Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
はい
80%
よくわから
ない
9%
無回答
11%
ナショナルセンターとしてのこどもの城の
役割について理解されていますか?
はい
86%
わからな
い
6%
無回答
8%
...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
ナ
ン
バ
ー
⑤(④で「はい」と答えた方)具体的にどのようなノウ
ハウが伝わり、活動に生かされていますか?
⑥日本における児童館の役割や、今後の児童館の
あり方、児童館運営に...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
5
地域における児童館の役割や子ども達の支援方法
を見つめなおし、課題を見つけて再認識することが
できた。また、記録の大切さやまとめ方についても、
これからの活動に生かしていき...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
12
岐阜県児連としては、児童厚生員の資質、技術の
向上が児童館を支える基本であると考え、研修活
動を主たる事業としています。地方にあっては講師
の派遣や多彩な活動事例情報は欠...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
18
技術やノウハウの講習を受け(人形劇やおもちゃの
とりかえっこ等)、実際活動に役立っている
子育て中の親子の拠点。出会いの場。年長児童が
様々なものに出会い発信する場として...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
22
・遊びの技術 レパートリーが広がった。
・全国各地でこの仕事に従事をしている情報交換が
役立った。
・理念の確認、全国で働く仲間のエネルギーを貰う
ことができた。
・運営...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
29
「動くこどもの城事業」を市内で3回実施していただ
き、その時々にどう展開してよいか悩んでいた活動
のヒントをいただいた。
・パソコン導入→パソコンを使った活動の展開方法
...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
32
児童厚生員実技指導講習会では、
①日本の伝統的な「あそび」や「おにごっこ」などの
日常的に行われている「あそび」をアレンジすること
を学びました。現場に持ち帰り、事業の刷...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
34
以前当市が研修会の担当となり、開催地となった
際、「厚生員等実技研修」の講師の派遣を依頼し、
あそびの指導、プログラム等の研修会を行いまし
た。
また、「児童館を拠点とし...
全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート
35
15年ほど前豊島区の児童館へのパソコン導入時
に、パソコンを利用した児童館の事業について、豊
島区の職員研修で受講しました。当時まだ少ない、
パソコンが沢山ある子どもの城...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

児童館アンケートまとめ

1,139 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

児童館アンケートまとめ

  1. 1. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート はい 80% よくわから ない 9% 無回答 11% ナショナルセンターとしてのこどもの城の 役割について理解されていますか? はい 86% わからな い 6% 無回答 8% (こどもの城の事業に参加された方)こど もの城の事業は児童館運営の現場で役 立っていますか? はい 88% わからない 9% 無回答 3% 首都圏の大型児童館として、全国の児童館の ナショナルセンターとして、こどもの城は今後も必要であると 考えますか? 児童館およびこどもの城に関す るアンケート 実施期間:2013年3月10日~3月28日 発送数:148件 未達:4件 回答数:35件 有効回答率:24.3% 21 15 23 2 21 4 3 児童厚生員等実技指導講習会(こどもの城での研修事業) 講師派遣 児童館等支援等支援活動事業(動くこどもの城) 中央児童厚生施設事業(ボランティア養成事業) こどもの城ニュース配布 東北大震災関連事業 その他: これまでに参加したことのあるこどもの城の事業をお答えくださ い。 21 17 23 2 14 4 1 児童厚生員等実技指導講習会(こどもの城での研修事業) 講師派遣 児童館等支援等支援活動事業(動くこどもの城) 中央児童厚生施設事業(ボランティア養成事業) こどもの城ニュース配布 東北大震災関連事業 その他: これから参加したいこどもの城の事業を教えてください。 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会
  2. 2. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート ナ ン バ ー ⑤(④で「はい」と答えた方)具体的にどのようなノウ ハウが伝わり、活動に生かされていますか? ⑥日本における児童館の役割や、今後の児童館の あり方、児童館運営に関する問題点などについてご 自由にご記入ください。 ⑧その他ご意見、ご要望などございましたら、自由 にご記入ください。 所在の都 道府県を 教えてくだ さい。 1 こどもの城のスタイルを真似て、当館を設立されて いるため、造形、音楽、コンピュータという分野ごと に事業が分かれていることでプログラムが大変参考 になります。また、動くこどもの城も、遊びのプログラ ムの新たなアイディアや刺激をうけます。 時代の変化に伴い、放児クラブ数が増え、児童館が 減ってきていますが、誰でもいつでも利用できる児 童館は絶対に必要だと思いますし、子どもたちを管 理ばかりしている放児に対して、児童館のもつ“遊 び”というスキルを提供することは大事だと思いま す。コミュニティワークという点からも大切!! 香川 2 動くこどもの城の「全国おりがみ展」は平成15年から 継続で実施し、例年、商業施設、地下街、イベントな どで多くの市民に参加頂き、児童館PRに役立って いる。また研修事業への参加は職員のスキルアッ プにつながると同時に、運営上の即戦力として活用 している。新たな視点での事業企画につながり、子 どもたちへの体験活動の幅を広げた。ニュースの内 容も全国の情報、行事に生かせるヒントとなり、毎月 有効利用させていただいています。平成16年に「動 くこどもの城-児童合唱団」の合宿では多くの感動 をいただいた。 現在、児童館の役割である0~18歳の児童の遊び を通しての健全育成ではなく、「放課後児童クラブ事 業」に力点を置く流れとなっているが、すべての子ど もたちに平等に事業を提供して初めて、子どもの発 達が促され社会性、協調性が身に付いていくものと 考える。若者のニート、フリーターの増加、生活保護 の低年齢化もこうした問題から派生しているのでは ないかと危惧される。子どもたちは小さな頃から、多 くの人とかかわり、様々な体験を重ねて成長する。 それは決して娯楽施設「ディズニーランド」「キッザニ ア」では得ることの出来ないことではなかろうか。 日本の子どもたち、全国の子どもたちにかかわる職 員にとっては必要不可欠な場所。海外から子どもに かかわる視察が来日した時に世界都市東京に子ど もにかかわる、子どものための大型の居場所がな いことは、あまりに情けない。いかに日本が子どもを 大切にしていないかを露呈すると思う。 札幌市 3 「動くこどもの城」事業に参加し、新しいあそびの情 報やあそびのアレンジ、講師の先生方と一緒に行う ことで、より楽しむことが出来ます。 子ども達を取り巻くいろいろな環境の変化はありま すが、児童館での人とのかかわりやあそびの楽しさ を遠し、安心できる場所でありたいと思っています。 宮城県 4 各地域により、児童館の捉え方が違っていると思い ます。児童館をすごく必要としているところ、あまり 浸透していないところと温度差があると思います。 児童館は0-18歳までが利用が出来るのに私の地 域ではそのこと自体があまり知れ渡っていないとこ ろです。児童館は未就児のあそび、母親の相談に のったり、不登校の子が遊びに来たり出来る居場所 であってもいいと思います。また地域の方にささえら れていくべきところだと思います。地域の子どもたち の心のよりどころが児童館になればと思います。 長野県 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 1 / 9 ページ
  3. 3. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 5 地域における児童館の役割や子ども達の支援方法 を見つめなおし、課題を見つけて再認識することが できた。また、記録の大切さやまとめ方についても、 これからの活動に生かしていきたい。 児童館は子ども達にとって、人と人とを結び、人とか かわる力を養うことができる場所であると思う。その 窓口となる職員の資質向上が求められるが、現状 では、雇用条件や行政の中での児童館の位置づけ など厳しいものがある。 子ども達の幸せを願う支援施設は人間関係が希薄 となっている今こそ必要です。また、こどもの城の存 在は私たち児童厚生員にとって大きいもので、それ がなくなるというのは大変残念なことです。特に動く こどもの城事業の全国おりがみ作品作りは本児童 館の子ども達や地域の人にとって恒例の一大イベ ントになっています。ぜひこれからも続いていくこと を願ってやみません。 愛媛県 6 長野県 7 広い地域の児童館、クラブの活動を知ったり、研修 会での製作、あそびを皆にひろめていただき、役に 立っています。子どもの居場所として大切で、これ からもっと利用が増え、大変なお子さん、親子さんも 利用の必要が増えていくと思います。 長野 8 日々のあそびの提供の中で研修した内容を行って いる。 共働きの家庭が多い中、放課後の児童の安全保障 のためには大事なところである。 構成員の質向上のための研修を行ってくれるこども の城は大変ありがたい。ぜひ存続をお願いしたい。 長野県 9 24年度には小児保健部講習会から、乳幼児期から の健康づくりを受講し、基本的知識から最新の情報 を学び、育児相談事業に大変役に立っています。ま た、子育て支援講習会2の受講では、親子で遊べる あそびのメニューを実技で学び、即現場で実践する ことができています。 全国の児童館が同じレベルで活性化され、質を向 上していくためにも、ナショナルセンターであるこども の城はぜひとも必要であると思います。 岩手県 10 昨年10月に、当児童館で、動くこどもの城「ぽかぽ か広場」を開催させていただきました。職員対象の 研修会では、「こどもの城」の事業内容の説明や、 乳幼児向けのプログラムをたくさん教えていただき、 早速、保育の中に取り入れさせていただいていま す。また、「ぽかぽか広場」当日は、「こどもの城」の スタッフの方々の、参加者への対応の仕方、プログ ラムの進め方など、勉強になる点がたくさんありまし た。 地域の方々が、気軽に立ち寄って下さる身近な場 所でありたいと思っています。 児童構成員としての資質向上のため、今後もこども の城主催の研修会に是非参加したいと考えていま す。児童館のノウハウを教えていただけるので、今 後も存続をお願いしたいと思います。 山形県 11 現場の活動の参考になっている こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 2 / 9 ページ
  4. 4. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 12 岐阜県児連としては、児童厚生員の資質、技術の 向上が児童館を支える基本であると考え、研修活 動を主たる事業としています。地方にあっては講師 の派遣や多彩な活動事例情報は欠かせないもので ある。末節の児童館を支えるセンターとしての活動 の継続を望む。 問題を抱えていようが、なかろうが、子どもたちに開 放されていることが児童館の存在意義である。そし て、そこに子供が大好きな職員がいる。遊びを通し て育つ場。 何か問題解決型の施設のみが着目される傾向があ るが、それだけで良いのだろうか疑問である。 岐阜県 13 フェスタなどで工作を実際に作って遊んだ 子育て支援の中でも虐待など心配なので家で居場 所がない子も含め、児童館での過ごし方がこれから はより重要だと思う。 広島県 14 児童館は必要と思うが、財政補助があるとよい(運 営費や改築、新築の補助があるとよい) 岐阜県 15 おり紙展などに参加していますが、子ども達も毎年 楽しみにしています。また、展示会も地域に密着し、 参観者も増えています。 地域の子ども会、ボーイ・ガールスカウトなど、子ど もの社会性を育む集団での活動の場が少なくなって いる今日、児童館の役割が増々大切になってくると 思う。 茨城県 16 支援という見方では、地域活動(児童館活動)に力 を注ぐべきと考えるが、モデル事業の実施やネット ワークづくりの拠点ということでは必要と思うのだが -?ジレンマがある 石川県 17 動くこどもの城では、パペットと遊ぼうの講習会3 回、「ガドガド」など幼児親子教室の中で使わせてい ただいています。 児童館利用の方は、未就園児(親子)、小学生が多 数を占めています。心のよりどころとして、受皿が必 要です。又、地域の方々の交流を通して、世代間で イベントができるのも児童館です。子供たちの自主 的活動が出来るのも児童館だけです。存続したいで す! 何といっても、講師料もなく、質の高い講習会を開催 していただけて、ありがたかったです。「ガドガド」の コンサートも老若男女が盛り上がりました!!そし て、スタッフ研修もありがたいです。 栃木県 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 3 / 9 ページ
  5. 5. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 18 技術やノウハウの講習を受け(人形劇やおもちゃの とりかえっこ等)、実際活動に役立っている 子育て中の親子の拠点。出会いの場。年長児童が 様々なものに出会い発信する場としての役割。「こ どもの時間」やあそびの場の保持を確保することが できる。 課題としては他の子育て支援施策との役割の差を 明確にすることがあげられるのではないでしょうか。 熊本県 19 現在でも、「とりかえっこ」は私共児童館で主要なイ ベントになっていて、とりかえっこの拠点として登録 されています。貴館よりシステムの説明、資材等お 借りしてスタートしたこの企画は大好評で、今後も続 けていく予定です、この企画の拡大を目的とするだ けでも、おおきな存在意義があると思います。ECO の観点からも是非、続けて欲しい事業です。 児童館は地域と密接にかかわりあいながら、子ども たちを見守り、昔遊び等の伝授の場のなったり、世 代間交流が出来たり、様々な可能性を持った場で す。その一方で、予算は少なく、存続でさえ危ういと いうとても悲しむべき事態です。こういった時代だか らこそ、誰でも自由に出入し遊ぶことが出来る環境 は、残すべきと思います。 仕事絡みでのおつきあい以前に都内に住んでいた ので、子どもを連れてよく利用させていただきまし た。 ゴーカートに乗ったり、工作コーナーに参加したり、 楽しかった思い出があります。ホテルにも泊ったこと があり、とても夢を与えられる空間だと思います。 神奈川県 20 全国の児童館でのおり紙作品の出品と巡回作品展 に応募していた。 ・こどもの城は、全国児童館の活動の中心であり、 拠点事業として役割を果たすことが、最も望まれる ことです。 ・児童健全育成推進財団の事務局も外に出てしま い、集まるところがありません。ぜひとも、こどもの 城を残して下さい。 近年の厚労省や、地方自治体も、児童の健全育成 の拠点である児童館を無視するような動きがありま す。 表に見えない部分を、たくさん荷負っている児童館 の存在を認めない傾向大です。学童クラブがどんど ん働かなくなり、少ない補助金でがんばっています が、ガイドラインもなく、ほとんどが自立運営です。 事故も起っています。基準確認に補助金の確立が 必要です。 三重県 21 児童館での子どもの遊ばせ方の方法を学ぶ、とても 大切に事業を行なっている。静岡県の県関連の研 修会で動くこどもの城を派遣してもらったが、とても 役にたった。 人間関係が希薄になりつつある現在、遊びを通じて 豊かな心や人間関係を育む必要がある。児童館は 学校でも家庭でもない場としてとても大切である。そ の児童館が減少しつつある傾向に危機感を感じて いる。 いろいろな意味で困ったときに頼れる存在として絶 対に必要である。 静岡県 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 4 / 9 ページ
  6. 6. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 22 ・遊びの技術 レパートリーが広がった。 ・全国各地でこの仕事に従事をしている情報交換が 役立った。 ・理念の確認、全国で働く仲間のエネルギーを貰う ことができた。 ・運営が資金的に難しい。 ・地域性があり、一定した利用が難しい。 ・職員の確保が難しい。 島根県 23 ⑤、⑥、⑧については、当館スタッフとボランティア からアンケートをとり、別紙に添付させていただきま す。 北海道 24 当館の事業運営の考え方の基本はこどもの城の考 え方にそっており、すべての活動に生かされている と言える。 教育や保育とは異なった児童健全育成に関する社 会的な認識が薄く、児童館職員としての専門性につ いても軽視されがちと思う。 富山県 25 児童館は様々な形があり(経営母体、小型、大型、 職員体制等)その中で悩みもありますが、子ども達 の育成のためにという同じ目標を持って、日々遊び を考えている立場での心の支えの拠点と考え、いつ も活動しています。児童館の知名度、ようやく伝わっ てきたうように思います。自分も10数年ぶりに児童 館へ戻り、形のない児童館の役割を。改めて感じて います。”施設は人なり”と研修で学ばせていただい てこと、ずーっと支えとなっています。 物を大切にすることを教える”もったいない”はすべ てに通じます。子ども達のためにも大切にしてほし い。こわすのは簡単でも、守っていくことの大切さ、 大変なことがあっても守るべき。どうしてこわすのか 意味がわかりません!!子どもを大切にと言いな がらやはり現実がちがうこと、切ない限りです!! 長野県 26 まほう学校の遊びを取り入れ好評でした。 長野県 27 参加した児童館職員の遊びの幅や技術の向上に なっている。 地域における児童の健全育成の中心の場であり、 また交流の場である。 愛知県 28 工作の作り方だけでなく、作ったものをどうやって 使って遊ぶかまで教えていただき、すぐに活動に活 かせた。 0~18歳という幅広い年齢層と、自由来館施設とい う立場をどう有効に活用していくのか。地域性もあ り、同じ市内にあっても統一した運営はできない。設 立当時から子育て方法や市民の意識も変化してお り、答えが出ません。 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 5 / 9 ページ
  7. 7. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 29 「動くこどもの城事業」を市内で3回実施していただ き、その時々にどう展開してよいか悩んでいた活動 のヒントをいただいた。 ・パソコン導入→パソコンを使った活動の展開方法 ・赤ちゃんプログラム→それまでは主に幼児向けの プログラムが主流だったが、ノウハウを教えていた だいたことで児童センターを必要とする新たな利用 者層を開拓することができた。 ・音楽プログラム→身近なものを使っての楽器遊び や歌遊び、パネルシアター等を教えていただき、現 在も活用している。 遊びの3間(仲間、空間、時間)を保障する場。携帯 やゲームの遊びが主流の中、体を動かしたり、子ど も同志の直接のコミュニケーションができる場。いろ いろな実体験ができる場。安全、安心を保証される 遊び場。育児不安に陥りがちな乳幼児親子が集 い、仲間場で来いやされる場として、現代の子ども 事情に必要な機能を持った場である。今は要保護 児童等問題が顕在化している子どもに目が向けら れているが、その予防的対応としての施策を必要で あると感じている。 兵庫県 30 子どもの年齢に応じたあそびや発達などの理論を ポイントをついて話していただきながらの実践は職 員も参加者も楽しく好評でした。その後、資料や DVDを参考にアレンジして活用させてもらっていま す。また「レクゲーム」では簡単な遊びをテーマに合 わせて工夫することで楽しさが倍増するという職員 の研修としてもとても良かったです。これも活用させ てもらってもらっています。 児童クラブも併設している児童センターです。放課 後の児童が過ごしあそぶ施設としてニーズの高さを 感じます。公設公営のメリットをいかし、いろいろな 機関との連携や、職員も研修の機会を多いに利用 することもできています。何かとコストのかかる施設 なので、国や自治体のバックアップは欠かせませ ん。 こどもの城が本当になぜ閉館なのか?利用者から もまた地方の職員の研修者からも今までもそして今 後も望まれる施設だと思います。子どものあそびや 子どもをとりまく情報発信源として、私達職員の研修 の場として私のまわりでも存続を要望する声ばかり です!! 長野県 31 子どものために児童館を廃止し、再開発のためにそ の場所を使用するような考え方はまったく子どもを 大切にしないやりかたで、ゆるすことはできません。 ぜひ存続させるためにがんばってください。応援し ます。 東京都 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 6 / 9 ページ
  8. 8. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 32 児童厚生員実技指導講習会では、 ①日本の伝統的な「あそび」や「おにごっこ」などの 日常的に行われている「あそび」をアレンジすること を学びました。現場に持ち帰り、事業の刷新を行な いました。子どもたちの世界観を広げ、想像力を育 む活動に生かされたとともに、毎日の「あそび」の幅 も広がり、子どもたちの健全育成に役立っていま す。 ②全国の児童館で奮起する仲間に出会うことできま した。児童館が抱える問題、特に、子どもや保護者 間とのトラブルについて情報共有できたことは、 日々の業務のやりがいにつながりました。障害を 持ってる子どもへの対応や関係機関との連携など、 互いに話を傾聴し、慰め合い、励まし合いました。袋 小路に陥りやすく、なかなか解決できない福祉・教 育の問題は、厚生員は現場でもがき続けています。 その中で、全国に仲間がいると感じられる研修の機 会は大変貴重なものでした。 児童館の役割 ①地域の子育て支援拠点 子育てをいくら美辞麗句で並び立てても、たとえ自分の子どもであっ ても24時間いっしょにいれば辛いもの。ましてや「ママ一年生」の人 には、新しいことだらけで不安は尽きない。しかし、一人では乗り越え るのが困難なことでも、同じ悩みを共有する仲間となら、不安を和ら げ、悩みを薄めることができるはず。児童館は、人が出会える「場」、 話合える「場」、相談できる「場」であると考えます。 ②子どもの声の代弁者 きれいに整備された公園、コンクリートで埋め尽くされた路地裏、都市 化した社会に子どもが遊べる環境は多くありません。子どもの権利条 約では、遊びは教育と同等の価値があり、子どもが育っていくために 必要であると定められているにも関わらず、現代社会は「あそび」を 軽視しています。また、過度な競争社会に生きる子どもたちは、学校 でも家庭でも「いい子」を演じ続けており、ストレスを溜め込んでいま す。見えにくいストレスが何かをきっかけに暴発(不登校・ひきこもり・ 犯罪)する可能性を含んでいます。子どもにとって、あそびが保障さ れ、楽しめる、自分らしくいられる場所が必要であるとともに、幅広い 年齢層の人たちの憩いの場で、自分の声を聞いてもらえ、意見が反 映される機会が児童館で必要であると考えます。 児童館運営の問題点 ①長期的に働けないこと(有期雇用) 児童館で働くのに求められる資格は、教員・幼児・保育免許や心理学 などの子どもに関連する資格を一つでも有することである。 しかし、子どもを好きなだけでは事業を企画・実践することはできな い。また、対象としている子どもは0歳から18歳までと幅広いく、発達 段階によって求められる知識は異なり、子どもへの接し方も変る。教 育学・福祉学・社会学などの学際的な見方も必要である。 したがって、自己研鑽と経験を積むことで専門性を身につけていく職 業である。 児童厚生員の任用資格は、軽視され続け、長期的な雇用は確保され ない現実にある。毎年人の入れ替わりがあり、将来の不安から優秀 な若者ほど現場を離れていく。 児童館の存在意義を社会に示していくこと、児童厚生員が真剣に地 域の子どもの育成に向き合える環境を整えることが求められている。 東京都 33 折り紙巡回展等を通し、他の施設の様子などを知る ことができた。 なかなか他の施設を見学もできないので数少ない 情報とさせていただいた。 児童館そのものの数が、乳幼児の施設に比べると 少ない。小学生以上の青少年が居場所となれるよう 学区内に必ずあるような施設になるとよい。非行や いじめが起きてからの対処療法になっているので、 積極的に関わって遊べる施設を増やす。また、子ど もの活気があふれ、青少年健全育成の拠点となり たい。(多機能に対応できる施設づくり) 運営費を年々削減し、子どもを大切にしない傾向 なっているのでもっと大切にしてほしい。 ニュースを読ませていただいて、改めて重要な役割 を担っているセンターだということがわかった。私た ちのモデルとしてリードしていただくセンターとして、 何としても存続させていきたい。 福島県 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 7 / 9 ページ
  9. 9. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 34 以前当市が研修会の担当となり、開催地となった 際、「厚生員等実技研修」の講師の派遣を依頼し、 あそびの指導、プログラム等の研修会を行いまし た。 また、「児童館を拠点としたネットワークづくり」の講 師派遣もお願いして、その際は支援団体と拠点の 関わりや団体を結ぶ連携の重要性についての研修 を受けました。 それぞれの研修で、厚生員として遊びの指導のノウ ハウを伝授する機会を得たり、ネットワークをつなぐ 情報交換の場にもなりました 子どもたちの居場所づくりになれる児童館であり、 地域の社会資源との連携を図っていくことの重要性 今後も児童館や支援センターへ子育ての情報の発 信を続けてもらいたいと思います。 埼玉県 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 8 / 9 ページ
  10. 10. 全国の児童館を対象に行った児童館およびこどもの城に関するアンケート 35 15年ほど前豊島区の児童館へのパソコン導入時 に、パソコンを利用した児童館の事業について、豊 島区の職員研修で受講しました。当時まだ少ない、 パソコンが沢山ある子どもの城のパソコンルームで 受けました。それを参考に、児童館での利用方法な どを、検討実践してきました。 他にも、母子の関係の研修で、豊島区の職員研修 講師に来ていただいたのを以前受講しました。 少子化や、予算がないなどの理由で学童クラブのみ残し、児 童館を廃館していく自治体が、都市部ではほとんどです。豊 島区も24館あった児童館が今や5館になり数年後には、残 念ながら無くなる計画です。学校内にある学童クラブと校庭 解放をあわせたような、小学生だけを対象とした区独自の施 設「子どもスキップ」に移行しており、すべての児童が対象の 児童福祉施設はなくなります。 そして職員は人員削減により、各施設正規指導員は4人いま したが、今は1人のみで他は非常勤職員が運営しています。 子どもスキップには、職員が非常勤のみというところがほとん どです。 ★問題点★ 児童館が正しく理解されていない。行政にも社会にも。 子どもに関わる仕事が評価されていないのが現状です。 児童館を廃止し安全な小学校に遊び場を設ける、学童クラブ の対象を6年生までにあげるなど、安全安心ばかりが優先さ れている現状に疑問を感じます。いつまで子どもたちを、守つ もりなのでしょうか?危険を回避できるようにな子どもに育て ていくことのほうが、重要であると考えます。 ★児童館の役割★ 誰でもうけいれてくれる専門の職員がいるところ 子どもの学校以外の地域の居場所 子ども、保護者の本音が言える場所、きいてもらえる場所 0から18歳までの児童を、継続して見守っていけるところ 小さな虐待の芽を発見できるところ 異年齢の子どもたちで自然に遊べるところ(同じ学年でない 小学生同士、幼児と小学生、小学生と中学生高校生など) 評価をされない場所、学校とは違う子どもの姿をみれるところ 子どもの自己実現を手助けして、自己肯定力を高められると ころ 電子ゲーム以外の遊びの楽しさをしらない子どもたちに、本 当の遊びの楽しさを教えてあげられるところ 都会での数少ない遊び場(公園ではボール遊びが禁止のとこ ろあり) 地域の大人が子どもたちと関われるところ 自治体への予算の配当の仕方が、一般会計に組み 込まれ、子どもへの予算がやってもやらなくてもよい ものになってしまったことも原因のひとつかと思いま す。 国立の子どもの城がなくなってしまうと、その下の自 治体の児童館はその影響を直接受け、さらに児童 館が閉館に追い込まれていくのではないかと心配し ています。 東京都 こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の存続を願う有志の会 9 / 9 ページ

×