オープンソースハードウェアのケーススタディー

2,013 views

Published on

2013年4月2日に開催された「NPO法人3Gシールドアライアンス設立記念セミナー」での講演で使用したスライドです。イベントの詳細に関してはこちらを参照してください☞http://a3gs.wiki.fc2.com

Published in: Design
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,013
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
33
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

オープンソースハードウェアのケーススタディー

  1. 1. 3Gシールドアライアンスオープンソースハードウェアのケーススタディ2013年4月2日小林茂(情報科学芸術大学院大学[IAMAS]准教授)
  2. 2. 写真提供:ICC
  3. 3. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  4. 4. 写真撮影:萩原健一
  5. 5. The Maker MovementMakerムーブメント
  6. 6. Makerムーブメント // Maker Movement Makerムーブメントとは?http://hive.slate.com/hive/ http://www.flickr.com/photos/made-america-how-reinvent-american-manufacturing/ tedconference/5343993512/article/the-makers-are-coming
  7. 7. There is something missing in our definition, vision,of a human being: the need to make.We are creatures who need to make.From Advice to the Players in Music Like Dirt by Frank Bidart
  8. 8. JSTサイエンスチャンネル:「作る」が変わる!広がるMakerムーブメントhttp://sc-smn.jst.go.jp/playprg/index/6785
  9. 9. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  10. 10. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  11. 11. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  12. 12. Making Things Why? What? How?ものづくり=なぜ? なにを? どうやって?
  13. 13. What is Open Source Hardware?オープンソースハードウェアとは?
  14. 14. オープンソースハードウェアとは?定義オープンソース・ハードウェア(OSHW)は、誰もがつくり、変更を加え、頒布し、利用できるように一般に対して設計図が公開されている、手に触れることのできる人工物ー機械、装置又はその他の実体のあるものを表す語である。Open Hardware Definition日本語訳(☞http://freedomdefined.org/OSHW/translations/ja)より
  15. 15. オープンソースハードウェアとは?オープンソースの領域 表現 オープン・コンテンツ オープン・デザイン情報 物質 オープンソース・ オープンソース・ ソフトウェア ハードウェア 機能 「FabLife」(田中浩也、2012年、オライリー・ジャパン)より引用
  16. 16. A Case Study of Open Source Hardwareオープンソースハードウェアのケーススタディ
  17. 17. 写真撮影:高尾俊介
  18. 18. 写真提供:ICC
  19. 19. 写真撮影:萩原健一
  20. 20. 風の音楽(鈴木莉紗、鈴木太朗、飯田 誠、荒川忠一)ephemeral melody (Risa Suzuki, Taro Suzuki, Makoto Iida, Chuichi Arakawa)
  21. 21. オリジナル版のGainer、SparkFun版(2種)、互換機Gainer miniとPepper
  22. 22. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  23. 23. ArduinoArduinoとは? Arduinoは、柔軟で使いやすいハードウェアとソフトウェアから構成される、オープンソースの 電子回路プロトタイピング用プラットフォーム。http://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  24. 24. Arduinoビジネスモデル ハードウェア、ソフトウェア、ドキュメンテーションはオープンライセンスの元でリリースされる。 一方で、Arduinoブランドは公式製品を製造するメーカーにライセンスされる。http://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  25. 25. Arduinoビジネスモデルhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  26. 26. ArduinoArduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  27. 27. ArduinoArduinoを活用したプロジェクトhttp://www.slideshare.net/arduinoteam/open-source-hardware-summit-speech-2011
  28. 28. Arduinoチップベンダの対応とひろがり• Wiznetなどのチップベンダはオープンソースハードウェアを構 成する「部品」として自社製品が利用されることに積極的• 2011年夏より米国のRadioShack店頭での取扱いも開始• Microchipなど、評価ボードをArduino互換にする例も• TIとDigi-KeyによるBeagleBoardのような例もある
  29. 29. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  30. 30. FIO 4 x 4 (December, 2007) Designed by Shigeru Kobayashi Funnel I/O (July, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi FIO (December, 2008) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFun Arduino Fio (March, 2010) Designed by Shigeru Kobayashi and SparkFunFIOからArduino Fioへの変遷(2007∼2010年)
  31. 31. Photo by SparkFun Electronics (CC: BY-NC-SA 3.0)
  32. 32. U4 - + F1 C1 S1SparkFunと共同開発している過程での変遷
  33. 33. SparkFun Electronicsと共同開発したFIO(2008年12月発売)http://www.sparkfun.com/products/8957
  34. 34. Funnel IO remixed by seeedstudio, January 10, 2009http://www.seeedstudio.com/blog/2009/01/10/funnel-io-remixed-by-seeedstudio/
  35. 35. SparkFun版(左:2008年12月)とSeeed Studio版(右:2009年1月)
  36. 36. Seeed Studioが販売したFunnel IO Remixedの背面
  37. 37. Fast and Malleable, Nathan Seidle, May 01, 2012http://www.sparkfun.com/news/858
  38. 38. http://arduino.cc/blog/2010/03/19/arduino-fio-presented-at-uno-punto-zero-2/
  39. 39. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  40. 40. iNecklace - v1.0http://www.adafruit.com/products/440
  41. 41. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  42. 42. iCufflinks - v1.0http://www.adafruit.com/products/379
  43. 43. .15 .066 2-56 THREAD .140 .008 COUNTER BORE DEPTH .625 .170 .30 .03 .09 THREAD DEPTH .0350 THREADS PER INCH .01969 PITCH SECTION A-A LOGO DIMS AND POSITION IDENTICAL TO iCUFFLINK NOTE: MATERIAL: ALUMINUM NO SECONDARY OPERATIONS FOR FINISHING DRAWING NAME SCALE SIZE PAGE DATE iNecklace 1:1 A 21/06/11 DRAWING No. DRAWN BY: Drawings are for industrial design control use only and are not MD intended for tool making purposes. Engineering drawings/models must be made for tooling. All specifications for tolerances, tools and manufacturing are the responsibilty of the manufacturer. The ROSS + DOELL INC. / 479 SAMMON AVE, TORONTO designer(s) assumes no product liability for the product. CANADA M4J 2B3 / WWW.ROSSDOELL.COMhttps://github.com/adafruit/iNecklace
  44. 44. Adafruit Industriesウェアラブルな製品を開発した理由• ウェアラブルなオープンソースハードウェアは数多く提案 されてきたが、多くがプリント基板そのままだった• 大規模のメーカーがカスタム部品を使った製品を提案して きたが、ビジネス的にはほとんど失敗している• 大規模のメーカーでは全く採算の取れない1,000個オーダーで も小規模のメーカーにとっては十分にビジネスになる• アクセサリの場合には、少数限定生産は相性が良い• オープンソースハードウェアにして公開することにより、 コミュニティによる改良(電池駆動時間の延長など)も実現で きた
  45. 45. Adafruit Industries課題• カスタム部品と汎用部品のバランス • カスタム部品:仕様をほぼ自由に指定でき、供給をほぼ 自由に制御できる代わりに初期投資が大きい • 汎用部品:既存の仕様の中から最も近いものを選ぶしか ない代わりに、初期投資は小さい
  46. 46. http://store.makerbot.com/replicator-404.html
  47. 47. http://store.makerbot.com/replicator2.html
  48. 48. オープンソースハードウェアを活用したプロジェクト // ProjectsSafecast/Tokyo Hackerspace http://safecast.org http://tokyohackerspace.org
  49. 49. http://blog.safecast.org/ja/2013/03/the-bgeigie-nano-kit/
  50. 50. まとめLessons Learned• オープンソースハードウェアはイノベーション創出を加速する 共通言語• ありとあらゆる用途を想定した「規格」をつくるのでなく、 プロトタイプをつくって、実際に動かしてみる方が効率的• オープンソースハードウェアはハードウェアスタートアップに とっては実践的なビジネスモデルとして機能する• オープンソースハードウェアはまだ黎明期にあり、さまざまな 課題がある• ビジネスモデルのどこに位置付けるのかを明確に意識し、 オープン/クローズドを組合せてポートフォリオを組むのが

×