海外市場リサーチとフォーカステストについて




     株式会社Enzyme 池田 英一
会社案内
【株式会社Enzyme】
設立:     平成20年8月
代表取締役:  池田 英一
従業員数:   17名(日本人3名・外国人スタッフ14名)
事業内容:   ゲームソフトのデバッグ、ローカリゼーションサポート等
スタジオ所在地:神...
リサーチを実施する理由


・市場の動向を知る
・ユーザーの嗜好を知る
・作品の評価を知る
・そこで得た結果を開発に活かす
・そこで得た結果を売上に繋げる
海外市場について

・北米と欧州各国でもかなり違いがある
・ユーザーの感覚が違う(文化、宗教、その他)
・人気のあるジャンルが違う
・所有しているハードが違う
・遊び方が違う
・流通が違う(Wal-Martなど小売店の力が大き
 い)
・ネット...
海外でゲームが売れない!

  最近は単にゲームを「ローカライズ」しただけでは
      ソフトが売れなくなっています。
     これには以下の原因が考えられます。


●海外発の良質なゲームが増えた
●その結果ユーザーの選択肢が急激に増え...
もっと海外で売るために!

      マーケティングリサーチを行う

         何がわかるの?


●ユーザーセグメント別の嗜好・求めているもの
●各国別・販売地域別の市場動向
●投入を予定しているタイトルの一般的な評価
●競合/同一...
フォーカスグループ

     一般的なフォーカスグループの手法

 ターゲットとなるエンドユーザーを集める
 ゲームをプレイしてもらい、その様子を観察する
 アンケートに答えてもらったり、意見交換を行う
 対象ゲームに対する点数付けを...
つまりフォーカスグループとは


   開発の途中で、
   実際にゲームに触れたエンドユーザーから
   意見をデータとして抽出し、
   市場に合わせて開発時に修正を加え、
   最終的に売上向上に繋げる為の、



      ...
具体例① 早い時期に利用する

グローバル展開を視野に開発を進めるタイトルであれば、
 企画段階、もしくは開発初期段階で海外の調査会社等を
      利用してフォーカスグループを行う




 早い時期に嗜好等を把握をして修正を加えておけば
...
具体例② 続編の企画時に利用

   既に市場に出ている作品の続編であれば、
 その企画時に前作を使ってフォーカステストを行う




前作の良い点、悪い点を的確にデータで把握することで、
 続編の企画段階で出てくるアイデアの審議などにも、
 ...
具体例③ 販売会社との交渉に利用

   開発計画にフォーカステストを入れておく




ターゲット市場に合わせた開発を行っている証明となり、
      海外パブリッシャーとの交渉時にも
       有益な情報として利用できる
たとえ100%海外市場を理解していなくとも、
異文化や異なる習慣を理解しようとすることが大切です。


 尚、海外マーケットリサーチの結果で最も重要なのは


 海外ユーザーの意見を可能な限り代弁している

         という事です。
まとめ

① 日本と海外では市場に違いがある事を認識する。

② ターゲット市場における製品の市陽性を知る事が重要。

③ フォーカステストを使ってユーザーを「知る」。

④ フォーカステストとは、マーケティングであり、ユー
  ザーからデータ...
ご静聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

SIG-Gloc #2

2,515 views

Published on

SIG-Glocalization第2回勉強会におけるスピーカーのプレゼン資料です(2009/12/12)

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,515
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
14
Actions
Shares
0
Downloads
16
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

SIG-Gloc #2

  1. 1. 海外市場リサーチとフォーカステストについて 株式会社Enzyme 池田 英一
  2. 2. 会社案内 【株式会社Enzyme】 設立: 平成20年8月 代表取締役: 池田 英一 従業員数: 17名(日本人3名・外国人スタッフ14名) 事業内容: ゲームソフトのデバッグ、ローカリゼーションサポート等 スタジオ所在地:神奈川県川崎市 【Enzyme Testing Labs】(カナダ本社) 設立: 2003年5月 CEO: Yan Cyr 従業員数: 250名 事業内容: QAサービス全般、ローカリゼーションサポート、フォーカ ス グループ等 スタジオ所在地:カナダ・ケベック州サンタデール市、同モントリオール市、 スペイン・マドリード市
  3. 3. リサーチを実施する理由 ・市場の動向を知る ・ユーザーの嗜好を知る ・作品の評価を知る ・そこで得た結果を開発に活かす ・そこで得た結果を売上に繋げる
  4. 4. 海外市場について ・北米と欧州各国でもかなり違いがある ・ユーザーの感覚が違う(文化、宗教、その他) ・人気のあるジャンルが違う ・所有しているハードが違う ・遊び方が違う ・流通が違う(Wal-Martなど小売店の力が大き い) ・ネット上の評価が日本以上に売上に影響する
  5. 5. 海外でゲームが売れない! 最近は単にゲームを「ローカライズ」しただけでは ソフトが売れなくなっています。 これには以下の原因が考えられます。 ●海外発の良質なゲームが増えた ●その結果ユーザーの選択肢が急激に増えた ●そしてユーザーの質に対する目が厳しくなってきた ●違和感を感じるゲームを選択肢から外し始めた 海外展開の判断をする際、日本人の感覚や知識だけでは 海外市場を理解することは非常に難しいと言えます。 じゃあ、どうすればよいのか?
  6. 6. もっと海外で売るために! マーケティングリサーチを行う 何がわかるの? ●ユーザーセグメント別の嗜好・求めているもの ●各国別・販売地域別の市場動向 ●投入を予定しているタイトルの一般的な評価 ●競合/同一ジャンルタイトルとの比較評価 その手法は?
  7. 7. フォーカスグループ 一般的なフォーカスグループの手法  ターゲットとなるエンドユーザーを集める  ゲームをプレイしてもらい、その様子を観察する  アンケートに答えてもらったり、意見交換を行う  対象ゲームに対する点数付けを行う  競合となりそうなゲームがあれば、比較を行う  上記の結果をデータと共に報告書にまとめる  企画書や販促用資料などでも実施可
  8. 8. つまりフォーカスグループとは  開発の途中で、  実際にゲームに触れたエンドユーザーから  意見をデータとして抽出し、  市場に合わせて開発時に修正を加え、  最終的に売上向上に繋げる為の、 羅針盤となるものです!
  9. 9. 具体例① 早い時期に利用する グローバル展開を視野に開発を進めるタイトルであれば、 企画段階、もしくは開発初期段階で海外の調査会社等を 利用してフォーカスグループを行う 早い時期に嗜好等を把握をして修正を加えておけば 海外版制作時に大幅な調整や作り直しといった作業に、 多大なコストをかけずに済む
  10. 10. 具体例② 続編の企画時に利用 既に市場に出ている作品の続編であれば、 その企画時に前作を使ってフォーカステストを行う 前作の良い点、悪い点を的確にデータで把握することで、 続編の企画段階で出てくるアイデアの審議などにも、 使用できる。
  11. 11. 具体例③ 販売会社との交渉に利用 開発計画にフォーカステストを入れておく ターゲット市場に合わせた開発を行っている証明となり、 海外パブリッシャーとの交渉時にも 有益な情報として利用できる
  12. 12. たとえ100%海外市場を理解していなくとも、 異文化や異なる習慣を理解しようとすることが大切です。 尚、海外マーケットリサーチの結果で最も重要なのは 海外ユーザーの意見を可能な限り代弁している という事です。
  13. 13. まとめ ① 日本と海外では市場に違いがある事を認識する。 ② ターゲット市場における製品の市陽性を知る事が重要。 ③ フォーカステストを使ってユーザーを「知る」。 ④ フォーカステストとは、マーケティングであり、ユー ザーからデータを抽出する作業である。 ⑤ フォーカステストの結果は、ターゲットユーザーの意見 を可能な限り代弁していなければならない。
  14. 14. ご静聴ありがとうございました

×