20140426 wtm66

460 views

Published on

Published in: Career
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
460
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20140426 wtm66

  1. 1. わたしの「書く」 ということ 22001144..0044..2266((SSaatt..)) ! 日本AAnnddrrooiiddの会 中国支部 重村浩二
  2. 2. 自己紹介 日本AAnnddrrooiiddの会
 
 コミュニティ運営委員
 
 中国支部長
  3. 3. 日本AAnnddrrooiiddの会とは? AAnnddrrooiiddの普及・啓蒙を行うコミュニティ 技術的な内容を主に取り扱う ! LLooookk!!!! 
  hhttttpp::////aannddrrooiidd--ggrroouupp..jjpp//
  4. 4. 中国支部 スタッフ(ttkktt、TToorroo、めろ、かけなび、ひ むひむ、@yykkuummaannoo **敬称略**)合計6名 で運営中! 毎月1回の勉強会を開催!
 →昨年は1回しかできませんでしたが・・・
  今年はもっとやります! TTwwiitttteerr ハッシュタグ ##CCJJAAGG
  5. 5. 本を出しました! こちらは共著の方 「EEffffeeccttiivvee AAnnddrrooiidd」
    発売中!
  6. 6. 単著も! 3月1日発売しました 詳細はAAmmaazzoonn//GGooooggllee
 ブックスでなか見!検索
 してください ! ! 「AAnnddrrooiidd SSDDKKポケットリファレンス」
    発売中!
  7. 7. 本日のテーマ わたしの「書く」ということ エンジニアが「書くこと」とは? だれでもできる!書きはじめ ! 「書く」という行為をひも解きながら、
 だれでもできることだよ!と伝えたい!
  8. 8. 雑誌執筆 19冊(内、ムック本3冊) 監訳    1冊 共著    2冊 単著    1冊 これまでの経験
  9. 9. なぜ書くのか?
  10. 10. なぜ書くのか? 書く行為は何千年も前から行われてきた ・・・ 人に伝えるもっとも効果的な手段
  11. 11. なぜ書くのか? 本を読むことが好き!
  12. 12. なぜ書くのか? ↓ 自分でも書きたい!!
  13. 13. なぜ書くのか? カタチになって後世に残る!
  14. 14. 自費出版 KKiinnddllee コミケ 出版社への持ち込み ブログを継続して書く・・・編集者さんから 声をかけてもらう 人からの紹介を得る 執筆の機会を掴むために
  15. 15. 執筆のきっかけ コミュニティへの所属 ↓ 中国支部の活動 ↓ 運営メンバーからの紹介
  16. 16. 編集さんは検索中 書き手はいつも不足してるんです!
  17. 17. 寄稿タイプ*雑誌など* 単発のお仕事 一度書いたらおしまい ! 印税タイプ*単著、共著など* 何ヶ月も、何年も売れる 名刺代わりに 執筆の種類
  18. 18. まずは雑誌から! 数をこなして、慣れてきたら書籍へ 書籍と雑誌だと負荷が違う 単著より共著を選ぼう! 単著に挑むあなたへ 自分に負けるな! オススメのフロー
  19. 19. 執筆の流れ 執筆決定 サンプル 作成 執筆 校正作業 初校 再校 完成 見本誌を いただく
  20. 20. 執筆にかかる時間 慣れの問題もあるが・・・ 雑誌記事(初校前までの作成)であれば、3 日程度
 →テーマなどがしっかり決まっていることが 前提(初めてなら、安全係数を入�れて2週間)
  21. 21. 事前にやっておくこと アタマの中で考えた構成を文章化しておく ! (雑誌の場合)簡単な箇条書きでOOKK
       →テーマに関する技術調査は
        終えておくこと (書籍の場合)目次レベルに落としこむ
       →編集担当さんと調整
  22. 22. 書くためのツール 〜現場最前線�〜 メモ帳!テキストエディタ大活躍
  23. 23. 書くためのツール 〜現場最前線�〜 MMiiccrroossoofftt OOffffiiccee WWoorrddで文字数カウント
  24. 24. 文字数カウントの理由 文字数から大体のページ数を想定 するためです! ! ・・・ ! なんだかとっても原始的^^;
  25. 25. 最近の流れ GGiittHHuubbにコミットして、CCIIを回すスタイル
  26. 26. 事例 EEffffeeccttiivvee AAnnddrrooiiddでは、30名近くの執筆陣で GGiittHHuubb運営を実施
  27. 27. 技術者向�けの記事を書く ポイント
  28. 28. その1 読者のニーズを考えて 読んでもらえないと意味が無い! • • • • • • • • • • • • • • 自己満足ではなく、読ませる文章を。 • • • • • • • • • • • • • • •
  29. 29. その2 わかりやすさが大事 図や表、サンプルコードを入�れたほうが わかりやすい
  30. 30. その3 書くことに慣れる ブログがもっとも手軽な手段
  31. 31. その4 読むことも大事 他の人の構成や言い回しなど、 参考になることは多い
  32. 32. ご清聴、 ありがとうございました mm((__ __))mm

×