Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Kobe.r勉強会資料

1,123 views

Published on

KOBE.R #12

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Kobe.r勉強会資料

  1. 1. Kobe.R勉強会 Rは○○になっていく
  2. 2. 自己紹介 飯田啓介 株式会社ブリリアントサービス Android、iOS、サーバ開発業務
  3. 3. 最近の通信機器事情 (出典)総務省「平成24年通信利用動向調査」
  4. 4. 最近の通信機器事情 スマートフォンの普及が急激に進んでいる タブレットの普及も加速している インターネット接続家電が増加 パソコンの減少
  5. 5. 普及の要因 価格 利便 機能 価格の手頃感 メールやカメラ等の機能  が充実 Wifiスポットなど通信の  利便性が高くなった
  6. 6. 最近の通信機器事情 スマートフォンの普及が急激に進んでいる タブレットの普及も加速している
  7. 7. OSのシェア分布
  8. 8. OSのシェア分布
  9. 9. インターネット接続家電が増加
  10. 10. Wifiスポットの普及
  11. 11. 今後の展望 今後の開発展望は スマートフォンとRの融合
  12. 12. 次世代に求められるもの センサー、サーバを使ったアプリ開発 二大巨頭OSを同時に開発 求められる美しいデザイン
  13. 13. センサー、サーバを使ったアプリ開発 温湿度、気圧 センサー 地磁気 センサー 加速度 センサー データを集積
  14. 14. 二大巨頭のOSを同時に開発 アプリ開発はたいていパックで依頼される
  15. 15. 求められる美しいデザイン
  16. 16. 例えばApache Cordova HTML5ハイブリッド(WebView) 複数のOSをコンパイルオプションで ビルドできる(クロスコンパイル) Native機能へのAPIが用意されている 多くのOSをサポートしている
  17. 17. サーバ側でRを使う 温湿度、気圧 センサー 地磁気 センサー 加速度 センサー Rで解析し結果を JSで表示させる
  18. 18. まとめ アプリ開発の視点で さらに美しいデザインが求められる HTML5ハイブリッド クロスコンパイルがキーワード Rが求められるのはまだまだ今から

×