Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2008.10.18
株式会社豆蔵       菅野裕・近藤正裕
店頭・Webより好評発売中!

          Tracの入門からプロ
           ジェクトでの本格活用
           までをカバー
          図解や漫画でわかりや
           すい!
      ...
対象読者

 開発プロジェクトで〃問題管理の効率
  を上げたいと考えている〃開発者〃
  リーダー〃プロジェクトマネージャ
 Tracの名前は聞いたことあるけど〃自
  分の仕事には関係ないと思って方
 問題管理やタスク管理ツールを゗ン...
こんな方にもおすすめです

 新人が壊れたコードをコミットする
 会社/上司の管理の仕方が古すぎ!
 Trac導入したのにチームのメンバーが
  使ってくれない
 チーム開発したことない新卒を大量に
  雇ったソフトウェゕ会社の人事担当
執筆のきっかけ
 1月 菅野 エンジニゕマ゗ンドVol.8に
『Ruby on Railsではじめるゕジャ゗
ルシステム開発』という記事を寄稿
  小さいコラムでTracをマンセーする
 2月 技術評論社の池本公平さん
  「subje...
執筆メンバー
 すがの(菅野 裕)
   ラ゗トウェ゗ト指向
   やっぱりオブジェクト指向
   Ruby好き


 いまだ(今田 忠博)
   静的言語好き
   要件定義・SOAが得意
   今はすっかり.NETer
  ...
執筆メンバー

 すぎもと(杉本 琢磨)
  Java/Ruby/.NET が好き
  趣味:怪談


 こんどう(近藤 正裕)
  オールドタ゗プ(C++好き)
  BIとか好き
  今はWPFが好き
執筆のプロセスとタ゗ムラ゗ン
                                            杉本
    2月                        3月            転職
             ...
各局面でツール・Webゕプリを利用
 iEdit(こんどう作)
   ブレスト・ゕ゗デゕ出し
 Microsoft Word 2007
   執筆
 ScrapBook(Firefox Add-On)
   スクリーンショット採取作...
ブレスト(powered by iEdit)                    コンセプト                                                       ゕドバンスド
            T...
コンセプトの背景
 メンバー参画プロジェクトのよくある
状況(大規模に多い)
 紙とかExcelでバグ票を管理
 構成管理ぼろぼろ
 情報共有のコスト高すぎ
 こういうのは技術以前のリテラシーで
はないか?
 → リテラシーを身につ...
開発現場でこんな経験はありませんか?

 フゔ゗ルの管理をフゔ゗ルサーバで
  行っている
 フゔ゗ル名に日付をつけてバージョン
  管理している
 Excelで問題管理をしていて〃メールで
  周知している
 朝夕全員そろって長々と進...
Tracをどうぞ
コミュニケーション不足によるトラブルの
経験はありませんか?
Tracをどうぞ
問題、管理できてますか?
Tracをどうぞ
構成管理、できてますか?
Tracをどうぞ
・・以上のように

 プロジェクトのメンバーがそれぞれの
立場で思い当たることを描写し、問い
かけ、解決策へ誘導するという書き方
を最初に持ってきた
 まえがき
 第1章「Tracの概要」
 そして第4章「プロジェクトをTracする」
...
心がけたこと
 何のためのツールなのかをわかりやすく
  Wikiや構成管理ツールについても説明
  専門用語はなるべく使わない
   PMBOKやゕジャ゗ル系の用語
   →日常的な言葉への置き換え
 Trac開発者の意図を伝える...
困ったところなど
 Tracのバージョンゕップへの追従
  最初0.10.4ベースで書いてたが、初稿ぐらいで0.11が正式リ
   リース、第2校ぐらいで゗ンタゕクト社から日本語版がリリー
   ス
  Trac Lightningもどん...
執筆を終えて・・

 いい経験になりました。
 執筆は割と短かったが、校正が大変
だった。
 スクリーンショット採取も大変だった。
 ゗ラストレーターの人の絵がかわい
かったので、もっと女性を登場させれ
ば良かったと後悔。
執筆でお世話になったツール・
 Webサ゗トの紹介
iEdit

 ゕ゗デゕプロセッサ
   ネットワーク図で入れ子構造を作ると、
    ツリービューで階層が自動的にできる
   コンセプト決め、目次の推敲に使った
   マンガに登場する架空の開発チームの人
    間関係図も作った
...
開発チームのプロフゔ゗ル作成
開発チームプロフゔ゗ル                              ミッション

                              某コンシューマ向けショッピングサ゗ト構築




   責...
Assembla
 Trac/Subversionホステゖングサービス
   Tracは0.10ベース
   独自プラグ゗ンも組み込んでる
   メンバー招待機能もある
   SourceForge /Google Code ではでき...
Assembla 利用例
Lingrでオンラ゗ンミーテゖング
 昼間は客先が別だったりして打ち合わ
せムリということで使うことに
  オフラ゗ンは、ブレストを含め3回ぐらい
  出版社打ち合わせも3回ぐらい
 ほとんどのコミュニケーションをLingr
でまかなえ...
最初の格言

「どんな処方にも二つの部分がある。その一つ
は薬〃もう一つはそれが正しく使われることを
保証するための方法だ。」
     G.M.ワ゗ンバーグ『コンサルタントの秘密』(共立出版)
Lingrの利用シーン

 技評 池本さんから・・・
Trac執筆陣の皆さま
お世話になります。
著者校正第2回も目途がたち〃ゴール(印刷所入稿)にむ
けて作業を収束させていきたいと思います。前回の打ち合
わせどおり〃次の作業が控えております...
1ページ目の格言をLingr使って検討
 候補
  不思議の国のゕリス風



  格言集からそれっぽいのを・・




  最後はワ゗ンバーグ先生から
   ちょうど社内メーリングリストで、読んでる人どれぐらい
    いますかと話...
Lingr 利用例
ScrapBook
 Firefoxのゕドオン
  HTMLページをスクラップできる
  DOM゗レーサー
   ビジュゕルに不要要素を削除できる
    Firebugよりもずっと簡単
  スクリーンショットの採取に威力を発揮
 ...
PDF X Change Viewer

 Acrobat 要らず

 校正に利用
  各自がコメントを貼り付けしてAssembla
   のリポジトリーにコミット
  紙ゲラと併用


 非常に効率よく校正作業ができた
PDF X Change Viewer 利用例
豆蔵でのTrac利用状況

 別に社内標準ではないですが・・
  情シスに申請すれば、Trac/SVNのリポジ
   トリーを作ってもらえます。
  客先でも勝手に゗ンストールして使って
   ます。
    Trac Lightnin...
「決めナ゗ト」用カスタマ゗ズ
 入力項目が多くて
  項目追加すると、入
  力画面がしょぼい
 チケットの説明にテ
 ンプレートを挿入す
 ることに
  ちょっとPythonいじ
  りました(新規だっ
  たら表示とか)

 Py...
欲しいプラグ゗ン(or 本体機能)

 更新が滞っているチケットのゕラート
機能
  担当者へのエスカレーションも
 権限管理機能
  ワークフローの遷移にユーザー権限によ
 るガードをかけたい
  →汎用の業務ゕプリにも使えちゃう
ご清聴ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Trac入門執筆うらばなし

11,277 views

Published on

Trac入門(技術評論社) の執筆にまつわるエピソードなどをまとめました。2008/10/18 Shibya.trac 勉強会で発表しました。

Published in: Education
  • Be the first to comment

Trac入門執筆うらばなし

  1. 1. 2008.10.18 株式会社豆蔵 菅野裕・近藤正裕
  2. 2. 店頭・Webより好評発売中!  Tracの入門からプロ ジェクトでの本格活用 までをカバー  図解や漫画でわかりや すい!  Amazonにて「ソフト ウェゕ開発」カテゴ リー1位の座をキープ (10/18現在)!  最新のTrac 0.11対応
  3. 3. 対象読者  開発プロジェクトで〃問題管理の効率 を上げたいと考えている〃開発者〃 リーダー〃プロジェクトマネージャ  Tracの名前は聞いたことあるけど〃自 分の仕事には関係ないと思って方  問題管理やタスク管理ツールを゗ンス トールしてみたものの〃期待した効果 を出せなかった方
  4. 4. こんな方にもおすすめです  新人が壊れたコードをコミットする  会社/上司の管理の仕方が古すぎ!  Trac導入したのにチームのメンバーが 使ってくれない  チーム開発したことない新卒を大量に 雇ったソフトウェゕ会社の人事担当
  5. 5. 執筆のきっかけ  1月 菅野 エンジニゕマ゗ンドVol.8に 『Ruby on Railsではじめるゕジャ゗ ルシステム開発』という記事を寄稿  小さいコラムでTracをマンセーする  2月 技術評論社の池本公平さん  「subject:Trac入門執筆しませんか? 」  菅野 周りの人間に声かけ  そして集まったのが・・・
  6. 6. 執筆メンバー  すがの(菅野 裕)  ラ゗トウェ゗ト指向  やっぱりオブジェクト指向  Ruby好き  いまだ(今田 忠博)  静的言語好き  要件定義・SOAが得意  今はすっかり.NETer (WF、WCF、Silverlight2)
  7. 7. 執筆メンバー  すぎもと(杉本 琢磨)  Java/Ruby/.NET が好き  趣味:怪談  こんどう(近藤 正裕)  オールドタ゗プ(C++好き)  BIとか好き  今はWPFが好き
  8. 8. 執筆のプロセスとタ゗ムラ゗ン 杉本 2月 3月 転職 4月 ブレスト/ 担当分+共同部 技術評論社にて 内部読み合わせ 担当割り 分30%程度執筆 読み合わせ 0.11リ 赤本 リース 出版 内部レビュー/ブ 最終稿を技術評 校正1回目 共同部分執筆 ラッシュゕップ 論社に提出 逆引きなどかなり追加 5月 6月2日 7月 校正2回目 校正3回目 見本 日本語版0.11対応 つきもの系 店頭発売 9月18日 8月 無事出版
  9. 9. 各局面でツール・Webゕプリを利用  iEdit(こんどう作)  ブレスト・ゕ゗デゕ出し  Microsoft Word 2007  執筆  ScrapBook(Firefox Add-On)  スクリーンショット採取作業  Assembla(Trac/SVNホステゖング 200MBまで無料)  原稿・素材・ゲラの管理、タスク管理  Lingr(チャットサービス)  オンラ゗ン打ち合わせ Word以外  PDF X Change Viewer 全部無料(タダ)!  ゲラへのコメント入れ
  10. 10. ブレスト(powered by iEdit) コンセプト ゕドバンスド Trac本のコンセプト つなぐ 使ったことない人 Subversionと連携 体系的に゗メージを捉えさせる 構成管理 Maven 対象読者 ゴール 問題管理 Continuum 利用者 バグ管理入門 遠い連携 管理者 CIツール CruiseControl 基本編 MS Build Subversion 入門的な内容をさらっと Webに情報はあるけど。。 連携 キーワードで 基本 Wiki Trac月 作り方はパス 使い方 デフォルト プラグ゗ン ゗ンストール 見える化 環境 認証 目的別 カスタマ゗ズ タスク管理 プラクテゖス マ゗ルストーン リリース管理 カスタムクエリ バージョン 用意された拡張 利用者ガ゗ド なぜ必要なのか プロジェクトの改善 コンポーネント 仕様変更 チケットの種類の追加 利用者向けと管理者向け 問題管理プロセス その他 実例で説明? バグ 最新版の情報 バージョンの選択 チケット管理って何? 懸念 タスク チケットの種類 機能改善 その他のBTS Tracの作者との著作権関係 チケットの状態 今できないこと 優先度
  11. 11. コンセプトの背景  メンバー参画プロジェクトのよくある 状況(大規模に多い)  紙とかExcelでバグ票を管理  構成管理ぼろぼろ  情報共有のコスト高すぎ  こういうのは技術以前のリテラシーで はないか?  → リテラシーを身につけるための導入本 にしよう
  12. 12. 開発現場でこんな経験はありませんか?  フゔ゗ルの管理をフゔ゗ルサーバで 行っている  フゔ゗ル名に日付をつけてバージョン 管理している  Excelで問題管理をしていて〃メールで 周知している  朝夕全員そろって長々と進捗会議をし ている
  13. 13. Tracをどうぞ
  14. 14. コミュニケーション不足によるトラブルの 経験はありませんか?
  15. 15. Tracをどうぞ
  16. 16. 問題、管理できてますか?
  17. 17. Tracをどうぞ
  18. 18. 構成管理、できてますか?
  19. 19. Tracをどうぞ
  20. 20. ・・以上のように  プロジェクトのメンバーがそれぞれの 立場で思い当たることを描写し、問い かけ、解決策へ誘導するという書き方 を最初に持ってきた  まえがき  第1章「Tracの概要」  そして第4章「プロジェクトをTracする」 へ
  21. 21. 心がけたこと  何のためのツールなのかをわかりやすく  Wikiや構成管理ツールについても説明  専門用語はなるべく使わない  PMBOKやゕジャ゗ル系の用語  →日常的な言葉への置き換え  Trac開発者の意図を伝える  開発プロジェクトのマネージメントにおける最小 限のゕプローチを提供する  チームが既に確立している開発プロセス・ポリ シーに影響をなるべく与えない  読めば、利用シーンが想像できるように  効果についてもわかりやすく
  22. 22. 困ったところなど  Tracのバージョンゕップへの追従  最初0.10.4ベースで書いてたが、初稿ぐらいで0.11が正式リ リース、第2校ぐらいで゗ンタゕクト社から日本語版がリリー ス  Trac Lightningもどんどんバージョンゕップ(笑)  先に入門Trac(赤本)が出ちゃった  差別化のため、逆引きとかを充実させた  元々のコンセプトもかなり違ってた  結果的には補完しあうような内容になり、Trac周辺が盛り上 がって良かったかも  Assemblaが・・  Tracサービスがよく止まった  リポジトリーの容量 当初500MBまで、突然200MBに  メンバーのゕカウントを使い回した(セコ゗)
  23. 23. 執筆を終えて・・  いい経験になりました。  執筆は割と短かったが、校正が大変 だった。  スクリーンショット採取も大変だった。  ゗ラストレーターの人の絵がかわい かったので、もっと女性を登場させれ ば良かったと後悔。
  24. 24. 執筆でお世話になったツール・ Webサ゗トの紹介
  25. 25. iEdit  ゕ゗デゕプロセッサ  ネットワーク図で入れ子構造を作ると、 ツリービューで階層が自動的にできる  コンセプト決め、目次の推敲に使った  マンガに登場する架空の開発チームの人 間関係図も作った  メンバーの要望を聞いて機能追加やバグ 修正も
  26. 26. 開発チームのプロフゔ゗ル作成 開発チームプロフゔ゗ル ミッション 某コンシューマ向けショッピングサ゗ト構築 責務 進捗管理 Web のデザ゗ン テストケース作成 プログラム開発 問題管理 構成管理 単体テスト 顧客調整 ビルド 設計 ロール 開発者 デザ゗ナ チームリーダー ラ゗ブラリゕン ビルダー テスター 人 すがの 英子さん まめぞうくん こんどう いまだ すぎもと
  27. 27. Assembla  Trac/Subversionホステゖングサービス  Tracは0.10ベース  独自プラグ゗ンも組み込んでる  メンバー招待機能もある  SourceForge /Google Code ではできない クローズドな開発や共同での原稿書きに便利  リポジトリーの容量が一定量を超すと有料  SLAはない
  28. 28. Assembla 利用例
  29. 29. Lingrでオンラ゗ンミーテゖング  昼間は客先が別だったりして打ち合わ せムリということで使うことに  オフラ゗ンは、ブレストを含め3回ぐらい  出版社打ち合わせも3回ぐらい  ほとんどのコミュニケーションをLingr でまかなえた  内容はゕーカ゗ブされるので、参加して いなかったメンバーも後から内容を把握 できる。
  30. 30. 最初の格言 「どんな処方にも二つの部分がある。その一つ は薬〃もう一つはそれが正しく使われることを 保証するための方法だ。」 G.M.ワ゗ンバーグ『コンサルタントの秘密』(共立出版)
  31. 31. Lingrの利用シーン  技評 池本さんから・・・ Trac執筆陣の皆さま お世話になります。 著者校正第2回も目途がたち〃ゴール(印刷所入稿)にむ けて作業を収束させていきたいと思います。前回の打ち合 わせどおり〃次の作業が控えております。 ・1ページ目の一言 「必要は発明の母」――読み人知らず 「愛だろ〃愛」――永瀬正敏 など〃適宜〃皆さんの座右の銘を1つ考えてください。 最初の1ページ目でがつんといきましょう。
  32. 32. 1ページ目の格言をLingr使って検討  候補  不思議の国のゕリス風  格言集からそれっぽいのを・・  最後はワ゗ンバーグ先生から  ちょうど社内メーリングリストで、読んでる人どれぐらい いますかと話題が・・  「コンサルタントの秘密」
  33. 33. Lingr 利用例
  34. 34. ScrapBook  Firefoxのゕドオン  HTMLページをスクラップできる  DOM゗レーサー  ビジュゕルに不要要素を削除できる  Firebugよりもずっと簡単  スクリーンショットの採取に威力を発揮  見せたい情報だけを残す  WinshotやPrintScreenボタンでパチリ  Scrapしておけば後から撮りなおし可能
  35. 35. PDF X Change Viewer  Acrobat 要らず  校正に利用  各自がコメントを貼り付けしてAssembla のリポジトリーにコミット  紙ゲラと併用  非常に効率よく校正作業ができた
  36. 36. PDF X Change Viewer 利用例
  37. 37. 豆蔵でのTrac利用状況  別に社内標準ではないですが・・  情シスに申請すれば、Trac/SVNのリポジ トリーを作ってもらえます。  客先でも勝手に゗ンストールして使って ます。  Trac Lightning にお世話になってます。  社内改善活動「決めナ゗ト」でも使って ます。  利用例の紹介
  38. 38. 「決めナ゗ト」用カスタマ゗ズ  入力項目が多くて  項目追加すると、入 力画面がしょぼい  チケットの説明にテ ンプレートを挿入す ることに  ちょっとPythonいじ りました(新規だっ たら表示とか)  Pythonスキルはあ りません
  39. 39. 欲しいプラグ゗ン(or 本体機能)  更新が滞っているチケットのゕラート 機能  担当者へのエスカレーションも  権限管理機能  ワークフローの遷移にユーザー権限によ るガードをかけたい  →汎用の業務ゕプリにも使えちゃう
  40. 40. ご清聴ありがとうございました

×