Google Cloud Messaging for Android            ことはじめ    もっと簡単に動かしてみる 編             @kojiokb
はじめに今回は、簡単にパラメータを変更してメッセージをプッシュする方法について考えてみる。前回のスライドはこちら「サンプルコードを動かしてみる 編」http://www.slideshare.net/kojiokb/google-cloud-m...
必要なものgcm-demo-client(Androidアプリ)Google Chrome(ブラウザ)Dev HTTP Client(Chromeアプリ)
構成今回の構成はこんな感じ          POSTPUSH             サーバの代わりに                 ブラウザを使う!       手動でRegistration IDを登録
gcm-demo-clientアプリケーションサーバへのRegistration ID登録を止めるGCMIntentService#onRegistered()ServerUtilities.register(...)をコメントアウトペイロード...
Google Chrome言わずと知れたGoogleのブラウザ後述するChromeアプリを動かすために必要ダウンロードは下記からhttps://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/?hl=ja 
Dev HTTP Client任意ヘッダーやメソッドを指定して送信できるChromeアプリ今回はこのアプリを利用してメッセージの送信を行う。インストールは下記からhttps://chrome.google.com/webstore/detail...
動かしてみる端末アプリを起動起動するとGCMの登録処理が開始される。登録が成功すると右の画面になる。LogCatに出力されたRegistration IDを控えておく。
動かしてみるDev HTTP Client開き以下を設定メッセージのPOST先http://android.googleapis.com/gcm/sendヘッダContent-Type:application/jsonAuthorization...
動かしてみるDev HTTP Client開き以下を設定Body {     "collapse_key" : "collapse_key",     "time_to_live" : 3600,     "delay_while_idle" ...
動かしてみるSendボタンでメッセージを送信
動かしてみるResponseを確認する以下は送信成功時のResponse
動かしてみるメッセージの受信受信が成功すると- 通知エリア- アプリ画面内にdataフィールドで指定したメッセージが表示される。
メッセージの構成メッセージに指定できるフィールド・registration_ids・collapse_key・data・delay_while_idle・time_to_live各フィールドの詳細についてはAPI Guidesを参照[公式] G...
まとめ今回はアプリケーションサーバの代わりにブラウザを用いてメッセージの送信を行った。メッセージのパラメータを変えて動作確認を行いたい時に便利なんじゃないかと。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Google Cloud Messaging for Android ことはじめ(もっと簡単に動かしてみる編)

3,526 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
3,526
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
946
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Google Cloud Messaging for Android ことはじめ(もっと簡単に動かしてみる編)

  1. 1. Google Cloud Messaging for Android ことはじめ もっと簡単に動かしてみる 編 @kojiokb
  2. 2. はじめに今回は、簡単にパラメータを変更してメッセージをプッシュする方法について考えてみる。前回のスライドはこちら「サンプルコードを動かしてみる 編」http://www.slideshare.net/kojiokb/google-cloud-messaging-for-android
  3. 3. 必要なものgcm-demo-client(Androidアプリ)Google Chrome(ブラウザ)Dev HTTP Client(Chromeアプリ)
  4. 4. 構成今回の構成はこんな感じ POSTPUSH サーバの代わりに ブラウザを使う! 手動でRegistration IDを登録
  5. 5. gcm-demo-clientアプリケーションサーバへのRegistration ID登録を止めるGCMIntentService#onRegistered()ServerUtilities.register(...)をコメントアウトペイロードを表示できるようにするGCMIntentService#onMessage()String message = getString(...);をコメントアウトString message = intent.getStringExtra( key );を追加
  6. 6. Google Chrome言わずと知れたGoogleのブラウザ後述するChromeアプリを動かすために必要ダウンロードは下記からhttps://www.google.com/intl/ja/chrome/browser/?hl=ja 
  7. 7. Dev HTTP Client任意ヘッダーやメソッドを指定して送信できるChromeアプリ今回はこのアプリを利用してメッセージの送信を行う。インストールは下記からhttps://chrome.google.com/webstore/detail/aejoelaoggembcahagimdiliamlcdmfm
  8. 8. 動かしてみる端末アプリを起動起動するとGCMの登録処理が開始される。登録が成功すると右の画面になる。LogCatに出力されたRegistration IDを控えておく。
  9. 9. 動かしてみるDev HTTP Client開き以下を設定メッセージのPOST先http://android.googleapis.com/gcm/sendヘッダContent-Type:application/jsonAuthorization:key=<API Key>
  10. 10. 動かしてみるDev HTTP Client開き以下を設定Body { "collapse_key" : "collapse_key", "time_to_live" : 3600, "delay_while_idle" : true, "data" : { "key" : "Messsage from Dev HTTP Client", }, "registration_ids" : ["<Registration ID>"], }
  11. 11. 動かしてみるSendボタンでメッセージを送信
  12. 12. 動かしてみるResponseを確認する以下は送信成功時のResponse
  13. 13. 動かしてみるメッセージの受信受信が成功すると- 通知エリア- アプリ画面内にdataフィールドで指定したメッセージが表示される。
  14. 14. メッセージの構成メッセージに指定できるフィールド・registration_ids・collapse_key・data・delay_while_idle・time_to_live各フィールドの詳細についてはAPI Guidesを参照[公式] GCM Architectural Overviewhttp://developer.android.com/guide/google/gcm/gcm.html[日本語訳] GCM アーキテクチャの概要(技術ドキュメントを勝手に翻訳)https://sites.google.com/a/techdoctranslator.com/jp/android/guide/google/gcm/gcm
  15. 15. まとめ今回はアプリケーションサーバの代わりにブラウザを用いてメッセージの送信を行った。メッセージのパラメータを変えて動作確認を行いたい時に便利なんじゃないかと。

×