Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2
各種デバイス Event Hub Stream
Analytics
SQL DB /
SQL DWH
Data Lake
Store
Power BI
(or 他 BI ツール or カスタムアプリ)
SQL (SSAS)
In-Memor...
3
入力データをその後の処理 (BI / データ分析) で必要な項目、件数に集
約する。大規模な入力を より小規模な出力にする。
例) デバイスからの 1 億件のデータを 1000 件程度に集約して保存
「どの項目」を「どの程度の間隔で集約して...
4
基本 数秒程度の即時応答 (オンライン処理) を前提とした
データ ストアサービス。
Table Storage は REST API、DocDB は REST API (JSON)
HBase は SQL Like なクエリでアクセスを行...
5
No. SQL or
NoSQL
オンライン処理 (基幹系、フロント系) 分析処理 (情報系)
1. NoSQL ・ドキュメント データベース
(DocDB, MongoDB)
・KVS – Key Value Store
(Azure T...
6
No. サービス 種類 インタ
フェース
セカンダリ
インデックス
トランザクション
サポート
ストアドプロシージャ
やトリガーの実装
1. Azure
SQL Database
RDBMS SQL あり 全てのテーブルの
各行単位
SQL...
7
SQL DWH は Blob ストレージのファイルをテーブルに取込を行う機能
を保持している (Polybase 機能)
Blob ストレージの特定のコンテナ(フォルダ パス) 配下のファイルを
再帰的に読み込んで SQL DWH にロード...
8
 本書に記載した情報は、本書各項目に関する発行日現在の Microsoft の見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、
ここに記載した情報に対していかなる責務を負うものではなく、提示され...
Azure データサービスデザイン検討 (2015/10)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Azure データサービスデザイン検討 (2015/10)

204 views

Published on

Azure のデータ系サービスをどのように構成して利用するかの検討項目に関する資料

Published in: Technology
  • Be the first to comment

Azure データサービスデザイン検討 (2015/10)

  1. 1. 2 各種デバイス Event Hub Stream Analytics SQL DB / SQL DWH Data Lake Store Power BI (or 他 BI ツール or カスタムアプリ) SQL (SSAS) In-Memory Data Lake Analytics Machine Learning R Server HDInsight (他 Hadoop) ニアリアルタイム 処理 バッチ処理
  2. 2. 3 入力データをその後の処理 (BI / データ分析) で必要な項目、件数に集 約する。大規模な入力を より小規模な出力にする。 例) デバイスからの 1 億件のデータを 1000 件程度に集約して保存 「どの項目」を「どの程度の間隔で集約して」 後続工程 (BI / データ 分析) で参照したいかを事前に設計する必要がある ※ トップダウンアプローチ デバイスから受けとったデータを、そのまま or メタデータを追加して 保存する。大規模な入力を大規模なまま出力する。 例) デバイスからの入力 1 億件ごとに テキストファイルとして保存 保存したデータをどのように分析するかが明確でない場合、一定期間 アーカイブしておく必要がある場合は、こちらを選択する ※ ボトムアップアプローチ
  3. 3. 4 基本 数秒程度の即時応答 (オンライン処理) を前提とした データ ストアサービス。 Table Storage は REST API、DocDB は REST API (JSON) HBase は SQL Like なクエリでアクセスを行う。 一般的には SQL Database が使用される。 大規模な環境では “Elastic Database pools” の使用を検討する。 基本 バッチ処理を前提としたデータ ストアサービス。 「数秒での応答」という要求にはそぐわない。 テーブル定義を決めて設計する「トップダウンアプローチ」な SQL DWH と、格納後に利用方法を検討する「ボトムアップア プローチ」な Data Lake Store を一般的には利用する。 Hadoop の実装を管理したい場合は HDInsight を選択する。 Blob ストレージは、一般的には一方的な出力 (ログ出力、アー カイブ等) で利用する。
  4. 4. 5 No. SQL or NoSQL オンライン処理 (基幹系、フロント系) 分析処理 (情報系) 1. NoSQL ・ドキュメント データベース (DocDB, MongoDB) ・KVS – Key Value Store (Azure Table Storage, Riak) ・列指向ストア (Apache HBase, Apache Cassandra) ・分散処理基盤 (Azure Data Lake Store, 各種 Hadoop ディストリビューション, (HDInsight)) ・分析用インタフェース、ライブラリ (Azure Data Lake Analytics, Apache Spark (Spark SQL, Pyspark)) 2. SQL ・RDMBS (Azure SQL Database, SQL Server on IaaS) ・MPP DWH (Azure SQL DWH)
  5. 5. 6 No. サービス 種類 インタ フェース セカンダリ インデックス トランザクション サポート ストアドプロシージャ やトリガーの実装 1. Azure SQL Database RDBMS SQL あり 全てのテーブルの 各行単位 SQL (T-SQL) で実 装 2. Azure DocumentDB ドキュメン トストア 拡張SQL あり 同一コレクション 内のドキュメント 単位 Javascript で実装 3. Azure Table Storage KVS キーバ リュースト ア OData クエリ なし 同一パーティショ ン内のエンティ ティ単位 なし 4. Apache HBase 列指向スト ア なし なし 同一行内の全ての セル単位 Java で実装
  6. 6. 7 SQL DWH は Blob ストレージのファイルをテーブルに取込を行う機能 を保持している (Polybase 機能) Blob ストレージの特定のコンテナ(フォルダ パス) 配下のファイルを 再帰的に読み込んで SQL DWH にロードできる。そのため、SQL DWH にデータ取込する時間間隔 (例: 1 時間) ごとにフォルダ名を定義する ことを検討する (例: 20151112_0900) 但し、全デバイス分 格納してロードが間に合わない場合は、入力種 別ごとなど (例: TV など) でフォルダを別にする (例: TV_20151112_0900) Data Lake Store は管理された Web HDFS サービスであり、ディレクト リ構成を作ってファイル保存する 但し、HDFS は大きなサイズのファイルで より効果を発揮するため、 ファイル結合を考慮した方が良い (Data Lake Analytics を使えば、多数の小サイズファイルを1 つの大きなファイルにクエ リ 1 つで結合でき、且つ分散処理として実行できる)
  7. 7. 8  本書に記載した情報は、本書各項目に関する発行日現在の Microsoft の見解を表明するものです。Microsoftは絶えず変化する市場に対応しなければならないため、 ここに記載した情報に対していかなる責務を負うものではなく、提示された情報の信憑性については保証できません。  本書は情報提供のみを目的としています。 Microsoft は、明示的または暗示的を問わず、本書にいかなる保証も与えるものではありません。  すべての当該著作権法を遵守することはお客様の責務です。Microsoftの書面による明確な許可なく、本書の如何なる部分についても、転載や検索システムへの格納または挿入を行うことは、どのような形式または手段(電子的、 機械的、複写、レコーディング、その他)、および目的であっても禁じられています。 これらは著作権保護された権利を制限するものではありません。  Microsoftは、本書の内容を保護する特許、特許出願書、商標、著作権、またはその他の知的財産権を保有する場合があります。Microsoftから書面によるライセンス契約が明確に供給される場合を除いて、本書の提供はこれらの 特許、商標、著作権、またはその他の知的財産へのライセンスを与えるものではありません。 © 2015 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, その他本文中に登場した各製品名は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。

×