Why you need "Change planner" ? we have to align biz model ASAP.

302 views

Published on

We'd like to update the change planner for next steps.
you can learn what they need.
Preparing for something before implementation of solutions.
Don't miss it.

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
302
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Why you need "Change planner" ? we have to align biz model ASAP.

  1. 1. Why you need “Change planner” T and I company
  2. 2. 企業の見える化 標準化って?企業の見える化 標準化って? 組織化  体制整備  組織風土  活力 企業の構造化 見える化 顧客  サービス、 製品 株主  配当 労働者  雇用 事業構造  業績  付加価値 人材管理  人事  報酬 人件費、コスト ぬるま湯体質 競争激化 少子化採用難 事業内容 SWOT 開発力 ブランドイ メージ デジタル需要 誘致 成熟 維持、投資 経営戦略 成長 収益 収益増へ の改善 財務分析 安全性、成長性、収益性、生産性 人口分布 ピラミッド 逆ピラミッド くびれ、釣鐘 同業種平均 薄利多売だから 売り上げ、経費、利益の 年度グラフ 成長収益のバブルチャー ト チームワーク 家族的 仕入先  サービス、 製品
  3. 3. 計画 管理 従業員意識への影響 行動への影響  生産性 ハード ソフト 共通目的 役割分担 運営システム コミュニケーション 機能の実装と見える化  CF は苦手機能の実装と見える化  CF は苦手 組織としての機能  品質管理  調達、購買フレームワーク 業務規程 業務手順 システム操作 手順 会議体 Agenda 議事録 WF 実装イメージ 実装方法 主体は? 予算運営でき てた?
  4. 4. Biz Company Biz A Company Biz B System A System B Function Function Function Common Diverse1 Diverse2 Biz standard IT の前に標準でしょう!必要なものは?捨てるものは? Biz A Biz B Biz C
  5. 5. システムの重要項目 CF の実現ポイン ト Methods Materials 管理コード Man 環境 •作業指示 No.•不適合 No. •変更管理フレーム ワーク •資産 No. •検査 •顧客 . •CS. •情報システム •チーム目標、目的 •企画 •営業•不適合コード体系 . •コミュニケー ション計画 •原価計算 CF に強くなる •業務のしくみ •業務規程、規則 •WF, 手順 •権限 •業務ルール •顧客 •仕入先 •業務プロセス標準化 •プロジェクト フレームワー ク •CF のしくみ •契約 No. •売り上げ No.
  6. 6. Technical Architecture Biz Data Application インターネット スマホ、 PC, デジカメ飲み込む MF 、サーバクライアント、オープン化、仮想化 手作り、パッケージ、クラウド WF からアジャイル開発へ 環境、開発、検証、本番、開発ツール、構成ツール 運用技術で安定運用 変化 市場開放、価格破壊、事業領域の変化、業務統合、分離 価格ドットコム、 Bookoff 、俺のイタリアン、 100 円ショップ ブランドショップ、ユニクロ、 JR 北、東電、 JAL 、リーマンショック 評価軸の変遷、評価基準の変化、データ粒度の変化 個別化、共通化(統合)、連携化 Incident, Problem, Request, Change management Trends by EA  各レイヤーで見え隠れ 1. トランザクション 2. 分析、レポート 3. 情報、検索 BYOD リスクはかぶる メリット  土地代、オフィス確保、場所が不要  ハード投資 デメリット  セキュリティー投資  情報漏えいを防ぐモラル教育  契約ごと 業務標準、業務ルール、体制 変更管理ガイドライン を用意してからはじめること 大量データ、ビッグデータの発想  管理項目、分析目的  管理目標を定めること PC でできること   UI の開発、統一  使いやすさの追求 外販  コンテンツの提供   業界情報、レポート。 リコール情報、 チップス、社内ノウハウ    障害対応のノート   顧客に対する契約情報、取引状況、資産 管理  コミュニケーションツール   お勧め品、情報提供   AP   コード変換機能アプリとか
  7. 7. ITBiz Company Milestone Phase1 Phase2 Phase3 Solution Mapping 1 Solution Mapping 2 Solution Mapping 3 管理会計の導入 原価計算 課題:契約別の原価計算 課題:戦略的な調達へ 課題:品質管理の展開から顧客満足へ PJ portfolio Application portfolio Demand management 業務課題を IT で解決 だったらいいな!
  8. 8. Public Cloud として office365 Google APPS AWS (iaas, アプリとして SAPB1 ) 財務・経理アプリ salesforce.com Suger(CRM) Google App Enngine(Paas) Private Cloud として 基幹システム(温存)(販売、調達、構内物流) マスター管理 バックアップセンター Security Center 社内 社外 社内 Solution map  できたらいいんだけど 短期導入のためには、  事前に  MDM,I/F 、 Mig の折り合いをつける  今回はやらない、ここまでを決め手からやる
  9. 9. プロジェクトの位置づけ 新ワークスタイル Planning and Budgeting BU operations BABOK,PMBOK
  10. 10. Update Demand management process  どこまでやれるのか? Planning and Budgeting Project A Project B BU operations Demand management PJ portfolio Demand analysis
  11. 11. システムの重要項目 新基幹システム の実現ポイント Methods 個品 管理コード Man 環境 •指示 No. •修理依頼 No. •見積り依頼 No. •不適合 No. •個品 No. •出荷依頼 No. •契約 No. •仕入先 •検査 •顧客 . •CS. •社外  顧客先  仕入先  物流  その他 •社内  入庫、出庫  その他 •企画 •営業 •最終処置 調査、修理、 校正、入庫、 廃棄 •不適合コード体系 . •時間管理  受付、対処時間  標準時間 •不適合基準 •コスト   有料、無料 Materials サービス(修理、校正)•変更管理 •KDDI 案件 System design  判定すべきポイントを前広に •在庫管理 •原価管理 •管理会計
  12. 12. Change management  業務改革するには、 Gap Benefit Risk • 短期導入手法 • 業務標準、単純化を強化する • 可視化をインプリする • 短期型にシステム実装、ボトルネック解消 • 最小限の要件まとめの合意形成に時間がかかる • 業務プロセスは変更しない • 最小限をシステム実装     手作業は残す、そのデータは提供する • 最新情報の整備 • 分析精度を高め、頻度を高める • 情報共有する Transfer New governance • 開発力不足 • 業務標準がまとまらない • 協力する接点を持たない
  13. 13. 0. 購買標準コンセプトPM terminology  はっきりしてる? WBS Milestone Baseline approve plan change management CCB change control board risk mitigation Gantt chart Triple constraint time, scope, cost, quality project life cycle stakeholders OBS CBS Frequency and impact
  14. 14. 6 月 7 月 8 月 9 月 10 月 11 月 12 月 1 月 2 月 3 月 4 月 •課題確認 •IT 調整 •注文に関する調査 •Xx 参加 •業務課題共有、変更要件、業務ルール確認 5 月 •シス導入延期 •購買品目確認 •可視化 •連携部門とのプロセス調査 •再見積り •C 社キックオフ •再見積り 旧システム 新システム クラウド データ移行 マスター運 用 バッチ連携 I/F 動作 試運転 リハーサル 本番判定 本番開始 データ準備 システム変更 •基本事項への対応 •意思決定機関との調整意思決定機関立上げ Time line / Road Map  出口あっての入り口
  15. 15. 機能構成図 DMM Level0 レンタル事業  DMM Level1 調達業務 DMM Level2 手順書 YRL,修理者(メーカー、 オンサイト) 仕入先マスター J OB計画& 購入 注文書 検査チェックシート 品目マスター 自動発注、購入部品カード 作業報告書 HP仕切りマスター 在庫レンタル B在 レンタル 転売(ソフト、サービス) 発注指示 修理 B在 購入 集計とチェック 市場調査 決裁書 基本契約 修理校正品発送 レンタル資産保守 情報分析 調達先選定 見積り FPR購入 登録 インテグ外注 仕入れ計画 仕様確定 価格交渉 発注 方針決定 見積り 納期管理 在庫計画 発注打切り 在庫管理 差異分析 消耗品の自動発注 監査 検収 アクション 内容把握 処理手順実施 受入 原因分析 検収 対策立案 返品 支払条件確認 支払指図 実績照合 構内物流 支払調整 相殺 支払 支払 支払調整 支払指図 2.選定活動 3.発注活動 4.受入活動 8.管理活動 5.請求受活 動 6.支払活動 調達 調達先 調達経理 調達拠点営 業 企画推 進 商品企 画 7.クレーム活 動 調達 1.予算活動 企画推 進 商品企 画 メーカー 3.1委託活動 Gr技術 メーカー 調達先 客先 情報関連図  DFD 業務流れ図 共有する業務目的 実務上の機能 業務流れ図は、実務機能を 実行するための流れ 手作業とシステムの関連 手順書は、操作、 作業のための手順 業務の可視化として機能構成図( DMM ) , 情報関連図( DFD )を 活用した 基礎情報 ディスカッションすべし

×