
Mroongaの高速全文検索機能でWordPress内のコンテンツを有効活用!
 
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システムMariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
MariaDBとMroongaで作る全言語対応超高速全文検索システム
 
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
PGroonga 2 – Make PostgreSQL rich full text search system backend!
 
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
PGroonga 2 - PostgreSQLでの全文検索の決定版
 

Recently uploaded

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)NTT DATA Technology & Innovation
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfMatsushita Laboratory
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdfAyachika Kitazaki
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHubK Kinzal
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。iPride Co., Ltd.
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんtoshinori622
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)Kanta Sasaki
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227ssuserf8ea02
 

Recently uploaded (8)

COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
COPY FROMで異常データをスキップできるようになった話(第45回 PostgreSQLアンカンファレンス@オンライン 発表資料)
 
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdfHarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
HarukiShinkawa_果樹農家が期待する行動への変容を促す仕掛け設計のための収穫作業体験者の行動観察とモデル化_仕掛学2024.pdf
 
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
20240222_Neko_IoTLT_vol9_kitazaki_v1.pdf
 
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
解説: Token Extensions - Solana Developer Hub Online #SolDevHub
 
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
AWS (Amazon Web Services) を勉強してみる おさらい 2024/02/16の勉強会で発表されたものです。
 
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみんscikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
scikit-learn以外の分類器でpipelineを作ってみた! いずみん
 
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
オリジナルNFTを発行するブロックチェーン開発ハンズオン(NFTの発行に必要なツールから実装まで)
 
00001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_2024022700001_test_automation_portfolio_20240227
00001_test_automation_portfolio_20240227
 

Groongaドキュメント読書会2の進め方

  • 1. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読書会の 進め方 須藤功平 株式会社クリアコード Groongaドキュメント読書会2 2014/06/03
  • 2. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 はじめに 今回は2回目 まだ正解を知らない・手探り 今回の位置づけ 前回と同じやり方をもう一度試す 試したやり方を評価する 評価を元に今後のことを考える
  • 3. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 タイムテーブル 20:00-20:10: 進め方説明 20:10-21:30: 読む 21:30-22:00: ふりかえり
  • 4. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 5. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 目的 参加者が Groongaの理解を 深めること
  • 6. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということだね。」
  • 7. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか1 理解しているか どうかがわかる
  • 8. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解している うまく説明できる 自分の言葉に言い換えられる
  • 9. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 理解していない 説明に詰まる にごしてしまう
  • 10. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、理解していない! 理解していない ↓ 質問・解説 ↓ 理解
  • 11. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 どうしてまとめるか2 正しく理解して いるかわかる
  • 12. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 間違って理解している 他人の理解と比べると気づける Aさん: 「私は○○と理解」 Bさん: 「私は××と理解」 ↑どちらかの理解が間違っている どちらも正しく、単に表現が違うだけのこともある
  • 13. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 私、間違っていた! 間違っていた ↓ 訂正 ↓ 正しい理解
  • 14. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 実現方法 公式ドキュメントを順に読む 参加者: 理解できない→随時質問 開発者: 解説 理解した内容を 自分の言葉でまとめる 「ようは○○ということ」
  • 16. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 この進め方で重要なこと 理解できない ↓ 随時質問
  • 17. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 「随時質問」しやすく 発言する敷居を下げるのはどうか (仮説) 一度発言しておく → 自己紹介 「一度発言すること」が目的 → 簡単でよい
  • 18. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 自己紹介 名前 ここ3週間であったこと
  • 19. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 20. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 読み方 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 21. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 輪読会式を試す 輪読会式: 一区切りづつ読む 研究会式: 誰かが講義 発表会式: 参加者が各自発表 参考: http://ja.wikipedia.org/wiki/読書会
  • 22. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ輪読会式か 事前準備がいらなそう → 負担が少なそう 参加者が発言する機会が増える → 質問しやすくなりそう
  • 23. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 進め方 誰かが一区切り読む 理解できたか確認する できていなければ質問・解説 理解できた内容をまとめる これをくりかえす
  • 24. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 まとめる場所 誰でも読める場所ならどこでもOK 自分のブログ Qiita GitHub Pages ...
  • 25. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 なぜ誰でも読める場所か 他の人が確認できる 理解が間違っているか確認できる (参加者がうれしいこと) あわよくば… 参加していない人にも 有益な情報を提供したい (Groongaユーザーがうれしいこと)
  • 26. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 もっとあわよくば… 公式ドキュメントを改善したい Groongaユーザーがうれしい! わかりにくい記述 → 改良 未ドキュメントの内容 → 追記
  • 28. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり方法の説明 目的・実現方法の確認 読み方の説明 ふりかえり方法の説明
  • 29. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえること 目的は達成できたか 目的: 参加者が理解を深める 進め方について 改良案は?問題点は?
  • 30. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 目的 2. インストール 人によっては達成できた アプリケーションを作る人 にとっては興味が薄い内容 3. チュートリアル 大半の参加者は達成できた 動かしながら進めると もっと理解が進んだかも
  • 31. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 ふりかえり結果: 進め方 速くてメモをとるのが 難しかった 実際に動かしてみたかった 会社支給のノートPCなので 新規インストールできない人もいる ノートPCに開発環境がない人もいる
  • 32. 読書会の 進め方 Powered by Rabbit 2.1.2 雑感 次回の進め方 メモをとれる速度で進めよう インストールせずGroongaを試せる 環境があるとよさそう Try Groonga WebブラウザーでGroongaを動かせる のはどうか? Heroku上に作れる?