今ある英語力で伝わるプレゼンをつくる!

4,944 views

Published on

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
4,944
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
7
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

今ある英語力で伝わるプレゼンをつくる!

  1. 1. 今ある英語力で 伝わるプレゼンをつくる! Act-Think Think-Act Short Long Term
  2. 2. Act-Think Think-Act Short Long Term 人にはタイプがあり、 能力の現れ方もさまざま CHANGE PRODUCTIVE STRATEGY IMPROVE
  3. 3. 行動-思考 思考-行動 短い 長い サイクル 詳細は→スライドNo.47
  4. 4. 英語環境 in Japan
  5. 5. 英語学習技術のUP 英語でのコミュニケーションが より一般化 ▸ 英語コンプレックス ↑ ▸ 英文で共有される情報↑↑ ▸ プラス 能力から標準装備へα
  6. 6. とは言え、英語能力は そんなに簡単には上がらない。
  7. 7. 能力が上がるのを待つよりも さっさと使ってしまおう!
  8. 8. 英語能力の不足は プレゼン技術でカバーする。 2.論理思考 3.インパクト! 1.スライド
  9. 9. 2.論理思考 3.インパクト! 1.スライド
  10. 10. 難 Let me explain the four musts of choosing a good real-estate agent. Factors IntegrityNetworksExperienceInformation Power 不動産仲介業者を選ぶときに必須の4つの要件を 説明させてください。
  11. 11. 難 Let me explain the four musts of choosing a good real-estate agent. Factors IntegrityNetworksExperienceInformation Power 不動産仲介業者を選ぶときに必須の4つの要件を 説明させてください。きれいな訳は 今後の課題として
  12. 12. 難 Let me explain the four musts of choosing a good real-estate agent. Factors IntegrityNetworksExperienceInformation Power 不動産仲介業者を選ぶときに必須の4つの要件を 説明させてください。図を見ただけで わかるように修正
  13. 13. IntegrityNetworksExperienceInformation Power Real-estate Agent 易 MUSTS! こんな感じ
  14. 14. I’ve divided my talk into three parts. First, the overview of the market, then our new products, and finally our sales projections. お話しする内容は大きく三つです。第1にマーケットの概況、 第2に当社の新製品、最後に今後の売上予測です。 Agenda 1. Market 2. New Products 3. Sales Projections 難
  15. 15. I’ve divided my talk into three parts. First, the overview of the market, then our new products, and finally our sales projections. お話しする内容は大きく三つです。第1にマーケットの概況、 第2に当社の新製品、最後に今後の売上予測です。 Agenda 1. Market 2. New Products 3. Sales Projections 難 英語がほとんど しゃべれなくても
  16. 16. I’ve divided my talk into three parts. First, the overview of the market, then our new products, and finally our sales projections. お話しする内容は大きく三つです。第1にマーケットの概況、 第2に当社の新製品、最後に今後の売上予測です。 Agenda 1. Market 2. New Products 3. Sales Projections 難 Let me explain the four musts of choosing a good real-estate agent.単語だけでも
  17. 17. 3. Sales Projections 3PARTS 2. New Products1. Market 易 なんとかなる!
  18. 18. Our sales turnover increased 50% annually for the past ten years. われわれの売上高は過去10年間、毎年1.5倍ずつ 増加しました。 201220102008200620042002 Year Sales Turnover
  19. 19. Our sales turnover increased 50% annually for the past ten years. われわれの売上高は過去10年間、毎年1.5倍ずつ 増加しました。 201220102008200620042002 Year Sales Turnover 大事なのは 英語の流暢さよりも
  20. 20. 201220102008200620042002 Year Sales Turnover Market ? Share ? Our sales turnover increased 50% annually for the past ten years. われわれの売上高は過去10年間、毎年1.5倍ずつ 増加しました。 Volume? “Increased 50% annually” 聴衆の疑問に
  21. 21. Our sales turnover increased 50% annually for the past ten years. われわれの売上高は過去10年間、毎年1.5倍ずつ 増加しました。 201220102008200620042002 Year Sales Turnover 10 years ×60 ( 1.5 )10 Market →×10 Share → No.1 わかりやすく答えること Volume
  22. 22. We are planning to expand our business to the European market in the near future. われわれは近いうちにヨーロッパ市場に進出する予定です。
  23. 23. We are planning to expand our business to the European market in the near future. われわれは近いうちにヨーロッパ市場に進出する予定です。 疑問に Why? How? When? Target?
  24. 24. We are planning to expand our business to the European market in the near future. われわれは近いうちにヨーロッパ市場に進出する予定です。 答える Alliance Next Summer Target !Large Economy
  25. 25. 2.論理思考 3.インパクト! 1.スライド
  26. 26. ロジックツリー と マトリックス
  27. 27. 記憶力テスト!
  28. 28. ジャワカレー、トマト、氷、 イカ、レタス、コカコーラ、 エビ、キュウリ、レモン 10秒で覚えてください
  29. 29. いくつ思い出せますか?
  30. 30. では、もう一度ちがうやり方で
  31. 31. シーフードカレー イカ エビジャワカレー サラダ キュウリ レタス トマト コカコーラ+レモンスライス コカコーラ 氷 レモン
  32. 32. いくつ思い出せますか?
  33. 33. さっきよりも多く 思い出せましたか?
  34. 34. もう少し発展させると
  35. 35. シーフードカレー ジャワカレー 料理で もてなす 友達を もてなす 良い雰囲気 楽しい会話 サラダ コカコーラ + レモン イカ エビ トマト レタス キュウリ レモン コカコ-ラ 氷 テーブルに 花を飾る 部屋をきれいに 掃除する 話題を用意 (最近のトピック) 共通の 思い出の品 (アルバム) バックグラウンド ミュージック Q&A どのように? 大きな 方針 具体的 方策 必要なもの 順序づけ:準備が大変な順 ロジックツリー
  36. 36. ロジックツリー 1.自分の頭の中が整理される 2.人の話の組み立てが見える 3.重要な部分にしぼって話せる
  37. 37. 聴衆の興味や疑問、気づきに 沿った切り口で話を組み立てると 満足度の高いプレゼンになる。
  38. 38. Target Why? When? How? Growth Volume? Period? Share? Price Cost Profit Comparison Japan Industry Spirit Savings
  39. 39. ターゲット なぜ? いつ? どうやって? 成 長 総額は? 期間は? シェアは? 価 格 日本の強み コスト 収 益 比 較 産 業 精 神 貯 金
  40. 40. マトリックス 花形事業(高成長率・高シェア) 大きな利益が得られるが、継続的投資が 必要。大きなキャッシュフローは望めない。 高シェア 低シェア 高い 成長率 低い 成長率 花形 事業 金の なる木 問題児 負け犬 問題児(高成長率・低シェア) 早期に集中投資し、シェアを拡大する必要 あり。花形にならず、負け犬化するリスク。 金のなる木(低成長率・高シェア) 新規投資は最小限に抑え、キャッシュ回収 を進める → 成長性のある事業へ投資。 負け犬(低成長率・低シェア) 撤退や事業売却などの判断が必要になる。 お荷物事業であり、見切りの時機が重要。
  41. 41. 緊急 緊急ではない 重要 重要で はない オーダーメイド レディメイド 成熟 顧客 新着 顧客 既存製品 新規製品 既存 市場 新規 市場 市場 浸透 新市場 開拓 新製品 開発 多角化 高シェア 低シェア 高い 成長率 低い 成長率 花形 事業 金の なる木 問題児 負け犬 問題や 課題 見せ かけ 高い質 無 駄 技術力 対話力 コスト ダウン スピード いろいろな切り口
  42. 42. 独自の切り口を 見つけよう!
  43. 43. 戦略的思考 リーダーシップ 説得・交渉 マネジメント Strategy Leadership Negotiation Management 強 み Strength 技 術 Skill キーパーソン 直接交渉 正しい人と話せれば 正しい情報が得られ 正しい答えに早く着く 利益と敬意 会議を仕切る 相手との最高のコミュニ ケーションの場でもある ここ一番は自分でキメる 相手の動機と大事にして いる価値観を理解する 相手のヤル気をUPする 会議という言葉にとらわれず 感性で場を創造する 目的とゴールは明確に キーパーソンを見極められると いうことは、その人にキーパー ソンの資質があるということ ポリシーとポリシーのぶつかり合い 事業をやめるか、パートナーに なるか!というレベルの気迫 相手を動かすのではなく 一緒になって動いてもらう 大きなチームを作り上げる チーム活動のエンジンになる みんなと頭の中をシェアする 会議=プレゼンテーション 【プロジェクトリーダーの対人能力マトリックス】
  44. 44. ProfitabilityL DEPENDS L Low Short HH Long High L H Risk PRESERVE CAPITAL GOOD DEAL! INSANITY Quality Price PREMIUM ECONOMY SKIMMING Act-Think Think-Act CHANGE PRODUCTIVE STRATEGY IMPROVE Act-Think Think-Act Term Short Long Term
  45. 45. 収益性低 要検討 低 低い 短い 高高 長い 高い 低 高 リスク 投 資 見合わせ 投資GO! 問題外 クオリティ 価格 高級感 割安感 シェア奪取 超投資回収 行動-思考 思考-行動 変 革! 堅い生産性 戦略デザイン 常に向上 サイクル 短い 長い サイクル 行動-思考 思考-行動
  46. 46. 行動-思考 思考-行動 短い 長い サイクル 行動‐思考‐長サイクル(堅い生産性) 成功パターンを粘り強く繰り返す。安定した 成果を長期間期待できる。 思考‐行動‐長サイクル(戦略デザイン) 長期的なゴール設定、戦略デザインを重視 する。「コントロール」と「目標達成」 行動‐思考‐短サイクル(常に向上) 環境変化への即応力がある。チームとして の成果獲得に貢献度が高い。 思考‐行動‐短サイクル(変 革!) 必要な変化をつかみ取る見極め力に優れる。 仮説を自己確信に高め、変革の起点となる。
  47. 47. 2.論理思考 3.インパクト! 1.スライド
  48. 48. 写真・グラフ・図を使って 聴き手の印象に残す インパクト!
  49. 49. All すべての、全部の Every すべての、あらゆる Each それぞれの、各々の
  50. 50. ● ● ● ● ● ● ● ● ●● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● All the students Every student ● ● ● ● ● Each student
  51. 51. must ~に違いない may ~かもしれない can’t ~のはずがない
  52. 52. Probably Likely Maybe Possibly 50% 75% 25% will must should can may could can’t won’t 100% 0% 75% 25% 50% きっと~だ ~可能性がある ~かもしれない ~かもしれない ~のはずがない ~しない ~に違いない ~する
  53. 53. 2.論理思考 3.インパクト! 1.スライド
  54. 54. スライド・論理思考・インパクトを使い 今ある英語力でベストを目指す
  55. 55. スライド・論理思考・インパクトを使い 今ある英語力でベストを目指す 出会い、機会を 最大限活かすことができる
  56. 56. Fight ! www.projex.co.jp/

×