VMwareで手っ取り早く社内システムをHAサーバ化してみました (bpstudy#38)

9,008 views

Published on

詳細はブログ記事にて
http://www.koemu.com/blog/2010/10/30/bpstudy38/

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
9,008
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,404
Actions
Shares
0
Downloads
36
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

VMwareで手っ取り早く社内システムをHAサーバ化してみました (bpstudy#38)

  1. 1. 2010/10/29   BPStudy#38@EBISU  303   斎藤  祐⼀一郎  (id:koemu)  
  2. 2. 1.  VMware  HAを使うと、特別な設定 をしなくても簡単にHA構成が組める よ!   ◦  多分VMware以外でも応⽤用できると思います   2.  VMを使うと少数のサーバでも美しく 業務を分けられるようになるよ!     資料は後でblogにアップします   2010/10/29   2  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  3. 3. 1.  ⾃自⼰己紹介 2.  VM化以前の状況 3.  システムリプレース時の要求 4.  導⼊入時に⽐比較した構成 5.  現状の構成 6.  導⼊入後のメリット 7.  注意点 8.  今後構築されたい⽅方へ 9.  おわりに 2010/10/29   3  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  4. 4.   斎藤  祐⼀一郎 ◦  id: koemu ◦  所属 (株)インタラクティブブレインズ ◦  ARや3Dサーバサイドレンダリングシステ ム構築に関するSEをしています ◦  その傍らで社内の情報システム管理担当 ◦  以前は株式のテクニカル分析に関するシ ステムも組んでました ◦  ⾃自転⾞車車とスキーが好きです 2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   4  
  5. 5. 2010/10/29   5  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   •  他の業務を巻き添えにして⽌止まる   •  ⼤大企業のように業務毎にサーバを⽤用意できなかった   •  障害切り分けを複雑化させてしまう   •  業務の例: DNS, LDAP, WebDAV,メール, ML, SVN, Redmine, Proxy, Reverse Proxy, Web   たった3台のサーバに10の業務   •  障害が起きると修理完了まで業務停⽌止   冗⻑⾧長化されていない機材   •  創業期(5年以上前)に買ったものらしい   •  昨今のサーバに⽐比べてとても⾮非⼒力力   •  保守部品がないものもあり故障したら修理ほぼ不能   機材の⽼老老朽化と保守切れ  
  6. 6. リプレースしないとまずい。 さて、どうするか。   2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   6  
  7. 7.   サーバ本体の可⽤用性を次の通りとした。     基幹のため、データを守るべくパブリッ ククラウドは選定から外れた。     ネットワークを冗⻑⾧長化すると予算をオー バーするので今回はあきらめた。   求められる⽔水準   可⽤用性指標   対象サービス   10分以内に復帰し業務 影響を最⼩小限に抑える   99.950%   メール  (POP3,  SMTP,  IMAP),   ML,  LDAP,  DNS   30分程度で復帰できれ ば問題ない業務   99.900%   WebDAV,  SVN,  Redmine   2 3時間程度で復帰で きれば問題ない業務   99.500%   リバースプロキシ,  プロキシ   2010/10/29   7  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  8. 8.   レガシー案 ◦  重要なシステムのみ 冗⻑⾧長化     VM案 ◦  VMware HAで全て 冗⻑⾧長化   冗⻑⾧長化対応 ストレージ メール,ML, LDAP,DNS WebDAV, SVN, Redmine Proxy, Reverse-P, DNS 3Dレンダリング テストサーバ群 Proxy, Reverse-P, DNS 3Dレンダリング テストサーバ群 冗⻑⾧長化対応 ストレージ VMware vSphere 4 VMware vCenter 2010/10/29   8  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  9. 9. 台数が変わらない。   2010/10/29   9  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  10. 10.   ⼩小規模⽤用のEssential Plusは、ホスト3台分 セットで、OEM価格だと33万円だった。 (保守費⽤用は別途いるけど27万円/5年)   マシン1台分のコストを上乗せすれば、 VMwareのHA構成が組めることがわかった。   2010/10/29   10  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  11. 11. VM案で決定 価格はマシン1台分しか変わらないし やれることが増える   2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   11  
  12. 12. 運⽤用中の仮想サーバ     業務毎に仮想サーバを分けている。     運⽤用状況をわかりやすくするため、2 台のうち1台のみを通常は利⽤用。⽚片⽅方 はホットスタンバイ(⾊色が薄いサーバ)。 Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   12   DNS,   LDAP   WebDAV   Redmine   SVN   メール,   ML   経理DB   開発⽤用   テストサーバ群   VMware vCenter (管理専⽤用) 2010/10/29  
  13. 13.   機種: IBM BladeCenter S + HS22   OS: Ubuntu Linux 10.04 LTS   CPU: Xeon L5518 x 2   RAM: 24GB   NIC: 4枚刺し (2枚1組のBonding)   ローカルHDD: RAID1 72GB x 2 ◦  イメージは共有HDDにあるので⼩小さくてOK   共有HDD: RAID5 147GB x 11 (+予備1) ◦  共有SASタイプ  コントローラ冗⻑⾧長化済 ◦  ⼀一杯HDDがあると書き込みが分散して相対的に 速くなる ◦  アレイ構築に1⽇日かかるのにびっくり 2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   13  
  14. 14.   下記はある平⽇日の全VMのCPU負荷を重ねた グラフである     7台動いているが超余裕  200%いかない   ◦  上限は1,600%(16スレッド)なので注意     ⽐比較的重たいのはメール・ML⽤用仮想サーバ   2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   14  
  15. 15.   下記はある平⽇日のメール・ML⽤用仮想 サーバのLoad Average(以下LA)である   先ほどのグラフと同じ⽇日のデータ   以前のマシンだとLAは1を常に超えてい たが現状は最⼤大0.4 2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   15  
  16. 16. 内容   後   前   ハード障害   待機系にフェイルオーバ してすぐに復帰可能   修理するまで復帰不可能   ミドル障害   他の業務を巻き込まなく なり影響範囲が限定   Apacheが落ちると多く を巻き込んで被害甚⼤大   障害切り分け   原則1サーバ1業務のため 障害切り分けが楽   複数のサービスがうごめ きどれが原因か探るのが ⾯面倒   マシン調達   直ちに準備可能   逐次買う必要があった   メンテナンス   IDCに⾏行行かなくてもOSイ ンストールやメンテがで き作業時間短縮可能   OSインストールはIDCで ⾏行行う必要あり   構築   イメージテンプレート化 で即座に⽴立立ち上げ   同じような作業を繰り返 す必要あり(OSインス トールなど)   2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   16  
  17. 17.   好きなOSをチョイスできる   ◦  パブリッククラウドではOSが限定される     イメージのテンプレート化でさくさく作業可能   ◦  2ヶ⽉月で全システムを移⾏行行完了     マシン調達の⼿手間とリードタイムからの解放   ◦  さらば稟議書!   ◦  場所や電源の確保も考えなくてよくなる   ◦  固定資産が増えないので経理の⼈人やB/Sにも優しい (と思う)     VMイメージのメリット   ◦  万⼀一の場合はディスクイメージごと丸ごとロール バックできる。スナップショットも活⽤用する。   ◦  ミドルウェア  アップデート試験がやりやすい。   2010/10/29   17  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  18. 18.    VMware  HA  ≠  完全無停⽌止。⼀一度マシンが 停⽌止して、再起動することで復帰となる。   ◦  完全無停⽌止(FT)はべらぼうに⾼高い   ◦  機材障害からのみ守れると思うべき   ◦  ミドルウェアの障害対策(MySQL等)は複数の仮 想サーバを⽤用意し回避するのが⼿手っ取り早い   ◦  いずれにしても障害時試験はすること     サーバをいっぱいあげたくてもグローバルIP が枯渇して叶わないことがある。   ◦  外部公開にはリバースProxyも活⽤用     ホストが4台以上になるときは、ライセンス は全て買い直し。   ◦  そんなに増やす頃にはもっと儲かってるだろう   2010/10/29   18  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  19. 19.   ディスクとRAM容量   ◦  これらが多いほどたくさんの仮想サーバがあげられる。   ◦  ただ、仮想サーバを⼊入れすぎるとCPUやI/Oのパワーが⾜足 りなくなって持て余す可能性あり。バランスもある。     ⽴立立ち上げる仮想サーバの注意   ◦  連続⾼高負荷(バッチ等)がかかるサーバは仮想化から除外す ることも考慮する。他の仮想サーバに影響が出る。   ◦  GPUを使う仮想サーバは今のところ無理。     共有ディスクの構築   ◦  コントローラはケチってはダメ。I/Oパフォーマンスに悪 影響。Write  Backキャッシュ必須。   ◦  SAS(3Gb)とiSCSI(1Gb)では、SASのほうがスループッ ト・レイテンシともに良好であった。⼩小規模ならSASも⼀一 考の価値あり。     VMはベンダーからOEM提供があると安く調達可能   2010/10/29   Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito   19  
  20. 20.   運⽤用の悩みが解消できた ◦  仮想化で障害の悩みはずいぶんと解消可能   中⼩小企業におけるプライベートクラウド の可能性 ◦  中⼩小企業はこれまで多くサーバを買えなかっ たが、仮想化することで業務細分化ができる ようになる。⼤大企業の仮想化とは逆。   パブリッククラウドで動く仮想サーバの 挙動についても想像がつくようになる ◦  思ったほど速くないのは⾃自分のサーバは重い 仮想マシンばかりのクラスタだった、とか…   2010/10/29   20  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  
  21. 21. 2010/10/29   21  Copyright(C) 2010 Yuichiro Saito  

×