Successfully reported this slideshow.

CentOS6 でも Zabbix 3.0 を動かしたい

1

Share

Upcoming SlideShare
OSS運用管理勉強会LT
OSS運用管理勉強会LT
Loading in …3
×
1 of 11
1 of 11

CentOS6 でも Zabbix 3.0 を動かしたい

1

Share

Download to read offline

2016/04/20 のOSS運用管理勉強会でのLTのスライド。
CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす実験のまとめです。
それぞれの実験内容については Qiita に記事を掲載しており、このスライドにはリンクを記載しています。

2016/04/20 のOSS運用管理勉強会でのLTのスライド。
CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす実験のまとめです。
それぞれの実験内容については Qiita に記事を掲載しており、このスライドにはリンクを記載しています。

More Related Content

Related Books

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 14 day trial from Scribd

See all

CentOS6 でも Zabbix 3.0 を動かしたい

  1. 1. CENTOS6 でも ZABBIX 3.0 を動かしたい 米田 真治(株式会社サイタスマネジメント) 12016/04/20OSS運用管理勉強会
  2. 2. 自己紹介 •米田 真治 (こめだ しんじ) •株式会社サイタスマネジメント CTO •経歴 •学生時代にUNIXに出会う •INTERNETにつながる環境がきた •いろんなプログラムをビルドしているうちに、 •開発・構築の楽しさに目覚める •学科のシステム管理を経験 •システム運用のおもしろさを覚える •就職してISPのサーバ構築・運用に携わる •2000年6月 サイタスマネジメント創業 2016/04/20OSS運用管理勉強会 2
  3. 3. ZABBIX ON CENTOS6.7 オフィシャルなリポジトリでは RHEL6/CENTOS6 用の ZABBIX SERVER パッケージは提供されていません。 •ZABBIX 3.0で要求される環境 •PHP バージョン 5.4 以上 •SMTP AUTH のためには バージョン 7.20 以上のLIBCURLが必 要 RHEL6/CENTOS6 のOSの標準構成では動作しないため、 ZABBIX SERVER、WEBインターフェースの提供は打ち切られました。 本体とGUI以外なら動きます。 32016/04/20OSS運用管理勉強会
  4. 4. どうにかならないものか RHEL7/CentOS7 用にビルドされた Zabbix 3.0 は glibc 2.17 を要求します。 CentOS6 と CentOS7 では、glibc のバージョンが異なります。 CentOS6 の glibc は 2.12、 CentOS7 の glibc は 2.17 となっています。 単純に持ってきて動かすというわけにはいきません。 $  LD_LIBRARY_PATH=/opt/zabbix/lib64:/opt/zabbix/usr/lib64   /opt/zabbix/usr/sbin/zabbix_server_mysql -­‐h /opt/zabbix/usr/sbin/zabbix_server_mysql:  relocation  error:   /opt/zabbix/lib64/libc.so.6:  symbol  _dl_starting_up,  version   GLIBC_PRIVATE  not  defined  in  file  ld-­‐linux-­‐x86-­‐64.so.2  with  link   time  reference では Docker は? Docker v1.8 以降 RHEL/CentOS6 はサポート外です。 42016/04/20OSS運用管理勉強会
  5. 5. 鳴かせてみようホトトギス おもしろいのでやってみました。 CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす (力業編) http://qiita.com/komeda-­‐shinji/items/93880150f85738432a59 rpm パッケージと、対応する glibc や libmysqlclient、libcurl をほどい て配置して動かす方法です。 必要となる glibc のバージョンが合わないため、ラッパーを使って ld- linux 経由でロードモジュールを起動します。 ソースからのビルドは不要ですが、かなり強引な方法で実現していま す。 ld-linux.so: 実行に必要な共有ライブラリを見つけてロードし、 プログラムを起動させるヘルパープ ログラム。 5 $  /opt/zabbix/lib64/ld-­‐linux-­‐x86-­‐64.so.2  -­‐-­‐library-­‐path   /opt/zabbix/lib64:/opt/zabbix/usr/lib64   /opt/zabbix/usr/sbin/zabbix_server_mysql -­‐h usage: zabbix_server_mysql [-­‐c  config-­‐file] zabbix_server_mysql [-­‐c  config-­‐file]  -­‐R  runtime-­‐option zabbix_server_mysql -­‐h zabbix_server_mysql -­‐V 2016/04/20OSS運用管理勉強会
  6. 6. CENTOS6 で ZABBIX 3.0 を動かす (力業編) メリット ビルド不要 デメリット とにかく強引すぎ おすすめできません 62016/04/20OSS運用管理勉強会
  7. 7. すこし手直ししたもの yum と rpm コマンドは代替パスを指定してパッケージをインストール できます。 PatchELF を使えばロードモジュールのELF インタープリターや RPATH の変更ができます。 うまく組み合わせると パッケージをインストールしてPatchELFで修正すれば動きます。 CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす (PatchELF編) http://qiita.com/komeda-­‐shinji/items/798a2c12136937135c3b PatchELFのビルド http://qiita.com/komeda-­‐shinji/items/6a86a0b466a67ddf3f47 72016/04/20OSS運用管理勉強会
  8. 8. CENTOS6 で ZABBIX 3.0 を動かす (PATCHELF編) メリット パッケージのままインストールしているため、 一応パッケージ管理可能です。 デメリット それほど手軽でもありません。 実験環境で使うレベルでしょう。 PATCHELF だけはビルドする必要があります。 82016/04/20OSS運用管理勉強会
  9. 9. 鳴かぬなら それもまた良し ホトトギス おすすめ 正統派 ソースからビルドしましょう。 CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす (自力ビルド編) http://qiita.com/komeda-­‐shinji/items/b6b7adc914a3ca8ad0cb ビルドされたロードモジュールが公開されているものもあるようです。 もしも信頼のおけるロードモジュールが入手できるなら……。 まあ、自力ビルドしましょう。 $  rpmbuild -­‐bb  curl.spec $  rpmbuild -­‐bb  zabbix.spec 92016/04/20OSS運用管理勉強会
  10. 10. CentOS6 で Zabbix 3.0 を動かす (自力ビルド編) メリット パッケージとして導入するため、 管理しやすいでしょう。 curl を更新して /usr/local に配置するなど、互換性に 考慮した配置が取れます。 デメリット ビルドの手間がかかります。 ビルドに慣れていない人にとってはかなり敷居が高い でしょう。 102016/04/20OSS運用管理勉強会
  11. 11. 結論 ビルドの手間を惜しまなければ大丈夫です。 でもそろそろOSのバージョンアップが必要な頃合いです。 RHEL6/CENTOS6 ライブラリやミドルウェアのバージョンが、 とにかく古いですね。 これがいやで数年前に UBUNTU SERVER に乗り換えました UBUNTU 14.04 LTS まだ UPSTART です。 (でも UBUNTU 15.04以降では SYSTEMD になります。) RHEL7/CENTOS7 そうSYSTEMDです。 そろそろ新しいOSに SYSTEMD に慣れましょう >自分 RASPBERRY PI3 のRASBIANもすでにSYSTEMDでした。 112016/04/20OSS運用管理勉強会

×