Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

ソラコム Developers conference #0

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 39 Ad
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Similar to ソラコム Developers conference #0 (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

ソラコム Developers conference #0

  1. 1. 2015 Koyo Takenoshita SORACOM Airのその先に ~IoTのThingのイマとコレカラ~ 2015/10/16 竹之下 航洋 @koyo_take 1 ソラコム Developers Conference #0
  2. 2. 2015 Koyo Takenoshita 自己紹介 2
  3. 3. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 3 1997~: 高専 ・メカトロニクス ・ロボコン ・マイコン 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ)
  4. 4. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 4 2002~: 大学・大学院 ・ロボティクス、生体工学 ・マイコン使用ポータブルデータロガー開発 ・ドワンゴでWebアプリ開発 (PHP/mojavi、アジャイル/スクラム) 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ)
  5. 5. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 5 2006~: 新卒 ・受託開発 ・Armadillo/Salesforceを 使った高速開発 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ)
  6. 6. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 6 2009~: ・Armadilloの開発 (Linux kernel) ・テクニカルサポート ・生産技術 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ) ハードからOS、Webまで (フルスケール?)
  7. 7. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 7 2014~: ・製品企画 (Armadillo-IoT) 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ) 企画屋さん
  8. 8. 2015 Koyo Takenoshita 略歴 8 2015/10~: ・営業 (IoT推進) 竹之下 航洋 @koyo_take 北の大地の組み込みエンジニア (南の島生まれ) 企画屋さん 営業
  9. 9. 2015 Koyo Takenoshita 本題 9
  10. 10. 2015 Koyo Takenoshita IoTの事例 10
  11. 11. 2015 Koyo Takenoshita 11 事例1:ビアバー http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Sirviendo_cerveza.jpg
  12. 12. 2015 Koyo Takenoshita IoTでビールの注ぎ過ぎのムダを11%削減 • ビアバーの課題 – ビール会社:何樽出荷したかは分かるが、いつ/どれだ け実際に消費されたかは分からない → 実際の消費量を把握できたらサプライチェーンを 最適化して、適切な量を製造して店頭に届けられる – ビアバー店主:いつハッピーアワーなどの販促イベント を仕掛けたら効果的か手探り → 販売数量がリアルタイムに把握できたら適切な タイミングで販促イベントを打てる – 店員:無駄に注ぎ過ぎているかもしれない → 販売数量と消費量を比較できたらムダを削減できる 12
  13. 13. 2015 Koyo Takenoshita Beverage Analytics(WeissBeerger) • タップと樽の間にある チューブの途中に流量 計を接続 • いつ、どれだけ消費さ れたかをクラウドで 解析 • 古くなった樽を確実に 交換するための在庫管 理、適切な注入量を バーテンダーへ促すた めの機能、プロモー ションマネージャー を提供 13 参照: IoTを牽引するイスラエル発スタートアップ企業 第2回:飲料の正確な注入と販売促進の最適化を図るWeissBeerger http://www.sapjp.com/blog/archives/11032 注ぎ過ぎの無駄を11%削減 ハッピーアワーの最適化により 32%売上を向上
  14. 14. 2015 Koyo Takenoshita ここに注目 • WeissBeerger社は元々、製品を売っていた • IoTを活用することにより、 サービス提供事業者に変化している 14
  15. 15. 2015 Koyo Takenoshita 15 事例2:Amazon dash button
  16. 16. 2015 Koyo Takenoshita IoTで買い忘れを防止して顧客を囲い込み • 日用品の使用シーンにBUTTONを設置 • 日用品が切れたらBUTTONを押す – スマホに通知が飛ぶ • スマホ上のアプリをクリックすると、Amazon から日用品が届く 16 日用品メーカー:店頭での買い替えを防止できる 消費者は:買い忘れを防止することができる Amazon:放っておいてもモノが売れる Win-Win-Win
  17. 17. 2015 Koyo Takenoshita ここに注目 • ハードはタダ – Win-Win-Winの枠組みの中で、BUTTONを作るハード ウェアメーカーは忘れられた存在。。。 – ユーザー(日用品の消費者)はハードの費用を負担しない – おそらく、ハードの費用は日用品メーカーの宣伝広告費 から出てくる • IoTによって、ハードウェアメーカーにとっての 「顧客」が変化している 17
  18. 18. 2015 Koyo Takenoshita 事例3:3Dプリンタの予防保守 18
  19. 19. 2015 Koyo Takenoshita IoTで保守サービスに付加価値 • 対象は1,000万円以上する高価な3Dプリンタ • 3Dプリンタでの製造には10時間かかることも • 3DプリンタはCNC工作機械に比べ、アナログ的 な要素が多く、頻繁に調整・メンテが必要 → 壊れる前に直す「予防保守」のニーズが高い • 3Dプリンタの稼働データを全てクラウドに • 保守要員が現場に行く前にデータを確認できる • データ解析することで、故障を予測できる 故障が予測できれば、予防的な保守ができる 19
  20. 20. 2015 Koyo Takenoshita ここに注目 • 3Dプリンタの稼働データは、元々収集できるよ うになっていた • 以前は、現場に行ってからPCでデータを取得し ていた • データをクラウドに上げることで、予防保守と いう新しい付加価値を生み出せる • 故障予測に必要なキーテクノロジーはビッグ データと機械学習 20
  21. 21. 2015 Koyo Takenoshita IoTを構成する技術要素 21
  22. 22. 2015 Koyo Takenoshita 階層に分けて整理する 22 Gateway Connectivity Protocol Platform Datahub Application Service Bigdata Analytics Device/FAN
  23. 23. 2015 Koyo Takenoshita 事例に当てはめてみる 23 Gateway Connectivity Protocol Platform Datahub Application Service Bigdata Analytics Device/FAN WLAN 流量計 /USB? SAP HANA Beverage Analytics 3G/LTE BUTTON /WLAN (AWS?) Dash Replenishment Service (DRS) 3G 3Dプリンタ /シリアル Treasure Data 予防保守
  24. 24. 2015 Koyo Takenoshita 事例に当てはめてみる 24 Gateway Connectivity Protocol Platform Datahub Application Service Bigdata Analytics Device/FAN WLAN 流量計 /USB? SAP HANA Beverage Analytics 3G/LTE BUTTON /WLAN (AWS?) Dash Replenishment Service (DRS) 3G 3Dプリンタ /シリアル Treasure Data 予防保守
  25. 25. 2015 Koyo Takenoshita デバイスとどう繋ぐ? 25
  26. 26. 2015 Koyo Takenoshita 26 有線 or 無線
  27. 27. 2015 Koyo Takenoshita 27 有線 or 無線 イマ コレカラ
  28. 28. 2015 Koyo Takenoshita 28 2.4G or Sub-G
  29. 29. 2015 Koyo Takenoshita 29 2.4G or Sub-G イマ コレカラ
  30. 30. 2015 Koyo Takenoshita 30 Hop Star or Mesh
  31. 31. 2015 Koyo Takenoshita 31 Hop Star or Mesh イマ コレカラ
  32. 32. 2015 Koyo Takenoshita Star 32 親機 子機 子機
  33. 33. 2015 Koyo Takenoshita Hop 33 親機 中継機 子機
  34. 34. 2015 Koyo Takenoshita Mesh 34 親機 中継機 子機
  35. 35. 2015 Koyo Takenoshita 無線プロトコルの位置づけ 35 2.4G Sub-G Star Hop Z-wave Zigbee Bluetooth SmartMesh (DustNetworks) Wi-SUN SmartHop (OKI) Mesh Bluetooth (v4.3?) Wi-SUN (HAN Prof) Thread
  36. 36. 2015 Koyo Takenoshita 機器管理プロトコルの位置づけ 36 AllJoyn Apple Homekit Weave EchonetLite WiFi Blue tooth ZigBee Thread Z-wave Wi- SUN Ether net PLC 802.11 a/ac 802.11 b/g/n 802.15. 1 802.15.4 ITU-T G.9959 802.15. 4g/e 5GHz 2.4GHz Sub-G Sub-G 有線
  37. 37. 2015 Koyo Takenoshita 37 で? どれを選べば ええねん
  38. 38. 2015 Koyo Takenoshita 38 ケース バイ ケース
  39. 39. 2015 Koyo Takenoshita 39 懇親会で 聞いてください お金の話もあるので

Editor's Notes

  • 卸会社、店頭に置いてある樽は「中間在庫」
    ビール樽の鮮度を保てるのは4日程度
  • Win-Win-Winの中で
  • 中間財メーカーの場合、今まで付き合ってきたのは相手方の購買部門
    でも、この例ではお金を出すのはマーケティング部門

    ハードウェアメーカーにとって、IoTは「できたらいいね」の世界ではなく、「やらなきゃ死ぬ」レベル

×