Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Bungeishi sp2

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

Bungeishi sp2

  1. 1. は じ め に こ の 作 品 は 、 深 夜 に お 酒 を 飲 み な が ら 小 説 を 書 く 企 画 『 へ べ れ け 文 藝 部 』 で 作 成 さ れ た も の で す 。 今 回 は 三 人 の 作 家 で 、 三 つ の リ レ ー 小 説 を 書 く こ と に 挑 戦 し ま し た 。 ( 参 加 者 後 藤 章 大 、 May 、 伊 藤 文 乃 ) 作 品 の テ ー マ は 『 桜 』 三 つ の 作 品 は 全 て 、 三 つ の 章 か ら 構 成 さ れ て い ま す が 、 そ れ ぞ れ 別 の 作 家 が 執 筆 し て い ま す 。 巻 末 に 、 ど の 章 を ど の 作 家 が 書 い た か を 掲 載 し て い ま す の で 、 気 に な る か た は そ ち ら を ご 覧 く だ さ い 。 ま た 読 み な が ら 、『 こ こ を 書 い た の は 、 あ の 人 っ ぽ い な ぁ 』 と 考 え な が ら 作 品 を 読 み の も 一 興 か と 思 い ま す 。 そ れ で は 、 は じ め ま し ょ う 。
  2. 2. 【 黒 い 皮 】 1 桜 色 は 、 花 だ け の 色 じ ゃ な い 。 そ ん な 話 を 、 い つ だ っ た か 、 聞 い た こ と が あ る 。 『 ど う い う こ と ? 』 『 た と え ば 、 幹 。 あ の 皮 を 煮 詰 め て 、 そ の 液 で 布 を 染 め る と 、 桜 色 に な る ん だ よ 』 そ う 言 っ て 見 上 げ た 桜 の 花 は 、 空 の 青 さ に か き 消 さ れ て し ま っ て 、 全 然 ピ ン ク 色 に は 見 え な く て 。 梅 の 方 が よ っ ぽ ど ピ ン ク 色 だ 、 な ん て 思 い な が ら 、 私 は お 酒 の 代 わ り に と 渡 さ れ た ジ ュ ー ス を ほ ん の ち ょ っ と だ け 飲 ん だ 。 ― ― ― ― あ れ か ら 何 度 目 の 桜 だ ろ う 。 記 憶 よ り 随 分 と 狭 く な っ た よ う な 気 が す る 公 園 を 見 回 す 。 あ ん な に 色 鮮 や か に 見 え て い た 遊 具 は 、 今 は も う す っ か り 錆 び つ い て 、 人 間 の 存 在 な ん か と っ く の 昔 に 忘 れ て し ま っ て い る よ う に 見 え る 。 空 を 埋 め 尽 く し て い た 白 い 桜 も 、 こ の 時 期 は ま だ 申 し 訳 程 度 に ぽ つ り ぽ つ り と 咲 い て い る だ け だ 。 『 い い 加 減 、 帰 っ て き た ら ど う な の 』 そ ん な 母 の 言 葉 に 半 ば 気 圧 さ れ る よ う な 形 で 、 私 は 再 び こ の 街 へ と 戻 っ て き た 。 別 に 感 慨 も 何 も な い 。 相 変 わ ら ず の 無 人 駅 に は 、 知 ら な い 内 に や た ら ぴ か ぴ か し た 自 動 改 札 が 設 け ら れ て い て 、 そ の こ と が 余 計 に 私 を 悲 し く さ せ た 。 こ の 街 に 、 私 の 戻 っ て く る 場 所 な ん か な い の に 。 折 れ た 訳 じ ゃ な い 、 悟 っ た だ け だ 。 そ ん な 言 い 訳 じ み た 言 葉 も 、 き っ と あ の 人 は 聞 い ち ゃ く れ な い だ ろ う 。 あ な た も 、 い つ ま で も 夢 ば か り 見 て い た ら 駄 目 よ 、 な ん て 、 あ の ち ょ っ と 哀 れ む よ う な 目 で 言 わ れ る の が 関 の 山 だ 。 あ の 目 は 嫌 い だ 。 昔 も 、 今 も 。 『 あ の 黒 い 木 の 皮 が 、 本 当 に 桜 色 に な る の ? 』 『 そ う だ よ 。 花 よ り ず っ と 濃 い 、 鮮 や か な 桜 色 に な る 』 『 ど う し て ? 』 『 い い 質 問 だ 。 こ れ は 僕 の 予 想 だ け ど ね 。 た ぶ ん 、 春 先 の 桜 は 、 全 身 で 桜 色 に な ろ う と し て い る ん だ よ 。 そ の 中 で 、 僕 ら 人 間 に 見 え る 部 分 が 、 た ま た ま 花 だ っ た だ け で 』 優 し く 頭 を 撫 で ら れ て 、 私 は 少 し 決 ま り が 悪 い よ う な 顔 で 俯 い た 。 頭 を 撫 で ら れ る の は 嫌 い だ っ た 。 ひ ど く 子 供 扱 い さ れ て い る よ う な 気 が し た か ら 。
  3. 3. 何 よ り 、 ど ん な に 私 が 手 を 伸 ば し た と こ ろ で 届 か な い 桜 の 枝 を 、 あ の 手 は い と も 簡 単 に 手 折 る こ と が で き る の だ と 、 思 い 知 る の が 嫌 だ っ た 。 『 君 は 将 来 、 ど ん な 大 人 に な る ん だ ろ う ね 』 「 … … 残 念 で し た ね 」 今 も ま だ 私 は 、 世 間 の 言 う 大 人 に は な れ て い な い 。 2 こ の 街 を 出 て 私 が 最 初 に 学 ん だ こ と は 、 新 天 地 な ん て も の は ど こ に も な い 、 と い う こ と だ っ た 。 私 が ど こ に 行 っ た っ て そ こ に は 私 が い て 、 私 は 私 か ら 逃 げ ら れ な い 。 公 園 の 隣 に 真 新 し い コ ン ビ ニ が あ っ た 。 確 か 、 駄 菓 子 屋 が あ っ た は ず の 場 所 だ 。 小 学 生 の 時 に 遠 足 の お 菓 子 を 買 い に 行 っ た と こ ろ 。 な ん と な く 立 ち 寄 っ て み た け れ ど 、 全 国 チ ェ ー ン の コ ン ビ ニ の は ず な の に な ぜ か 品 揃 え が よ く な く て 、 そ ん な と こ ろ だ け は 記 憶 に あ る 駄 菓 子 屋 と 変 わ ら な く て 、 ま す ま す 悲 し く な っ た 。 畑 を 挟 ん だ 向 こ う 側 の 中 学 校 の 校 庭 で は 、 野 球 部 ら し い 子 供 達 が 声 を か け あ っ て 走 っ て い る 。 何 て 言 っ て い る の か ち っ と も 解 ら な い あ の か け 声 も 、 昔 と 全 然 変 わ ら な か っ た 。 ブ ラ ン コ に 乗 ろ う か と 一 瞬 考 え た け れ ど 、 ベ ン チ に ハ ン カ チ を 広 げ て 腰 を 下 ろ す 。 膝 の 上 に 鞄 を 置 い た と こ ろ で 、 先 月 買 っ た ば か り の パ ン プ ス が 砂 埃 で 汚 れ て い る の に 気 が つ い て 、 思 わ ず 溜 め 息 が 漏 れ る 。 何 か が 動 い た の で そ ち ら に 目 を や る と 、 蟻 の 行 列 が 蝶 の 羽 を 運 ん で い て 、 ひ っ と 息 を 呑 む 。 こ ん な と こ ろ ば か り 大 人 に な っ て し ま っ た 。 地 面 は こ ん な に 遠 く な っ た の に 、 子 供 だ っ た 頃 は こ ん な に 昔 に な っ た の に 、 ひ と り で 桜 の 枝 を 折 る こ と だ っ て で き る の に 。 こ の 街 を 嫌 っ て 、 飛 び 出 し て 、 そ れ な の に 何 も 見 つ け ら れ な く て 、 ず る ず る と 年 だ け 取 っ て し ま っ た 。 何 だ っ て で き る と 確 信 し て 、 母 の よ う に は な ら な い と 決 意 し て 、 私 は 私 だ け の 何 か を 手 に 入 れ ら れ る と 無 邪 気 に 信 じ て い た 、 そ ん な 子 供 で は も う な い の に 。 空 は 全 然 近 く な ら な い し 、 何 に も 手 に 入 れ て い な い し 、 何 も 見 つ け て す ら い な い 。 今 の 私 を 見 た ら 、 あ な た は 一 体 何 て 言 う ん だ ろ う ? 3
  4. 4. も う 一 度 桜 を 見 る 。 咲 き 始 め の 桜 。 私 は 満 開 の 桜 よ り も 、 こ れ く ら い の 時 の 桜 の 方 が 好 き だ 。 満 開 の 桜 は 、 ど う し て も 、 見 て い て 寂 し く な っ て し ま う か ら 。 『 ― ― た ぶ ん 、 春 先 の 桜 は 、 全 身 で 桜 色 に な ろ う と し て い る ん だ よ 。』 あ の 人 は そ う 言 っ た 。 素 敵 な 考 え 方 だ と 思 う 。 で も 、 残 酷 な 考 え 方 だ と も 思 う 。 だ っ て 、 桜 は 全 身 で 桜 色 に な ろ う と し て も 、 花 し か 桜 色 に な れ な い か ら 。 そ の 花 だ っ て 、 す ぐ に 散 る 。 散 っ た 花 弁 は 地 面 に 落 ち て 、 す ぐ に 汚 れ て 消 え て し ま う 。 「 … … … … … … 」 な ん と な く 手 を 見 る 。 あ の こ ろ に 比 べ て 大 き く な っ た 手 。 薄 く 、 注 意 し な い と 分 か ら な い 程 度 に 、 マ ニ キ ュ ア が 塗 ら れ た 指 。 桜 色 に 塗 ら れ た 指 。 … … あ の 人 が 死 ん だ の は 、 去 年 の 冬 の 事 だ 。 肺 癌 だ っ た ら し い 。 ま ぁ 煙 草 ば か り 吸 っ て い た か ら 。 少 し 前 に 若 い 奥 さ ん を 貰 っ た ば か り だ っ た の に 。 結 構 な 年 の 差 婚 で 、 近 所 で 、 話 題 に な っ て い た ら し い 。 私 と 、 二 歳 し か 違 わ な い 奥 さ ん 。 「 … … … … … … 」 頬 に 涙 が 流 れ る の を 感 じ て 、 私 は あ わ て て ポ ー チ を 取 り 出 す 。 手 鏡 を 取 り 出 し て 、 自 分 の 顔 を 見 る 。 案 の 定 、 マ ス カ ラ が 崩 れ て 、 パ ン ダ み た い に な っ て し ま っ て い る 。 一 つ た め 息 を つ い て 、 私 は メ イ ク を 直 し 始 め る 。 … … メ イ ク を 初 め て し た の は 、 中 学 三 年 生 の 時 の 事 。 周 り で は 一 番 早 か っ た 。 勿 論 、 あ の 人 に 見 て 欲 し か っ た の だ 。
  5. 5. 「 可 愛 い ね 」 そ ん な 言 葉 を 、 メ イ ク を し た 私 に あ の 人 は 言 っ た 。 「 う ん 、 と っ て も 可 愛 い よ 」 ど こ か 曖 昧 な 表 情 で 、 あ の 人 は 笑 う 。 そ の 言 葉 に 、 私 は 泣 い て し ま っ た 。 う れ し 泣 き じ ゃ な い 。 悔 し く て 。 「 可 愛 い ね 」 そ ん な 言 葉 が 欲 し か っ た わ け じ ゃ な い 。 そ ん な 言 葉 が 欲 し か っ た わ け じ ゃ な く て … … 。 「 … … … … 」 メ イ ク を 直 し 終 え て 、 私 は 手 鏡 で 自 分 の 顔 を 見 る 。 あ の 時 に 比 べ て 、 ず っ と う ま く な っ た メ イ ク 。 「 ね ぇ ― ― 」 と 、 私 は 言 う 。 「 私 、 綺 麗 に な っ た よ ? 」 強 い 風 。 桜 の 花 弁 が 一 片 、 風 に 揺 ら れ て 飛 ぶ 。 「 ね ぇ ― ― 私 、 綺 麗 に な っ た よ ? 」 飛 ん だ 花 弁 は ゆ ら ゆ ら と 、 何 か か ら 逃 げ る み た い に 舞 っ て 、 そ し て 地 面 に ポ ツ リ と 落 ち る 。
  6. 6. 【 散 る 花 の 流 れ る 先 は い つ も 】 1 雨 の た そ が れ ど き は 灰 色 だ 。 雨 の 音 も 車 の 音 も 傘 の 向 こ う が わ 。 誰 も 生 き て な ど い な い よ う な 気 す ら し て く る 。 バ ス を 逃 し て し ま っ た の で 、 歩 い て 帰 ろ う と 気 ま ぐ れ を 起 こ し た の が 間 違 い だ っ た 。 ス ク ー ル バ ッ グ は 既 に 濡 れ て 変 色 し て い る し 、 水 溜 ま り に 二 回 は 突 っ 込 ん だ 。 バ ス が 通 る は ず だ っ た 道 を そ の ま ま 辿 っ て い る の で 、 さ っ き バ ス に 追 い 抜 か れ た 。 次 の バ ス 停 ま で は ま だ ま だ あ っ た の で あ き ら め て 、 と い う よ り や や 意 地 に な っ て 歩 く 。 雨 は 朝 と 変 わ ら ず 、 し っ か り と 降 り 続 い て い る 。 夜 に は 上 が る と 天 気 予 報 が 言 っ て い た 。 つ ま り ま だ ま だ 降 る と い う こ と な の で 、 何 の 慰 め に も な ら な い 。 だ ら だ ら と し た 坂 道 を の ろ の ろ と 登 っ て い く 。 バ ス 通 り と は 言 っ て も 片 側 一 車 線 の そ う 大 き く も な い 道 で 、 車 も あ ま り 通 ら な い し 、 人 は 誰 も い な い 。 右 手 は ず っ と 雑 木 林 で い い 加 減 飽 き て き た 、 と 思 う 頃 に 、 視 界 が 開 け た 。 雨 の た そ が れ ど き の 灰 色 の 中 に 、 満 開 の 桜 が 広 が っ て い た 。 桜 の 名 所 と 言 わ れ る 場 所 だ っ た 。 こ れ が 晴 れ た 日 曜 日 だ っ た ら 、 ず ら り と ビ ニ ー ル シ ー ト が 埋 め 尽 く し て い る だ ろ う 木 の 下 に も 、 も ち ろ ん 誰 も い な い 。 青 空 の 下 で な ら 淡 い ピ ン ク 色 が さ ぞ 美 し い だ ろ う け れ ど 、 今 は 水 墨 画 み た い に 死 ん で い る 。 ま さ に 満 開 だ と い う の に 生 気 が な い 。 む な し い こ と こ の う え な い 光 景 だ っ た 。 雨 に 煙 る 、 生 ぬ る い 、 ひ ん や り と し た 、 甘 い 春 の 空 気 を 吸 い な が ら 黙 々 と 歩 く 。 何 本 あ る の か 知 ら な い け れ ど 、 水 墨 画 な り に 豪 華 に 咲 い た 桜 の 脇 を 相 変 わ ら ず の ろ の ろ 進 む 。 通 り 過 ぎ た 木 を 無 意 識 に 数 え て い た 。 一 、 二 、 三 、 四 、 「 五 」 雨 で び し ょ 濡 れ の 女 子 が 立 っ て い た 。 同 じ 制 服 。 全 く 気 づ か な か っ た の で 、 正 直 心 臓 が 止 ま る か と 思 う く ら い 驚 い た し 、 た ぶ ん 素 直 に 顔 に 出 て い た 。 雨 に 遠 慮 な く 打 た れ な が ら 彼 女 は 首 を か し げ 、 そ れ か ら 、 あ あ 、 と 納 得 し た よ う に 呟 い た 。 「 傘 、 忘 れ ち ゃ っ て 」 2 「 … … … … 」
  7. 7. 少 し の 沈 黙 。 現 在 進 行 形 で び し ょ 濡 れ に な っ て い る 彼 女 を 見 て 、 考 え る 。 見 知 ら ぬ 顔 。 し か し 、 こ の 制 服 は 、 私 の 高 校 で し か 使 わ れ て い な い も の だ 。 つ ま り 彼 女 は 私 と 同 じ 高 校 の 学 生 と 言 う 事 で 、 そ こ で 疑 問 点 が 一 つ 。 【 な ぜ 傘 を 持 っ て い な い 彼 女 は こ ん な 所 に い る の か ? 】 私 の 学 校 は 、 目 の 前 に バ ス 停 が あ る し 、 駅 も 近 い 。 傘 を 忘 れ た な ら ば 、 普 通 は 、 歩 こ う と は 思 わ な い だ ろ う 。 そ れ に 、 近 く に は コ ン ビ ニ も あ る 。 こ ん な 雨 の 日 な ら ば 傘 だ っ て 売 っ て い る は ず だ 。 【 ど う し て 、 彼 女 は 、 こ ん な 雨 の 中 、 傘 も 差 さ ず に 歩 い て い る の だ ろ う ? 】 「 … … … … … … 」 ず っ と 、 私 が 見 て い る の が 訝 し く 思 っ た の か 、 彼 女 は 少 し だ け 首 を 傾 け る 。 胸 に 着 け た 校 章 が 目 に 入 る 。 私 た ち の 学 校 は 、 学 年 ご と に 校 章 の 色 が 変 わ る 、 彼 女 の 校 章 は 山 吹 色 。 こ れ は 二 年 生 だ と い う 事 で 、 つ ま り 私 と 同 学 年 だ 。 勿 論 、 同 学 年 の 女 の 子 を 全 て 知 っ て い る わ け で は な い け ど … … で も 、 一 年 以 上 、 同 じ 学 校 に 通 っ て い て 、 ま っ た く 見 た 覚 え の な い 人 な ん て い る の だ ろ う か ? 「 … … … … … … 」 恐 怖 心 と 好 奇 心 を 天 秤 に か け る 。 び し ょ 濡 れ の 彼 女 を 見 て 、 憐 憫 の 情 が 好 奇 心 の 皿 に 乗 っ た 。 「 入 っ て く ? 」 で き る だ け 平 静 を 装 っ て 、 私 は 言 う 。 す る と 、 見 知 ら ぬ 同 級 生 は 表 情 を 変 え ず に 、 で も 心 な し か 嬉 し そ う な 声 色 で 、 こ う 言 っ た 。 「 あ り が と う 」 「 名 前 は ? 」 私 は 聞 く 。 「 鶴 子 」 と 彼 女 は 言 う 。 「 佐 橋 鶴 子 」 初 め て 名 前 を 聞 か れ た か の よ う に 、 一 音 一 音 を 丁 寧 に 発 音 す る 。
  8. 8. 一 つ の 傘 に 、 少 女 が 二 人 。 私 と 、 ひ ょ っ と し た ら 幽 霊 か も し れ な い 彼 女 。 3 一 向 に や む 気 配 の な い 雨 音 を 聞 き な が ら 、 二 人 で 坂 道 を 歩 く 。 坂 道 と 言 っ て も 、 さ っ き で 峠 は 越 え て し ま っ た か ら 、 あ と は 下 る だ け だ 。 濡 れ て つ や つ や 光 る 道 に 足 を 滑 ら せ な い よ う 注 意 し な が ら 、 い つ も よ り 少 し ゆ っ く り 歩 い た 。 一 方 、 彼 女 … … 佐 橋 鶴 子 は 、 そ ん な 足 場 の 悪 い 道 で も 特 に 慎 重 に な る 様 子 も な く 、 と こ と こ と 私 の 横 を 歩 い て い る 。 「 寒 く な い の 」 「 寒 く な い よ 」 「 … … そ っ か 」 頭 の て っ ぺ ん か ら 足 の 先 ま で び し ょ び し ょ に な っ て い る と い う の に 、 そ し て こ ち ら と し て は 沈 黙 に 耐 え か ね て よ う や く 会 話 を 振 っ た と い う の に 、 こ れ だ 。 あ れ か ら 結 局 、 彼 女 の 情 報 は 名 前 し か 聞 け て い な い 。 「 家 、 近 い の 」 あ る 意 味 、 核 心 に 迫 っ た 私 の 質 問 に 、 彼 女 は 首 を 傾 げ た 。 「 ふ つ う ? 」 普 通 っ て な ん だ 、 普 通 っ て 。 「 距 離 、 は か っ た こ と な い か ら 」 「 こ こ か ら 何 分 く ら い と か さ 」 「 学 校 か ら 家 ま で は 、 二 十 分 」 二 十 分 。 と い う こ と は 、 峠 の 頂 上 か ら は 十 分 ち ょ っ と だ 。 と な る と … … 私 は 頭 の 中 に 地 図 を 広 げ て 、 佐 橋 鶴 子 の 家 の 位 置 を 推 測 す る 。 「 川 」 「 川 ? あ の 用 水 路 の こ と ? 」 「 う ん 」 「 そ れ が ど う か し た の ? 」 「 そ こ ま で 行 く の 」 コ ン ク リ ー ト で 舗 装 さ れ た 、 用 水 路 に し て は 少 し 大 き す ぎ る 、 で も 川 と 言 う に は あ ま り に も 人 工 的 な 、 そ う い う 水 路 が あ る 。 い つ も 私 は 、 そ こ に か か る 橋 を 歩 い て 学 校 と 家 の 間 を 往 復 し て い た 。 「 じ ゃ あ 、 そ こ ま で は 入 れ て あ げ ら れ る け ど 」
  9. 9. 十 分 と い う こ と は 、 あ の 橋 か ら 佐 橋 鶴 子 の 家 ま で た ぶ ん 数 分 も か か ら な い 。 そ れ な ら 大 丈 夫 だ ろ う と 思 っ た が 、 彼 女 の 表 情 は 意 外 に も 深 刻 そ う だ っ た 。 「 … … ど う し た の ? 」 「 あ ふ れ ち ゃ う か な 」 予 想 外 の 言 葉 に 、 思 わ ず 次 の 言 葉 が 返 せ な か っ た 。 冗 談 か と 思 っ た が 、 彼 女 は 冗 談 ど こ ろ か 本 気 で 心 配 し て い る よ う で 、 不 安 げ な 目 を し て 私 を 見 て い る 。 「 そ ん な に ひ ど い 雨 じ ゃ な い よ 。 夜 に は や む っ て 、 天 気 予 報 で も 言 っ て た し 」 「 そ っ か 」 彼 女 は ほ ん の 少 し だ け 笑 っ た 。 雨 音 の 隙 間 を 縫 う よ う に 、 ぱ し ゃ ぱ し ゃ と 二 人 分 の 足 音 が 響 く 。 い つ の 間 に か 道 は 平 坦 に な っ て 、 流 れ る こ と も な い 水 が 、 道 路 の そ こ か し こ に 溜 ま っ て い た 。 「 こ こ ま で で い い よ 」 不 意 に 、 彼 女 が 立 ち 止 ま っ た 。 例 の 、 用 水 路 の す ぐ 手 前 だ 。 目 の 前 に は 、 雨 に 濡 れ て い つ も よ り 黒 く 見 え る コ ン ク リ ー ト の 橋 が か か っ て い る 。 「 近 い な ら 、 家 ま で 行 こ う か ? 」 私 の 言 葉 に 、 佐 橋 鶴 子 は ゆ る ゆ る と 首 を 振 っ た 。 「 大 丈 夫 」 「 … … … … 。 わ か っ た 」 二 歩 、 三 歩 。 私 は 橋 へ 踏 み 出 し た 。 傘 の 屋 根 が 彼 女 か ら 外 れ て 、 ま た 銀 色 の 雨 粒 が 、 彼 女 の 上 に 降 り 注 い だ 。 「 あ り が と う 」 そ う 言 っ て 佐 橋 鶴 子 は 笑 う と 、 橋 の 手 前 で 私 に 向 か っ て ひ ら ひ ら と 手 を 振 っ た 。 そ ん な こ と せ ず 走 っ て 帰 れ ば い い の に 、 と 思 い つ つ 、 小 走 り で 橋 を 渡 る 。 向 こ う 岸 に つ い て か ら 、 な ん と な く 後 ろ を 振 り 返 っ た 。 当 然 と 言 う べ き か 、 予 想 通 り と 言 う べ き か 。 佐 橋 鶴 子 の 姿 は も う ど こ に も な く っ て 、 た だ 橋 の 欄 干 の 根 元 に 、 満 開 の 桜 の 枝 が 手 向 け ら れ て い た 。 .
  10. 10. 【 雪 桜 】 1 僕 が 山 岸 桜 と 初 め て 会 っ た の は 、 一 月 の 事 。 う っ す ら と 雪 の 降 る 駅 で の 事 だ っ た 。 桜 と い う 名 前 な の に 、 冬 が 似 合 う 女 の 子 だ な ぁ と 思 っ た の を 良 く 覚 え て い る 。 白 い 肌 に 、 背 ま で か か る 長 い 黒 髪 。 セ ー ラ ー 服 の 上 に 、 黒 い ダ ッ フ ル コ ー ト 。 目 印 ・ ・ の 青 い 傘 で 、 コ ツ コ ツ と 所 在 な さ そ う に 地 面 を 叩 い て い る 。 僕 は 携 帯 を 見 て 、 も う 一 度 、 確 か ・ ・ に・ 彼 女 ・ ・ で・ あ る ・ ・ こ と ・ ・ を 確 認 し た 後 、 笑 顔 を 作 っ て 、 彼 女 に 話 し か け る 。 「 こ ん に ち は … … そ の 、 山 岸 桜 さ ん で す か ? 」 彼 女 は 、 地 面 を 叩 く 傘 を 止 め 、 目 だ け こ ち ら に 向 け る 。 そ し て 、 ほ ん の 少 し 、【 あ く ま で も 社 交 辞 令 で す よ 】 と 主 張 す る よ う な 笑 顔 を 作 る 。 「 あ ぁ … … あ な た が 」 「 は い 」 僕 は 頷 く 。 「 遠 路 は る ば る 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 」 「 い え … … 飛 行 機 じ ゃ 一 時 間 く ら い で す か ら 」 「 そ う で す か 」 「 会 場 は こ ち ら で す 。 歩 い て す ぐ で す の で 」 青 い 傘 を 広 げ て 、 彼 女 は 歩 き 出 す 。 僕 も 折 り た た み 傘 を 広 げ て 、 そ れ に 続 く 。 雪 の 中 、 彼 女 の 黒 い セ ー ラ ー 服 が 妙 に 映 え る 。 僕 は 、 一 つ 息 を 吐 き 、 そ し て 言 う 。 「 こ の 度 は … … 」 「 え ? 」 「 あ 、 い や 、 ご 愁 傷 様 で し た 。 お 父 さ ん 」 「 あ ぁ … … で も お 互 い 様 じ ゃ な い で す か 」 「 僕 は 父 の 記 憶 な ん か 何 も な い で す か ら 」 「 で も 父 は 父 で し ょ ? 」 「 そ う で す け ど 」 雪 の 中 。 僕 た ち は 、 歩 く 。 雪 を 踏 み し め る 音 だ け が 、 規 則 的 に 聞 こ え る 。 軍 隊 の 行 進 み た い に 。
  11. 11. 「 し か し … … ま さ か で す よ ね 。 こ の 年 で 妹 が で き る な ん て 」 僕 は 言 う 。 「 で き た わ け じ ゃ あ り ま せ ん 。 私 は ず っ と い ま し た 」 そ っ け な い 態 度 。 ど こ か 緊 張 し て い る の か 、 角 張 っ た 声 色 で 、 彼 女 は 続 け る 。 「 貴 方 が 知 ら な か っ た だ け で 」 「 そ う で す け ど 」 「 貴 方 は 知 っ て い ま し た ? 腹 違 い の 兄 が い る だ な ん て 」 僕 は 言 う 。 ぴ た り と 彼 女 が 足 を 止 め る 。 振 り 返 り 、 そ し て 言 う 。 「 い い え 」 2 す っ か り 夜 に 沈 ん で し ま っ た 庭 先 の 景 色 を 見 る の に も 飽 き て 、 僕 は ち ら り と 彼 女 の 様 子 を う か が っ た 。 彼 女 … … 妹 ( と い う こ と に な っ た の は 数 時 間 前 だ が ) の 桜 は 、 僕 の こ と な ん か 気 に す る 素 振 り も な く 、 た だ 黙 々 と 蜜 柑 の 皮 を む い て い る 。 話 し か け る べ き か と も 思 っ た が 、 こ の 状 況 で 何 を 言 え と い う の だ 。 「 冬 は や っ ぱ り 蜜 柑 で す ね 」 く ら い し か 思 い つ か な い 。 そ し て 言 う ま で も な く 、 僕 は そ ん な あ り あ わ せ の 言 葉 を 投 げ る 気 な ど な か っ た 。 父 の 葬 儀 と は 言 っ て も 、 顔 す ら 覚 え て い な い よ う な 相 手 だ 。 当 然 の こ と な が ら 、 僕 に は 何 の 感 情 も 込 み 上 げ て は こ な か っ た 。 た だ 、 最 後 に 顔 を 見 て あ げ て く だ さ い と 言 わ れ て 、 棺 に 納 め ら れ た そ の 顔 を 見 て 、 こ れ が も う 二 度 と 目 覚 め な い 人 間 の 顔 だ と 思 う と 、 恐 怖 と も 不 安 と も 言 え な い 漠 然 と し た 気 持 ち だ け が 浮 か ん で 消 え た 。 顔 を 見 た 途 端 、 あ あ や っ ぱ り 僕 は こ の 人 の 息 子 だ っ た ん だ と 実 感 す る … … な ん て こ と も な か っ た 。 や っ ぱ り そ の 父 は 僕 の 知 ら な い 人 間 だ っ た 。 彼 の 死 に よ っ て 突 然 、 そ の 存 在 が 知 ら さ れ た 妹 と 同 じ で 。 「 子 供 扱 い さ れ て し ま い ま し た ね 」 不 意 に 、 横 か ら そ ん な 声 が 聞 こ え て 。 僕 は 一 瞬 、 反 応 が 遅 れ た 。 「 … … え ? 」 「 子 供 扱 い さ れ て し ま い ま し た ね 」 律 義 に 全 く 同 じ 言 葉 を 復 唱 し て 、 彼 女 … … 桜 は 、 僕 を 見 た 。 「 あ あ … … そ う で す ね 。 ま だ 向 こ う は 色 々 と 立 て 込 ん で る み た い で す し 」 山 岸 桜 は 、 そ う で す ね 、 と 同 じ 言 葉 を 短 く 答 え て 、 再 び 黙 り 込 ん で し ま っ た 。 数 時 間 前 の こ と 。 葬 儀 が 終 わ っ て 、 送 迎 バ ス で 親 戚 の 家 ま で 送 ら れ て 。 同 じ く 顔 も 知 ら
  12. 12. な い よ う な 親 戚 が 広 間 に 集 っ て 、 わ い わ い と 宴 会 じ み た も の を 繰 り 広 げ て い る 最 中 、 も う 遅 い 時 間 だ か ら と 、 僕 は 大 広 間 か ら 早 々 に 追 い 出 さ れ て し ま っ た 。 遠 路 は る ば る や っ て き て 疲 れ て い る だ ろ う か ら 、 と 泊 ま る 部 屋 ま で 用 意 さ れ て し ま っ て は 、 結 構 で す と 帰 る わ け に も い か な い 。 用 意 さ れ て い な け れ ば 、 大 人 し く ホ テ ル に 泊 ま る か 、 い っ そ 夜 行 バ ス で 帰 れ た の だ け れ ど 。 た ぶ ん 、 本 来 な ら 長 男 で あ る 僕 が 喪 主 を つ と め た り 、 挨 拶 回 り に 行 っ た り す る べ き な の だ ろ う け れ ど … … 流 石 に 、 長 い こ と 離 れ て 暮 ら し て い た 、 故 人 の 顔 も 知 ら な い 人 間 を 喪 主 に 据 え る わ け に も い か な か っ た の だ ろ う 。 そ し て そ れ は 、 山 岸 桜 に つ い て も 同 じ だ 。 父 親 を 亡 く し た 直 後 の 高 校 生 に 、 喪 主 を 押 し つ け ら れ る わ け が な い 。 悲 し む こ と も 思 い 出 を 語 る こ と も で き な い ま ま 、 僕 は 慣 れ な い 部 屋 を 出 て 、 目 的 も な く 縁 側 を 歩 い た 。 ふ す ま 一 枚 隔 て て 、 人 々 の 話 し 声 が 聞 こ え る 。 縁 側 に 人 影 を 見 つ け て 、 僕 は 立 ち 止 ま っ た 。 「 寒 く な い で す か 」 僕 の 声 に 、 相 手 は ほ ん の 少 し だ け 驚 い た よ う に 目 を 丸 く し た が 、 す ぐ に ま た あ の 整 っ た 笑 顔 を 浮 か べ る と 、 平 気 で す 、 と 短 く 答 え た 。 「 子 供 は も う 寝 る 時 間 だ か ら と 、 追 い 出 さ れ て し ま い ま し た 」 そ う 答 え る 彼 女 の 横 に は 、 い く つ か の 蜜 柑 が 並 べ て あ っ た 。 き っ と 広 間 で も ら っ た の だ ろ う 。 蜜 柑 で ご ま か す に は 、 彼 女 は い さ さ か 大 人 す ぎ る 気 も し た が 。 「 奇 遇 で す ね 、 僕 も で す 」 「 そ う で す か 」 僕 は 少 し 迷 っ た が 、 彼 女 の 隣 に 腰 か け る こ と に し た 。 お 酒 が 入 っ て い た こ と も あ っ て 、 普 段 の 僕 に し て は 随 分 と 馴 れ 馴 れ し い 真 似 を し た も の だ と 思 う 。 怪 訝 な 顔 で も さ れ た ら す ぐ に 帰 ろ う と 思 っ て い た が 、 桜 は 特 に 興 味 を 示 す 様 子 も な く 、 た だ 庭 先 を 眺 め て い た 。 少 な く と も 拒 絶 で は な い と 受 け 取 っ て 、 僕 は そ の 場 に 留 ま る こ と に し た 。 一 月 の 冷 た い 空 気 が 、 周 囲 を 満 た す 。 そ し て 先 刻 の シ ー ン に 戻 る 。 桜 が 一 つ 目 の 蜜 柑 を 食 べ 終 え 、 僕 が 話 し か け る べ き か 否 か と 逡 巡 し 始 め た 頃 の 、 言 葉 だ っ た 。 「 ど う い う も の な ん で す か ? 」 「 え 」 「 顔 も 知 ら な い 人 間 の 、 葬 儀 に 出 席 す る と い う の は 」 「 … … ど う 、 と い う こ と も 、 な い で す よ 。 冷 た い か も 知 れ ま せ ん が 」 「 そ う で す か 」 彼 女 は 二 つ 目 の 蜜 柑 を 僕 に 手 渡 し た 。 少 し 迷 っ た が 、 結 局 そ れ を 受 け 取 る 。
  13. 13. 3 「 父 は 」 蜜 柑 が 半 分 ほ ど 腹 に 納 ま っ た 頃 、 桜 が 言 っ た 。 「 平 凡 な 父 で し た 」 ち ら り と 横 目 で 窺 う と 、 制 服 の 膝 の 上 で 蜜 柑 を 手 持 ち 無 沙 汰 そ う に 転 が し て い た 。 そ う で す か 、 と 答 え る べ き か 悩 ん で い る う ち に 、 桜 は 続 け た 。 「 私 の 名 前 は 父 が つ け た そ う で す 。 小 学 校 の 運 動 会 は 毎 年 張 り 切 っ て 応 援 に 来 て く れ ま し た 。 高 校 受 験 の 時 は 車 で 送 っ て く れ ま し た 。 私 が テ レ ビ を 見 て い る と 、 わ か っ た よ う な 顔 を し て 色 々 言 う ん で す け れ ど 、 誰 を 見 て も キ ム タ ク っ て 言 い ま し た 」 訥 々 と 語 る 桜 の 横 顔 は 、 多 分 だ け れ ど 、 僕 に は 似 て い な い 。 「 母 が 亡 く な っ た 時 、 父 は 声 を 上 げ て 泣 い て い ま し た 。 私 は 母 が 亡 く な っ た こ と も 悲 し か っ た で す け れ ど 、 父 が 泣 い て い る こ と の 方 が も っ と 悲 し い と 思 い ま し た 。 父 は 亡 く な り ま し た け れ ど 、」 誰 も 声 を 上 げ て 泣 く 人 は い ま せ ん で し た ね 、 と 桜 は 言 っ た 。 僕 は 迷 っ て 、 迷 っ た け れ ど 結 局 、 そ う で す ね 、 と 呟 い た 。 桜 も 、 そ う で す ね 、 と 呟 い た 。 そ れ か ら 、 声 を 上 げ ず に 泣 い た 。 僕 は ず っ と 隣 に 座 っ て い た 。 半 分 だ け 血 の 繋 が っ た 妹 の 、 僕 と は 似 て い な い 横 顔 を 見 な が ら 、 父 と は ど ん な も の な の だ ろ う と ぼ ん や り 考 え な が ら 。 や が て 、 ず 、 と 洟 を 啜 り 、 桜 は 僕 に 向 か っ て 頭 を 下 げ た 。 「 ご め ん な さ い 。 貴 方 の こ と を 兄 と 思 う こ と は 、 で き そ う に あ り ま せ ん 」 「 そ う で す か 」 「 は い 」 き っ ぱ り と 言 っ た 桜 が 顔 を 上 げ る 。 目 線 は 少 し 下 の ま ま 、 黒 い 髪 を 頬 に 張 り 付 け た ま ま 言 っ た 。 「 で も 、 い つ か 、 そ う 思 え た ら い い な と は 思 い ま す 」 「 … … そ う で す か 」 「 … … ご め ん な さ い 」 「 い え 、 怒 っ て い る 訳 で は 」 「 で も … … ご め ん な さ い 」 ご め ん な さ い 、 と 桜 は 言 っ た 。 な ん と な く だ け ど 、 僕 に 言 っ た の で は な い よ う な 気 が し た 。そ れ か ら 首 を 巡 ら せ て 、 呟 い た 。 「 こ こ の 庭 」 「 あ あ … … す ご い で す よ ね 」 「 い え 、 庭 そ の も の は 正 直 ど う で も い い の で す け ど 」
  14. 14. 「 ど う で も い い の で す か 」 「 庭 の 向 こ う の 山 の 桜 が 、 と て も 綺 麗 に 見 え る ん で す 」 「 は い 」 「 で も 私 は あ ま り 好 き で は な い ん で す 、 桜 」 「 自 分 の 名 前 な の に ? 」 「 自 分 の 名 前 な の に 」 「 僕 は 好 き で す よ 、 桜 。 花 も 、 葉 桜 も 、 青 葉 も 」 「 … … 自 分 の 名 前 な の に ? 」 「 自 分 の 名 前 な の に 」 桜 が ふ ふ 、 と 笑 っ た 。 「 青 葉 さ ん と い う の は 、 と て も い い 名 前 だ と 思 い ま す 」 「 あ り が と う ご ざ い ま す 。 … … 父 が 、 つ け た 名 前 だ そ う で す 」 僕 の 言 葉 に 少 し 目 を 丸 く し た 桜 は 、 そ う で す か 、 と 小 さ な 声 で 言 っ て 、 そ れ か ら ま た 、 く し ゃ り と 笑 っ た 。
  15. 15. 最 後 ま で お 読 み い た だ き 、 あ り が と う ご ざ い ま し た 。 三 つ の リ レ ー 小 説 、 お 楽 し み い た だ け た で し ょ う か ? 各 作 品 は 、 以 下 の 分 担 で 執 筆 さ れ ま し た 。 【 黒 い 皮 】 ① M a y ② 伊 藤 文 乃 ③ 後 藤 章 大 【 散 る 花 の 流 れ る 先 は い つ も 】 ① 伊 藤 文 乃 ② 後 藤 章 大 ③ M a y 【 雪 桜 】 ① 後 藤 章 大 ② M a y ③ 伊 藤 文 乃

×